Bmszev3svykniogkhfq3

松岡由貴

CATEGORY | 松岡由貴

【エルフェンリート】ナナの性格、誕生日などプロフまとめ!かわいい魅力に迫る!

2018.04.20

エルフェンリートの人気キャラであるナナ。過酷な運命のもとに生まれても優しさを忘れない、健気な女の子です。そんなナナのプロフィール基本情報やイラスト、ディクロニウスの最後についてもネタバレ解説!エルフェンリートの魅力を余す所なくお届けします!

  1. エルフェンリートの大人気のキャラ!ナナとは?
  2. エルフェンリートナナの声優は?
  3. エルフェンリートのナナはディクロニウス!
  4. エルフェンリートのナナは触手が生えている!
  5. エルフェンリートのナナが四肢切断事件!
  6. エルフェンリートでナナは実験体だった!
  7. エルフェンリートのナナの最後
  8. エルフェンリートのナナフィギュア発見
  9. エルフェンリートの主人公とナナの関係は?
  10. エルフェンリートのナナと蔵間の関係が泣ける!
  11. エルフェンリートのナナがかわいいのは健気だから!
  12. エルフェンリートのナナ以外にも苦悩を抱えるディクロニウス
  13. ディクロニウスでありながら人と共存できる女の子ナナ!
  14. ナナ以外もかわいい!エルフェンリートのイラスト集
  15. 【コスプレ】海外で大人気エルフェンリートとナナ!
  16. ナナも登場しているオープニング曲「lilium」の評価が高すぎた!
  17. エルフェンリートのオープニングを歌っている人は誰?ナナも参加してる?
  18. エルフェンリートの舞台は鎌倉!ナナもここに住んでいた!
  19. ナナも訪れた!エルフェンリートの聖地巡礼3選!
  20. エルフェンリートのナナについてのまとめ
エルフェンリートに出的えくる女の子の中でも、最も人気といって過言ではないのがこの「ナナ」ちゃんです。ナナは、かわいい容姿や健気な性格で有名な女の子で、主人公各のルーシーよりも人気なのは確実でしょう。
エルフェンリートはグロい実験が行われたり、キャラクターが死にまくったりして、悲しい話なのですがこのナナというキャラクターだけは最後は幸せになれます。
主人公格のルーシーと比べても身長が小さくてわりと小柄でかわいい彼女ですが、エルフェンリートだけあってとても鬱々した展開を見せてくれるキャラクターです。ディクロニウスという種族に生まれてしまったがゆえに、実験台にされたり、ひどいめにあうことが多いのです。
エルフェンリートのナナの声優は松岡由貴です。ナナは、感情の起伏が激しいちょっと天然な女の子として描かれていますが、松岡由貴はそれをとても上手に演じています。身長は156センチなんだとか。エルフェンリートのナナもこれくらいの身長に見えます。
松岡由貴の誕生日は9月17日。エルフェンリートは春と夏の期間内の鎌倉を舞台に描かれたものなので、少し誕生日もシンクロしています。
松岡由貴は、声優魂というニコニコのラジオ番組のMCも務めています。ひと昔前の声優やアニメについて語る番組で、有料会員であるプレミアム会員にならなくても見ることができます。ナナは、誕生日も身長も不明なのに対して、現実の声優は身長も誕生日もしっかり分かっています。
りりかるなのはの声優もしていて、その声優を務める作品はフィギュアもたくさん出ていることで知られています。
ディクロニウスとは、エルフェンリートに出てくる女の子のほとんどがこの種族に分類されていて、ちょっと恐ろしい種族です。人類を滅ぼすかもしれないと言われている女の子たちで、彼らの特徴は身長は普通の女の子ですが、角が生えているということです。
萌え系アニメなので、角というよりもなんとなくネコ耳に見えることもありますがこれはれっきとした角です。見た目はかわいいのですが、角を持ってうまれてきて背中には見えない触手を持っています。
この触手がやっかいで、たくさんの人々を簡単に殺すほどの力を持っているのです。触手は透明で人の目には見えません。見た目はかわいい女の子なので、普通に話し掛けてきた人たちを触手で惨殺してしまうのです。
本人の悪気はないのにも関わらず、本能の声を抑えきれなくなってしまうと人を殺してしまうのがディクロニウスです。自衛隊の武器も全く歯が立たないほどの強さをもっていて、みためがかわいいからといって普通に近寄るのは自殺行為といえます。
