T8iqe6spad9x7xufq1k8

ブリーチ

CATEGORY | ブリーチ

【ブリーチ】ミュージカルでのキャストや使用された楽曲をご紹介

2021.07.31

「ブリミュ」の略称で親しまれている、大人気漫画ブリーチを原作としたミュージカル、「ロック ミュージカル ブリーチ」。ここでは歴代ミュージカルのキャストや最新ミュージカルの反響や評価、そのクオリティについて紹介していきます。

  1. 【ブリーチ】ブリーチとは
  2. 【ブリーチ】「ROCK MUSICAL BLEACH」とは【ミュージカルまとめ】
  3. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル①「ロックミュージカル BLEACH」【ミュージカルまとめ】
  4. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル②「ロックミュージカル BLEACH 再炎」【ミュージカルまとめ】
  5. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル③「ROCK MUSICAL BLEACH The Dark of The Bleeding Moon」【ミュージカルまとめ】
  6. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル④「ROCK MUSICAL BLEACH The LIVE "卍解SHOW code:001"」【ミュージカルまとめ】
  7. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル⑤「ROCK MUSICAL BLEACH No Clouds in the Blue Heavens」【ミュージカルまとめ】
  8. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル⑥「ROCK MUSICAL BLEACH The All」【ミュージカルまとめ】
  9. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル⑦「ROCK MUSICAL BLEACH The LIVE "卍解SHOW code:002"」【ミュージカルまとめ】
  10. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル⑧「ROCK MUSICAL BLEACH The LIVE "卍解SHOW code:003"」【ミュージカルまとめ】
  11. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル①〜⑧の初代キャスト紹介【ミュージカルまとめ】
  12. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル⑨「BLEACH連載10周年記念公演 ROCK MUSICAL BLEACH」【ミュージカルまとめ】
  13. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル⑩「新生 ROCK MUSICAL BLEACH Reprise」【ミュージカルまとめ】
  14. 【ブリーチ】ブリーチミュージカル⑨〜⑩のキャスト紹介【ミュージカルまとめ】
  15. 【ブリーチ】「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」が最新のブリミュ!【ミュージカルまとめ】
  16. 【ブリーチ】「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」のキャスト【ミュージカルまとめ】
  17. 【ブリーチ】「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」の歌ピックアップ【ミュージカルまとめ】
  18. 【ブリーチ】「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」のクオリティ【ミュージカルまとめ】
  19. 【ブリーチ】「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」の評価や反響【ミュージカルまとめ】
