// FourM
Fpgbwiug31oxmkfxjc4c

健康

CATEGORY | 健康

カフェインの含有量一覧!!コーヒー・エナジードリンクなどを一気に比較!

2024.02.25

皆さんは普段、コーヒーなどカフェインが含まれている飲み物を飲みますか?カフェインの含有量というのはなかなか知らない人が多いのではないかと思います。今回はそんなカフェインの含有量について、身近な例を挙げながらご紹介したいと思います。是非参考にしてみて下さい!

  1. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ①レッドブル
  2. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ②モンスターエナジー
  3. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ③Burn
  4. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ④ロックスター
  5. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑤お嬢様聖水
  6. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑥RAIZIN
  7. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑦Joma
  8. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑧スターバックス リフレッシャーズ・ストロベリー・レモネード
  9. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑨リゲイン
  10. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑩コーラ
  11. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑪ボスの缶コーヒー
  12. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑫紅茶
  13. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑬茶
  14. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑭ウーロン茶
  15. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑮エスプレッソコーヒー
  16. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑯インスタントコーヒー
  17. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑰ドリップコーヒー
  18. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑱ほうじ茶
  19. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑲抹茶
  20. カフェインの含有量一覧!!| 具体例 ⑳ココア
  21. 注意点
  22. 最後に
引用: https://image.redbull.com/rbx00264/0100/0/406/products/packshots/global/Red-Bull-Energy-Drink-Can-JP-closed.png
まず最初にご紹介する飲み物は「レッドブル」という飲み物です。おそらく知らない人はいないのではないでしょうか。エナジードリンクの代名詞としても使われ、エナジードリンクは飲み物の販売だけでなく、イベントへの出店やレッドブルカーなどで街を駆け巡ったりと、我々の生活の近くに存在していますね。
そんなレッドブルには約80mgのカフェインが含まれています。これは100mgより少ないので、まだ安心して飲むことができる部類に入ります。遅くまで仕事などで頑張らなければいけないなんて時には、これを頼りに是非頑張ってみてほしいと思います。
Ciubkew9kggjckb8dajo
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/j/soukai_4560292290092
引用: http://cslbook.com/wp-content/uploads/2017/09/2015-0210-001.jpg
続いてご紹介するのは「モンスターエナジー」というものです。こちらも前項同様にエナジードリンクの一つで、おそらくこちらもレッドブル同様、知らない人はいないくらい有名なものなのではないでしょうか。レッドブルがもっともシェア率としては高く、その次くらいにモンスターエナジーが台頭してくるのではないかと思います。
そんなモンスターエナジーには約142mgのカフェインが含まれています。これはレッドブルとは違い、100mgを越えているので注意が必要なドリンクになります。モンスターエナジーの特徴は味などもありますが、その「量」もあります。やはり量が多ければそれだけカフェイン量も多くなってしまいますから、摂取の際には気をつけなければいけません。
引用: https://www.americabu.com/wp-content/uploads/2017/11/monster-energy.jpg
Jodbvc5nbnc87lspwgoo
引用: https://hu.coca-colahellenic.com/media/3055/uj-burn-1200x675-px.jpg?anchor=center&mode=crop&quality=80&rnd=131229818550000000
