Sxzszrovcxydamutpcbb

諸星すみれ

CATEGORY | 諸星すみれ

【文豪ストレイドッグス】泉鏡花はうさぎ好き!かわいい泉鏡花の声優や名言を一挙公開

2018.10.11

「泉鏡花」は『文豪ストレイドッグス』のヒロイン的存在で、14歳のうさぎが好きなかわいい女の子です。暗殺ばかりで光の世界を知らなかった『文豪ストレイドッグス』の泉鏡花ですが、ここでは彼女の名言・声優などを紹介したいと思います。

  1. 『文豪ストレイドッグス』とは?
  2. 『文豪ストレイドッグス』の世界観
  3. 『文豪ストレイドッグス』は男性にも女性にもウケる作品
  4. 『文豪ストレイドッグス』の暗く重い異能力バトル
  5. 【文豪ストレイドッグス】簡易キャラクター紹介
  6. 【文豪ストレイドッグス】泉鏡花はヒロイン的存在の美少女
  7. 【文豪ストレイドッグス】泉鏡花の能力は戦闘タイプ
  8. 【文豪ストレイドッグス】泉鏡花の名言
  9. 【文豪ストレイドッグス】泉鏡花の声優は「諸星すみれ」さん
  10. 【文豪ストレイドッグス】泉鏡花まとめ

「ヨコハマ」を舞台に美形な文豪たちが異能力で戦う物語

『文豪ストレイドッグス』は、「ヨコハマ」を舞台に異能力を持つ美形な文豪たちが戦う物語で、ジャンルで言えば異能力バトルです。
歴史上に実際登場した文豪たちが美形になって異能力で戦う世界観は、男性のみならず女性も楽しめ引き込まれます。
登場人物たちの異能力は、実在する小説等から由来されるものばかりなので、文学が好きな人はハマれる内容でしょう。

マフィアや非合法組織がひしめく混沌としたヨコハマが舞台

『文豪ストレイドッグス』は、歴史上の有名な文豪たちが数多く登場するとはいえ、外見は若く美形にされたデフォルメされた作品で、実際の文豪たちとは全く関係ありません。
ジャンルは異能力バトルなので、実際は文豪の名前を借りただけのファンタジー作品ですね。
作品の舞台はマフィアや非合法組織がひしめく架空のヨコハマで、異能者が当たり前に存在している世界です。
しかし、キャラクターが美形でコミカルなので、シリアスなシーンよりも、むしろ日常の楽し気な雰囲気が強調された作品かもしれません。

男性キャラも女性キャラもどちらも良い

『文豪ストレイドッグス』は異能バトルもので、やや残酷なシーンもありますが、登場人物たちが美形なので、えぐいシーンが緩和されている部分があります。
また、作中では太宰治(だざいおさむ)をはじめとした男性キャラクターがイケメンなので、女性はキャラクターに引き込まれること間違いないでしょう。
男性キャラだけでなく女性キャラも可愛く、キツイ表情の美人「与謝野晶子(よさのあきこ」や、14歳の和服美少女「泉鏡花(いずみきょうか)」等も、かなり魅力的です。
多くのメディアミックスは男性向け・女性向けとハッキリ区別されますが、『文豪ストレイドッグス』に関しては男性も女性も関係なく楽しめる作品だと思いますね。

派手なエフェクトだけでなく重みを感じさせる異能力バトル

『文豪ストレイドッグス』は、他の多くの派手なエフェクトばかりが際立つ異能バトル作品と違って、シンプルではあるけど重く暗い雰囲気が強調されている所が特徴です。
そのため、やや大人な感じを醸し出しており、子供だましな異能バトル作品とは違う面白さがあります。
最近、流行りの、イケメンや美少女がリアルな世界観で異能力を駆使していく作品なので、その手の作品が好きだったり興味ある人は、観た方が良いですね。
ちょっと似た作品では、「物語シリーズ」や「東京喰種シリーズ」などが挙げられるかもしれません。

白虎に変身できる主人公「中島敦」声優:上村裕翔

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51KqvuOM9WL.jpg
「中島敦(なかじまあつし)」は『文豪ストレイドッグス』の主人公で、白虎に変身できる能力「月下獣」を持つ戦闘タイプの異能者です。
能力の強さに反して性格は自分に自信が無く、自尊心の低さが目立ちますが、根は困難に立ち向かう勇気がある強さを持つ少年ですね。

敦よりも主人公っぽい準主人公「太宰治」声優:宮野真守

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51faIuuV51L.jpg
主人公の敦より主人公っぽいポジションである「太宰治(だざいおさむ)」は、作中でも特に重要で目立つ人物です。
異能力を無効にする「人間失格」という能力を持ち、対異能者に対しては無類の強さを発揮する反面、通常の戦闘力は低めだったりします。
イケメンですがかなりコミカルな人物で、同時に容赦なく敵を裁く冷酷な面も持っています。

熱く義理堅く真面目な「国木田独歩」声優:細谷佳正

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51WahdMgQeL.jpg
「国木戸独歩(くにきどどっぽ)」は武装探偵社の一員で、太宰の良きパートナーという感じの人物です。
しかし、マイペースで人をおちょくるのが好きな太宰に毎日のように振り回されていて、いつもイライラしている大変な人でもありますね。
太宰と違い、かなり真面目で熱い青年ですが、義理堅く根はやさしい信頼できる人物です。
「独歩吟客(どっぽぎんかく)」という、書き込まれた物を具現化する便利な能力を持っています。