  20. 【ブリーチ】ブリーチミュージカルについてまとめ
BLEACH ブリーチ コミック 全74巻 完結セット
価格 ¥ 31,615
ブリーチとは、久保帯人原作の人気バトル漫画です。超霊感体質の高校生・黒崎一護と、彼に死神の力を譲渡した死神・朽木ルキア、そして現世の友だちや家族、死神仲間たちとの友情や戦い、絆を描いています。漫画は15年、アニメは8年もの長い間連載・放送された、大人気長寿作品です。
原作のある作品では珍しく、アニメで放送された原作にないオリジナルストーリーや劇場版なども非常に人気で、キャラクターを深掘りしたキャラクターブックなども多数発売し、かっこいい登場人物や世界設定など、本編ストーリー以外のところでも人気が高かったことがうかがえます。
ブリーチ / BLEACH シーズン1(死神代行篇) コンプリート DVD-BOX (1-20話, 452分) アニメ[DVD] [Import]
価格 ¥ 4,472
基本的なアニメ化以外にも、ゲーム化やスマホアプリ化、ノベライズ化など様々なメディア展開を見せています。2018年には実写映画化もされ、連載終了後画集の発売も決まるなど、まだまだ人気の衰えを知らないブリーチですが、一度終わりを見せたミュージカルブリーチも2016年に行われていました。
多方面で活躍を続けるブリーチのなかでも、ブリーチミュージカルについて、そのキャストや今まで行われた公演を紹介するとともに、最新ミュージカル「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」について詳しくご紹介していきます。
ROCK MUSICAL BLEACH BD Collection BOX(Blu-ray Disc)
価格 ¥ 15,209
通称「ブリミュ」と呼ばれるブリーチミュージカルは、ロック・ミュージカルというジャンルで、普通のミュージカルではなくロックの曲とともに行われるミュージカルです。ブリーチはそもそもの作品自体とてもおしゃれで、劇場版やアニメのOP・ED楽曲も非常にかっこいいものが多く、最初のアニメ化は2004年ですが、決して古臭い音楽ではないのが特徴的。
そんなブリーチのミュージカルだからこそ、ポップなだけでも厳かなだけでもない「ロック・ミュージカル」というかっこいい形式をとっているのでしょう。ブリーチはかっこいいキャラクターや、独特な世界観、おしゃれな雰囲気がかっこいいと人気なため、そういった原作の良さを理解した曲調チョイスではないでしょうか。
ロックミュージカル BLEACH
価格
2005年に上演された初演となるミュージカルブリーチです。脚本を担当したのは、「HUNTER×HUNTER」の脚本や「ふしぎ遊戯」の演出などを手がけた奥村直義さん。
初演ということもあり、公演は東京のみで行われました。
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「藍染惣右介」「浦原喜助」「市丸ギン」「井上織姫」「茶渡泰虎」「雛森桃」 です。
2006年1月に上演されたブリーチミュージカルです。2005年に行われた公演の再演であると同時に、多少脚本を変えた本作。脚本は前作と同様、奥村直義さんが担当しました。
「ロックミュージカル BLEACH 再炎」は東京と大阪の二箇所公演となりました。開催場所が2つになるということは、前作の評価が高く反響を呼んだという証ですね。また、両公演ともキャストは同じです。
(DVD) ロックミュージカル BLEACH 再炎
価格
登場キャラクターは、前作と同じ「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「藍染惣右介」「浦原喜助」「市丸ギン」「井上織姫」「茶渡泰虎」「雛森桃」に「吉良イヅル」が加わったメンバーとなりました。
ROCK MUSICAL BLEACH The Dark of The Bleding Moon
価格
2006年8月に上演されたブリーチミュージカルです。脚本・演出を手がけたのは、「劇場版ONEPIECE 3D ~麦わらチェイス~」の脚本、舞台「三丁目の夕日」の 演出などを担当された堤泰之さんです。
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「藍染惣右介」「市丸ギン」「雛森桃」「吉良イヅル」に、「四楓院夜一」「斑目一角」「更木剣八」「山田花太郎」「松本乱菊」を追加したメンバーで送られました。