続いてご紹介するのは「Burn」というものです。こちらはおそらくレッドブルやモンスターよりは認知度は低いのではないかと思います。しかし2012年から日本に上陸し、一般的な店にも並ぶようになりましたから、エナジードリンクの棚をよく見ている人なんかは飲んだことがある商品なのではないかと思います。
そんなBurnには約155mgのカフェインが含まれています。こちらもモンスターエナジー同様、100mgを超えていますので注意が必要な飲み物であるということが言えます。店頭でサクッと買えるからと、安易に飲んで基準値を超えないようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41dYaqGTI4L.jpg
Cpwrido4dw7aqlovxehv
引用: https-//images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QS4QGKITL._SY450_.jpg
続いてご紹介するのは「ロックスター」というものです。こちらも前項同様エナジードリンクなのですが、製造元も、販売元もすべて海外となっていて、日本で買う場合にはAmazonなどのネット通販が一般的になっているエナジードリンクです。こちらは海外では爆発的な人気を誇っているのですが、やはり海外製ということもあって、日本ではあまり知られていませんね。
そんなロックスターなのですが、320mgものカフェインが含まれています。この量はエナジードリンクの中でもトップクラスの含有量で、本当に気をつけなければいけない種類になります。だからこそ、日本では販売されていないとも言えるのですが、ここまで高いとその対策が面倒な気もします。十分気をつけて飲むようにしましょう。
Pu8s1gyftcsytabtfqbw
引用: http-//www.logovaults.com/stock_thumb/preview-rockstar-energy-drink-ODU4OQ==.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41bYylY0RyL.jpg
続いてご紹介するのは「お嬢様聖水」というエナジードリンクです。こちらは日本で生産・販売されているドリンクなのですが、パッケージが特徴的なので見たこと・飲んだことがあるなんて方も多いのではないかと思います。非常に可愛らしい女性が描かれていて、これはターゲット層としては「女性」らしいのですが、パッケージがパッケージだけに男性にも人気があるそうです。
そんなお嬢様聖水ですが、約100mgのカフェインが含まれています。100mgというのはそれ以上は注意が必要、それ以下はある程度安心できるというラインなので、まずまずといったところでしょうか。そんなに何倍も飲めないのは確かです。そこは注意を払って飲んでほしいと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/413jH6s9%2BcL.jpg
引用: http://www.taisho.co.jp/company/release/2016/images/2016031502.jpg
続いてご紹介するのは「RAIZIN」というエナジードリンクです。こちらはおそらく多くの人が目にして、一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。レッドブルやモンスターエナジーほどの人気はなく、海外でも販売されていないようですが、日本ではエナジードリンクとしてのシェア率で、いい感じの数字を取っています。
そんなRAIZINですが、約50mgのカフェインが含まれています。50mgであれば、気軽に飲むことができるので、本当に「エナジードリンク」として飲むことができそうです。ですがもちろん0ではないので、飲み過ぎないように注意は必要です。
Vhtjxv8tglsvgzo5jyhu
引用: http-//www.taisho.co.jp/raizin/common/img/img_raizin.png
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31TlHcGf6oL.jpg
続いては「Joma 」というエナジードリンクのご紹介です。こちらは知る人ぞ知るという商品でしょうか。店頭でもあまり見かけませんが、名前は知っているなんて人も多いのではないかと思います。そんなJomaには約50mgのカフェインが含まれています。こちらもRAZIN同様、ある程度軽い気持ちでも飲むことができるエナジードリンクです。
100mgを超えるものは注意が必要なので、50mgのものはありがたいのではないかと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/517ulc-dQPL.jpg
引用: https://image.entabe.jp/upload/images/star%281%29.jpg
続いてご紹介するのは「スターバックス リフレッシャーズ・ストロベリー・レモネード」というものです。こちらは名前の通り、スターバックスというあの有名なコーヒーショップが出しているエナジードリンクで、何種類かあり、それぞれ人気です。
そんなスターバックスが出しているエナジードリンクにはなんと「カフェインが含まれていない」とのことです。0mgなんですね。これは非常にありがたいですよね。いくらのんでもいわゆる「カフェイン中毒」にはなりませんから、そこは心配しないで大丈夫そうです。
Hphdhqbihndzakef5ome
引用: https-//s.eximg.jp/expub/feed/Ouchi_straightpress/2012/E1332729861040/E1332729861040_1.jpg
Lrrqzpjnhi6edeggnvy4
引用: http://エナジー.pw/wp-content/uploads/2015/04/%E3%83%AA%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF_%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3.jpg
