Zpy9wnkmzfefom3mzzrw

ジョジョの奇妙な冒険

CATEGORY | ジョジョの奇妙な冒険

【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)の犯罪歴は?史上最低の殺人鬼を紹介!

2018.06.03

ジョジョ4部の最初に登場する敵、片桐安十郎(アンジェロ)の犯罪歴は?「いい気になってるヤツが破滅するのは楽しいぜヒヒ」『ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない』登場の史上最低の殺人鬼・片桐安十郎(アンジェロ)を紹介します!

  1. 【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)の基本プロフィール
  2. 【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)の声優は?
  3. 【ジョジョ4部】実写版の片桐安十郎(アンジェロ)役は誰?
  4. 【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)のおぞましい犯罪歴とは
  5. 【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)のスタンド「アクア・ネックレス」
  6. 【ジョジョ4部】仗助に恨みを抱くようになる片桐安十郎(アンジェロ)
  7. 【ジョジョ4部】仗助の祖父・東方良平と片桐安十郎(アンジェロ)の関係
  8. 【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)は杜王町名所「アンジェロ岩」に!
  9. 【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)のセリフ集
  10. 【ジョジョ4部】片桐安十郎(アンジェロ)のまとめ

脱走したスタンド使いの死刑囚!

ジョジョ タワレコ コラボ コースター アンジェロ
価格
片桐安十郎(かたぎりあんじゅうろう)、通称「アンジェロ」は『ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない』で一番初めに登場するスタンド使いの敵です。1964年に杜王町で生まれ、年齢は34歳です。IQは160もあり、実はジョジョ第5部で登場したフーゴ・パンナコッタよりも高いIQなんですよ。
その犯罪歴から承太郎に「胸クソ悪くなる犯罪者」と評されてており、特に最後の事件は凶悪なものです。(後述)ジョセフ・ジョースターが息子の仗助の姿を念写しようとしたところ、アンジェロが写りこんでおり、承太郎が杜王町に訪れるきっかけになりました。
「いい気になっているヤツ」が嫌いと語っていますが、人の敷地でたばこのポイ捨てをし、犬のフンを拾わなかっただけの男性を飼い犬ごと殺害してしまうなど、その基準は本人しか分からないものです。犯罪を犯すことを楽しんでいる根っからの犯罪者で、間違いなく「吐き気のする悪」です。

片桐安十郎(アンジェロ)の声優は「浜田賢二」さん!

片桐安十郎(アンジェロ)の声優は「浜田 賢二(はまだ けんじ)」さんです。福岡県出身のマウスプロモーション所属の声優さんで、「ハマケン」という愛称で呼ばれています。『黒子のバスケ』の「木吉鉄平」や、『機動戦士ガンダム00』の「パトリック・コーラサワー」の声優として広く知られているほか、2018年7月放映予定のアニメ『アンゴルモア 元寇合戦記』ではメインキャラクターの「男衾三郎」を演じます。
浜田さんは青年から老人の役まで幅広く演じられる実力派の声優として有名です。アンジェロのような凶悪な犯罪者を演じる一方で、女性向けゲームのイケメンキャラの声優も務めており、多数の洋画の吹替えも務めています。実はジョジョ7部のデジタルコミック『VOMIC スティール・ボール・ラン』で「ジャイロ・ツェペリ」の声優もしていたんですよ!

実写版の片桐安十郎(アンジェロ)役は「山田孝之」さん!

2017年の実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』では俳優の「山田孝之(やまだ たかゆき)」さんが演じています。山田孝之さんは『電車男』や『勇者ヨシヒコ』等多数の代表作がある、個性派の俳優さんです。
スタンドのCGが素晴らしいと話題になった映画版ですが、山田さんの演じたアンジェロもその怪演が評判になりました。岩になるシーンではCGなしで臨んだそうで、「4ヶ月、小石を食べ続けて岩に同化することができた」という山田さんらしいユーモアのある発言をされています!

その犯罪歴から青春のほとんどを刑務所で過ごした!