「卍解SHOW」は、今までのブリーチミュージカルと違い、歌と踊りを中心としたライブとなっています。構成と演出は、ブリーチミュージカル③で脚本と演出を担当した堤泰之さんと、声優や女優として活躍される井関佳子さんです。
「ROCK MUSICAL BLEACH The LIVE "卍解SHOW code:001"」の上演は2007年の1月に行われました。
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「藍染惣右介」「市丸ギン」「雛森桃」「吉良イヅル」「四楓院夜一」「斑目一角」「更木剣八」「山田花太郎」です。
ROCK MUSICAL BLEACH No Clouds in the Blue Heavens
価格
2007年3月に東京、4月に兵庫で上演を行ったブリーチミューズカル第5弾。脚本と演出は「ROCK MUSICAL BLEACH The Dark of The Bleeding Moon」から引き続き、堤泰之さんが担当しました。
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「藍染惣右介」「市丸ギン」「雛森桃」「吉良イヅル」「四楓院夜一」「斑目一角」「更木剣八」に、「卯ノ花烈」「砕蜂」「東仙要」「檜佐木修兵」を追加したメンバーです。
2008年3月に行われたブリーチミュージカル。タイトルは、尸魂界篇すべてということで「The All」とつけられました。脚本・演出は前回に引き続き、堤泰之さんが担当しました。
ROCK MUSICAL BLEACH-ブリーチ- THE ALL
価格
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「藍染惣右介」「市丸ギン」「雛森桃」「吉良イヅル」「四楓院夜一」「斑目一角」「更木剣八」「卯ノ花烈」「砕蜂」「東仙要」「檜佐木修兵」「松本乱菊」「山田花太郎」になります。
2007年3月、ミュージカル「ROCK MUSICAL BLEACH The All」と同時期に日にちをずらして上演されたライブです。脚本・演出は、「卍解SHOW code:001」で出演助手をされた井関佳子さんが担当されました。
ロック ミュージカル BLEACH BANKAI SHOW code 002
価格 ¥ 9,800
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「藍染惣右介」「市丸ギン」「雛森桃」「吉良イヅル」「四楓院夜一」「斑目一角」「更木剣八」「卯ノ花烈」「砕蜂」「東仙要」「檜佐木修兵」「松本乱菊」「山田花太郎」になります。
2010年1月に、東京・大阪・福岡の3ヶ所で公演されたブリーチミュージカルライブ「卍解SHOW code:003」。過去最大規模のブリーチミュージカルとなった本作の脚本・演出を担当されたのは、前回と同じ井関佳子さん。
この公演をもって、ブリーチミュージカルが一旦終わりを迎えました。
ROCK MUSICAL BLEACH the LIVE “BANKAI SHOW” code:003
価格 ¥ 7,980
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」「朽木白哉」 「阿散井恋次 」「日番谷冬獅郎」「市丸ギン」「雛森桃」「吉良イヅル」「四楓院夜一」「斑目一角」「更木剣八」「卯ノ花烈」「砕蜂」「東仙要」「檜佐木修兵」「松本乱菊」「山田花太郎」になります。
ブリーチミュージカルのすごいところは、同じキャストでいくつも公演を行うことですね。2010年の「ROCK MUSICAL BLEACH The LIVE "卍解SHOW code:003"」までが初代キャストと呼ばれる方々の公演になります。
なんでも初めてはそうですし、特に初演当時はまだ2.5次元舞台というものが珍しい時代で、多くの反響・賛否両論がありました。原作の絵自体かっこいいですし、そういったかっこいい姿のキャラクターをわざわざ3次元で表現することはないという評価も多かったのです。
そんなマイナス意見たちを黙らせ、人気と反響を呼び、ミューズカルの評価、2.5次元の評価をあげたのがこの初代メンバーです。初代とは思えないほどクオリティが高く、キャラクターの魅力的な部分、かっこいい部分をよく理解した公演となりました。