続いてご紹介するのは「リゲイン」というものです。こちらもRAIZIN同様に、日本のスーパーなどのエナジードリンクのコーナーでよく見かけるものなのではないかと思います。エナジードリンクに精通した人でなくても一度は飲んだことのある飲み物なのではないでしょうか。
リゲインと言ってもいろいろ種類があるのですが、代表的なものでいうと約57mgのカフェインが含まれています。こちらもRAIZINなどと同じくらいの量なので、ある程度安心して飲むことができるでしょう。ですが飲み過ぎには注意したいところです。
引用: https://www.energydrinkmania.net/news/2015/06241955_001.jpg
Binyverymrqayxakhsmz
続いてご紹介するのは「コーラ」です。これはもう、飲んだことがない人はこの世にいないのではないかと思うくらいに人気な商品ですよね。コーラにも多少カフェインが入っているのはご存じでしたか?コーラで注目されるのはおそらく、砂糖などの他の栄養素でしょうが、今回はカフェインに注目したいと思います。
あのコーラには約50mgのカフェインが入っています。RAIZINやリゲインと同じくらいの量のカフェインが入っているので、コーラもエナジードリンクであると言っても良いでしょう。もちろん逆に、コーラもリゲインも炭酸飲料だとしても良いと思います。ですので、コーラも飲み過ぎには注意しましょう。
引用: https://askul.c.yimg.jp/ais/img/product/3L1/505309_3L1.jpg
Xfvv3iyh5yteip7nxvtq
引用: https-//askul.c.yimg.jp/ais/img/product/3L1/657893_3L1.jpg
続いてご紹介するのは「ボスの缶コーヒー」です。カフェインが含まれる代表的なものにエナジードリンクなどがあると思いますが、おそらくいちばん頭に浮かぶのは「コーヒー」だったり、「紅茶」だったりなのではないかと思います。そのコーヒーの中でも際立って多くカフェインが入っているのが「缶コーヒー」のコーヒーです。
ボスの缶コーヒーには約166.5mgのカフェインが含まれています。前にも言いましたが、100mgを越えているものは注意が必要な飲み物なので、こちらも1日に何倍も飲まないように注意する必要があるといえます。コーヒー、とりわけボスなどの缶コーヒーは量が小さいことが特徴ですよね。これはどう考えてもカフェインなどの過剰摂取を避けるためです。ですので、その1杯に凝縮されていると思って、何倍も飲まないようにしましょう。
G1hxewhbx1kzu7wq2541
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140110%2F33%2F3571243%2F0%2F300x300x08182858c5199d31994f3d06.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: http://www.lupicia.com/img/thum_category_blacktea.jpg
続いては「紅茶」です。紅茶もコーヒー同様に、多くの人が普段から飲まれているのではないでしょうか。紅茶と言えば午後の紅茶でしょうし、それはコンビニでも自動販売機でも売られているので、飲まない人も知っている存在かと思います。
そんな紅茶には150mlのサイズでなんと「30mg」のカフェインが含まれていることが分かっています。午後の紅茶は500mlですから、約3倍の90mgが含まれていることになるわけですね。紅茶と言えど、100mgギリギリですから、ある程度注意が必要な飲み物であることが分かります。
Ywo4rxpkfnaoa1ihiqwe
引用: https://cdn.user.blog.st-hatena.com/default_entry_og_image/127701705/1518349370853059
引用: http://biz-journal.jp/images/post_10963_tea.jpg
続いては「茶」です。「茶」の付くものは、おそらく本当に多くの人が飲んでいることだと思います。前項の「紅茶」、そして「緑茶」「ウーロン茶」など、とにかく日本人と言えば「茶」ですから、多くの人が普段から茶は飲むと思います。しかしそんな茶にもいくらかカフェインは含まれているんですね。
緑茶には約150mlで30mgと、紅茶と同じだけのカフェインが含まれています。もちろん500mlのペットボトルなんかで飲む人はその約3倍ですから、紅茶同様に注意しなければいけないものになるということですね。
引用: http://www.zennoh.or.jp/bu/nousan/tea/images/top_img04.jpg
引用: http://www.texas-hands.jp/wp-content/uploads/2012/03/749630c2f628135d595e89ed79aca2de.jpg
続いては「ウーロン茶」です。こちらも本当に多くの人が飲む飲み物なのではないかと思います。食事中などにも飲める茶の一つで、日本の食べ物屋さんには必ずと言っていいほどウーロン茶はあると思います。そんなウーロン茶も「茶」ですから、ある程度のカフェインは含まれています。
ウーロン茶には約150mlで30mgのカフェインが含まれています。こちらは紅茶や緑茶などと一緒ですね。ウーロン茶などは居酒屋などで非常に大きなジョッキで飲む場合があるでしょうから、そこは量に注意して飲む必要があると言えます。ある程度測って飲むことも必要でしょう。
Okibydbhju7xyjdwexfb
引用: http-//img.mos.jp/img/menu/P00008/470066_4_898.jpg
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/08/01/23/15/coffee-870826_960_720.jpg
続いてご紹介するのは「エスプレッソコーヒー」です。コーヒーといえど、いろいろな種類があります。前のところでご紹介したのは「缶」のタイプのコーヒーです。今回はエスプレッソのコーヒーです。コーヒー好きにはたまらない種類のコーヒーなのではないでしょうか?