アンジェロは12歳の時に強盗と強姦で少年院送りになっており、その後もあらゆる犯罪で刑務所を出たり入ったりしていました。刑務所で過ごした時間は34歳までで「合計20年」と言われており、刑務所の外で過ごした時間は幼少期を除いて2年ほどしかないということになります。その数々の凶悪な犯罪歴を飾る最後の犯罪は、承太郎曰く「便所のネズミもゲロを吐くようなドス黒い気分になる」ものです。
アンジェロは1994年3月に出会った3人の14歳の少年のうち、2人を強姦して殺し、残った1人が金持ちの息子と分かったために「身代金誘拐」を企てます。身代金受渡しの際に逮捕されるも、すでに少年は殺害されており、局部が切り取られ柱に釘で打ち付けられていました…。この事件でアンジェロには遂に死刑が言い渡されることになります。

スタンド「アクア・ネックレス」

ジョジョの奇妙な冒険ABC 3弾 【コモン】 《スタンド》 J-290 アクア・ネックレス
価格 ¥ 2,500
1998年10月にアンジェロは絞首刑に処されましたが、20分間もロープにぶら下がっていたのに死ぬことはありませんでした。死刑は延期となりましたが、翌週にアンジェロは刑務所から脱走してしまいます。恐らくスタンドを利用したのでしょう。
アンジェロは生まれついてのスタンド使いではなく、死刑執行の半年前に刑務所に侵入した虹村形兆の弓と矢で射抜かれたことによって、スタンド「アクア・ネックレス」を覚醒させました。「凶悪な犯罪者ほどスタンド使いになる可能性が高い」ため、形兆はおぞましい犯罪歴を持つアンジェロを選んだのでしょう。

破壊力:C / スピード:C / 射程距離:A / 持続力:A / 精密動作性:C / 成長性:E

ジョジョの奇妙な冒険ABC 6弾 【コモン】 《スタンド》 J-621 アクア・ネックレス
価格 ¥ 1,800
「アクア・ネックレス」は遠隔操作系のスタンドで、水分があるところなら自在に移動できます。血などの体液を通じて人間の体内に入り、食い破り殺害することができるほか、取り憑いて意のままに操ることも可能です。水分であれば、水蒸気や霧などとも同化でき、飲み物のフリをするカモフラージュなども得意です。
ただし、パワーやスピードなどは欠けており、正面対決するのには向いていないスタンドでしょう。(ガラス瓶や手袋なども破壊することができないほど非力)スタンドの姿は目つきが悪い人型をしており、全身に目が沢山ついています。アンジェロの肩に乗るくらい小型で、足は無く、水で構成された体になっています。
同じように「水と同化する遠隔操作系スタンド」は3部に登場するンドゥールのスタンド「ゲブ神」がいますが、こちらはスタープラチナとも渡り合えるスピードがあるスタンドです。

強盗を邪魔されたため、仗助を付け狙うようになる

ジョジョの奇妙な冒険ABC 6弾 【コモン】 《キャラカード》 J-579 恨みのアンジェロ
価格 ¥ 1,800
第1話で仗助は男がコンビニ店員を人質にして強盗し、立てこもっているところに遭遇します。事件にかかわる気はなかった仗助ですが、犯人に髪型をけなされたために激昂し、スタンドでアーミーナイフを犯人の体の中に入れてしまいます。
人質も解放され、事件解決…と思いきや犯人の口からアンジェロのスタンド「アクア・ネックレス」が吐き出され、仗助に悪態をつくのでした。アニメではたまたま出会ったガラの悪いカップルの男に取り憑いたシーンが追加されています。
ジョジョの奇妙な冒険ABC 3弾 【コモン】 《キャラカード》 J-252 片桐安十郎
価格 ¥ 2,500
「気持ちよく強盗」しているところを邪魔されたことで、アンジェロは仗助を恨むようになります。第2話では、牛乳配達人に扮し、仗助とその母朋子の体内に侵入しようと試みましたが、朋子に感づかれ失敗してしまいます。
遠くからまたの機会を伺うアンジェロですが、「あったかい家庭に若くて美人の母親」を持つと分かった仗助に「いい気になっている」と更に理不尽な恨むを募らせるのでした。今度はコーヒーから再度朋子の体内に侵入しようとしますが、寸でのところで仗助に見つかり、ガラス瓶に閉じ込められてしまいます。

アンジェロは仗助の祖父・東方良平を恨んでいた!