伊阪達也(黒崎一護)

ブリーチミュージカルで主人公・黒崎一護を演じたキャストは、伊阪達也さん。伊阪さんは「戦国BASARA」シリーズで前田慶次なども演じられている俳優さんです。

佐藤美貴(朽木ルキア)

ブリーチミュージカルで朽木ルキアを演じたキャストは、舞台を中心に活躍されている佐藤美貴さん。佐藤さんの演じたルキアは、まだ2.5次元舞台がメジャーでないなか「本物」「クオリティが高い」と非常に高評価を得ていました。

林修司(朽木白哉)

ブリーチミュージカルで朽木白哉を演じたキャストは、「最遊記歌劇伝」や舞台「心霊探偵八雲」など舞台を中心に活躍されている、俳優の林修司さんです。

森山栄治(阿散井恋次)

ブリーチミュージカルで阿散井恋次を演じたキャストは、「ミュージカル テニスの王子様」やアニメ「テニスの王子様」「Dr.リンにきいてみて!」などで声優などもやられている、俳優の森山栄治さんです。

永山たかし(日番谷冬獅郎)

ブリーチミュージカルで日番谷冬獅郎を演じたキャストは、「少年ハリウッド」や「ミュージカル テニスの王子様」などにも出演されている、永山たかしさんです。

大口兼悟(藍染惣右介)

ブリーチミュージカルで藍染惣右介を演じたキャストは、「仮面ライダー555」や「烈車戦隊トッキュウジャー」などにも出演された大口兼悟さんです。2016年に芸能界を引退されました。

伊藤陽佑(浦原喜助)

ブリーチミュージカルで藍染惣右介を演じたキャストは、「特捜戦隊デカレンジャー」や映画「斜陽」などにも出演された俳優で、声優としても活躍されている伊藤陽佑さんです。

土屋佑壱(市丸ギン)

ブリーチミュージカルで市丸ギンを演じたキャストは、「ミュージカル テニスの王子様」や、ドラマ「山田くんと7人の魔女」などに出演された土屋佑壱さんです。

吉井怜(井上織姫)

ブリーチミュージカルで井上織姫を演じたキャストは、映画「妖怪大戦争」やドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」などにも出演された女優の吉井怜さんです。

吉田直史(茶渡泰虎)

ブリーチミュージカルで茶渡泰虎を演じられたキャストは、舞台やテレビドラマを中心に活躍されていた吉田直史さんです。吉田さんは非常に身長が高く、茶渡泰虎としてのクオリティも高く今でもファンが多く評価が高い方ですね。

齊藤来未子(雛森桃)

ブリーチミュージカルで雛森桃を演じたキャストは、「赤毛のアン」などにも出演された齊藤来未子さんです。2018年実写映画を上映するにあたって、雛森役に齊藤さんを望むファンもいらっしゃるほど、クオリティと評価の高い方でした。

北村栄基(吉良イヅル)

ブリーチミュージカルで吉良イヅルを演じたキャストは、「ミュージカル テニスの王子様」や「仮面ライダーディケイド」などに出演していた北村栄基さん。現在は俳優を引退されています。

齋藤久美子(四楓院夜一)

ブリーチミュージカルで四楓院夜一を演じたキャストは、アクロバットダンスを主体に活動している「G-Rockets」に所属の齋藤久美子さんです。身軽な動きが必要な夜一を演じるのに必要な技能をもった方ですね。

鈴木省吾(更木剣八)

ブリーチミュージカルで更木剣八を演じたキャストは、舞台「ACCA13区監察課」や「Dog-Eat-Dog」などに出演された鈴木勝吾さんです。声優としても活躍されていますよ。

臼井琢也(斑目一角)

ブリーチミュージカルで斑目一角を演じたキャストは、劇団で俳優として活躍されている臼井琢也さんです。ツイッターの名前についている「BQMAP」は劇団名ですよ。

井上晴美(松本乱菊)

ブリーチミュージカルで松本乱菊を演じたキャストは、様々なミステリードラマや刑事ドラマに出演し、漫画原作の「東京タラレバ娘」などにも出演された女優の井上晴美さんです。

村上耕平(山田花太郎)

ブリーチミュージカルで山田花太郎を演じたキャストは、「葵 徳川三代」や再現ドラマなどに多数出演されている、俳優の村上耕平さん。ブリーチの実写映画がこうされた際には、死覇装のような姿の写真を投稿されました。

笠原弘子(卯ノ花烈)

ブリーチミュージカルで卯ノ花烈を演じたキャストは、「魔法騎士レイアース」や「満月をさがして」などで声優として活躍し、歌手としても活動されている笠原弘子さんです。

関根あすか(砕蜂)

ブリーチミュージカルで砕蜂を演じたキャストは、滝沢秀明主演「滝沢演舞城」などにも出演された、夜一役の齋藤久美子さんと同じ「G-Rockets」に所属している関根あすかさんです。

倉貫匡弘(東仙要)

ブリーチミュージカルで東仙要を演じたキャストは、「烈車戦隊トッキュウジャー 」や舞台「弱虫ペダル」に出演されていた倉貫匡弘さんです。

郷本直也(檜佐木修兵)

