F1ueeedie0kzc1krvr2e

君の名は。

CATEGORY | 君の名は。

【君の名は】監督まとめ!他の作品は?名前は?出身地は?

2021.08.05

『君の名は』「新海誠(しんかいまこと)」監督のアニメーション作品で、2016年に公開され、興行収入250億円を超えた大ヒット作品です。ジブリ作品の中でも名作『千と千尋の神隠し』に匹敵する興行収入を得た、『君の名は』の「新海誠」監督について紹介します。

  1. 『君の名は』とはどんな作品?
  2. 『君の名は』の見所
  3. 【君の名は監督】新海誠さんの名前
  4. 【君の名は監督】新海誠さんの奥さん
  5. 【君の名は監督】新海誠さんの子供
  6. 【君の名は監督】新海誠さんの出身地
  7. 【君の名は監督】新海誠さんの人物像
  8. 【君の名は監督】新海誠監督の他の作品その①
  9. 【君の名は監督】新海誠監督の他の作品その②
  10. 【君の名は監督】新海誠監督まとめ

「新海誠」監督の興行収益250億円突破の大ヒットアニメーション

『君の名は』「新海誠(しんかいまこと)」監督のアニメーションで、2016年に公開され興行収益250億円を超える大ヒットを記録しました

主人公の声優に俳優の「神木隆之介(かみきりゅうのすけ)」さんを起用

アニメファンはもちろんのこと、普段アニメを観ない一般層まで虜にした本作は、主人公の声優に俳優の「神木隆之介(かみきりゅうのすけ)」さんを起用する等、話題となりました。

映像(特に背景)が非常に綺麗

「新海誠」監督の作品に共通して言えることですが、背景が非常に綺麗で引き込まれる所にあります。
「新海誠」監督の作品は、近年は現実にある風景を絵にしていることが多いですが、どれも現実よりも遥かに美しく美麗なグラフィックに仕上げていますね。
20年後はわかりませんが、恐らく今から10年後に出回るアニメの映像と比較しても、『君の名は』のグラフィックはトップクラスに秀逸だと思います。

主人公とヒロインの精神が入れ替わる

本作には主人公が二人いますが、男の主人公「立花瀧(たちばなたき)」と女の主人公「宮水三葉(みやみずみつは)」は、精神が周期的に入れ替わる所が本作の見所の最大のポイントの一つです。
東京に住んでいる瀧と岐阜県に住んでいる三葉は、互いに一度も会ったことが無い相手にも関わらず、何故か不定期に精神が入れ替わり、慣れない異性の身体と環境を前に、お互いがお互いの生活をメチャクチャにしてしまうという所が前半の見所ですね。
そして、それ以上お互いの生活をメチャクチャにしないために、瀧と三葉はルールをつくり、スマホに精神が入れ替わってしまった時の記録を保存して、お互いに何があったのか報告することを義務づけます。

架空の彗星「ティアマト彗星」が美しい

『君の名は』の映像の中で、恐らく「新海誠」監督が最もこだわった描写は、作中で特に重要なキーとなる「ティアマト彗星」の描写でしょう。
「新海誠」監督は、基本的には現実の世界を美しく描写することにこだわるクリエイターですが、時に幻想的でロマンチックな描写にこだわる時もあり、本作においては「ティアマト彗星」がまさにそれに当たる描写でした。
「ティアマト彗星」や作中の舞台の一つである「糸守町(いともりちょう)」は架空の創作物ですが、「新海誠」監督は現実と非現実を上手く重ね合わせることが非常に上手い作家ですね。

挿入歌の全てを「RADWIMPS」が担当

「新海誠」監督の作品は、有名なJ-POPアーティストを起用することが多いですが、本作も挿入歌の全てを「RADWIMPS(らっどうぃんぷす)が担当するなど、その美学を徹底させています。
「RADWIMPS」の曲は、『君の名は』の世界観にぴったりハマっていて、物語を盛り上げるのに大きく貢献しました。
『君の名は』の大ヒットの背景には、「RADWIMPS」の音楽の力もあったのではないかと言われる程で、非常にマッチングしたコラボレーションでしたね。

後半で物語が急展開する

『君の名は』の最大の見所は、やはり後半の急展開にあります。前半まで微妙な伏線が散りばめられていた『君の名は』ですが、後半で一気に伏線が回収されると共に、壮大な盛り上がりをみせ、美麗なグラフィックと共に視聴者の感情を揺さぶった所が魅力です。

新海誠監督の本当の名前は「新津誠」さん

クリエイターは活動する時の名前を本当の名前から変えることも多いですが、「新海誠」監督も本当の名前は「新津誠(にいつまこと)」さんと言います。
「海」と「津」は共通の意味を持つ似通った漢字ですが、「新海誠」監督は本当の名前をもじった名前をクリエイターとしての名前に使用したのですね。

