Hmeg1or4nykratllf53w

逢坂良太

CATEGORY | 逢坂良太

【赤髪の白雪姫】ゼン・ウィスタリア・クラリネスは白雪が好き!声優やセリフも紹介

2018.09.26

赤髪の白雪姫に登場するゼン・ウィスタリア・クラリネスは第二王子です。ある日、白雪と出会ったことで好意を抱き何かと白雪を気に掛ける行動をします。今回は赤髪の白雪姫のゼン・ウィスタリア・クラリネスについて、セリフや声優の情報も一緒に紹介していきます。

  1. 赤髪の白雪姫とは
  2. 【赤髪の白雪姫】抜け出した白雪はゼン・ウィスタリア・クラリネスと出会う
  3. 【赤髪の白雪姫】迫るラジ王子の魔の手【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
  4. 【赤髪の白雪姫】アニメ主題歌を歌うのは白雪役の声優【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
  5. 【赤髪の白雪姫】クラリネス王国第二王子【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
  6. 【赤髪の白雪姫】白雪に対する真っ直ぐな想い【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
  7. 【赤髪の白雪姫】胸キュン間違いなし。ゼンのセリフ【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
  8. 【赤髪の白雪姫】担当声優は誰?【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
  9. 【赤髪の白雪姫】逢坂良太さんの他の役は【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
  10. 【赤髪の白雪姫】まとめ【ゼン・ウィスタリア・クラリネス】
『赤髪の白雪姫』はあきづき空太先生の漫画作品です。LaLaDXで連載がスタートし、その後はLaLaへと移籍しています。まだ連載が続いている作品で、アニメも放送されたことがあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1RfYs4YsKL.jpg
主人公は薬剤師の白雪です。『赤髪の白雪姫』の世界では、白雪のような赤い髪の毛は珍しいようで、この髪の毛のせいか何かと災難に遭いやすい少女ですが、それを乗り越えてきただけあって心の強いヒロインです。
薬剤師としては優秀で、生まれ故郷のタンバルン王国では多くの人から慕われている腕の良い薬剤師でした。しかし、この赤髪がまたもトラブルを引き寄せてしまいます。
赤髪の白雪姫 コンプリートDVD-BOX(シーズン1+2+OVA)(DVD-PAL)(Import版)
価格 ¥ 6,768
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LTiHvy-ZL.jpg
ある日白雪のところに、タンバルン王国の王子であるラジ王子(画像左)から「愛妾になれ」という旨の知らせを受けます。当然、そんなことに巻き込まれたくない白雪は自らの赤い髪の一部を切り落として店を発ちます。その時に、彼女は自分の薬を必要とする人たちに新しい分を作ってから国を出ているのです。白雪が愛されていて、街の人たちと平和に暮らしていることが感じ取れますよね。
隣国のクラリネス王国へと逃げ出した白雪は、途中の空き屋敷でクラリネス王国の第二王子であるゼン・ウィスタリア・クラリネス(画像右)と出会います。出会い頭に怪我をしてしまったゼンに治療を施そうとしますが、毒かも分からない薬を盛られるわけにはいかないと拒否します。
それに対して白雪は、自分の腕にも同じ怪我を負って自分の薬が無害であることを証明します。そこまでした白雪に対してゼンはとても驚き、白雪に一目置くようになります。
白雪が逃げたことを知ったラジ王子は、白雪のもとへ手紙と林檎を送ります。送られた林檎には毒が入っており、それを食べたラジ王子が倒れてしまいます。タイミングよくラジ王子の部下が白雪のもとへと訪れ、解毒剤が欲しければ自分のもとへ来いと脅されてしまうのです。
白雪がラジ王子のもとへ下っても、ラジ王子は一度は断れられたこと根に持って、白雪が自らの意思で愛妾になるという言質を要求します。流石に堪忍袋の尾が切れた白雪は、自らに触れたラジ王子の手を払い落とし「この身をいかようにもすればいい」と啖呵を切ります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71nF6IjlOkL.jpg
その直後、ゼンがラジ王子と白雪の間に割って入りこみます。実にいいタイミングです。解毒薬は飲んでいないものの、幼いころから暗殺対策として毒に慣らされていたのである程度動けたようです。護衛を瞬く間に倒し、自分の身分をラジ王子と白雪に明かしたゼンは、白雪に手を出させないことを約束させます。
晴れて自由の身となった白雪はそのままクラリネス王国へと移住し、ゼンと交流を持つようになります。それが『赤髪の白雪姫』の物語の始まりです。