ブリーチミュージカルで檜佐木修兵を演じたキャストは、「ミュージカル テニスの王子様」やミュージカル「刀剣乱舞」に出演された郷本直也さんです。
2011年にブリーチの連載10周年を記念して行われた記念公演です。脚本・演出は「仮面ライダークウガ」の脚本、2009年〜2010年に放送されたブリーチアニメオリジナル「斬魄刀異聞篇」のシリーズ構成を行った、きだつよしさんが行いました。
10周年記念ということで、東京・大阪をはじめ、愛知・新潟・石川などでも公演が行われました。「BLEACH連載10周年記念公演 ROCK MUSICAL BLEACH」と「新生 ROCK MUSICAL BLEACH Reprise」はオリジナルストーリーだったものの、原作ファンからも高評価で、原作をないがしろにすることなく、またオリジナルキャラクターが原作キャラクターを邪魔することも、逆に影が薄すぎることもないと反響を呼びました。
BLEACH連載10周年記念公演 ROCK MUSICAL BLEACH DVD
価格
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」 「朽木白哉」「阿散井恋次」「日番谷冬獅郎」「京楽春水」「浮竹十四郎」に加え、オリジナルキャラクター「遙華」「射真」になります。
2012年8月〜9月にかけて上演されたブリーチミュージカル「新生 ROCK MUSICAL BLEACH Reprise」。脚本と演出は前回同様、きだつよしさんが担当されました。
この公演は東京のみとなりましたが、ブリーチミュージカル初期のみの登場だった人気キャラクター浦原喜助が登場するとあって話題と反響を呼びました。
新生 ROCK MUSICAL BLEACH Reprise [DVD]
価格 ¥ 5,676
登場キャラクターは、「黒崎一護」「朽木ルキア」 「朽木白哉」「阿散井恋次」「日番谷冬獅郎」「京楽春水」「浮竹十四郎」「遙華」「射真」に、「浦原喜助」を加えたメンバーになります。
2代目は途中でキャスト交代などもあったため、そういった場合は1キャラクターで2名紹介します。また、朽木ルキアに関しては初代と同じ佐藤美貴さんが演じられたため、紹介を省かせていただきます。
反対意見を見事黙らせた初代メンバーの公演。キャストが変わること、また変わらないキャラクターもいることで、再び反響を呼んだブリーチミュージカルですが、2代目キャストたちの評価も上々でした。キャストが変わると、その演技を比べられてしまうものですが、2代目キャストたちも見事なクオリティで、前回からのファン、新規ファンから人気を集めました。
1人だけキャスト変更なしで、ルキアを演じきった佐藤さんも当時反響を呼びましたね。キャラクターが歳をとらないため、1人人間がずっと同じキャラクターを演じるのには限界があるのですが、佐藤さんは変わらず可愛くてかっこいいルキアを熱演。これも評価を上げる一因となったのでしょう。

法月康平(黒崎一護)

ブリーチミュージカルで2代目黒崎一護を演じたのは、ミュージカル「魔界王子」やミュージカル「Dance with Devils」など、多くの2.5次元舞台への出演を果たした法月康平さんです。

太田基裕(朽木白哉)

ブリーチミュージカルで2代目朽木白哉を演じたのは、 「ミュージカル テニスの王子様」や舞台「弱虫ペダル」、ミュージカル「刀剣乱舞」に出演された太田基裕さんです。

鯨井康介(阿散井恋次)

ブリーチミュージカルで2代目阿散井恋次を演じたのは、実写ドラマ「弱虫ペダル」や、「ミュージカル テニスの王子様」などに出演された鯨井康介さんです。

木戸邑弥(日番谷冬獅郎)