新海誠監督の奥さんは女優の「三坂千絵子」さん

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51R%2BKxIv2TL._SS500.jpg
「新海誠」監督の奥さんは、女優の「三坂千絵子(みさかちえこ)」さんです。
「三坂千絵子」さんは中学時代から劇団で活動していて、山口県立下関西高等学校在学時は演劇部部長としてミュージカルに参加していました。
また、2000年には「北村龍平(きたむらりゅうへい)」監督の長編デビュー作『VERSUS-ヴァーサス-』でヒロインに抜擢される等、目を見張る活躍をされてきた女優ですね。

新海誠監督と三坂千絵子さんの子供は子役の「新津ちせ」さん

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51PmzSPBDUL._SS500.jpg
「新海誠」監督と「三坂千絵子」さんの子供は、2018年夏現在8歳の子役「新津ちせ」さんです。
「新津ちせ」さんは母親の「三坂千絵子」さんの勧めで劇団ひまわりに入団し、様々なテレビドラマやミュージカルに出演中の期待の子役ですね。
劇団関係者からの評判も良く、「一回教えるだけですぐにセリフを覚える」才能があるようです。

新海誠監督の出身地は長野県南佐久群小海町

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/518zi7R1YgL._SS500.jpg
「新海誠」監督の出身地は、「長野県南佐久群小海町(ながのけんみなみさくぐんこうみまち)」で、1973年生まれで2018夏現在は45歳です。
クリエイターとして、40代半ばというのは最も盛んな年齢と言えるので、今後の活動も期待できるアニメ監督ですね。

かなり多岐に渡る活動を少年時代からしてきた

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51dQyq-PiFL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg
「新海誠」さんは、子供時代から宇宙関係やSFの本が好きで、読書家だったようです。
小学校時代はスピードスケート部に所属し、中学校ではバレーボール部の部長を務めたということから、意外にもスポーツもされてきた方だったことが伺えます。
さらに、高校では弓道部に所属したということから、非常に趣味の幅が広い方だったことがわかりますね。
大学時代に児童文学研究会で絵本を描いたということですが、小・中・高は創作活動とは直接は関りの無いスポーツ系の活動をされていたというのが驚きです。

『秒速5センチメートル』

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517UkDA328L.jpg
「新海誠」監督の作品はどれも記憶に残る名作ですが、『君の名は』を除けば特に印象に残る作品は2007年に公開された『秒速5センチメートル』ではないでしょうか。
『秒速5センチメートル』は、主人公の「遠野貴樹(とおのたかき)」とヒロインの「篠原明里(しのはらあかり)」の小学校時代の淡い恋愛感情から始まり、転校して離れ離れになってしまった中学時代、そして、その後は全く別々の人生を歩みながら遠い日の記憶を懐かしむ社会人時代に至る、三部構成の物語です。
第一部は貴樹と明里の幼い純粋な恋心が美しく、第二部は遠く距離が離れてしまったお互いを想いながらも、詰まることない距離に哀愁を感じ、第三部はやや退廃的で社会の荒波に忙殺されながら灰色の日々を送っている貴樹と、新しい門出を清々しく生きていこうとしている明里が対照的で切ない物語となっています。

『言の葉の庭』

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1AVrboTv2L._RI_SX300_.jpg
『言の葉の庭』は2013年に公開された「新海誠」監督の五作目のアニメーション作品で、上映時間は46分という比較的短い中編アニメーションです。
主人公は靴職人を目指す高校一年生の「タカオ」という少年で、ヒロインは27歳という歳の差が激しい「ユキノ」という女性です。
どこか退廃的で堕落的な雰囲気を感じてしまうのは否めない本作ですが、「タカオ」も「ユキノ」も非常に心が綺麗な純粋な人物なので、シンプルで短い構成も相まって凝縮された魅力のある作品ですね。
「タカオ」と「ユキノ」が出会う庭園も美しく、さらに雨の描写が「タカオ」と「ユキノ」の心模様を表しているかのようで、次第に惹かれ合う二人と解放されていく心が感動を誘う良作となっています。

今後20年は期待できる素晴らしいアニメーション作家

2018年現在、まだ45歳という若さの「新海誠」監督は、今後20年は期待できる素晴らしいアニメーション作家ですね。
現在でも素晴らしいアニメ作家ですが、今後は、『君の名は』を超えられるか否かの壁をどう乗り越えていくのかが注目されるでしょう。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51IKsAA1cvL.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/C5_3L15VAAAEdUM.jpg