本当は異能者ではない自称異能者「江戸川乱歩」声優:神谷浩史

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51rX56AtJRL.jpg
武装探偵社の中で最も探偵らしいキャラクターが、瞬間的に全てを見通せる能力「超推理」を持つ「江戸川乱歩(えどがわらんぽ)」でしょう。
しかし、実は乱歩の「超推理」は異能ではなく彼独自の天才的な推理力であり、それは太宰の「人間失格」でも無効できなかったことから証明されています。
非常に楽天的な人物で、戦闘力は無いに等しいですが、かなり目立った活躍をしますね。

恐すぎる異能者「与謝野晶子」声優:嶋村侑

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51oEgvGT3%2BL.jpg
「与謝野晶子(よさのあきこ)」は武装探偵社で活動する異能を持つ美人で、「君死給勿(きみしにたもうことなかれ)」という完全回復能力を持つ強力な異能者です。
しかし、「君死給勿」は瀕死の重傷を負わないと発動しないため、晶子は仲間であっても瀕死の重傷を負わせて回復させることを楽しむドSなキャラだったりします。

14歳の美少女異能者「泉鏡花」声優:諸星すみれ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51H%2BJCdNqwL.jpg
「泉鏡花(いずみきょうか)」は元ポートマフィアの殺人犯でしたが、後に武装探偵社と関わるようになり、敦と同居することになったヒロイン的存在です。
「夜叉白雪(やしゃしらゆき)」という、殺傷能力の高い人形のようなものを具現化する能力を持ち、かなり戦闘的な能力者ですね。
かなりの美少女ですが、暗殺の技術に特化し感情が育っていないので、周囲とのギャップが多い女の子です。

泉鏡花はうさぎ好きのヒロイン的存在のかわいい女の子

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51spA6aaLpL.jpg
「泉鏡花(いずみきょうか)」は和服の似合う14歳のかわいい女の子で、ポートマフィアで35人を殺した殺人犯です。
かわいい外見からは想像もできませんが、暗殺の技術が高く能力を使わなくても高い経験値で状況を好転させるだけの行動力があります。
かわいいうさぎが好きで、携帯のストラップもかわいいうさぎだったり、かわいいうさぎのぬいぐるみを好んでいますね。
主人公の敦と出会ってからは武装探偵社に参加するようになり、過去に35人を殺した罪悪感には苛まれるものの、徐々に光の世界を知るようになります。
敦とは同棲することになり、かわいい外見のうさぎ好きな女の子ということで、『文豪ストレイドッグス』ではヒロイン的存在の女の子です。
感情の起伏が少なく大人しい女の子ですが、うさぎが好きというギャップがかわいいですね。

泉鏡花は殺傷力の高い「夜叉白雪」を使う異能者

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ZnBUehMyL._SL1200_.jpg
鏡花の能力は「夜叉白雪(やしゃしらゆき)」という能力で、白い甲冑を纏った女性型の武者を召喚して対象を切り裂くという、殺傷能力の高い能力です。
相手が普通の人間ならまず負けることなく、異能者相手であっても芥川級の戦闘能力がない限りは負けることは無さそうです。
当初は「夜叉白雪」を自分の意志でコントロールできませんでしたが、武装探偵社に入社してからは社長の福沢諭吉の能力「人上人不造(ひとのうえにひとをつくらず)」によって自分の意志で「夜叉白雪」を扱えるようになりました。

「もうこれ以上一人だって殺したくない」by.泉鏡花

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71193uibeTL._SL1200_.jpg
敦と初めて出会い、自分の命を賭けて自ら死を選ぼうとした時の鏡花の名言
この名言を言った時の鏡花は押し殺していた感情が一気に溢れ、感情の起伏が少ない鏡花がこの名言と共に隠していた想いを一気に露呈させた時の名言だったので、感動した人は多い名言ですね。

泉鏡花の声優は『アイカツ!』の主人公格「星宮いちご」の声優

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61WkQ6RfwAL.jpg
鏡花の声優は、『アイカツ!』の主人公格の女の子「星宮いちご」の声優を務めた「諸星すみれ」さんです。
鏡花は感情の起伏が少ない無表情な女の子でしたが、いちごは逆に明るく色々な表情が出せる女の子という感じでした。
性格は全然違う鏡花といちごですが、諸星さんはクールなキャラも明るいキャラもどちらも出来る不思議な魅力の声優ですね。
声優歴は2006年からの諸星さんですが、なんと2018年の段階で年齢は19歳。
驚くべき若さの諸星さんなので、今後も声優として期待できますね。

泉鏡花は作中一の美少女キャラクター

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61GzlyXrHrL._SX522_.jpg
やや重く残酷なシーンもある『文豪ストレイドッグス』ですが、鏡花のようにかわいい女の子も登場するので、楽しんで観れる所もあります。
和服でかわいいもの好きというギャップのあるキャラなので、ぜひ鏡花を観てみてください。