Tu6pzfqnl1bnx39nig8y

ドラえもん

CATEGORY | ドラえもん

【ドラえもん】セワシくんにまつわる矛盾点とは?キャラ紹介まとめ!

2018.05.03

のび太がドラえもんと暮らすきっかけとなったセワシ。そんなセワシには色々と考えさせられる点が。セワシのキャラ紹介とともに、セワシが抱える矛盾点と疑問点について考えていこうと思います。SF(少し不思議)な『ドラえもん』の世界を見ていきましょう!

  1. 【ドラえもん】セワシって誰?
  2. 【ドラえもん】ドラえもんを送ってきたのがセワシ!
  3. 【ドラえもん】セワシは何故のび太を訪ねて来たのか
  4. 【ドラえもん】セワシとドラえもんがやって来たことによってタイムパラドックスは起きないのか
  5. 【ドラえもん】疑問①のび太としずかちゃんが結婚したらセワシは生まれないのではないか
  6. 【ドラえもん】疑問②未来が変わって生まれて来たセワシはのび太が出会った「セワシ」なのか
  7. 【ドラえもん】疑問③未来が変わることでセワシとドラえもん、もしくはのび太とドラえもんは出会わないのではないか
  8. 【ドラえもん】セワシとドラえもんがやって来たことによる影響は?
  9. 【ドラえもん】影響①のび太とジャイ子の間に生まれるはずだった6人の子どもはどうなる?
  10. 【ドラえもん】影響②のび太の子どもの未来が変わることに
  11. 【ドラえもん】セワシについてまとめ
セワシとはのび太の孫の孫にあたる存在。野比家の家系のなかで「のび」が名前につかない珍しいキャラクターでもありますね。「のび」がつかない要因は彼の特殊性にあるかもしれません。
このセワシというキャラクター。他にも珍しい部分があるのですが、髪の毛の色が茶髪なのです。アニメだと黒く塗られていることも多いですが、原作では茶髪なので、のび太からセワシが誕生するまでのどこかで外国の血が混ざったことが想像されます。
「STAND BY ME ドラえもん」ではその頭髪の色が目立ちますね。セワシくんが出てくるお話はあまり多くありませんが「セワシくんの家出」など作中でも度々登場してくる人物になります。
のび太の子孫らしくない面が目立つセワシですが、勉強がイヤで家出しようとしたことも。のび太がママと喧嘩して家出する話や、のび太の息子が家出する話などもあるので、「家出」はのび太の影響かもしれませんね。
セワシが登場するのは物語の序盤中の序盤です。ドラえもんと一緒に机の中からやってきたのがセワシなのですから当然ですね。今でこそドラえもんとのび太の暮らしは当たり前になっていますが、そのきっかけを作ったのがセワシなのです。
未来に住むセワシはのび太のもとにドラえもんを送り、自分はドラミちゃんと一緒に生活をしている模様。正直、優秀なドラミちゃんを送るほうがのび太のためであったような気もしますが、性格的な相性を考えると、ドラえもんを送ったのも納得ですね。
セワシがドラえもんを送るためにやってきた理由は、のび太の未来を変えさせるため。ジャイアンの妹であるジャイ子と結婚をする道を辿ると、子々孫々にまで借金が残り生活が苦しいから、しずかちゃんと結婚する未来へ進んでもらおうとドラえもんを送ってきたのだそう。
セワシの予定通り、ドラえもんと一緒に生活するようになったのび太は、ドラえもんの道具に助けられながらしずかちゃんとの結婚ルートへ着々と進んでいきます。しかし、セワシが自分の祖先であるのび太の人生に介入することにリスクはないのか、タイムパラドックスが起きないのかが疑問ですよね。
セワシがのび太に接触し、ドラえもんを送ったことで懸念されるのがタイムパラドックスです。
タイムパラドックスとは、未来の人間が過去に介入することによって結果が変わり、因果律を考えたときに生じる矛盾のことをいいます。因果律はすべてのことは原因の結果起こり、原因がなければ何も起こらないという法則のことですが、セワシが来て未来が変わったことによる「セワシ」に対する矛盾はないのでしょうか。
セワシが抱える矛盾や、セワシとドラえもんが来たことによるタイムパラドックスについて考えていきたいと思います。
セワシが抱える矛盾のトップがこの問題ではないでしょうか。セワシはのび太の孫の孫ではありますが、セワシがドラえもんとともにのび太のもとにやって来たとき、セワシがいた未来では、のび太はジャイアンの妹であるジャイ子と結婚しているのです。つまり、ジャイ子とのび太の間に生まれた子どものひ孫が「セワシ」になるのです。
どのルートを辿ろうともセワシは生まれる予定のようですが、それは正直考えにくく、生まれない可能性の方が高くなります。ジャイ子の血縁者の血が少しでも入っていれば生まれる、と仮定したとしても、ドラえもんとともにのび太を訪ねたセワシにはしずかちゃんの血は入っていないのです。矛盾していますよね。
ただ、セワシが生まれるために必要なものが「野比家直系の男子」「ジャイ子の血縁」「しずかの血縁」であった場合、ジャイ子と結婚した未来で子孫の誰かがしずかちゃんの血縁者と結婚すれば、どのルートを辿ってもその条件を満たすのでセワシが生まれる可能性も。
とはいえ、のび太の孫の孫としてきちんと生まれるかと言われると、少々疑問が残ります。遺伝子的なことを無視しても、孫の孫では生まれない可能性のほうが高いですよね。もっと未来、のび太、ジャイ子、しずかちゃんの血がそれぞれ薄まったときであれば、現在のセワシが誕生するかもしれません。
この問題もタイムパラドックスを考えるうえで注目したいところですよね。
のび太の結婚相手が変わった場合、まずセワシは生まれないでしょう。目的地が同じならどんなルートを辿ってもそこにたどり着くだろう、と言ったセワシ。しかし、人間はDNAという遺伝子情報をもとに構成されているので、別のルートを辿ったときにセワシが生まれるか言われると、まず生まれないですよね。
前述の通り、セワシを構成するものが「野比家直系の男子」「ジャイ子の血縁」「しずかの血縁」だった場合、外見的特徴は今のセワシになりますが、ドラえもんとともに来たセワシは生まれないのではないでしょうか。
セワシは「ほかでつりあいをとる」と言っていますが、一体どこでそのつりあいをとるのか……。起きたタイムパラドックスが大きすぎて、時空のねじれが異常な状態にならないか心配です。
セワシは、ドラえもんとともにやってくる最初以外でも家出の話やドラミちゃんの話で度々登場して来ますが、ドラえもんが来て未来が変わったのなら、後々登場するこのセワシはドラえもんとやって来たセワシではない可能性の方が高いですよね。

