Yszx87urkno3pqu0g6dl

けものフレンズ

CATEGORY | けものフレンズ

【けものフレンズ】フクロウ科のフレンズを紹介!声優やかわいいところも徹底解説!

2018.09.14

人気アニメ作品である「けものフレンズ」に登場するフクロウ目フクロウ科のフレンズについて今回は見ていこうと思います。けものフレンズのフクロウ目フクロウ科キャラの「ワシミミズク」と「アフリカオオコノハズク」について着目しようと思います!

  1. 【けものフレンズ・フクロウ】アフリカオオコノハズクとは?
  2. 【けものフレンズ・フクロウ】アフリカオオコノハズクのモチーフは?
  3. 【けものフレンズ・フクロウ】アフリカオオコノハズクは博士?
  4. 【けものフレンズ・フクロウ】実はグルメなアフリカオオコノハズク
  5. 【けものフレンズ・フクロウ】ワシミミズクとは?
  6. 【けものフレンズ・フクロウ】ワシミミズクのモチーフは?
  7. 【けものフレンズ・フクロウ】ワシミミズクは博士の助手
  8. 【けものフレンズ・フクロウ】ワシミミズクの声優「上原あかり」
  9. 【けものフレンズ・フクロウ】アフリカオオコノハズクの声優「三上枝織」
  10. 【けものフレンズ・フクロウ】まとめ
アフリカオオコノハズクは大人気作品である「けものフレンズ」に登場するキャラクターの一人であり、鳥網フクロウ目フクロウ科コノハズク属のアフリカオオコノハズクのフレンズでもあります。とてもかわいい見た目をしており、タレ目のおっとり系な雰囲気を出しておりますが、NEXON版では森の中の賢者という立ち位置であり、知恵というものを授ける存在としているためか図々しい一面もあります。
体毛がふわふわであるところが特徴的であり、白かもしくは白に近い灰色というものが色のベースとなっているのも特徴の一つといってもいいでしょう。まさにフクロウの種類に相応しい体毛と耳、眠そうな眼をしているところ、性格面はとても威厳あるような感じではありますが、見た目はとてもかわいいといってもいいと個人的には思います。
アフリカオオコノハズクのモチーフとなっているのは実在する「アフリカオオコノハズク」がモチーフとなっております。名前はそのままですね。生息地はアフリカのサハラ砂漠以南であり、全長19cmから24cmと若干小柄な体格をしております。このアフリカオオコノハズクの特徴としてはかなり神経質な性格であり、ストレスにも弱いため、飼育面ではかなり気をつなければならない点が多数あります。
ストレスが増大すると体調を崩してしまい、ストレス死を招く可能性もありますので注意が必要です。威嚇の際に羽を広げたりする場面や、体を細くしたりする場面はもうよくご存知かもしれませんが、あくまでも自身の防衛手段であり、コノハズクにとっては相当なストレスでもあるものですので、ストレスに関することはかなり気をつけなければならないとされております。
さて、作品に戻りまして、アフリカオオコノハズクの通り名についてです。NEXON版では森の賢者ですが、アニメ版では「博士」と皆から呼ばれている存在です。動物をモチーフとしたアニメ作品や二次元作品ではフクロウ系統の生き物は大抵物知りというキャラクター性を持っていることが多いです。したがってこのけものフレンズのアフリカオオコノハズクもその部類に入ると言えるでしょう。
基本的に他のフレンズと比較するとかなり知能が高いことが挙げられます。そのことから住んでいる場所である図書館に来るフレンズに対して知恵を授けることが基本的な活動とされております。やっていることはかなりいいことではありますが、性格面にやや難があり、多少・・・というかかなり図々しいところがあります。これはおそらく物知りであるからこその特性なのでしょう。
ぼーっとしているようなところが目立ちそこまで何かにこだわるようなものではなさそうなのですが、本人が言うには「グルメ」と言うことが挙げられ、作中で登場する「ジャパリまん」と言うものの味に飽き飽きしているようです。そのため本に登場する「料理」と言うものを日々欲しがっておりました。作品ではそれを実行に移そうとします。(本人ではなく、文字が読めるフレンズに)
