F4hgftk5mex1hdi5l2qf

メイドインアビス

CATEGORY | メイドインアビス

【メイドインアビス】ファプタの正体とは?謎に迫るキャラクター紹介!

2018.04.24

メイドインアビスのファプタとはリコ達が深界6層で出会った成れ果ての姫と呼ばれる存在です。体中が純白の長毛に覆われ非常に整った顔をしています。今回はメイドインアビスの大きな謎の一つでもあるファプタについて調べて行きたいと思います!

  1. 【メイドインアビス】6巻表紙からファプタを観察
  2. 【メイドインアビス】プルシュカを盗んだのはファプタ?
  3. 【メイドインアビス】ファプタ 慣れ果て村でレグと再開?
  4. 【メイドインアビス】ファプタの登場シーンを注意深く観察してみる
  5. 【メイドインアビス】ファプタの見た目
  6. 【メイドインアビス】レグの記憶にファプタがフラッシュバック
  7. 【メイドインアビス】ファプタがレグを家(?)に連れて行く
  8. 【メイドインアビス】レグを調べ尽くすファプタ
  9. 【メイドインアビス】おまえ ハクつれてくるいったそす
  10. 【メイドインアビス】レグという名前について
  11. 【メイドインアビス】ヒトのことおなじ じかん あゆむつもりか?
  12. 【おまけ】星の羅針盤について
  13. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81sCKfySHRL.jpg
メイドインアビス6巻の表紙絵は、恐らくリコに会う前のレグとファプタを描いたものだと思われます。レグは背にブレイズリーブを背負い、ファプタがレグのマントを被ってます。二人とも大きなロボットの上に乗り、背景は6層のものだと思われます。やはりレグはアビスから地上へやって来たという事なのでしょうか。
深界6層にて睡眠をとっていたリコ達ですが、起床後、何者かの手によってプルシュカが奪われてしまった事に気が付きます。盗んだ相手は故意的に幾つかの手がかりを残しており、リコ達はそれを頼りに犯人を追う事となります。
犯人と思われる人物は、伝報船から手紙を奪う、その手紙に落書きをしてリコ達の寝床に戻す、レグとナナチに気づかれずにその場を去る、の全てを成功させており、非常に巧妙な技術を持っている事が窺えます。また追跡の途中でリコとナナチから毟った毛を小動物に死体に詰めるといった奇妙な行動を取っており、その真意は今のところ判明していません。
上記の犯行がファプタによるものであると予想する理由としては、砂地に残された足跡がファプタの乗るロボットのものである可能性が高いという事と、ファプタだと思われる人影がリコ達を監視している描写からです。
プルシュカを盗んだ人物を追う内に、リコ達は慣れ果て村と呼ばれる場所にやって来ます。村の入り口には手紙に書かれていた落書きと同じマーク(棒人間を逆さまにしたようなもの)が記されていました 。成れ果て村に入ったリコ達ですが、程なくしてそこの住人の間でちょっとした騒ぎが起こります。マジカジャによればファプタと呼ばれる存在が村の近くに来たからだと言います。
「ファプタ価値の化身… でも普段すがた表さない どこにでも行けて 消して滅びない」
上記はマジカジャの台詞です。それを聞いたレグは偵察の為、騒ぎの中心へと向かいます。ファプタとは身分の高い女性、つまり姫を表す言葉だとマジカジャは言います。
レグと、巨大なロボットの右肩に立つファプタが対面します。ファプタのロボットはレグの身長の四倍ほどの大きさがあり、また右手は武器と思わしき構造となっています。頭部付近の口にも見えるギザギザの右側には、逆さまの棒人間が描かれています。この逆さまの棒人間の意味についてはまだ作中で言及されていません。
体毛は白く、肌色は褐色で、腕が四本あります。長い尻尾のようなものを持ち、移動する際にはそれが後方へ長くなびく描写があります。外見は人型で顔は整っており、レグ曰く日向の匂いがするとの事です。
ファプタに腕の怪我を指摘された直後、レグの脳裏にファプタとの記憶のようなものがフラッシュバックします。リコと会う前の記憶だと思われますが、ファプタが口にしているのはレグという名前です。
レグはたまらずファプタに「お前…何者だ…!?」と訪ねます。また「あの書き置きを…残したのはお前か…!?」と質問を重ねます。直後、ファプタの表情が急変します。怒っているように見える表情で「おまえ…どしたそす」とレグに問います。
ファプタは大量に集まった成れ果ての目を嫌がり、レグをある場所へ連れて行きます。その場所には石を積んで作られた小さな塔のようなものが幾つもあり、その頂点に乗っかる石にはファプタの頭のものと似た模様(三本の縦線)が描かれています。
その場所が何の為の場所なのかは分かりませんが、ファプタの「ここのこともわすれたそす…?」という台詞から、二人にとって何か重要な場所であった事は間違い無いでしょう。
一向に記憶が戻らないレグに対してファプタは疑いの目を向けます。「おまえ ほんとうにれぐなのか たしかめそす」といってレグの体を事細かに調べ始めます。因みに、そす、と言うのはファプタが喋る際に語尾に付ける言葉であり、何か意味があるのかは判明していません。
ファプタはレグを調べてる最中、唐突にその体を押さえつけ、ヘソに爪を突き立てます。それから自らの爪に付着したレグの体液をなめ取り「あじ…おんなじそす」と呟きます。因みにレグは小さい体ながらも物凄いパワーを持っており、そのレグが動けない程であるファプタの腕力は相当のものであると考えられます。
目前のロボットがレグ当人である事を確認したファプタが「おまえ ハクつれてくるいったそす」とレグに言いました。ハクと言うのは一番高い価値を示す言葉である事がファプタによって語られています。続いてファプタはレグにこう訪ねます「ヒトのこ ハテのこ どっちがおまえのハクさそす?」
この、ヒトのこ、ハテのこ、というのはそれぞれリコとナナチであると考えて間違いは無さそうです。ハクと言うのが生き物を指す言葉として使われる場合があるという事と、ハクとする基準が個人によるものである事がファプタの台詞から分かると思います。
レグという名前は地上にいた時にリコが名付けたものです。レグはその時以前の記憶を失っている為、本来の自分の名を知りません。しかしファプタは地上に居た以前もレグであったと言います。偶然とは思えない出来事にレグは驚き混乱してしまいます。
リコに会う以前のレグ、リコに会った以降のレグ、またリコが飼っていた大きな犬のレグ、これらは何処かで密接に関係し合いアビスの謎に大きく関わっている事は間違い無さそうです。
「おまえ…『ヒトのこ』とおなじ じかん あゆむつもりか?あいつら しんでも おまえそのまま どうするつもりそす?」
ファプタのセリフです。この[ヒトのこ]というのは直後の[あいつら]という台詞から、リコとナナチの事であると考えられます。これは単にロボットであるレグが年をとらないからであると解釈する事が出来ます。

