Dbgtllu5vvtc14oybd0f

ドラゴンボールGT

CATEGORY | ドラゴンボールGT

【ドラゴンボールGT】エンディング曲を一挙紹介!ZARDなどの歌手情報もお届け!

2020.08.21

この記事では大人気TVアニメ『ドラゴンボールGT』について、エンディングテーマに起用された楽曲を一挙紹介していきます。『ドラゴンボールGT』のエンディングテーマになっている曲はどれも人気が高い曲なので、ZARDなどのアーティストと共に是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

  1. 【ドラゴンボールGT】ED1「ひとりじゃない」(第1話~第26話)【エンディング】
  2. 【ドラゴンボールGT】DEEN(ディーン)について【エンディング】
  3. 【ドラゴンボールGT】ED2「Don't you see!」(第27話~第41話)【エンディング】
  4. 【ドラゴンボールGT】ZARD(ザード)について【エンディング】
  5. 【ドラゴンボールGT】ED3「Blue Velvet」(第42話~第50話)【エンディング】
  6. 【ドラゴンボールGT】工藤 静香(くどう しずか)について【エンディング】
  7. 【ドラゴンボールGT】ED4「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」(第51話~第64話)【エンディング】
  8. 【ドラゴンボールGT】WANDS(ワンズ)について【エンディング】
ひとりじゃない Single
価格
TVアニメ『ドラゴンボールGT』の第1話~第26話においてエンディングテーマに起用されている曲は、「ひとりじゃない」です。「ひとりじゃない」を歌うのはバンドグループ「DEEN(ディーン)」です。
「ひとりじゃない」はDEENの9番目のシングル曲になっており、1996年4月15日に発売されました。DEENのシングル曲の中でも人気のある楽曲になっており、オリコンチャート3位にまでなっており、DEENの曲ではこの楽曲以降、オリコンチャートトップ3位に入る曲はリリースされていません。
ちなみにこの曲ですが、日本のレコード会社「日本コロムビア」が発売している『こどものうた』の中にカバー曲として登場しており、加嶋浩司が歌っています。そのため幅広い年齢層に親しまれている曲になっています。
DEEN at BUDOKAN FOREVER ~25th Anniversary~(完全生産限定盤) [Blu-ray]
価格 ¥ 8,617
DEEN(ディーン)は、1993年に結成されたバンドグループであり、ボーカルは池森秀一、キーボード山根公路を中心に活動しています。旧メンバーに宇津本直紀(ドラム)、仲居辰磨(ギター)、倉澤圭介(ドラム)、田川伸治(ギター)がいます。
1993年にリリースした初楽曲である「このまま君だけを奪い去りたい」は、ミリオンヒットを叩き出し一躍有名になりました。またそれ以降も「瞳そらさないで」がオリコンチャート1位に輝いたり初アルバム『DEEN』が150万枚を超えるヒット作になり、1stシングルと1stアルバムが共にミリオンヒットを記録する大快挙を遂げました。
1996年には「ひとりじゃない」が『ドラゴンボールGT』のエンディングテーマに、1997年「夢であるように」がゲーム『テイルズ オブ デスティニー』の主題歌に起用されるなどアニメやゲームなどでも彼らの曲を聞ける様になりました。
Don’t you see! Single
価格 ¥ 1,049
TVアニメ『ドラゴンボールGT』の第27話~第41話においてエンディングテーマに起用されている曲は、「Don't you see!」です。「Don't you see!」を歌うのは音楽ユニット「ZARD(ザード)」です。
「Don't you see!」は、ZARDの19番目にあたる楽曲です。『ドラゴンボールGT』のエンディングテーマ曲の中では唯一、オリコンチャート1位を獲得している曲であり、人気の曲が多い主題歌の中でも特に人気の楽曲にあっています。
ちなみにこのシングル曲ですが、限定版としてCDジャケットのうらにTVアニメ『ドラゴンボールGT』のキャラクターたちが描かれている物があります。また、1999年に行われたZARDのファン投票では1位に輝くほどの人気です。
ZARD SINGLE COLLECTION~20th ANNIVERSARY~ Box set
価格 ¥ 10,701
ZARD(ザード)は、1991年から活動している音楽ユニットであり、ボーカルの坂井泉水を中心に活動しています。2007年を最後に現在は、音楽活動は行っていませんが今でも根強いファンが多くいます。旧メンバーに町田文人(ギター)、星弘泰(ベース)、道倉康介(ドラムス)、池澤公隆(キーボード)がいます。
もともとボーカルの坂井泉水さんは、モデル活動を仕事としていた女性でしたがテレビドラマ『結婚の理想と現実』の主題歌を歌ったことを皮切りに歌手として活動することになります。
1993年に発売した6番目のシングル「負けないで」はZARDの楽曲で初のオリコンチャート1位に輝いた楽曲であり、またその3ヶ月後に発売された8番目のシングル「揺れる想い」もミリオンセラーになったことで、ZARDを一躍有力にしました。
1990年台にオリコンチャートをビーイング所属アーティストが独占したいわゆる「ビーイングブーム」ですが、これはZARDにより功績が非常に大きいとされており、日本中でもトップクラスのアーティストになりました。
TVアニメ『ドラゴンボールGT』の第42話~第50話においてエンディングテーマに起用されている曲は、「Blue Velvet」です。「Blue Velvet」を歌うのは歌手やアイドルとして活動されていた工藤静香さんです。
「Blue Velvet」は、工藤静香さんの楽曲では29番目に当たるシングル曲であり、TVアニメ作品とのタイアップ曲としてはソロで初めての作品になります。
この曲はオリコンチャート最高8位と、他の『ドラゴンボールGT』の主題歌に比べるとやや売る上げは低いですが、カラオケでの人気は非常に高くオリコン週間カラオケランキングでは1位を記録しているほどです。
工藤静香 ベストヒット BHST-137 Special Edition
価格 ¥ 1,555
工藤 静香(くどう しずか)さんは、1970年4月14日生まれの東京都出身の歌手です。歌手活動以外でも、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家、80年代アイドルとして活動もしており、非常に芸術面に多才な方です。
1980年台はセブンティーンクラブやおニャン子クラブとして活動を行っており主にアイドルとして活動を行っていましたが、1980年台の後半にソロデビューして以降は1990年台後半まで次々とヒット作品を連発しています。
錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう/トライ・アゲイン Single
価格 ¥ 2,480
TVアニメ『ドラゴンボールGT』の第51話~第64話においてエンディングテーマに起用されている曲は、「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」です。「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」を歌うのはロックバンドWANDS(ワンズ)です。
「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」はWANDSの楽曲の中で12作品目の楽曲であり1年7ヶ月ぶりとなったシングル曲です。この曲はWANDSの第3期にあたる和久二郎と杉元一生が加入した後の初のシングル曲であり、オリコンチャート週間4位になりました。
BEST OF BEST 1000 WANDS
価格 ¥ 990
WANDS(ワンズ)は、1991年に結成されたロックバンドグループです。WANDSは、2回グループメンバーが変わっており、第1期と第3期ではメンバーの全員が変わっています。2000年に解散していますが、その時のメンバーは、和久二郎(ボーカル)、杉元一生(ギター)、木村真也(キーボード)です。
そして、第1期と第2期を支えたメンバーは上杉昇(ボーカル)、柴崎浩(ギター)、大島康祐(キーボード)です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61-qXf%2BKu-L._SY445_.jpg