ディクロニウスとは、新人類のような種族で既存の人類を滅亡させるほどの戦闘能力を秘めている危険種族なのです。ただ、ディクロニウスといっても普通の人間と同じ気持ちを持ち合わせているので、普通に楽しく暮らしたいという思いと葛藤を抱えてもいます。
エルフェンリートのかわいいディクロニウスの女の子たちには触手が付いています。これはナナも同様のことです。触手の本数はディクロニウス最強の女の子であるマリコの場合26本もあります。マリコはナナとは対象的に人と仲良くすることができず、見つけたとたん即座に殺してきます。
ほかのディクロニウスであるルーシーの触手の本数は4本と少なめです。そして、2メートルほど伸びるという特性があります。
気になるナナの触手ですが、本数は4本。そして4本の触手で敵の足をもいだりして闘うのですが、彼女は優しいので人間に牙をむくということはありせん。しかも、ナナの触手には特殊能力があって相手の触手を無効化する働きがあるのです。
ナナだけにこの能力が備わっているので、ナナは少し作者に優遇されているとみても良いでしょう。ナナは人気キャラクターなので、エルフェンリートの中でも特殊な能力を与えられたのかもしれません。
実験台にされるために隔離されていた研究室から抜け出したルーシーを探すために、ナナは実験台という役割から一時的に開放されて、ルーシーを探す任務を任されます。ディクロニウスであるナナに探してもらったほうが、人間が死なずに済むからです。それほどナナの力はかわいいだけではなく強大なのでした。
ナナはルーシーを探して鎌倉の地に降り立ちます。そこで、ルーシーと闘うことになるのですが、そばにいた女の子をかばって四肢を4本もぎ取られてしまいます。ルーシーよりも射程の長い触手を持っていながら、ルーシーに負けそうになってしまうのです。
ナナはルーシーに負けそうになりながらも、実験台にされるために自分を隔離してきた人間に連絡を取ってルーシーの居場所を事前に教えていました。そのため、実験室のメンバーや研究所の所長でナナが一番大好きな蔵間が鎌倉にかけつけます。
しかし、ルーシーはそのまま逃げて結局捕まえられませんでした。かわいいだけではないナナで、危険種族と認定されているので、任務失敗の罪で結局殺されることになります。しかし、蔵間がこっそりとナナを逃がしたので一命を取り留めたというできごとでした。
ディクロニウスは危険種族として認定されているので、秘密裏に確保されてそのまま実験台にされてしまいます。いろいろと謎の多い種族なので、研究室に隔離されて過ごしているのです。主人公のルーシーは身長が高くてとても大人びていますが、子供のころから実験台にされて過ごしてきました。
実験は危険なものも多く、ほとんどが苦痛を伴うものばかりです。そして、ナナもそのような実験にずっと耐えてきたのでした。
施設での扱いはひどいもので、実験台にされるときは服を着せてもらえなかったりご飯ももらえない、そして痛みを伴う実験というものが大半でした。最後まで耐えきれず、施設の研究員に牙をむく女の子もいましたが、彼女はそのまま射殺されてしまいました。
身長の伸び具合から生活の態度まで全てを観察されるディクロニウスはとてもかわいそうですね。でも、ナナは最後まで実験に耐えています。声優の演技もとても上手で、ナナの天然ぶりがよく分かる演技はとても聞き応えがあります。
ナナの最後はアニメ版エルフェンリートとコミック版エルフェンリートで違います。コミック版では大好きだったパパと夫婦になってすごく幸せそうな最後を迎えています。 最初はマリコのパパであった蔵間に対して自分で勝手にパパだと思い込んでいたナナですが、本当に最後は自分のものにしたのです。
アニメ版エルフェンリートは最後は少し悲しいものです。蔵間室長が死んでしまい、主人公のコウタのいる家に命からがら帰宅するというものでした。 研究室に戻らなかったのは蔵間室長がいなかったからでしょう。最後は悲しいものでしたが、コミック版とアニメ版の最後はそれぞれ違います。
Qta9w6pe1jds4xf9qfux
引用: https://www.amazon.co.jp/限定-ドリームテック-【エルフェンリート-にゅう&ナナ-特別パーツ】-PVC完成品/dp/B003JZIIP2
ナナのフィギュアを発見しました。ナナはエルフェンリートの人気キャラクターなので、フィギュアがないほうがおかしいですよね。
今はもうフィギュアは売られていないようですが、ちゃんとフィギュアも売り出されていたのです。エルフェンリートの原作に忠実なフィギュアに仕上がっていて、とてもきれいです。ルーシーとナナのフィギュアの身長差もきれいに再現されています。
