Rd0zvtbwjoxyeicv9fis

ラブライブ

CATEGORY | ラブライブ

【ラブライブ】絢瀬絵里(エリーチカ)のかしこいかわいい魅力を一挙紹介!

2018.04.23

この記事ではアニメ『ラブライブ』のメインキャラクター、絢瀬絵里ちゃんをご紹介します!アニメ『ラブライブ』の簡単な振り返りから、絢瀬絵里ちゃんの情報のピックアップも。『ラブライブ』初心者からエリーチカ推しのファン、コスプレイヤーの方まで必見です。

  1. 『ラブライブ』ってどういうもの?
  2. 『ラブライブ』キャラクター『絢瀬絵里』とは?
  3. 『絢瀬絵里』μ'sに至るまで
  4. 『絢瀬絵里』こんな一面も!
  5. 『絢瀬絵里』担当曲(アニメ『ラブライブ』)
  6. あの『絢瀬絵里』を担当した『ラブライブ』声優とは!
  7. 声優・南條愛乃さんの担当キャラクター一覧
  8. 『絢瀬絵里』=『エリーチカ』呼ばれるようになった理由
  9. 『絢瀬絵里』=KKE⇒PKE呼ばれるようになった理由
  10. こんなものも『PKE』の原因?集
  11. ラブライブ『絢瀬絵里』あなたは『KKE』?『PKE』?
  12. 『エリーチカ』ハラショー!集
  13. 『絢瀬絵里』ラブライブ関連動画
  14. 『絢瀬絵里』かわいいラブライブコスプレ衣装画像集(1期)
  15. 『絢瀬絵里』かわいいラブライブコスプレ衣装画像集(2期)
  16. 『絢瀬絵里』かわいいラブライブコスプレ衣装画像集(劇場版)
  17. 『絢瀬絵里』ライブ以外衣装画像
  18. 『絢瀬絵里』ラブライブフィギュア画像集
  19. 『絢瀬絵里』その他ラブライブグッズ
  20. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81qnfe1-myL._SL1476_.jpg

『ラブライブ』はいつ頃放送していた?

『ラブライブ』とは2013年1月から放送された、サンライズ制作による深夜帯のテレビアニメです。

『ラブライブ』の内容は?

高校1年生から3年生の計9人(各学年3人)でスクールアイドル(部活)を結成、ライブ活動やスクールアイドルの頂点になることで入学者を増やし、廃校寸前の母校(音ノ木坂学院)を救う、といった内容です。 その過程で9人それぞれの奮闘や成長、スクールアイドルμ's(ミューズ)としての挫折や活躍が描かれています。
また、続編となる『ラブライブ サンシャイン』でも、キャラクターも学校も違いますが、廃校の母校を救うという内容は同じです。

『ラブライブ』の意味

この作品のタイトルにもなっている『ラブライブ』とは、アニメ中に存在する、主人公たちが目指すスクールアイドル限定のいわゆる大会のこと。全国のスクールアイドルたちが歌やダンスによって競い合い、最も優れているスクールアイドルを決めるというものです。
ちなみに、主人公たちμ'sは9人で挑んでいるが、大会的に9人である必要はなく、μ'sのライバルであるARISEは3人で挑んでいます。

アニメ『ラブライブ』としての特徴は?

『ラブライブ』シリーズ全てに共通して、アニメ中の挿入歌、OP(オープニング)、ED(エンディング)の全てをμ'sメンバーが歌っていることも特徴として挙げられますが、それ以上の特徴としてダンスを揃えていないという特徴があります。
実際、アイドル(正確にはスクールアイドルとアイドルは違いますが)系アニメは多々存在しています。 ですが、積極的に挿入歌のダンス中に各キャラクターが各々のポージングをする、というアニメは『ラブライブ』以外にはあまり見られません。
こうした部分が、前述にあったようなスクールアイドルとアイドルは違う、ということの表現であり、キャラクター1人1人の個性を引き立たせている要素になっています。 もちろん、全てのダンスがバラバラというわけではなく、揃っているダンスも存在しているため、μ'sというグループとしても、個人としても成立してしまう点も特徴の一つとなっています。