セワシとドラえもんの出会い

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61eLxlAoHRL._SL1200_.jpg
セワシが誤まってドラえもんを購入してしまったというのが、ドラえもんとセワシの出会いのよう。ただ、これは映画「2112年ドラえもん誕生」での内容のようで、当初コミックに掲載されていたのは、不良品として売られていたのをセワシが買ったというもの。
不良品だったものを買ったセワシは、まず間違いなく貧乏な、ジャイ子とのび太が結婚した未来のセワシでしょう。お金がなく、ドラミちゃんのような正規の子守用ロボットを買えなかったのではないかと推測されます。この場合、のび太がしずかちゃんと結婚して裕福になった未来では、わざわざ不良品を買わないのではないかという疑問が生まれ、そもそもセワシとドラえもんが出会わない可能性が出て来ます。
ただ、映画版のような出会いをしていた場合、自分の意思関係無く購入しているので、どんな未来になろうとドラえもんとセワシは出会うことに。現状、こちらの映画版が正式な出会い方になっているようなので、貧乏でも裕福でも未来がどう変わっても、ドラえもんとセワシは出会うことができるでしょう。

のび太とドラえもんは出会うのか

貧乏でも裕福でも、どちらの場合でもセワシはドラえもんと出会えるとしましたが、もしセワシとドラえもんが裕福な時代で出会えば、ドラえもんを過去に送る必要がなくなるのです。
セワシがドラえもんをのび太に送ったのは、莫大な借金を抱えた貧乏生活を変えるため。もし借金もなく貧乏でなかった場合、果たしてドラえもんとのび太は出会う必要があるのでしょうか。ただ、裕福な未来というのは、のび太とドラえもんが出会ったことで生まれるもので、のび太とドラえもんが出会わなければ、のび太の子孫は貧乏な生活になってしまうので、どのみちどこかで出会っていたかもしれませんね。
私たちが知っているのは、セワシやドラえもんのいた未来と、のび太が生活する小学5年生の現代、そしてのび太としずかちゃんが結婚する予定の未来なので、セワシとドラえもんが来たことによる、その他の人物や環境への影響がどういうものになっているのか、わからないところも多いですね。
しかし、過去のちょっとしたズレは未来に大きなズレとしてやってくるので、ドラえもんがやって来たことはのび太やのび太の周りの人間の未来に対して大きな影響をもたらすことは間違いないでしょう。
のび太としずかちゃんが結婚することによって生まれない人たちが出て来てしまいます。
のび太としずかちゃんの間に生まれる子どもは1人の予定ですが、ジャイ子とのび太の間には6人もの子どもが生まれる予定でした。のび太としずかちゃんが結婚することによって、本来生まれるはずだった6人の子どもは生まれないのですから、その子どもたちの生涯を考えると大きな影響ですよね。
ただ、ジャイ子は別の人間と結婚しても子どもを6人授かるそうなので、それは非常に喜ばしいことですね。のび太の血が入っていないので、同じ子どもたちが生まれるわけではありませんが、母が同じなら多少似た生活を送ることもあるでしょう。
ジャイ子のび太の間に生まれた息子は、普通に好きな人を見つけ、普通に生活をし、子ども・孫・ひ孫と恵まれていったのだと思います。しかし、のび太がしずかちゃんとの未来を選んだためこの息子は生まれない人なり、代わりに「ノビスケ」という子どもが誕生。生まれる予定だった息子のことを考えると少々複雑な思いですね。
そしてノビスケはというと、セワシが生まれてくるために必要な血縁であるジャイ子の娘と結婚することになります。しずかちゃんと結婚していなければ生まれなかったノビスケ。
ノビスケがジャイ子の子どもと結婚したところで、セワシは生まれない可能性のほうが高いです。しかし、生まれる前から自分の結婚相手が決まっているというのは、運命的とも言えますし、しわ寄せを受けているとも言えて、なんとも表現し難いですね。
セワシは当初、貧乏な家ではなく裕福な家になるよう、しずかちゃんと結婚する未来を手に入れてもらおうとやって来たと説明しますが、その本心はドラえもんのためでした。なので、もともとのび太がジャイ子と結婚する未来自体なかった可能性があるのです。
ご先祖様であるのび太に対し、できが悪いとは言えずそのような嘘を付いていたとしたら、今まで考えられて来た疑問や矛盾、生まれないという懸念もなく、タイムパラドックスも起きないことになります。そう考えると、セワシはのび太の子孫だとは思えないほど頭がキレる人物です。そんなセワシくんののび太の血縁らしい姿は、イヤなことから逃げて家出しようとする「セワシくんの家出」で見ることが出来ますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/_nohimo/status/688599601822044160