Blpsbvya7smogxmjpezw

VTuber

CATEGORY | VTuber

【VTuberとは】知らないと恥ずかしい!?VTuberを徹底解説!

2018.10.20

現在急激に広まりつつあるVTuberと言うものをご存知ですか?VTuberとはバーチャルYouTuberと言うものでYouTuberの新しい形態のようなものです。今回はVTuberとはどんなものなのか、いろいろな情報を踏まえて説明していこうと思います。

  1. 【VTuberとは】VTuberとは!?
  2. 【VTuberとは】Activ8株式会社
  3. 【VTuberとは】キズナアイ
  4. 【VTuberとは】WEATHEROID TypeA Airi(ウェザーロイドAiri)
  5. 【VTuberとは】YouTuberとは!?
  6. 【VTuberとは】YouTubeで稼ぐ仕組み
  7. 【VTuberとは】YouTubeの収入
  8. 【VTuberとは】なぜ、VTuberなのか!?
  9. 【VTuberとは】VTuberと企業
  10. 【VTuberとは】VTuberのマーケティング
  11. 【VTuberとは】VTuberの人気ランキングまとめ
  12. 【VTuberとは】VTuber収入
  13. 【VTuberとは】まとめ
VTuberとはバーチャルYouTuberの略です。3Dアバターや2Dアニメーションなどを様々な技術でサポートして、そのキャラクターがYouTubeの動画を配信するというシステムで、厳密な規定や決まりなどはないようです。草分け的な存在となったのがActiv8株式会社の「キズナアイ」です。
キズナアイを運営している会社は「株式会社Activ8」という会社です。 2016年9月に設立されたまだ歴史の浅い比較的新しい会社です。 代表取締役は大坂 武史さんで、資本金:6億9,500万。 所在地が東京都港区六本木で、従業員数が40名の会社です。
キズナ・アイとは、世界初?のVTuber(バーチャルYouTuber)です。YouTubeを拠点として配信をするバーチャルのキャラクターの元祖です。彼女の後に似たようなキャラクターが続々と出てきています。「A.I.Channel」で配信を行っていてAIという設定になっています。
「人間の皆さんのことを知りたい、繋がりたい」ということでYouTuberになったそうです。夢は「CMに出てみたい」だそうです。ゲーム実況で難しくて先に進めないと口が悪くなります。字幕付きで海外でも活躍しています。
元祖VTuberでありTVなどのメディア出演も多いことなどからチャンネル登録者数は2018年8月の段階でVTuber唯一の200万を超えています。それから、世界初?のVTuberという点も怪しく、WEATHEROIDAiriという類似キャラがキズナアイよりも4年前に登場しているので本当に世界初かどうかはなんとも言えません。
「ウェザーロイドAiri」とは、株式会社ウェザーニューズが独自に開発した、天気情報の読み上げ専用のキャラです。最先端技術を用いて作成された、アンドロイドということになっている。現実は、株式会社ウェザーニューズと一般の利用者が協力して制作された、「音声合成ソフトウェア」です。
株式会社ウェザーニューズが開発と運営をしています。「Airi」の音声に関しては、収録とサンプリングデータを使用する場合の二種類があり、「SOLiVE」キャスターの「山岸愛梨」さんが担当しています。自称、ウェザーニューズに毎日24時間勤務する「正統派キャスター」とのことです。
モーションキャプチャーを使用しているが、関節があり得ない方向に曲がったり、フリーズしたりするバグなども度々起きています。
YouTuber「ユーチューバー」とは、YouTubeで自作の動画や映像、音楽などを投稿し、その動画などの視聴の際に流れる広告の収入を得ている個人や集団を指す呼称となっている。YouTubeの運営会社が自作の動画投稿者に対して広告収入を認める制度、「YouTube パートナープログラム」が2011年に開始されたことで急激に普及した。
開始当初は、主に副収入を目的とする形態でしたが、人気の高いYouTuberには莫大な広告収入が入る為、YouTubeの広告収入のみで生活する者も多くなってきています。 この、「YouTuber」という言葉自体は和製英語で、英語圏では同様の概念を「YouTube Personality」、「YouTube Celebrity」、「YouTube Stars」と呼ばれていました。
最近は「YouTuber」と呼ぶ記事が出てきたりしており、英語圏のでもYouTuberという言葉が認知されてきています。
YouTubeは広告収入の部分が大きく、主に1回の再生で稼げるのはおおよそ0.05~0.1円程といわれています。最近はやりのYouTuberは自分のチャンネルを見に来てくれる視聴者の要望に応えられるように様々な企画を立ち上げ、更にファンを増やしチャンネル登録数を増やしていきます。
そのことが動画の再生回数アップに繋がり最終的に収入が増えるという仕組みです。簡単に言うと、チャンネル登録者数と動画再生回数を増やしていくと相当な収集が見込めるということです。
はじめしゃちょ(チャンネル登録数):623万人 (総再生回数):49億154万回 (推定月収):2350万円
HikakinTV (チャンネル登録数):594万人 (総再生回数):46億3603万回 (推定月収):2420万円
Fischer's (チャンネル登録数):441万人 (総再生回数):44億1446万回 (推定月収):4960万円
Yuka Kinoshita (チャンネル登録数):416万人 (総再生回数):14億2494万回 (推定月収):860万円
VTuberとしての今後の展開としては、主に広報活動やタレント業、他にもゲームの広告、様々なイベントやテレビ出演などの展開も想定できます。実際にはVTuberのマネジメント事業やキャラのグッズの制作・販売等展開されており、実際に各社ではVTuber事業への投資が開始されているようです。
グリーは、VTuberの事業として破格の40億円規模の投資ファンドを立ち上げています。期待の高さが伺えますね。他にも「ディー・エヌ・エー」傘下の「SHOWROOM」では、「SHOWROOM」という仮想のライブ空間サービスを行っているのですが、様々なカテゴリのなかに「バーチャル」という項目が存在し、そこでは「東雲めぐ」などのVTuberが動画を配信しているようです。
VTuberは、ビジネス的に扱いやすい点が多く様々な方面で注目されています。主な理由を、以下に上げます。 タレント等に比べてスキャンダルリスクが低い着ぐるみなどと同じように扱いやすいので、企業が採用しやすく、企画に合わせて細かい調整が可能です。
企業プロモーションに合わせた造形が可能で望んだキャラにしやすい。 VTuberは企業によるマネジメントが比較的簡単なので、ターゲットに合わせたキャラクターを作成し、動画を使ってマーケティングを行うことが可能です。
キズナアイ (チャンネル登録数):176万9301人 (総再生回数):1億896万回
輝夜月(かぐやるな) (チャンネル登録数):64万6269人 (総再生回数):3538万回
ミライアカリ (チャンネル登録数):55万8211人 (総再生回数):4201万回
電脳少女YouTuberシロ (チャンネル登録数):43万8583人 (総再生回数):3615万回
キズナアイ(総再生回数):1億896万回 (推定月収):110万円
輝夜月(かぐやるな)(総再生回数):3538万回 (推定月収):59万1000円
ミライアカリ(総再生回数):4201万回 (推定月収):41万円
電脳少女YouTuberシロ(総再生回数):3615万回 (推定月収):45万5000円
現在もかなりの人気で、「YouTuber」と同じようにとても魅力的なコンテンツを、多数投稿しています。ぜひとも目を通して、楽しんでください。