// FourM
Cju5akgqhtryi2j6niqz

健康

CATEGORY | 健康

栄養ドリンクの飲み過ぎは危険!?過剰摂取は病気の原因になる?

2024.02.25

皆さんは普段栄養ドリンクは飲みますか?疲れたときや「ここぞ」という時に欲しい一杯ですよね。ですがそんな栄養ドリンクは飲み過ぎてしまうと体に危険かもしれないのです。今回はそんな「栄養ドリンクの飲み過ぎ」についてまとめていきたいと思います。是非参考にして下さい!

  1. 栄養ドリンクとは
  2. 飲み過ぎてはいけない栄養ドリンクの主な成分
  3. 栄養ドリンクの飲み過ぎのライン
  4. 栄養ドリンクを飲み過ぎるとどうなるのか
  5. 栄養ドリンクを飲み過ぎるとどうなるのか | 病気
  6. 栄養ドリンクを飲み過ぎるとどうなるのか | 副作用
  7. 栄養ドリンクを飲み過ぎない! | 適切な飲み方・タイミング
  8. 飲み過ぎないように注意が必要な栄養ドリンク
  9. 栄養ドリンクの飲み過ぎに関する注意点
  10. 最後に
Wxa776pfmctgxejlg59q
皆さんは「栄養ドリンク」というものを飲んだことはありますか?「仕事で徹夜しなければいけない」「ここぞ、というときに踏ん張らなければいけない」なんていう理由で、栄養ドリンクを飲んだことがあるのではないでしょうか。栄養ドリンクというのは厳密に言うと「清涼飲料水」という部類に分類されます。つまりファンタグレープやコーラとなんら変わりないわけです。ですが、そう言った栄養ドリンクに求めるような成分が多く含まれているということなんですね。
もちろん「医薬部外品」ということで、販売している栄養ドリンクもあります。ですが、基本的には同じような成分が、量と味を変えて登場した清涼飲料水です。ですので、当たり前ですが「飲み過ぎ」は体に悪いです。清涼飲料水と言えど、しっかりと徹夜をする人や踏ん張らなければいけない人に対してしっかり効果も出したいというのもあり、あまり体に良くない成分が含まれているからなんですね。
栄養ドリンク自体が体に悪いとは言っていませんが、飲み過ぎると体に悪いのです。例えば日本の栄養ドリンクには薬事法でタウリンの使用が禁止されていますが、外国ではあまり関係がないので、そう言ったものが含まれている可能性があります。なぜ使用が禁止されているかというと副作用が起こる可能性があるからなのです。他にもそう言った成分が含まれている可能性があるので注意しなければいけません。
Lgqsqxahnliklepc08lo
Dgmk1j1e47gwsvnfak2u
引用: https-//1.bp.blogspot.com/-cdGdwQ5GEYc/Wm1yxrDTjPI/AAAAAAABJ7Q/d7omOQXYAtkwr7TEICM7tljvuKLMg5NQwCLcBGAs/s800/science_kannou_kensa_hyouka.png
飲み過ぎるといけない栄養ドリンクですが、どんな成分が含まれているのでしょうか。主に含まれているもので、体に良くないとされているものの代表が「カフェイン」です。皆さんも一度は聞いたことがあるでしょうし、日々それが含まれたものを接種しているのではないかと思います。例えばコーヒー、カフェオレ、紅茶などです。カフェインというのは非常に多くのものに含まれています。
ですがそんなカフェインは摂取しすぎると大変なことが起きてしまいます。アメリカなどの外国で、カフェインの摂取しすぎで倒れて、死亡してしまったという人がいました。外国なら他人事で終わってしまうこともありますが、日本でも同じようなことが数年前に起きたことがあったのです。そのニュースのせいで「カフェインは良くない」というイメージがついてしまったように思えます。
ですが皆さんもご存じのようにカフェインには体を興奮させる作用がありますから、元気にさせる食べ物や飲み物に含まれていて、それ欲しさに飲むこともあると思います。ですが外国でも「学生が多く飲んでいる」ということから、一時栄養ドリンクの販売を中止した国もありました。やはりその原因は「健康に対する影響」を考えた場合でしょう。とにかく「飲み過ぎ」は良くないわけですね。
Wvdackxnpidknpddrybu