結果的にかばんちゃんがその餌食になり、カレーライスをこしらえますが、「辛い」の一言です。しかし辛いと言いながらも完食しましたね。どのあたりがグルメなのかはわかりませんが、食べ物に対して興味があると言うことが一つ言えることだと思います。カレーは辛かったようですが、もっと他の料理を食べて見たいという欲求はあるようですね。
ワシミミズクはけものフレンズに登場するキャラクターの一人であり、鳥網フクロウ目フクロウ科ワシミミズク属のワシミミズクのフレンズとなっております。同じフクロウ科であるアフリカオオコノハズクの博士と一緒にいる存在であり、どの作品を見ても必ず二人は一緒にいることが挙げられます。こちらもミミズクの特徴を持っており、ふわふわの体毛です。
茶色の体色をしており、コノハズクとは体色で差別化されていると見てもいいと思います。またこちらもかわいい見た目をしているのは当然のことであり、眠そうな眼は健在です。こちらもフクロウ科の特徴と言っても過言ではない「図々しさ」を持っており、博士であるアフリカオオコノハズク同様に尊大でちょっと性格面に難があると言ってもいいでしょうね。
ワシミミズクのモチーフとなっているのはまさに実在する「ワシミミズク」です。名前もそのまま使われております。生息地はインドやユーラシア大陸(マレー半島を除く)、また北極圏となっております。幅広い生息地を持っていると言ってもいいでしょう。またこちらは大型のフクロウという分類になっており、羽を広げると180cmにまで達します。
ミミズクの中で呼称されているフクロウ類だと最大の大きさを誇っており、人気の高いミミズクといってもいいでしょう。夜行性であるのはもちろんですが、夜のハンターの代名詞とも言えるものであり、小動物(ウサギやネズミ)だけでなく、なんとハヤブサや比較的小型に当たるフクロウ類も狙って捕らえるということでとてもハンターなミミズクであるといってもいいですね!
上記で述べてきたアフリカオオコノハズクの助手に当たる存在であり、博士と共に行動していることが挙げられます。常に一緒といえばいいかもしれません。博士同様にかなり知能が高く、口癖などもそっくりですが、声のトーンが違うというところでその点が差別化されている部分であると言えるでしょう。どちらも物知りであり、性格面もかなり似ているということでかわいい見た目をしているだけに、図々しい部分がちょっと残念かもしれません。
しかしこれも二次元作品のキャラクター性全般で考えるといい特徴といってもいいかもしれません。個人的にはあのもふもふした体毛がとても個性的でかわいいと感じております。口調もゆっくりで決まった語尾をつけることから他のキャラクターよりも個性が強いといってもいいかもしれませんね!皆に知恵を授けるという点ではとてもいいキャラクターだと思われます。
上原あかり(うえはらあかり)さん、9月13日生まれ、東京都出身、クレール所属の声優さんです。声優デビュー前は子役をしていたことからお芝居の経験は豊富であると言えるでしょう。かなり苦労しているということが挙げられ、声優の養成所では事務所に所属することが叶わなかったのですが、その後、ゲームのオーディションを経て事務所に所属することが決まりました。
アニメ作品ではまだあまり出演がなされておりませんが、にゃんこデイズやばくおん!!、終末なにしてますか?〜などなど有名作品にも出演は果たしております。ゲームでの出演は多数しており、まだまだ駆け出しの声優さんではありますが、声質からとてもいい声をしていることが言えるので今後の活躍にとても期待が集まります!
三上枝織(みかみしおり)さん、1989年1月6日生まれ、青森県出身、青二プロダクション所属の人気声優さんです。愛称「しおりん」や「みかしー」で親しまれております。ゆるゆりをはじめ、這いよれ!ニャル子さん、咲、たまこまーけっと、甘城ブリリアントパーク、ワールドトリガー、進撃の巨人、イクシオンサーガDTなどなど多数の名作に出演しております。
いかがでしたでしょうか? 今回はけものフレンズのフクロウのフレンズについて綴ってきました。フクロウのフレンズの特徴というのはやはり「物知り」ということでしょうか? またけものフレンズではもふもふの体毛がとてもかわいいと個人的には感じました。とてもかわいい&面白いキャラクターだと思います!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DmEgaicUwAEiMq3.jpg