そんなエスプレッソコーヒーには約140mgのカフェインが入っています。これはわずかな量でこの量が含まれているので、本当に注意が必要だと言えます。例えば飲むときには「ある程度時間をかけて飲む」であったり、飲んでは休憩、飲んでは休憩を繰り返すなど工夫を取り入れましょう。
Nfyrjrsdycwmvzkuexwt
引用: http-//www.tullys.co.jp/menu/uploads/espresso.jpg
引用: https://instant-coffee.org/img/top/nyumon-tile01.jpg
続いては「インスタント」のタイプのコーヒーです。インスタントの場合は意外にも含有量は少なく、150mlで68mgだそうです。ですが、その量も回数などを気にしないと簡単に100mgは超えてしまうので、注意が必要だと言えます。
インスタントは他のコーヒーと違って、飲みやすいですから、やはり必然的に飲む回数も多くなってきてしまうのではないかと思います。カフェイン量は少ないですが、飲む回数を気にしないとやはり危ないですから、そこは注意するようにしましょう。
引用: https://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/img/coffee_01.jpg
引用: https://askul.c.yimg.jp/img/product/3L2/1621278_3L2.jpg
続いては「ドリップ」のタイプのコーヒーです。こちらもエスプレッソに劣らず非常に高い含有量です。150mlの中に135mgのカフェイン量ですから、数字的にはほぼその容量と同じであると考えていいでしょう。そして、この段階で100mgを超えていますから注意が必要な飲み物になります。コーヒーの中では、「缶・エスプレッソ・ドリップ」は気をつけたほうがいいということですね。
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic_item/image/56717/retina_pixta_18856368_S.jpg
引用: http://shop.chanoma.co.jp/simages/category_header_image/category_houjicha01.jpg
続いては「ほうじ茶」です。こちらも紅茶や緑茶に劣らず、人気な茶の一種ですよね。ほうじ茶も茶ですから、もちろんカフェインは含まれています。ほうじ茶には150mlの中に30mgのカフェインですから、他の紅茶や緑茶などと同じ量のカフェインが含まれているということですね。
量的には比較的少ないと言えるので、ある程度は安心して飲むことができるでしょう。そこまで気にする必要はないと言えます。
引用: http://fuku-urara.com/shopping/itemimg/kuwa_hojicha_main2.jpg
引用: http://kiyosen.com/pic-labo/creemtea.jpg
続いては「抹茶」です。こちらは飲み物としても高い人気がありますが、抹茶のアイスや抹茶のまんじゅうなど、「抹茶×◯◯」ということでも非常に人気ですよね。抹茶も紅茶などと同様に「茶」ですから、カフェインは含まれています。
抹茶には約150mlの中に45mgのカフェインが含まれていますから、ちょっと他の紅茶や緑茶などよりは気をつける必要があるということになります。ですが、それでも比較的低い数値ですから、そこまで心配はしなくて良いことになります。
Uiuxxat3klxzjmss3lco
引用: https-//fuminners.jp/wp-content/uploads/2017/02/news_170227_greentea_01.jpg
引用: https://image.excite.co.jp/jp/erecipe/recipe/a/3/a36fc077072efcb7b6b977d48321a6f5/111678d8602a94d3a63e446ab4c27566.jpeg
最後にご紹介するのは「ココア」です。ココアも多くの人が好き好んで飲むものの代表なのではないかと思います。特にホットココアなんか、寒い冬場にはぴったりな飲み物で、お好きな方も多いのではないかと思います。そんなココアには約150mlで45mgのカフェインが含まれており、抹茶と同じ量が含まれています。
そこまで気にする必要はありませんが、他の茶がつくものよりは気にする必要のある飲み物ではあります。
引用: http://cafein.healthypopo.com/wp-content/uploads/2015/03/150306-0047.jpg
Mwmdlfmlgpto5zgrnehw
引用: https-//3.bp.blogspot.com/-wf5p8ilIxOQ/U00KH4pCHPI/AAAAAAAAfOk/CcOEZqgGMKY/s800/mark_chuui.png
注意点としてはやはり「カフェイン中毒」でしょうか。中毒になってしまうといろいろと厄介です。まず副作用が出てしまうことがあります。副作用として挙げられるのは頭痛や吐き気、息切れなどです。やはりこれらは病気の前兆としてもありがちなものですので、注意が必要になるかと思います。
そしてその中毒を超えて、さらに悪化してしまうと最悪の場合、死に至ってしまう場合があります。やはりその点は非常に危険ですから、100mgというのを一つの基準にして考えてもらいたいと思います。
Fh2fwxcqp5i6diex1d4a
いかがだったでしょうか?今回は「カフェインの含有量一覧」ということで、たくさんのカフェインが含まれている飲み物のカフェインの含有量を比較させていただきました。50mgの含有量から300mgを超える含有量まで、本当に多種多様なものがありました。飲み物などについては本当に自己責任なので、是非ある程度自制して飲まれるようにしてください。