フィギュアが出ているのは、ルーシーとナナだけでした。ほかにも、いろいろな登場人物がいますがフィギュア自体は出ていないようです。いろいろなフィギュアが出てくれるとうれしいのですが、なかなかそうはいかなかったようですね。
フィギュアの中に、ナナのプロフィールが入っていれば良かったのですが入っていないようでした。これでは、身長も誕生日も分からないままです。
エルフェンリートの主人公であるのは、ナナではなく普通の男の子のコウタです。コウタは、ナナと物語の途中で出会います。 ナナとは物語の途中で出会い、一緒に住むことになるのですが、そのときはまだナナが実験体であることやかなしい最後が待ち受けていることなどは知りもしません。
エルフェンリートは、ハーレムものとしても有名ですが主人公のコウタは美少女たちに囲まれています。しかし、ほとんどがディクロニウスというちょっと怖い展開なのです。一歩間違うと、ディクロニウスに食われてしまい命を落とすという可能性も十分考えられます。
生年月日や誕生日まで全て不明なナナに対してコウタは優しく接しています。最後までコウタとナナは恋愛関係にはなりませんでしたが、ナナはコウタにすごく人なつっこくしていました。辛い環境にありながら、健気に笑顔を貫くナナに、多くの人はかなり共感したのではないでしょうか。
コウタに対して人なつっこくナナが話掛けていてとても幸せそうでした。コウタはルーシー以外にもみんなに優しいキャラクターでした。
ナナと蔵間は、お互いを両思いでした。アニメの最後では2人は結婚をすることができませんでしたが、コミック版では最後に結婚しています。 アニメ版とコミック版に共通するのは、ディクロニウスの中で生き残るのはナナだけだということです。ナナは最後まで生き残って幸せになる素晴らしい女の子なのです。
主人公のルーシーは最後に死んでしまっています。コミック版だと完璧に死にましたし、アニメ版だとたぶん死んだだろうという最後を迎えています。コミックでは身長が小さい女の子たちがルーシーの生まれ変わりとして登場しましたが、アニメでは完全にナナ以外のキャラクターは死んでしまっています。
エルフェンリートの中でフィギュアが発売されていたり、最後まで生き残ったりととても優遇されているナナですが、彼女がかわいいのはなんといっても健気だからでしょう。
実験台にされるシーンなどもありますが、とにかく笑顔でかわいいのです。最後まで誕生日を祝ってもらうこともなくて、とても適当に扱われていましたが、それでもとにかくかわいいです。
辛い実験に耐えて、身長から体のデータを全て取られるナナですがとにかく人を恨むということを知らない女の子です。最後までかわいくてとにかく健気です。人を恨むということをせずに声優さんの演技も抜群なのがナナなのです。
エルフェンリートの世界にはナナ以外にもたくさんのディクロニウスが出てきます。その中でもナナ以外で取り上げられたのは、ルーシーとマリコです。
ルーシーは、エルフェンリートの中でも主人公格でフィギュアも出ています。17歳という設定なので身長も高くて、とてもきれいな女の子という設定です。彼女は、孤児院出身で孤独に過ごしていました。そのため、誕生日も不明です。
角が生えていたため、虐められていたのです。声優の小林沙苗さんの演技もとても上手です。ルーシーはボーイッシュなキャラクターなので、声優の声も低めなのが良いですね。ルーシーはこのころ体が小さくて身長もなかったので多くの人に暴力を振るわれてしまいました。
こちらは、マリコです。蔵間室長の子供として0歳の誕生日からマリコは監視されることになります。彼女は外の世界を知らずに過ごしてきました。ずっと隔離されていたから、身長も伸びずに足はうごかないというかわいそうな女の子です。
しかし、ディクロニウスの中では最強で触手も27本も持っています。凶暴な性格ですが、純粋さを持っていて声優は今は亡き川上とも子さんです。
ディクロニウスは人を傷付けてしまう特性を持ち合わせていますが、ナナは人と仲良くすることができます。コウタと一緒に歩いていて身長差に萌えたという方もいるのではないでしょうか。
身長も低くて親しみやすい女の子という設定で、人気を集めているナナは海外でも人気者です。ディクロニウスの場合、人は攻撃するけれど動物は攻撃しないという場合が多いのですがナナはどっちにも優しいのです。