ブリーチミュージカルで2代目日番谷冬獅郎を演じたのは、「ミュージカル テニスの王子様」や、舞台「K-MISSING KINGS」などにも出演された木戸邑弥さんです。木戸さんは「BLEACH連載10周年記念公演 ROCK MUSICAL BLEACH」で日番谷を演じました。

河原田巧也(日番谷冬獅郎)

ブリーチミュージカルで3代目日番谷冬獅郎を演じたのは、舞台「弱虫ペダル」や舞台「モブサイコ100」に出演された河原田巧也さん。「新生 ROCK MUSICAL BLEACH REprise」で日番谷冬獅郎を演じました。余談ですが、「ミュージカル テニスの王子様」でも、木戸さんと同じ役をやられていましたね。

石坂勇(京楽春水)

ブリーチミュージカルで京楽春水を演じられたのは、石坂勇さん。舞台「銀河英雄伝説」やミュージカル「しゃばけ」など舞台を中心に活躍されている俳優さんですね。

西島数博(浮竹十四郎)

ブリーチミュージカルで浮竹十四郎を演じられたのは、バレーダンサーとしてバレー舞台で踊られたり、俳優としてドラマや舞台に出演されている西島数博さんです。「BLEACH連載10周年記念公演 ROCK MUSICAL BLEACH」で浮竹を演じられました。

津田英佑(浮竹十四郎)

ブリーチミュージカルで2代目浮竹十四郎を演じられたのは、舞台俳優としても活躍し、「テニスの王子様」や「アナと雪の女王」の吹き替えなどで声優としても活躍されている津田英佑さんです。「新生 ROCK MUSICAL BLEACH REprise」で浮竹を演じられました。

大山真志(浦原喜助)

ブリーチミュージカルで2代目浦原喜助を演じられたのは、「ミュージカル テニスの王子様」や、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演された大山真志さんです。

彩乃かなみ(遙華)

ブリーチミュージカルオリジナルキャラクター遙華を演じられたのは、元宝塚歌劇団月組トップ娘役の彩乃かなみさん。宝塚所属時の活躍はもちろん、退団後もミュージカル「アニー」などに出演されていました。

新納慎也(射真)

ブリーチミュージカルオリジナルキャラクター射真を演じられたのは、舞台「アリス・イン・ワンダーランド」やドラマ「執事 西園寺の名推理」などに出演していた俳優の新納慎也さんです。
『ROCK MUSICAL BLEACH』 ~もうひとつの地上~ [Blu-ray]
価格 ¥ 7,550
2016年に、「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」が上演されました。原作の連載が終了された年と同じ年の上演となりましたね。脚本と演出を担当されたのは、以前もブリーチミュージカルで脚本・演出を担当していた堤泰之さん。
本作は「ROCK MUSICAL BLEACH THE ALL」を新しくやり直したものになります。連載10周年記念公演時のようなオリジナルキャラクターの登場やオリジナルストーリーではありません。
「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」のキャストは完全に一新されたメンバーとなりました。人気の2.5次元俳優の起用で反響を呼びましたね。キャスト変更は2回目のことなので、このときはそれほど話題になりませんでしたが、実際にキャストが決まると多くの反響が。
2016年には、実写化や2.5次元舞台化される作品も非常に多くなって来ていたため、すでに他の2.5次元舞台でキャストのファンになったという人がとても多かったのが理由だと考えられます。以前までのかっこいいブリーチの世界観を損なわないミュージカルへの信頼もあり、呼んだのは反響だけで、特に不安の声は聞かれませんでした。

高野洸(黒崎一護)

黒崎一護を演じられたのは、ミュージカル「スタミュ」やミュージカル「刀剣乱舞」などにも出演された高野洸さんです。

甲斐千尋(朽木ルキア)

朽木ルキアを演じられたのは、話題アニメ「はたらく細胞」の舞台への出演が決まっている、女優の甲斐千尋さんです。

猪野広樹(朽木白哉)

朽木白哉を演じられたのは、ミュージカル「薄桜鬼」や舞台「弱虫ペダル」などにも出演された猪野広樹さんです。

崎山つばさ(阿散井恋次)

