Jedopr06nz1kqryf8f3d

カードキャプターさくら

CATEGORY | カードキャプターさくら

【カードキャプターさくら】詩之本秋穂の正体は?本との関わりも徹底解説!

2021.06.30

カードキャプターさくら・クリアカード編から登場する新キャラクター・詩之本秋穂についてご紹介します。友枝中学校へ転入してきた可愛い女の子ですが、カードキャプターさくら・クリアカード編ではかなりの重要人物です。詩之本秋穂の正体や本との関わりについて徹底解明します。

  1. 【カードキャプターさくら】クリアカード編あらすじ
  2. 【カードキャプターさくら】クリアカード編、新キャラクター・詩之本秋穂とは?
  3. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂とさくらとの関係
  4. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂と大道寺知世との関係
  5. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂のお気に入りの本
  6. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂とユナ・D・海渡とモモとの関係
  7. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂が見る夢
  8. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂の正体とは?
  9. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂の声を演じている声優は?
  10. 【カードキャプターさくら】詩之本秋穂のまとめ
中学に進学したさくらは、香港から帰国した李小狼と再会した夜に、フードを被った謎の人物と対峙する不思議な夢を見ます。さくらが目を覚ますと、夢の中に出てきた新たな封印の鍵を握りしめていて、さくらカードがすべて透明なカードに変化し、魔力を失っていました。夢の鍵と透明なカードに導かれ、さくらの新たな物語がはじまります。
クリアカード編から登場する新キャラクターの詩之本秋穂(しのもとあきほ)。香港から友枝中学校へ転入してきた転校生です。その前はフランス、ドイツ、イタリア、イギリスと世界を転々としています。そのため、日本語があまり得意ではなく、お友達にも敬語を使っています。詩之本秋穂はおとなしめで内気な性格、褒められると赤面してしまう可愛らしい女の子です。そして、さくらや李小狼と同様に、同級生・山崎君のウソを素直に信じてしまうため、山崎君の犠牲者の1人となるのです。
詩之本秋穂の家は以前エリオルが住んでいた場所です。血の繋がりはありませんが、幼い頃から身のまわりの世話をしてくれる執事の「ユナ・D・海渡」と暮らしていて、両親とは離れ離れです。また、「モモ」という名前のうさぎのぬいぐるみを大切にしていて、いつも連れて歩いています。
詩之本秋穂は転入してきた日にさくらとすぐに仲良くなります。背格好や嫌いな食べ物がこんにゃくなど、二人は似ている点が多いのです。「詩之本秋穂」と「木之本桜」、名前の響きも、それぞれ季節を感じる名前も、とても似ています。
さくらは夕飯に詩之本秋穂を誘って、自宅へ招き、手料理を振舞います。詩之本秋穂はお料理ができるさくらを見て羨ましがり、さくらにお料理を教えてほしいとお願いするのです。執事のユナ・D・海渡には内緒で上手くなって、自分が作ったお料理を食べてほしいということを伝えると、さくらは一緒に上手くなろうと料理の勉強を頑張っていくことを二人は約束しあうのです。
友枝中学校へ転入してきた日、さくらと同様、大道寺知世ともすぐに仲良くなります。みんなでお花見をしているとき、大道寺知世がみんなの前で歌を披露します。その歌に合わせて、詩之本秋穂は口ずさむのです。詩之本秋穂が一緒に歌っているのをちゃんと聞いていた大道寺知世は「キレイで澄んだ歌声」と褒めます。そして、一緒に歌おうと誘い、さくらも「聞きたい」と笑顔で後押しをし、二人で「朧月夜」を歌います。二人の歌声にさくらもうっとりです。
詩之本秋穂はクラブを何にしようか迷っていたところ、大道寺知世から自分と一緒にコーラス部はどうかと誘われます。お花見のときの歌声が素敵だったので、さくらも賛成します。こうして、詩之本秋穂は大道寺知世と同じコーラス部へ入ることにしました。
