Xlx6rahbvlv754hsguc9

ワンパンマン

CATEGORY | ワンパンマン

【ワンパンマン】キャラの強さ議論!タマツキや敵などキャラの強さを考察・まとめ

2021.07.22

ワンパンマンには、数多くのキャラクターが登場します。どのキャラクターも強さ議論をすると多種多様な意見が起きます。この記事では、ワンパンマンの「タツマキ」というキャラクターに注目しつつ、タツマキや敵キャラを含め、強さ議論とさせて頂きます。

  1. 【ワンパンマン】作品について概観【強さ議論】
  2. 【ワンパンマン】タツマキというキャラクター【強さ議論】
  3. 【ワンパンマン】タツマキの強さ【強さ議論】
  4. 【ワンパンマン】タツマキの魅力は可愛いこと【強さ議論】
  5. 【ワンパンマン】タツマキの声優【強さ議論】
  6. 悠木碧さんの声優出演作品情報
  7. 【ワンパンマン】敵キャラの強さ第1位【強さ議論】
  8. 【ワンパンマン】敵キャラの強さ第2位【強さ議論】
  9. 【ワンパンマン】敵キャラの強さ第3位【強さ議論】
  10. 【ワンパンマン】強さ議論まとめ
まずは今一度、ワンパンマンという作品を概観してみましょう。
ワンパンマンは元々はウェブ漫画でした。ONEが描いていた漫画作品で、現在は「となりのヤングジャンプ」で連載されているのはリメイク版「ワンパンマン」です。2012年6月14日から連載されており、ちょっと特殊な経歴と言えるかもしれませんね。
ワンパンマンは既にアニメ化されています。また、2016年3月には「第2回SUGOI JAPAN Award」にて「マンガ部門1位」の受賞をしています。名実ともに人気漫画であるということですね。
ワンパンマンの連載決定当時は、「となりのヤングジャンプ」設立にあたっての看板作品としてだったようですよ。
また、ワンパンマンのアニメは既に第1期が終了していますが、第2期が既に決定しています。2019年4月から放送されるようで、今後もワンパンマンワールドをアニメで楽しめますね。
では、ワンパンマンに登場するヒーローの1人、「戦慄のタツマキ」ことタツマキをご紹介いたします。
タツマキはワンパンマンに登場する女性ヒーローで、ワンパンマンの登場人物の中でも非常に人気が高いキャラクターです。
超能力を利用して、「何でもあり」な攻撃・防御を展開してきます。アニメ版「ワンパンマン」での声優は、「魔法少女まどか☆マギカ」の鹿目まどか役などで有名な悠木碧さんが担当されていらっしゃいます。後ほど、悠木碧さんの声優情報も簡単にではありますがご紹介いたします。
では、ワンパンマンに登場する戦慄のタツマキの強さに注目していきます。まず事前知識として頭に入れておいて頂きたいのは、タツマキはS級ヒーロー第2位であるということです。
ワンパンマンにおけるS級は強さ・実力・実績を兼ね備えたヒーローがなれる階級ですので、既にその「肩書」・「階級」の時点で強さが伝わってきますね。
では、ワンパンマンに登場するタツマキの強さは、一体どういう部分なのでしょうか。
まず、タツマキの強さの要因の1つである、戦い方に注目してみます。
ワンパンマンに登場するタツマキは、超能力を利用して戦います。超能力といってもその力の強さはまさに「異次元」で、隕石までをも自由自在に動かすことができます。
また、砲弾を弾き返したり、そこらに転がっている瓦礫を利用した竜巻を起こすなど、自由自在に超能力を使うことが出来るのです。
様々な攻撃・防御手段を持っているということになりますので、それがワンパンマンという作品の中でも強さの要因となっています。
さて、今度はタツマキの強さではなく、「なぜ人気が高いのか」というポイントに注目してみます。
タツマキが人気な理由として、もちろん「強さ」も大きな要素の1つだとは思われますが、何よりも「可愛い」ということが挙げられます。「可愛くて強さも凄まじい」女性キャラクターですから、むしろ人気が出ないわけがありません。
可愛さと強さが合わされば、人気が出るのも至極当然ということです。ちなみにタツマキは幼い外見をしていますが、実際は28歳という年齢です。そこのギャップも可愛いと思えるか思えないかは、人それぞれでしょう。
ワンパンマン 戦慄のタツマキ 1/8スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア
価格
では、今度はアニメでタツマキを演じられた声優、悠木碧さんについても簡単にご紹介いたします。プロ・フィットに所属されていらっしゃいます。
悠木碧さんは千葉県出身で、1992年3月27日生まれ、現在は26歳になる声優です。かつては子役としてご活躍されていた経歴をお持ちで、4歳のときに芸能界入りしたようです。旧芸名は、本名でもある「八武崎 碧」(やぶさき あおい)でした。
小学5年生の時に「キノの旅」で初めて声優の仕事をし、声優業を気に入ったことが声優になったきっかけのようですね。
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド - ミナ・ツェペッシュ
戦姫絶唱シンフォギア シリーズ - 立花響
ラグナストライクエンジェルズ - 御堂かすみ バーネット
幼女戦記 - ターニャ・デグレチャフ
百錬の覇王と聖約の戦乙女 - アルベルティーナ
ポケットモンスター Let's Go! イーブイ - 相棒イーブイ
ここからは、敵キャラたちの強さをランキング形式で順にご紹介いたします。まずは、第1位です。
敵キャラ強さ第1位は、やはり「ボロス」でしょう。
ワンパンマンのボロスは、暗黒盗賊団ダークマターの頭目です。「全宇宙の覇者」を自称しています。普段はあまりにも強大である強さを抑えるために鎧を身に着けているという、とんでもない強さを誇ります。
実際、サイタマとの戦闘ではサイタマの強さの源である攻撃を何度も耐えるという、本当に化け物じみた強さを発揮しています。
また、実際サイタマからも「強い」と言われており、それからも強さがわかりますね。
敵キャラの強さ第2位は、怪人王オロチです。
怪人王オロチはその名の通り、ワンパンマンの怪人の中でトップに君臨しているキャラクターです。この字面だけで既に強さが伝わってきますね。
ただ、このオロチも元々は人間だったようですね。何度も何度も死を乗り越えたことで強くなったようです。非常に冷酷な性格をしているのも大きな特徴の1つでしょう。敵・味方問わずに容赦のないという特徴をしています。
強さという意味では、疑いようのない強さを持っています。
ワンパンマンに登場するガロウは、とにかく成長スピードが群を抜いて早いです。戦いの過程でメキメキと力を付け、確実に強さを上げてきています。
ワンパンマンのキャラクターの中で「強さ」ということだけで判断すれば、敵キャラの強さで第3位に入るかどうかは怪しい所ですが、魅力的な将来性、今後どんどん強さがレベルアップしていくことを考えて、第3位となりました。
そもそもワンパンマンのガロウというキャラクター自体、元々人間ながらも怪人になることを夢見ているという、ちょっと変わったキャラクターなんですね。ある意味ではワンパンマンの裏主人公とも言える存在です。
物語が進んでいくうちに、もっともっと上位に食い込む強さを身に着けていることも想像できるでしょう。今後の強さの成長にかなり期待できるキャラクターと言えるでしょう。将来性は間違いなくワンパンマンの登場キャラクターの中でトップです。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51FEbtbDzfL._AC_US200_.jpg
ここまで、ワンパンマンに登場する「タツマキ」と、敵キャラたちの強さがどれくらいのものなのか、という点に注目してきました。
タツマキは、ワンパンマンのキャラクターの中でも高い「人気」を得ています。また、強さという意味でも非常に際立っており、超能力を用いて自由自在にありとあらゆる攻撃・防御を見せてくれます。強さも際立ち、可愛さもあるという、ある意味人気が高くなって当然というキャラクターです。
また、ワンパンマンの敵キャラについてはランキング形式で、「強さ」順に並べてご紹介しました。どの敵たちも非常に強力な力を持っており、その強さがそれぞれユニークですよね。
ワンパンマンはアニメ第2期も2019年4月から放送が決定していますし、今後のメディア展開等含めて非常に楽しみです。これからもワンパンマンワールドを楽しみましょう
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/CehMq3PUsAA6cq-.jpg