阿散井恋次を演じられたのは、ミュージカル「刀剣乱舞 」や舞台「クジラの子らは砂上に歌う」などに出演された崎山つばささんです。

遊馬晃祐(市丸ギン)

市丸ギンを演じたのは、舞台「BRAVE10」や舞台「DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD」に出演された遊馬晃祐さんです。

健人(吉良イヅル)

吉良イヅルを演じたのは、「ミュージカル テニスの王子様」や舞台「刀剣乱舞」に出演された健人さんです。

平田裕香(卯ノ花烈)

卯ノ花烈を演じられたのは、舞台「文豪ストレイドッグス」に出演し、舞台「はたらく細胞」への出演が決まっている平田裕香さんです。

橋本真一(山田花太郎)

山田花太郎を演じられたのは、「ミュージカル テニスの王子様」や「イケメン革命◆アリスと恋の魔法」などにも出演されている橋本真一さんです。

馬場良馬(藍染惣右介)

藍染惣右介を演じられたのは、「ミュージカル テニスの王子様」や舞台「モブサイコ100」などにも出演していた馬場良馬さんです。

美山加恋(雛森桃)

雛森桃を演じたのは、女優として「下町ロケット」などに出演したり、声優として「アイカツフレンズ!」などの出演していた美山加恋さんです。

本田昂也(東仙要)

東仙要を演じられたのは、舞台を中心に活躍されている、俳優の本田昂也さんです。東仙はなかなか難しい役柄ではありますが、見事演じきってみせました。

橋本全一(檜佐木修兵)

檜佐木修兵を演じられたのは、舞台「銀河英雄伝説」や「イケメン戦国 THE STAGE~織田信長編~」に出演された橋本全一さんです。

永田崇人(日番谷冬獅郎)

日番谷冬獅郎を演じられたのは、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」や映画「アヤメくんののんびり肉食日誌 」などに出演された永田崇人さんです。

高橋ユウ(松本乱菊)

松本乱菊役を演じられたのは、「仮面ライダーキバ」や舞台「美少女戦士セーラームーン」に出演された女優でモデルの高橋ユウさんです。

川上将大(更木剣八)

更木剣八を演じたのは、「ミュージカル テニスの王子様」や舞台「刀剣乱舞」に出演された川上将大さんです。

塩田康平(斑目一角)

斑目一角を演じたのは、「ミュージカル テニスの王子様」やハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」などにも出演していた塩田康平さんです。

松林篤美(四楓院夜一)

四楓院夜一を演じたのは、初代夜一を演じられた齋藤久美子さんと同じ「GーRockets」に所属している松林篤美さん。舞台「DREAM BOYS」などに出演されていました。

倉知あゆか(砕蜂)

砕蜂を演じたのは、初代砕蜂を演じられた関根あすかさんと同じ「GーRockets」に所属している倉知あゆかさん。サンリオファミリーミュージカル「ハローキティのラブリーステージ!」などに出演されていました。
ミュージカルなので、劇と歌が交互にやってきますが、ブリーチミュージカルのなかで注目したい曲といえば、今作のタイトルにもなった「もうひとつの地上」ですよね。
歴代のミュージカル公演すべてで歌われてきた「もうひとつの地上」。この歌はラストにキャスト全員が歌って終わるのですが、「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」でも、新たなアレンジを加えられ熱唱されました。
「もうひとつの地上」の良いところは、原作のかっこいい雰囲気を彷彿とさせるような歌詞です。作詞はうえのけいこさんという方がされているのですが、最初にある「光る刃は火の矢の如く狂おしく死を司る 醜く迷える魂を最期へと導いてやろうか」などはまさに原作のおしゃれな雰囲気をそのまま表したようなかっこいい歌詞ですよね。
「ロック・ミュージカル」ということで曲調自体かっこいいものが多いのですが、やはりブリーチのかっこいいところはその言葉のセンスですよね。ブリーチ独特のかっこいい世界観を損なわない歌詞と曲調でありながら、全員合唱で締めくくるというなんともアンバランスなところが「もうひとつの地上」の良いところでもあります。
「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」のクオリティについては、キャラクター的な完成度としては満足した方も非常に多いようですが、ストーリー的な要素では少々消化不良なところもあったようです。