詩之本秋穂の家にはたくさんの本が置いてある部屋があります。山のように並べられた本は詩之本秋穂の一族が集めたもので、一族みんな本が好きで、様々な国から集められたものです。詩之本秋穂が日本へやって来たのも、どうしても欲しい本があったから、と日本へ来た理由のひとつでもあります。
たくさんある本の中で、詩之本秋穂は「時計の国のアリス」という本がお気に入りです。その本にはタイトルが書いておらず、表紙には時計の絵が描かれています。この表紙の時計の絵はユナ・D・海渡が持っている懐中時計に描かれている絵と似ています。不思議の国や鏡の国を書いた作者ではなく、中は見たことのない文字で書かれているのですが、詩之本秋穂は読み方を教わりなんとか内容はわかるのです。読み方を誰に教わったのか気になるところですが、そのことについては触れていません。
お菓子もお料理もお弁当も美味しく作れて、幼いころから詩之本秋穂の身のまわりのお世話をしている執事のユナ・D・海渡。詩之本秋穂は海渡のことをとても大切に想っていて、恋をしているような描写があります。一方の海渡はそのような気配は感じません。「仕事ですから」と詩之本秋穂の身のまわりのお世話をしています。そんな海渡を見て、詩之本秋穂はとても寂しそうな表情を浮かべるのです。
謎が多いユナ・D・海渡。気になる正体は、強大な月の魔力を持つ魔術師なのです。エリオルによると、「D」というのはイギリスのある魔術協会で最高の魔術師に与えられる名だそうです。そして、魔術協会に所属していたものの、門外不出の術具を紛失したことから魔術協会を破門されました。実際は、その術具を海渡が保管しています。そのため、協会は海渡の力と術具を恐れて手が出せない状況なのです。
詩之本秋穂が大切にしているうさぎのぬいぐるみ「モモ」はケロちゃんと同様しゃべることができます。詩之本秋穂はモモの正体やしゃべれるということを知りません。そのモモと海渡が会話しているシーンで「貴方のそのDの魔力を持ってしてもあの本の時間は止められないわ」とモモが海渡に言っています。あの本というのは詩之本秋穂がお気に入りの「時計の国のアリス」で間違いないと思います。モモと海渡はいったい何をしようとしているのか、現時点ではまだわからないことが多いです。協会の術具が「時計の国のアリス」なのか、海渡が持っている「懐中時計」なのか、今後どう話が進んでいくのか気になります。
詩之本秋穂はよく「アリスの夢」を見ます。そのことをユナ・D・海渡に楽しそうに話しているシーンがあります。見た夢の内容が、『アリスが閉じ込められる夢』『風や水に困らせられる夢』『透明なリボンで飛べるようになる夢』『アリスとお菓子が戦う夢』などです。これはさくらのカード集めの状況を、詩之本秋穂が夢で見ていることになります。「時計の国のアリス」の本が関係していることなのかもしれません。
クリアカード編の1話でさくらが見た夢に出てくるフードを被った謎の人物。その後、現実でも登場するようになり、正体が気になっていた方は多いと思います。アニメ版クリアカード編の最終話で、そのフードを被った謎の人物の正体が、詩之本秋穂だとわかります。ただ、詩之本秋穂は寝たまま行動している状態で、覚えていたとしても夢の中の出来事だと思っているのです。ユナ・D・海渡とモモは詩之本秋穂の正体を以前から知っていたようです。無意識の状態でこのような行動をしている詩之本秋穂、「時計の国のアリス」の本、ユナ・D・海渡の目的には何か関係がありそうです。
そんな詩之本秋穂の声を演じているのは、声優の鈴木みのりさんです。1997年10月1日生まれ(20歳)。17歳のときに新作テレビアニメ「マクロスΔ」の歌姫オーディションを受け、約8000人の応募の中からグランプリを射止め、2016年に「マクロスΔ」のフレイア・ヴィオン役で声優デビューした、駆け出しの新人声優さんなのです。同作中のアイドルユニット「ワルキューレ」名義で音楽活動もスタートされました。アニメ版カードキャプターさくら・クリアカード編のエンディングテーマは鈴木みのりさんが担当されています。歌が上手で可愛い鈴木みのりさんのこれからの活躍が楽しみです。
いかがでしたでしょうか。気になることやまだまだわからないことが多い詩之本秋穂ですが、今後のストーリーにも深く関わる重要人物には間違いありません。アニメ版カードキャプターさくら・クリアカード編の最終話では、これからどうなるの!?とかなり気になる終わり方をしています。また続編が放送されるのを楽しみに待ちつつ、もう一度アニメを見返すのも良いかと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/nhk_animeworld/status/987601847576768512