Um5rbrpyntlffhxwvizc
引用: http://minna-suisosui.com/system/item_images/images/000/017/018/medium/7245b818-ba4e-4930-b72a-0299510d7bea.png?1453832371
飲み過ぎは良くないと言っても、どのぐらいが飲み過ぎなのかというのは分からないと思います。ですので今回は成分に含まれている「カフェインの摂取量」に着目し、1日に摂ってもいい量と、そこから分かる栄養ドリンクの本数・量を計算したいと思います。カフェインの1日に摂取していい量ですが、体格によって異なるそうです。成人であれば基本的に「1日に5.7mg/kgまで」、子供であれば「1日に3mg/kgまで」だそうです。
そして体格別ですが、成人の方で体重が40kgであれば「1日228mgまで」、60kgであれば「1日342mgまで」、80kgであれば「1日456mgまで」なのだそうです。同様に子供の場合は、40kgであれば「1日120mgまで」、60kgであれば「1日180mgまで」、80kgであれば「1日240mgまで」だそうです。
60kgを基準にして話を進めると、1日に342mgということになります。レッドブルには100gあたり30mgのカフェインが入っていますから、250mlの中には75mgのカフェインが入っていることになります。1日に摂取して良いのは342mgなので、1日レッドブルであれば「4.5杯までは大丈夫だ」ということになります。これ以上だと「飲み過ぎ」になり、病気や副作用を起こしかねないので注意が必要になります。
Slgkduyeurqqpwfxuxt5
Do7sjibd5yyu84wpzcqw
続いては飲み過ぎてしまうとどうなってしまうのか、ということについてまとめたいと思います。やはり一番関わってくるのが「カフェイン」なので、「カフェインを摂取しすぎるとどうなってしまうのか」ということに等しいことになります。では詳しく見ていくことにしましょう。
Md4gioyzztel3eerwi1x
引用: https://1.bp.blogspot.com/-NB0JpC-N6ac/VRUP7o2TnuI/AAAAAAAAsds/qwuSGUGFiOw/s800/byouki_oldman.png
一番起きやすいとされているのは「カフェイン中毒」というものです。カフェイン中毒というのは言葉の響きでは「効果がなくなってしまう」「薬が効かないのと似たようなこと」と勘違いされそうですが、全くそうではありません。このカフェイン中毒のせいで、2011年度からの5年間に少なくとも101人が救急搬送され、7人が心停止となり、うち3人が死亡したそうなのです。
死者が出てしまうほど危ないものだということがわかると思います。カフェイン中毒、とりわけ「カフェインを過剰に摂取してしまう」と、中枢神経系の刺激によるめまいや心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気など多岐に渡った健康被害が出てしまいます。
先程の数字で言うと、101人の人がこのような症状が出て搬送され、いろいろ検査した結果「多量のカフェインが発見された」ということになります。このように「カフェインの過剰摂取」というのは我々の健康を奪うものであることが分かりました。ですがもちろん、アルコールのように「適量」であれば非常に美味しく、体に問題ありません。
アルコールにも「急性アルコール中毒」なんてありますが、「急激に、かつ大量に摂取する」というのが危険であるということなんですね。最悪他の病気などを引き起こすことにもなりかねません。是非この事実を知ってほしいと思います。
Ttghm46ezcqjiwzuwmf9
S0hd6jbkfobfbmc2dily
引用: http://www.ネット総合病院通販.jp/img/13.jpg
続いては副作用ですが、基本的にカフェイン中毒になっているか、なっていないかは置いておいて、中枢神経系の刺激によるめまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などがカフェインの過剰摂取による副作用とも言えます。特に注目すべきなのが「不安」などの蓋然性の高いものでしょう。不安などは「性格の問題」ということで対処されてしまうこともあり、カフェインの過剰摂取だなんてことはあまり考えないのかと思います。