ジョジョの奇妙な冒険ABC 4弾 【コモン】 《キャラカード》 J-365 東方良平
価格 ¥ 1,800
仗助の祖父である東方良平は、35年間も杜王町を守り続けた警察官でした。出世に興味は無かったのか、階級は未だに巡査です。お茶目で温和な性格ですが、未だに正義感に溢れ、アンジェロの事件をTVで観た時も「町を守る男の顔」になるなど、その姿は密かに仗助の憧れとなっていました。
ジョジョの奇妙な冒険ABC アマゾン マーケットプレイス登録商品 【シングルカード】 4弾 【レア(R)】 《キャラカード》 J-385 復讐のアンジェロ
価格
アンジェロは一番最初の犯罪歴である、12歳の時の強盗・強姦事件で良平によって捕らえられたことを恨んでいます。セリフから判断するに、いつか復讐しようと良平のことは何から何まで調べ上げていたようですね。
「夜勤明けにブランデーを1杯飲む」という良平の習慣も知っていたアンジェロは、捕らえられていた瓶をブランデーのように見せかけ、スタンドを良平に飲ませて殺害してしまいます。

「永遠に供養しろ アンジェロ 俺のじいちゃんも含めて てめえが殺した人間のな!」

ジョジョの奇妙な冒険ABC 3弾 【コモン】 《ステージ》 J-296 杜王町・アンジェロ岩
価格 ¥ 2,500
雨や水蒸気に紛れて狡猾に仗助宅に侵入したアンジェロに、仗助と承太郎は翻弄されます。しかし、仗助の体内に侵入した時、「飲み込んだバラバラのゴム手袋を元に戻すことでスタンドを捕まえる」という仗助の奇策でまたも、捕らえられてしました。アンジェロ本体を見つけた仗助は、死刑も生温いと判断し、岩と同化させ一生罪を償わせることにします。

「アギ…」

しかし、第3話では、形兆や弓と矢の話をして仗助達の気をそらしている間に、スタンドで近くを歩いていた子供を人質に取り、逃れようとします!結局は、仗助の髪をけなして怒りを買ったため、更に口もまともに聞けないくらいに岩と融合させられてしまいました。話しかけると「アギ…」というため、生きてはいますが言葉をしゃべることはできず、また、動くことができないというある意味死刑よりも残酷な結末です。
アンジェロはその後、「杜王町名所その1アンジェロ岩」となり、道しるべや待ち合わせ場所として町民に親しまれているようです。行き方は「杜王町定禅寺通りバス停下車③番バス徒歩1分」らしく、康一と仗助の学校の帰り道にあります。「犬のフンを始末して下さい」という立札がすぐそばにあるため、犬のフンが良く落ちているのでしょうか。しかし、フンをされてもアンジェロはもう怒ることもできません。

「いい気になってるヤツは…… オレのスタンドをのみ込んでくたばりやがれッ!」

「競馬でも試験の問題でもよォ~~っ 予想したことがそのとおりハマってくれると 今のオレみてえにウププッてな笑いが 腹の底からラッキーってな感じで………! 込みあげてくるよなあ~ 幸せってこういう気持ちをいうんだよなぁ~ウプププッ ウププッ」

「もしおれを殺したらオメーもおれと同じ呪われた魂になるぜェッ!ヒヒ!ヒヒヒ!」

「チンケな髪なんかいじってんじゃあねーっ!」

下品で偏執的なセリフが多いですが、心理操作や相手の行動を読むことが上手いという知能の高さも伺えますね。
仗助の前に立ちはだかる最初の敵であるアンジェロは、狡猾な作戦と厄介なスタンド能力で苦戦した強敵でした。下種で卑怯なそのキャラクターに怒りを覚えた視聴者も多いでしょう。しかし、仗助達によって永遠に罰を受けることになった結末は、爽快感のある名場面の一つだと思います。