『絢瀬絵里』の基本情報紹介

音ノ木坂学院の3年生であり、同学院の生徒会長を務めています(2期以降は『高坂穂乃果』が生徒会長となります)。 μ'sメンバーである3年生の『東條希』『矢澤にこ』『絢瀬絵里』はμ'sメンバーで一緒になる前から互いのことを知っていました。 μ'sでは、過去の実績(天才バレエ少女時代)から全員のダンスを担当し、『園田海未』とともにμ'sのツッコミ役にもなっています。

その他情報

『絢瀬絵里』の妹『絢瀬亜里沙』です。飲み物として「おでん」を買うなど、まだ日本に慣れていないです。
スクールアイドルとしての活動は3年生になってからですが、それ以前にも一度スクールアイドルを考えた時期がありました。それが1年生の時です。
入学当時、アイドル研究部の勧誘を行っていた『矢澤にこ』を見かけて、あまりの必死さに気にはなっていたものの、その頃はアイドル自体に興味がなかったために入部はしませんでした。しかし、それからも気にはなっていたため、同じく生徒会の『東條希』(後に『絢瀬絵里』とともにμ'sメンバーに参加します)から聞き、動向は把握していました。
その後、音ノ木坂学院の廃校問題や意外と頑固な性格故に『高坂穂乃果』たちの行動を邪魔しようとしますが、その裏に隠された本心を知っている『東條希』に背中を押され、『高坂穂乃果』に誘われたことによってμ'sメンバーとしての『絢瀬絵里』が誕生します。
『ラブライブ』の『絢瀬絵里』と言うと、キーワードは「生徒会長」「堅物」「元バレエ天才少女」「文武両道」などなど、才色兼備な面がイメージとして強いと思いますが、『ラブライブ』というストーリーを追っていくに従って「そうではない」面が多々見受けられます。
この動画からは、μ's参加回の『絢瀬絵里』からは、まだまだ正直になれない不器用さと一人で闘おうとする「必死さ」や母校である国立音ノ木坂学院の廃校を解決するために自分なりに動いていた「がむしゃらさ」が見受けられます。
いつも「しっかり者」というイメージが付いていた『絢瀬絵里』からは想像できない「暗いところが苦手」という設定が出てくるシーンです。
このように『ラブライブ』のストーリーが進んでいく毎に『絢瀬絵里』の本性ともいうべき面が増え、ファンからは「KKE(かしこい・かわいい・エリーチカ)」、もしくは「PKE(ポンコツ・かわいい・エリーチカ)」と言われるようになっていきます。(詳しくは後述)

1期 OP(僕らは今のなかで)、ED(きっと青春が聞こえる)

1話:OP
2話:OP
3話:OP
4話:OP
5話:OP
6話:OP
7話:OP、ED
8話:OP、ED、『僕らのLIVE君とのLIFE』
9話:OP、『Wonderzone』
10話:OP、ED
11話:OP、ED、『No brand girls』
12話:OP
13話:OP、ED、『START:DASH!! 』

2期 OP(それは僕たちの奇跡)、ED(どんなときもずっと)

1話:OP(ここではEDとして使用)、『これまでのラブライブ!ミュージカルver』、 『ススメ→トゥモロウ』
2話:OP、ED
3話:OP、ED、『ユメノトビラ』
4話:OP
5話:OP、『Love wing bell』
6話:OP、『Dancing stars on me!』
7話:OP
8話:OP、ED
9話:OP、『Snow halation』
10話:OP
11話:OP、ED
12話:OP、『KiRa-KiRa Sensation!』、『僕らは今のなかで』
13話:『愛してるばんざーい!』、『Oh,Love&Peace!』、『Happy maker!』
2期11話では、EDのラストカット前に空から降ってくる羽をキャッチして微笑む『絢瀬絵里』が拝めるというオマケ付きで、ファン層にはたまらないEDとなっております。

