Guocpkrjbriiiksewqis

なるたる

CATEGORY | なるたる

【なるたる】OPには伏線がある!?考察・解説まとめ!【ネタバレ注意】

2018.12.10

鬱マンガとして伝説級の『なるたる』ですが、アニメ版のOPにはネタバレや伏線があることで有名です。ここでは『なるたる』のOPの伏線やネタバレを解説・考察していきたいと思います。ネタバレも含まれますので、注意してお読みください。

  1. 【なるたる】作品紹介
  2. 【なるたる】若干エヴァのパロディっぽい?
  3. 【なるたる】OPは「日曜日の太陽」というタイトルの曲
  4. 【なるたる】OP曲は自殺した友人に贈った曲
  5. 【なるたる】OP映像の伏線
  6. 【なるたる】OPまとめ

『なるたる』は「月刊アフタヌーン」で連載していた漫画

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51XFCKBn6eL._SY346_.jpg
『なるたる』は1998年5月~2003年12月まで「月刊アフタヌーン」で連載していた漫画で、学園・日常・SF・バトル等が混ざった世界観の作品です。
90年代後半から2000年代初頭に流行った「セカイ系」というジャンルにもカテゴライズされ、本作の場合は一見ギャグマンガっぽいイラストと可愛い美少女キャラクターが登場するのに対し、内容は重く暗いというギャップが特徴となっています。
明らかに日常作品な雰囲気に関わらず展開が鬱で、「竜の子」と呼ばれる謎の存在を駆使して戦闘を開始したり、グロテスクな描写が多いのが特徴的な作品ですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81WxaVxzREL.jpg

世紀末は『新世紀エヴァンゲリオン』の焼き増しが多かった

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51u9WaAGZOL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg
90年代後半は『新世紀エヴァンゲリオン』の大ヒットにより、エヴァのコピー作品が至る所で見られた時代でもありましたが、この『なるたる』もエヴァに似た描写があり、特にアニメ版はエヴァのパロディーを見ているかのような錯覚に陥りました。
特に、「竜の子」のバトルシーンがエヴァの使徒との戦いにそっくりで、『なるたる』のアニメの戦闘シーンはエヴァの使徒との戦いを見ているかのような雰囲気がありましたね。
現代日本を題材としている所もエヴァっぽく、ある意味エヴァのファンや鬱アニメが好きな人は『なるたる』にハマると思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51--0PNgyyL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg

『なるたる』OPはフォークソング風の良い感じの曲

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/512a2%2BCiuIL.jpg
『なるたる』のOP曲は「日曜日の太陽」というタイトルの曲で、フォークソング風の普通に良い感じの曲です。
ハーモニカの前奏から始まる雰囲気は、当時フォークデュオで「19」というアーティストが流行っていましたが、19の楽曲に近い感じで懐かしい感じの曲ですね。
『なるたる』のOPは一見、ほのぼのとした感じの明るい日常系のアニメに見えなくもないですが、内容はグロくて鬱展開な上に子供向けアニメ放送局「キッズステーション」で放送されていたため、OPの雰囲気と内容の暗さのギャップが問題となりました。

「日曜日の太陽」は自殺した友人に向けて歌われた曲

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51gDdkKqUrL.jpg
「日曜日の太陽」は明るい曲調ですが、実際に歌詞は哀しい感じでギャップがあります。
実はこの曲は自殺した友人に向けてつくられた曲だと言われていて、歌詞を解説・考察していくと、確かにそんな感じの歌詞が浮かび上がってきます。
歌詞を解説・考察すると、「僕らが誓いあったあの言葉も、今はもう遠く消えていく」とか「君はもういないと知ったんだ」という歌詞が続き、この曲が実は哀しい歌なのだということがわかりますね。
まぁ、ある意味で鬱マンガである『なるたる』にマッチングした曲とも言えますが、そう考えると少し怖い曲に聴こえてきます。

OPでひろ子がクラスメイトのいじめっ子に連れていかれる

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51gg8vP6ahL.jpg
『なるたる』のアニメは「貝塚ひろ子」が特に可哀想なキャラクターでしたが、OPの映像でひろ子はクラスメイトの女子達に拉致される映像があり、OP映像そのものが伏線だったことがわかります。
ひろ子はアニメの後半でクラスメイトにいじめられ、ミミズジュースを飲まされたり試験管を性器に入れられそうになったりしますが、既にOPでそれを匂わせる伏線を張っていたのは『なるたる』らしいです。
内容を知らないで適当にOPを見ていたら見逃してしまいそうなくらい一瞬の出来事ですが、よく見るとひろ子はクラスメイト達に拉致されるので確かめてみると良いと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51cqaDdY7YL.jpg
「OP詐欺」と名高い『なるたる』のOP「日曜日の太陽」ですが、よく見ると制作者たちのこだわりが見える内容になっています。
特に、ひろ子がクラスメイトに拉致されるシーンは一瞬見逃しがちですが、原作を知っている人は気づいた人も多かったでしょう。
『なるたる』はOP含めて重く暗い内容のアニメですが、鬱アニメが好きな人にはオススメです。