Bkpye5rjkzapzgbx5snk

米澤円

CATEGORY | 米澤円

【SHIROBAKO】佐藤沙羅キャラ紹介!性格・欠点は!?

2018.10.05

『SHIROBAKO』に登場する佐藤沙羅は3年間接客業をしていたという異色の経歴の持ち主。一見真面目そうで欠点がなさそうな彼女に意外な落とし穴が!?こちらでは『SHIROBAKO』に登場する佐藤沙羅についてキャラ紹介や気になる「欠点」をまとめました!

  1. 【SHIROBAKO】佐藤沙羅とは?
  2. 【SHIROBAKO】佐藤沙羅の性格・キャラは?
  3. 【SHIROBAKO】佐藤沙羅の欠点は?
  4. 【SHIROBAKO】佐藤沙羅を演じる声優は?
  5. 【SHIROBAKO】佐藤沙羅のキャラや欠点などまとめ
佐藤沙羅とは、アニメ『SHIROBAKO』に登場するキャラクターです。主人公の宮森あおいも所属している「武蔵野アニメーション」に就職。制作進行を務めます。
彼女はアニメーション業界の外からやってきたという異色の抜擢で、それまではショッピングモールの職員として3年、働いていました。社会経験は豊富ですがアニメの世界では素人です。武蔵のアニメーションに転職した理由は、「近いから」。
SHIROBAKO(シロバコ)2
価格 ¥ 4,186
年齢や誕生日など細かいプロフィールは分かっていませんが、3年の社会人経験があるということから少なくとも25歳くらいにはなってるのでは…?と推測できますね。高卒で就職したとしても20歳は越えている年齢かと思われます。
見た目は長い髪を一つにまとめ、眼鏡をかけた清楚で人当たりの良さそうな雰囲気の漂う女性。接客業をしていたというのもうなずけます。
『SHIROBAKO』に登場する佐藤沙羅の性格やキャラはどうでしょうか。見た目からは真面目で優しそうな印象が伝わってきますが、彼女はその通りの性格・キャラです。社会人経験豊富、しかも接客業ということで人当たりもよく、相手を嫌な気持ちにさせることもありません。
ただしアニメの世界には疎いこともあって、業界の現場経験の少なさから周囲に戸惑いを感じさせてしまうところもしばしば。一般常識はあるのですがこの業界での常識がまだわかっていないところもあるようです。ですが、どんなことにも一生懸命なところは好感が持たれています。
『SHIROBAKO』の佐藤沙羅は一見、短所などなさそうに見えます。性格も良く、トラブルを起こす人でもありませんし、迷惑をかける人でもありません。ただ一点だけ、彼女には本人も気にする欠点があるのです。それは方向音痴だということです。
SHIROBAKOアートワークス
価格 ¥ 3,456
彼女が方向音痴だと分かったのはアニメの17話でした。車で原画の回収に行った佐藤沙羅は間違えて高速に乗ってしまい、「わたし、今どこにいるんでしょうか…」と電話をかけてきたのです。地図で彼女がいるところは「嵐山(らんざん)」でした。嵐山といえば埼玉ですね、おそらく都内に回収にいったと思いますから随分遠くに行ってしまったものです。
彼女は無事に帰りつき、原稿も無事でした。職場で迎える皆が責めたりしなかったところはよかったと思います。
アニメ『SHIROBAKO』で佐藤沙羅を演じるのは声優の米澤円さんです。米澤円さんは1982年8月30日生まれ、大阪府出身で現在は81プロデュースに所属しています。
米澤円さんのアニメ声優デビューは2005年のことでした。その後は『けいおん!』の平沢憂役、『ステラ女学院高等科C3部』の日向八千代役、『Fate/Grand Order』のオルガマリー・アースミレイト・アニムスフィア役など多数アニメに出演しています。
米澤円さんは2016年には一般男性と結婚、2017年にはお子さんも生まれています。
ここまで、『SHIROBAKO』に登場する佐藤沙羅について、キャラや性格、彼女が抱える欠点などをまとめました。近年、アニメ業界というのは過酷なイメージが大きい部分もありますが、佐藤沙羅がそんな世界にわざわざ外から飛び込んできた理由が「職場が近かったから」だけなのか、とても気になるところではあります。
『SHIROBAKO』は劇場版の制作が発表されましたが、佐藤沙羅はそこでも活躍するのでしょうか?楽しみですね。