Njj6c0ffhzwvan0dw3dh

ヒロアカ

CATEGORY | ヒロアカ

【僕のヒーローアカデミア】オールマイトのキャラ紹介!画像・声優・個性まとめ

2018.09.18

オールマイトは僕のヒーローアカデミアにとっても主人公にとっても欠けてはならない存在であり、正義と平和のシンボルとしてNO.1の人気を誇るヒーローです。しかしその一方で謎多き人物でもあります。今回は僕のヒーローアカデミアのオールマイトについてまとめてご紹介。

  1. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトの基本プロフィール
  2. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトはどんなヒーロー?
  3. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトの個性“ワン・フォー・オール”とは
  4. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトと“オール・フォー・ワン”の関係とは
  5. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトが選んだ継承者・緑谷出久
  6. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイト以前の“ワン・フォー・オール”継承者たち
  7. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトの名言とは
  8. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトの声優とは
  9. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトに対するネット上の声
  10. 【僕のヒーローアカデミア】オールマイトについてのまとめ
僕のヒーローアカデミアに登場するオールマイトは、国民からの絶大な人気とそれに見合う実力を誇る誰もが認める「No.1ヒーロー」であり、僕のヒーローアカデミア主人公・緑谷出久が最も憧れている存在です。しかし詳細は不明な点が多く、個性も不明、本名も年齢も不詳のヒーローで、本人曰く「隠し事はするが、ウソはつかない」そうです。
本名は八木俊典(やぎとしのり)、誕生日は6月10日、血液型はA型、身長220cm・体重274kg(のちに255kg)、好きな物は屋久杉と映画です。
僕のヒーローアカデミア作中で唯一陰影が濃く身体のラインや筋肉が強調されたアメコミ画風で描かれている人物です。特徴は何と言っても筋骨たくましいマッチョボディ、そして前髪をVの字に立てた金髪の髪型です。また真っ白な歯を見せた笑顔もオールマイトのトレードマークと言えるでしょう。
オールマイトは主人公の出久が在籍している雄英高校のOBで、在籍時に師匠である志村菜奈を亡くし、当時雄英高校の教師であり志村の盟友でありオールマイトのもう1人の師匠であるグラントリノの勧めで、高校卒業後に渡米し修行をしていました。
その後、母校である雄英高校の教師に赴任するために日本に帰国し、主人公の出久と出会います。

性格

僕のヒーローアカデミアのオールマイトはとにかく正義感が強くて明るいです。話し方もフランクでアメリカンジョークを口にすることも多い茶目っ気に溢れた人物でもあります。

平和の象徴

オールマイトは笑顔を絶やさないヒーローです。見た目はかなり強面ですがどんな時でも強く相手に不安を与えまいとする笑顔によって「平和の象徴」と愛されるようになったのです。
オールマイトが笑顔を絶やさないのは師匠である志村の「どんだけ怖くても『自分は大丈夫だ』って笑うんだ。世の中笑ってる奴が一番強いからな」という言葉を受けたからです。さらには「平和の象徴」であることの重圧から自分を騙すためだとも言っています。

マッスルフォームとトゥルーフォーム

オールマイトは人前に現れる時はマッチョな体格が強調されるぴちっとした青地に白と赤のラインが入った全身スーツを着用しています。
しかし実は本来の姿、トゥルーフォームは全くの別人です。ヒーローとして登場する時の姿、マッスルフォームと相反してトゥルーフォームは痩身でやつれた表情をしています。
それは主人公・出久に出会う5年前に対峙した強敵との戦いで呼吸器官半壊及び胃の全摘出という重症を負い、度重なる手術と後遺症によるもので、見た目のみならず吐血も繰り返す虚弱体質になってしまったのです。
そのため重症を負う前の姿であるマッスルフォームは重症を負ってからは個性の強化によって維持しており、この姿での一日の活動限界は僕のヒーローアカデミア1話の時点では3時間で、徐々に減退していっているのです。
しかし平和の象徴であるオールマイトが弱まっていることが公表されれば、国民の不安や敵の活動を助長させてしまいます。そのため機密事項となり限られた者にしか明かされていません。