【ラブライブ】【LoveLive !! 作業用BGM】 μ's歌曲精選 18首

劇場版 『ラブライブ』

『僕たちはひとつの光』、『Angelic Angel』、『SUNNY DAY SONG』、『?←HEARTBEAT』

『ラブライブ』曲ランキング ベスト30

『絢瀬絵里』を担当した声優さんは南條愛乃です。 愛称は「ナンジョルノ」、「なんちゃん」。fripSide2代目ボーカルの他、μ'sのメンバーとしても活動しています。
アルバム(μ's名義)で1位を経験している声優でもありますが、2015年4月、膝内障の悪化によりμ'sのライブ活動を休止(声優レコーディングやファンミーティングには参加)しています。現在のライブ活動は、激しいダンスなどがないfripSideのみに専念しています。
μ'sが紅白歌合戦の出場が決まるも南條さんは膝の具合の問題も相まって会見を欠席しました。また、紅白当日三日前の28日に辞退を発表しました。そのため、2016年3月31日・4月1日に東京ドームで開かれたμ'sのラストワンマンライブとなる「μ's Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜」での出演も心配されていたが、直前で一部曲の不参加を条件に無事出演できました。
月島小恋(D.C.II 〜ダ・カーポII〜(2007年)ーD.C.II S.S. 〜ダ・カーポII セカンドシーズン〜(2008年))の声優
ユニ(家庭教師ヒットマンREBORN!(2009年))の声優
大沢マリア(CANAAN(2009年))の声優
泡浮万彬(とある科学の超電磁砲(2009年)ーとある科学の超電磁砲S(2013年))の声優
明智小衣(探偵オペラ ミルキィホームズ(2010ー2015年))の声優
工藤愛子(バカとテストと召喚獣(2010年)ーバカとテストと召喚獣にっ!(2011年))の声優
五十嵐波子(花咲くいろは(2011年))の声優
佐々かなこ(放浪息子(2011年))の声優
松坂花(森田さんは無口。(2011年)ー森田さんは無口。2(2011年))の声優
柿沼小百合(Another(2012年))の声優
空琉美遊亭丸京(じょしらく(2012年))の声優
ヤヨイ・ヨシトミ(モーレツ宇宙海賊(2012年))の声優
テツヤ(リコーダーとランドセル ド♪(2012年)ー レ♪(2012年)ー ミ☆(2013年))の声優
瀬乃宮あき穂(ROBOTICS;NOTES(2012年))の声優
月読調(戦姫絶唱シンフォギアG(2012年)ー戦姫絶唱シンフォギアGX(2015年))の声優
ミユキ(みなみけ ただいま(2013年))の声優
絢瀬絵里(ラブライブ!(2013年)ーラブライブ! 2nd Season(2014年))の声優
走り鳰(悪魔のリドル(2014年))の声優
ナナコ・ハナサキ(とある飛空士への恋歌(2014年))の声優
なお(プリパラ(2014年))の声優
徳田ねね(プリパラ(2014年))の声優
浅間まつり(魔法少女大戦(2014年))の声優
八槙スバル(Classroom☆Crisis(2015年))の声優
パンパカ(パンパカパンツ おNEW!(2015年))の声優
『絢瀬絵里』というと『エリーチカ』という呼び名が付いて回ります。実はこの呼び名、『絢瀬絵里』が幼い頃ロシアの祖母から「かしこい、かわいい、エリーチカ」と呼ばれていたことが由来となっております。
『エリーチカ』が初めて使われたのが、『ラブライブ』の「僕らのLIVE君とのLIFE」での自己紹介パートとなっています。ちなみに、『エリーチカ』の『チカ』とはロシア語で「~ちゃん」という意味であり、『エリーチカ』=『エリーちゃん』という訳となります。
『ラブライブ』の『絢瀬絵里』というと『KKE(かしこい・かわいい・エリーチカ)』というイメージが付いて回ります。しかし、この呼び名も新たなイメージによって脅かされる事になります。それが、『PKE(ポンコツ・かわいい・エリーチカ)』です。
アニメ中で出てきたものでなく、アニメBD5巻の特典で収録されている「エリチカ、おうち帰る!」が発端となっています。先に一言で言ってしまえば、ラブライブ初期の頃の『絢瀬絵里』との「ギャップ」です。
2期1話冒頭のミュージカル風シーンから奇妙なポーズ(鷹?)を披露し、2話では暗い所が苦手であることが周知され、3話では1期7話で「ダンスが素人にしか見えない」と豪語していたA-RISEにパフォーマンスで圧倒されてしまう、などなど…、それまでの『KKE(かしこい・かわいい・エリーチカ)』イメージとは離れた展開となってしまったことで、『PKE(ポンコツ・かわいい・エリーチカ)』が生まれてしまいました。
『絢瀬絵里』のμ's参加前の実績から見てみると『KKE(かしこい・かわいい・エリーチカ)』イメージが強く、μ's参加後のストーリー展開から見てみると『PKE(ポンコツ・かわいい・エリーチカ)』イメージが強いという結果になっています。