1.キャラクターのクオリティについて

まずブリーチの人気の要因のひとつであるのがかっこいいキャラクターたち。原作ファンはもちろん、そうでない人も見ていて違和感のないビジュアルが要求されるのが2.5次元舞台。その点でいえば、「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」のクオリティは全く問題ないでしょう。
キャラクターの造形だけではなく、声や発声の仕方なども非常にアニメに寄っていて、アニメファンにとっても満足のいくクオリティだったのではないでしょうか。

2.ストーリーのクオリティについて

「ROCK MUSICAL BLEACH 〜もうひとつの地上〜」は、「ROCK MUSICAL BLEACH THE ALL」を基に作っているのですが、「THE ALL」自体、もともと4公演分をわかりやすくまとめたもの。それを最初からひとつの公演でやりきろうとしたためか、少々急ぎ足になってしまったところもありました。
原作を全く知らない人が観に行ったときに、少々内容を飲み込むのに時間がかかってしまうことを考えると、ストーリー全般のクオリティはそこそこだったのではないでしょうか。ただ、原作をしっかり頭に入れている人であれば問題なく楽しむことができるので、決してクオリティが低いということはありません。脚本自体、以前から関わっている堤泰之さんですからね。

3.演技・歌のクオリティについて

ミュージカル舞台ですから、演技と歌、両方のクオリティが高くなければなりません。その点でいえば、以前ミュージカルや舞台を経験した方、すでに舞台への出演が決まっている方など、ベテランも若手も広いステージで演技し歌うことに問題があるような人物は誰一人いらっしゃいません。
ベテランに比べると若手は多少見劣りするかもしれませんが、大きな失敗もありませんし、楽しんで演じているのが伝わってくるので、それだけで十分なクオリティといえるでしょう。ミュージカル舞台はそもそも聞き取りずらさなどがあるものなので、そこをクオリティが低いと指摘する必要はないように思います。
もともとブリーチミュージカルは評価が高く評判も良かったため、ミュージカルが復活したこと自体大きな反響を呼びました。初代キャストの方々も観に行かれたようですし、今回演じることになった新キャストの皆さんにとっては、いろいろプレッシャーに思うこともあったと思いますが、その期待に応えるようにミュージカル自体は観客が心から楽しめるクオリティへと仕上げてくれました。
そのおかげか、総体的に批判的な意見はなく、前回からのファンからも今回初めてブリミュを観たという方からも高評価とたくさんの反響がありましたね。漫画の連載が終わりを迎えることも知られていましたし、そういった 反響も当時あったのではないかと考えられます。
ミュージカルを生で観に行かれた方の評価や反響は一様にして良いものでした。もともと主演を務めた高野さんにファンがいて、高野さんが黒崎一護をやると発表が出た時点で大きな話題と反響を読んでいました。そういったキャスト人気を踏まえたうえで、酷評や辛辣な意見がなかったところをみると、評価は上々ということですね。
歴代ミュージカルと、最新ミュージカルを並べましたが、最新ミュージカルが連載終了年に公演されるというのは、心憎い演出ですよね。ミュージカル上演当時はまだ連載中でしたが、もう少しで漫画が終わってしまうと考えたときに、ストーリー序盤である尸魂界篇をこういった形で観られるのは、ファンとしては嬉しいものがったのではないでしょうか。
再現が難しいキャラクターなどもいますので、限界はあると思いますが、今後、尸魂界篇以外にもミュージカルで観られたら嬉しいですよね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/RM_BLEACH2016/status/737086127715147776