エルフェンリートの中でフィギュアも発売されている数少ない女の子で、性格もとてもよくてかわいいとあればどんな人でもナナを好きになりますね。ナナはエルフェンリートの中の癒しです。
誕生日も何も分からない謎の少女で、そして人類を淘汰する可能性のあるエルフェンリートのルーシーのファンアートです。海外でとても人気なのがエルフェンリートです。
エルフェンリートのルーシーのファンアートです。シンプルな絵柄ですが、とてもルーシーの特長を捉えていてかわいいですね。
誕生日も何も不明だったルーシーのファンアートです。子供のころからいじめられていたころの絵柄です。ナナの子供のころは分かっていません。
研究所から逃げ出すことになったルーシーです。逃げ出したルーシーはナナと後に対峙することとなります。
ナナの鉛筆画です。エルフェンリートだとルーシーのファンアートが多めですが、ナナのファンアートもアップされていました。ナナのかわいい性格がよく分かる内容ですね。このイラストの誕生日は2018年ですが、ナナの誕生日は分かりません。
海外で大人気のエルフェンリートなので、ルーシーのコスプレをしている人はたくさんいいます。こちらの方はルーシーのコスプレをしています。
こちらの方も、ルーシーです。ナナとは同じ研究室にいたのですが、ナナとルーシーは鎌倉で対峙したとき以外は知らない人同士だったのだとか。
この方もルーシーのコスプレをしています。かわいくてきれいですね。身長や誕生日もだいたいルーシーと同じくらいでしょうか。
ナナの登場です!ナナと衣装までそろえていてとてもかわいいですね!ナナはとてもかわいいし、フィギュア化などもされていますので、もっと誕生日などのプロフィールも分かれば良いのにと思います。
エルフェンリートのオープニング曲である「lilium」がとても人気の高い曲となっており、海外でもファンがたくさんいます。海外の教会などでも歌っている人がたくさんいます。
YouTubeでも歌ってみたなどを投稿している人がたくさんいます。ピアノ版やボーカル版などもYouTubeに上がっていますので、興味のある方は見てみてください。
エルフェンリートは声優が豪華だとよく話題になりますが、高評価なオープニング曲のliliumは声優が歌っているわけではないのです。誰かというと野間久美子という方です。声楽を学んで声がきれいだという人だったのですね。声優をしている方ではなくて、声楽を学んで歌が上手な方だったのです。
エルフェンリートは、キャラクターも魅力的なので声優が歌うキャラクターソングなどもあれば良いのですが、そのようなものはないようです。
オープニング曲はとてもきれいな曲ですが、声優さんは一切関係していないものでした。声優さんの声はエルフェンリート本編で楽しむべきでしょう。
ナナは劇中で鎌倉に来て始めて幸せな人生を送り始めました。しかし、ナナとマリコが激突したところがここの鎌倉にある134号線です。ナナは、マリコと闘って服を脱がされたりして屈辱的な扱いを受けます。
鎌倉は海がとてもきれいで多くの人が行きたいと思う場所です。エルフェンリートは、グロいということや残酷だということが全面に出されすぎますが、エルフェンリートの1つの重要なテーマに恋愛というものがあります。ルーシーとコウタとの間に恋愛関係が生まれるのです。
極楽寺裏の墓地は、ルーシーとナナが対決した墓地があります。鎌倉はおしゃれなスポットですが、エルフェンリートの沢山の聖地があります。
ここは、エルフェンリートのルーシーが事件を起こした惨殺現場にとても似ています。鎌倉はお祭りが多いところですが、ベンチに座っているお祭りのときにコウタの妹が座っていたベンチに似ています。このころから、ナナはお祭りにも参加できずに研究室に監禁され続けてきたのでしょう。
グロくても悲しくて切ないラブストーリーであるエルフェンリート。コウタとルーシーの恋愛は涙なしではとても見ることができません。キャラクター1人1人が抱えている悩みもとても切なくて泣けるものです。
そんな泣けるアニメのエルフェンリートですが、ちょっとほっとした気持ちにさせてくれるのがナナだといえます。ナナは、とにかく性格がよくて世知辛い世の中でも絶対に曲がったりしないキャラクターなのです。そこが人気の秘訣なのでしょう。
エルフェン・リート Elfen Lied Complete Collection
価格 ¥ 4,080
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ErCzq9whL.jpg