『赤髪の白雪姫』はアニメ化もされており、その主題歌を歌うのが声優の早見沙織さんです。早見さんは白雪役の声優も務めており、一期OP『やさしい希望』と二期OP『その声が地図になる』のどちらも作詞を担当しています。早見さんの透き通った声と、物語にマッチする歌詞は非常に感動的でとても温かみのある曲になっています。
第一話で白雪と出会ったゼンはどんな人物なのでしょうか。第二王子ということで王族なのですが、ラジ王子のような馬鹿な行動は全くなく、人としてはかなりまともな人物です。趣味はお忍びで街へと繰り出すこと。これは住民にバレないようにしているためではなく、城にいる護衛や関係者にバレないように人目を忍んで街へ出かけるという意味です。
城の窮屈さや執務の辛さからそういった行動に出るのですが、城の外をちゃんと見ることを大切にしているという一面もあります。継承権は第二位ですが、民のことを知ろうとするその姿勢は王族に相応しいと感じます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71WG-%2B5UduL.jpg
ゼンの白雪に対する想いは、物語序盤から明らかに描写されています。一話でもゼンに治療を受けさせるために自分で同じ怪我を負って治療を施し、薬が毒でないことを証明しました。そんな白雪の強い部分に魅力を感じたのでしょうし、攫われる白雪を見て自分が守ろうと思っていたのでしょう。
何事にも真っ直ぐに立ち向かう白雪はとても魅力的です。そして、自分を助けてくれたゼンの味方でいられるよう努力を重ねていきます。何かとトラブルに巻き込まれやすい白雪をゼンが助けるわけですが、ゼンも白雪が自力で前に進めると信じていて、どうしようもない時に動くことがほとんどです。二人の信頼関係は見ていて穏やかな気持ちになるし、幸せになって欲しいと願わずにはいられません。
ゼンの白雪を思う気持ちは真っ直ぐで、作中でもその熱さがセリフに表れています。
"よう、白雪。日帰りじゃなかったのか。怪我は?"
薬草を採取しに出かけた白雪が帰っていないと知り、見つけた時のセリフです。この時、白雪は誘拐されて軟禁されていました。何とか抜け出したものの誘拐犯の巳早に追い詰められていたところに、ゼンが駆けつけます。ちょっとした皮肉を交えながらも怪我をしていないか心配する様子にキュンとしますね。
アニメでは第二話のセリフなのですが、この時点でゼンにとって白雪が特別な存在になっていることをよく表しています。
"この娘がお前の目にどう映っているかなんて知りたくもないけどな。白雪のひとかけらだって道具とされるためにはない!"
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ZHycoYsoL.jpg
同じくアニメ第二話。誘拐犯の巳早が白雪を利用して自分の地位を確保したかったと話した時のセリフです。出会って日が浅いものの、白雪が赤髪のせいで厄介事に巻き込まれていることを知っていました。非常に胸が熱くなるセリフですよね。第一話では危うくラジ王子の玩具にされるところを目の当たりにしたので、余計に頭に来たのでしょう。
ゼンの真っ直ぐな愛情を実感できるセリフで胸キュンすること間違いなしです。
ゼン役の声優を務めるのは逢坂良太さん。まさに少女漫画の王子というポジションに相応しい爽やかでカッコいい演技が魅力です。時折覗かせる飄々とした様子もカッコいいですよ!ちなみに画像左の梅原裕一郎さんはゼンの護衛であるミツヒデ役です。二人そろってスーツを着ていて、紳士的で上品ですよね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QV81MQaXL.jpg
スケットダンスの加藤希里役を務めています。幼いころから忍者として修業を重ねていて、驚異的な身体能力を持っています。生徒会執行部の一員であり、とある事件をきっかけに椿を主君と慕っています。実は過去に苛められていた友人を助けたことがあり、それによって孤立したことがあったため人間不信になっていたのですが、椿に忠誠を誓ってからはそれも軽くなりました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81yzasiLpPL.jpg
シドニアの騎士の谷風長道も逢坂良太が声優を務めています。シドニア人とは異なり光合成ができないため積極的に食事を必要としています。一歩で驚異的な治癒力を持っていて、心肺停止で数時間で蘇生し、骨折も数日で完治するほどです。行動力と判断力に優れていて、独断専行が多いながらも着実に戦果をあげている優秀なパイロットでもあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51pdOned31L.jpg
今回はゼン・ウィスタリア・クラリネスについて紹介させていただきました。王子という特権階級でありながらも、国の実態をその目で見て知ろうとする姿勢は、民にとって理想の王族といえる姿です。白雪に対する真っ直ぐな想いも、見ていて微笑ましくあり応援したくもなります。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
赤髪の白雪姫 18 (花とゆめCOMICS)
価格 ¥ 463
赤髪の白雪姫 19 (花とゆめCOMICS)
価格 ¥ 463
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/akagami_anime/status/714401844353589248