ラブライブ『エリーチカ』のハラショー!動画

ラブライブ『エリーチカ』のハラショー!本場では…(ラブライブラジオ)

【ラブライブ】snowhalation 『絢瀬絵里』ソロ(歌詞あり)

【ラブライブ】夏をえがおで1·2Jump! 『絢瀬絵里』ソロ

【ラブライブ】『絢瀬絵里』からみなさんへ感謝の言葉

【ラブライブ】東條希の乙女心をもてあそぶ『絢瀬絵里』

【ラブライブ】『絢瀬絵里』のちょっとふざけた動画

「僕らは今のなかで」画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41rZqepaeZL.jpg

「僕らのLIVE 君とのLIFE」画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51kapOgZvDL.jpg

「Wonder zone」画像

「それは僕たちの奇跡」画像

「Dancing stars on me!」画像

「Snow halation」画像

『ラブライブ!The School Idol Movie』劇中歌「Angelic Angel」画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51RqmivSbrL.jpg

『ラブライブ!The School Idol Movie』劇中歌「SUNNY DAY SONG」画像

『絢瀬絵里』 国立音ノ木坂学院女子制服(冬)画像

『絢瀬絵里』 国立音ノ木坂学院女子制服(夏)画像

『ラブライブ』『絢瀬絵里』 国立音ノ木坂学院女子制服(夏)フィギュア画像

『ラブライブ』第1期オープニングテーマ「僕らは今のなかで」ねんどろいど画像

『ラブライブ』 SPMフィギュア "『絢瀬絵里』 - SUNNY DAY SONG"画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/413tVQh8-6L.jpg

『ラブライブ』『絢瀬絵里』シャワータペストリー 電撃G's Festival! COMIC Vol.36付録画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Bo0MPYzqL.jpg

『ラブライブ』 ロングウォレット コンチョ付き 長財布 スクフェス 大正ロマン 『絢瀬絵里』画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QBCz6LSuL._SL1125_.jpg

KOTORI loves. 101 『ラブライブ』『絢瀬絵里』Ver.画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41YWomtSq3L.jpg

『ラブライブ』スクールアイドルフェスティバル ジャンボ寝そべりぬいぐるみ 『絢瀬絵里』画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/710FSSWOYML._SL1500_.jpg

『ラブライブ』The School Idol Movie 劇場版 『絢瀬絵里』 フルグラフィックTシャツ ホワイト Lサイズ画像

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NkX75xlNL.jpg
『絢瀬絵里』というキャラクターは、まったく真逆のイメージを持たれつつも、その根底に存在している「可愛い」という要素がどのイメージを持つファンの心でも共通に掴んでいるのでしょう。
さらに言えば、同じμ'sの誰よりも参加が遅く、当然1期での参加曲も少ない中でこれ程までの人気を博しているのは、やはりキャラクター独自の味が濃いためであり、そこにラブライブをより深く真剣に鑑賞されているファンの方々でも尽きないほどの魅力や感情移入のシーンが生まれているからだとわかります。
本記事で知り得た情報ももとに再度アニメ『ラブライブ』を見直してみて、新たな魅力を発見してみてください。