肉体の強化

僕のヒーローアカデミアのオールマイトは“ワン・フォー・オール”という個性を持っているヒーローであり、その内容は「自身の肉体を強化する」という至ってシンプルです。
しかしその効果は規格外で、他のヒーローと比べて段違いの戦闘力を発揮します。1回の跳躍で高速ビルをも飛び越え、本来は打撃系の攻撃を得意とするヒーローが苦手とする液状化や攻撃吸収系の個性ですら、圧倒的な力でねじ伏せてしまうのです。そのため僕のヒーローアカデミア作中でも「究極の脳筋」とまで言われています。

任意の相手に継承しその力を育てていく

破格の戦闘力を生み出す肉体強化をもたらすワン・フォー・オールですが、実は真の能力は「自分が望む相手に力を継承しその力を育てていく」というものです。つまりワン・フォー・オールはこれまでの歴史の中で受け継がれてきた個性であり、その都度更なる成長を遂げてきたということです。
この個性は“力の蓄積”と“個性の譲渡”という2つの個性が融合したことで誕生しました。任意の相手に継承するためには次の継承者に髪の毛などを使用して自身の遺伝子を取り込ませることで行われます。任意の相手であるため継承の意志がなければ、いくら遺伝子を取り込ませても個性は受け継がれません。
ワン・フォー・オールの持ち主が次の継承者に個性を受け継いだ後は、僅かに残った個性を使用し、時間とともに減退していきます。受け継がれる度に個性の力が強まり、桁違いの身体能力を発揮するため自身の身体が耐えられない事態が起こり得ますが、オールマイトは個性を受け継ぐ前から身体を鍛え頑丈な肉体を手に入れていたため、個性使用の反動で身体を壊すことはありませんでした。
このような力の存在を知られてしまえば悪用される可能性が出てきます。そのため“ワン・フォー・オール”の正体についてはオールマイトが弱まっていること以上に世間に隠さなければいけない事項なのです。

オール・フォー・ワンはワン・フォー・オールの発端

僕のヒーローアカデミアにはオール・フォー・ワンと呼ばれる敵が登場します。そしてこの敵はオールマイトの個性であるワン・フォー・オールと似ている名で呼ばれるこの人物こそ、ワン・フォー・オールの発端となった人物なのです。
この人物の個性でもある“オール・フォー・ワン”は他者から個性を奪い、さらに奪った個性を他者に譲渡できるという個性です。奪った個性は蓄積され複合して使用することができます。この個性を悪用してオール・フォー・ワンと呼ばれる人物は裏社会の支配者となったのです。
オール・フォー・ワンには無個性の弟がいましたが、自身の個性を使って弟に個性を与え自身に従わせようとしました。その弟に与えられた個性こそが他者に個性を譲渡する力を持った“ワン・フォー・オール”だったのです。
オール・フォー・ワンは兄の行いに心を痛めていました。そのためワン・フォー・オールを手に入れた時には兄には従わずいつか兄を倒せる人物を生み出すために、後継者を育てる道を選びました。そして8代目に受け継がれた人物こそがオール・フォー・ワンの弟と同じく無個性だったオールマイトなのです。