ですので、とにかく「たくさん飲んでいるかいないか」ということをしっかりと考える必要があるということです。逆も然りで、不安などの症状があるからカフェイン中毒かなんてことも言えないということです。必要十分ではないということですね。可能性としては考えられますが、もっと大きな問題に発展してしまうことも考えられるわけです。病気などを引き起こすということですね。もちろんあらゆる病気に関わってしまうかと言ったら分かりませんが、可能性はあるということですね。
副作用も出てしまうので、そこはしっかりと自分の意志で「適量を飲む」ということを徹底してあげる必要があります。
Lr4d2jqpxwa6bfnjt6ws
Axfxwxott6v48hi45tgz
引用: http-//frame-illust.com/fi/wp-content/uploads/2015/02/cd4ba726aef59a43ec35a31a31204343.png
ここではカフェインが多量に含まれている栄養ドリンクの適切な飲み方とタイミングについてまとめたいと思います。まず適切な飲み方ですが、基本的には「急いで飲まないこと」です。アルコールもそうですが、基本的に「急に飲んでしまう」といろいろと弊害が出てきてしまいます。ですので、飲むときには「ゆっくり・時間をかけて飲む」ということを考えてみてほしいと思います。
飲むタイミングですが、だいたいカフェインの効果というのは30分くらいかけて現れてきます。ですので、徹夜などをしようと思う方は一番効果の出て欲しいタイミングの30分〜1時間前くらいからゆっくり飲んでいくのがベストかと思います。もちろん量を増やしても構いませんが、しっかり摂取したカフェイン量を考えて飲みましょう。
Kpvqki50qxwopbbkgrpw
Rt2e3dtoiudo179jf8ye
引用: https-//i.ebayimg.com/00/s/MTAxOVgxNTAw/z/2rwAAOSwQiFaiNAC/$_1.JPG
注意しなければいけない栄養ドリンクがあります。それは「Bang」というエナジードリンクと「Rockstar」というエナジードリンクです。これらにはカフェインが考えられないほど大量に含まれています。レッドブルなどが75mlなのに対して、375mgという量が含まれているのです。もちろん飲んだ後の効果は期待できるでしょうが、しっかりと飲んだ量を計算して飲みましょう。
Jqkbkrynjsphorarpaa7
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QS4QGKITL._SL1280_.jpg
Gthqmfbxtgkbxzrrcnqi
引用: https-//3.bp.blogspot.com/-wf5p8ilIxOQ/U00KH4pCHPI/AAAAAAAAfOk/CcOEZqgGMKY/s800/mark_chuui.png
栄養ドリンク全体として注意しなければいけないのは「カフェイン摂取量」です。とにかく「飲み過ぎ」は注意しましょう。飲み過ぎてしまうと中毒による副作用、病気などを引き起こしてしまう可能性があります。しかし飲み過ぎを避け、適切な量を飲むことはあなたの仕事などでのパフォーマンスをあげることになります。適切な飲み方で、道具として使いこなせるようにしましょう。
Cnifabcevog00zyyq7b7
Wphp9z39vrwxizf8c52h
いかがだったでしょうか?今回は「栄養ドリンクは飲み過ぎると危険か」ということで、病気や副作用の可能性についてまとめました。栄養ドリンクは飲みすぎると非常に危険で、適量を飲むとパフォーマンス向上につながる諸刃の剣であることが分かりました。是非飲む量に気をつけて摂取するようにしましょう。
Izfj1hstynfsftckuai3
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://business-textbooks.com/wp-content/uploads/2016/06/img4.jpg