あいつら=リコ&ライザ?

ファプタの言う[あいつら]というのがリコとライザを示していると考える事も出来ると思います。ファプタがナナチを[ハテのこ]と呼び分けていたのがその理由です。ファプタの言う[あいつら]がリコとまた別の誰かだとすれば、その人は、間違い無くヒトのこであり、レグとファプタの双方に関係がありそうな人物だと言えます。そしてそれに該当する人物といえばライザくらいでしょう。
星の羅針盤について一つ気になる事があるので紹介させて頂きます。もし星の羅針盤がリコの言うようにアビスの底を指しているのだと仮定すれば、星の羅針盤とはアビスの深さを測る道具ではないか?と言うのがその内容です。
星の羅針盤をもって外海を進めば、星の羅針盤の針はどんどんと傾いて行くものと思われます。メイドインアビスの世界が球体であるならば、惑星の直径と穴からの距離、針の傾きからアビスの深さが求められる筈です。
今後物語のキーマンになるであろうファプタ。レグとの関係も含めて謎は深まるばかりです。逆さの棒人間の意味、ハクと何か、あのロボットは?、結局ユアワースを盗んだのは誰なのか?、ファプタの性別、全てはまだ謎のままです。物語が進みこれらの謎が解き明かされる日が来るのが楽しみでなりません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DEcmtb5UwAA8z1U.jpg:large