オールマイトはオール・フォー・ワンを倒す使命を担う存在

このような経緯を持つワン・フォー・オールを受け継いだ者には、オール・フォー・ワンを倒すという使命も受け継ぎます。そのためオールマイトもオール・フォー・ワンに戦いを挑みました。しかしオールマイトはオール・フォー・ワンを倒すことができず、生死をさまよう重症を負ってしまいました。そしてその時の傷がオールマイトを衰退させたのです。
僕のヒーローアカデミアのオールマイトが個性ワン・フォー・オールの継承者として選んだ人物こそ、主人公である緑谷出久です。
出久は第五世代として生まれたものの珍しく“無個性”でした。しかしオールマイトへの憧れを抱き続け、ヒーローになることを決して諦めませんでした。「ヒーローになって困っている人を助けること」を原動力に周囲に否定されたり馬鹿にされたりしながらも、活躍しているヒーローたちを分析しノートにまとめていたのです。
そしてヒーローの登竜門である雄英高校を受験することを決めました。そして雄英高校に務めることになったオールマイトと出会ったのです。
オールマイトは無個性である出久に対し、最初はヒーローになることは難しいと告げます。しかし無個性であるにもかかわらず、助けを求めている人を見ると己を顧みずに飛び出す出久の姿にヒーローとしての素質を強く感じ、出久をワン・フォー・オールの後継者に選んだのです。

初代

先にも紹介した通りオール・フォー・ワンの弟です。小柄で身体が病弱で無個性でしたが、正義感が強い男性です。兄に無理やり与えられる形でワン・フォー・オールという個性を手に入れ、兄を止めるために後世に託しました。

2~6代目

実は2代目から6代目のワン・フォー・オール継承者は明らかになっていません。しかし僕のヒーローアカデミア192、3話で姿だけ登場しています。中にはシルエットしかわからない者もいますが、近い将来語られるのではないでしょうか。

7代目

7代目はオールマイトの師匠でありオールマイトにワン・フォー・オールを継承した志村菜奈です。志村はワン・フォー・オールとは別に生まれ持った個性も持っていました。結婚し子どももいましたが、夫が殺されたことを境に巻き込まないようにするため里子に出しています。オールマイトが18歳の時にオール・フォー・ワンに殺されていますが、今でも志村はオールマイトが敬愛する存在であり、志村の言葉がオールマイトを支えています。

私が来た

僕のヒーローアカデミアのオールマイトと言ったらこの決めゼリフです。登場時のお決まりのこのセリフからは頼もしさが伝わってきますよね。

プロはいつだって命掛けだよ

オールマイトのヒーロー観が伝わってくる一言です。プロヒーローになりたいけれど個性のない出久に言ったセリフで、ヒーローとしての覚悟そして誇りを感じますよね。出久への優しさも伝わってきます。

君はヒーローになれる

僕のヒーローアカデミアで一番の名シーンとも言えるオールマイトの名言です。この一言を受けた時から出久はヒーローへの道を歩み始めたのです。

僕のヒーローアカデミアのオールマイトの声を演じるのは声優の三宅健太さん

僕のヒーローアカデミアのオールマイトの声を演じている三宅健太さんは、1977年8月23日、沖縄県生まれの男性声優さんです。
最初は頭の切れる役が多かったものの、近年では特徴である非常に低い声を活かして大柄またはムキムキで豪快な中年男性を演じることが多くなりました。

声優・三宅健太さんの他の出演作品

鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST(スカー)
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(モハメド・アヴドゥ)
オーバーロード(コキュートス)
オールマイトは僕のヒーローアカデミア作中だけでなく、ファンにとってもかっこいい存在なのです。
僕のヒーローアカデミアには魅力的なキャラクターがたくさん登場しますが、それでもやはりオールマイトは絶対的で一番のヒーローであり、そこを軸に主人公たちが成長していくストーリーだからこそ多くのファンの心を動かしているのでしょう。
オールマイトは僕のヒーローアカデミアには欠かせない存在であり、誰よりもヒーローです。ヒーローとは何か、ヒーローとはどうあるべきかを教えてくれます。どんな相手にも屈することなく笑顔で立ち向かい、どんなに傷を負っていても諦めずにヒーローである誇りを胸に多々い続ける姿が国民を始め、現役ヒーローや主人公たちヒーローを目指す少年少女たちの大きな支えになっているのです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DgeKAmBUYAAFJg0.jpg