Npipch107e69fuyuyir0

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】モーゼス・ブラウンはライナーの親戚?謎の正体と強さを考察

2021.03.23

進撃の巨人の登場人物、モーゼス・ブラウンはリヴァイ並に強い?同じブラウン姓をもつライナーとの関係は?作者がモーゼスの母親のセリフを間違った?進撃の巨人第1話に登場するモーゼスの死亡理由などネタバレしながら伏線の有無などを考察します。

  1. 進撃の巨人の簡単なあらすじを紹介
  2. 【進撃の巨人】モーゼス・ブラウンとは何者?
  3. 【進撃の巨人】母親が苗字で呼ぶ?
  4. 【進撃の巨人】モーゼスとライナーは親戚関係?
  5. 【進撃の巨人】モーゼスの実力は分隊長並?
  6. 【進撃の巨人】モーゼスを殺した巨人は?
  7. 【進撃の巨人】モーゼスの声優を紹介
  8. 【進撃の巨人】モーゼスは今後に関わる可能性も

ウォール・マリアにあるシガンシナ地区は、50mを超える壁に四方を囲まれた街です。壁外にいる巨人の脅威から身を守るために、人類は巨大な壁を作り上げました。そして人類は、100年の平和を巨大な壁のおかげで実現することができたのです。壁の外に憧れる少年、エレンもこの町でミカサたちと暮らしています。

平穏な日々が続くある日、エレンはミカサやアルミンと壁の外について語り合っていました。すると突如、50mの壁をも凌ぐ巨人が現れたのです。壁の入り口が破壊され壁内に巨人が侵入してきました。巨人たちは次々と逃げる惑う人々をつまみあげ捕食していきます。人類は巨人のエサであることを実感させるのに十分でした。


エレンの実家は、壁が破壊された巻き添えを食らい崩壊します。エレンの母親カルラは、瓦礫の下敷きになってしまいました。エレンは必死に助け出そうとしますが、カルラはエレンの目の前で無情にも巨人に捕食されます。母親の死亡を目の当たりにしたエレンは、巨人を一匹残らず駆逐することを誓うのでした。

進撃の巨人の詳しいあらすじなどは、下記のあらすじネタバレ記事を参照してください。

進撃の巨人に登場するモーゼス・ブラウンとはどのような人物なのでしょうか?ネタバレしながらモーゼス・ブラウンを紹介します。

モーゼス・ブラウンは進撃の巨人第1話に登場

モーゼス・ブラウンは進撃の巨人第1話に登場しました。モーゼス・ブラウンは進撃の巨人ストーリー序盤で真っ先に巨人に刃を向けた人物です。それにもかかわらずモーゼス・ブラウンの情報は、進撃の巨人公式サイトで公表されていません。プロフィールや階級など一切の謎となっています。

モーゼス・ブラウンの階級は分隊長以上?

謎のベールに包まれるモーゼス・ブラウンは、調査兵団に所属していることと名前しか分かりません。しかしモーゼス・ブラウンは分隊長以上の階級を持っていたと推測できます。

モーゼス・ブラウンが進撃の巨人登場時にエルヴィンとハンジの3人で馬を走らせている描写があります。中央を陣取りモーゼス・ブラウンが先頭を走っていました。この描写はエルヴィンたちを従えているようにも見えます。故にモーゼス・ブラウンはエルヴィンと同等以上の階級を持っていると推測できるでしょう。

進撃の巨人第1話冒頭に登場する調査兵団は、キース・シャーディスが団長を務めていました。エルヴィン・スミスの当時の階級は分隊長です。故にモーゼス・ブラウンの階級は分隊長、もしくは兵士長であったのではないかと考察できます。

進撃の巨人第1話で、モーゼス・ブラウンの母親が調査兵団キース団長に詰め寄る描写があります。なぜか母親は自分の息子を名字の「ブラウン」と呼んでいました。母親はなぜブラウンと言ったのか?何らかの作者の思惑や伏線があるのでしょうか?モーゼス・ブラウンの母親がブラウンと言った謎をネタバレで伏線の有無などを考察します。

母親がブラウンと呼ぶシーンは作者の思惑があった?

問題のシーンは、進撃の巨人原作コミック1巻第1話「二千年後の君へ」に収録されています。壁外調査に出ていたキース・シャーディス団長率いる調査兵団がシガンシナ地区に帰還しました。そこに息子の姿が見当たらないと、モーゼス・ブラウンの母親がキース団長に詰め寄ります。

モーゼス・ブラウンの母親は「あの…息子が…ブラウンが見当たらないんですが…」とキースにしがみつきます。続けて「息子は…どこでしょうかね!?」と、キースに詰め寄ったのです。

詰め寄るモーゼス・ブラウンの母親にキース団長はモーゼスの右腕を渡しました。そして「それしか取り戻せませんでした。」と、謝罪します。暗に息子の死亡を告げられた母親は泣き崩れたのでした。

ここまでが問題となった一連の描写です。自分の息子を名のモーゼスではなく姓であるブラウンと呼ぶのはなぜなのか?当時、進撃の巨人ファンの間では「なにか作者の思惑があるのでは?」「作者が今後の伏線を張っているのか?」「モーゼスは死亡していない?」「作者の単なるミス?」などといった憶測が多数ありました。

進撃の巨人の作者、諌山創(いさやまはじめ)は、何らかの意図がありこの描写にしたのでしょうか。

母親が苗字で呼んだのは作者のミス!

モーゼス・ブラウンの母親が「ブラウン」と呼んだことはミスで、作者の思惑や伏線はありません。進撃の巨人原作コミック1巻には企画として「テキストコメンタリー」が実地されています。進撃の巨人原作コミック1巻にはページごとに編集員のコメントが添えられていました。

モーゼス・ブラウンの母親が自分の息子を姓であるブラウンと描写したのは作者のミスです。進撃の巨人原作コミック1巻を担当した編集員が問題のシーンのページでそうコメントを残しています。

モーゼス・ブラウンの母親の描写は、いろいろな憶測を呼びました。しかし作者のケアレスミスであったと判明します。進撃の巨人TVアニメ第1話「二千年後の君へ-シガンシナ陥落(1)-」で同じ描写がありました。アニメではモーゼス・ブラウンの母親はブラウンではなくモーゼスと呼び是正されています。

進撃の巨人に登場するモーゼスとライナーは同じブラウン姓を持っています。モーゼスとライナーには親戚関係のような繋がりがあるのでしょうか?モーゼスとライナー強い2人の関係性などをネタバレ考察していきます。

2人が同じブラウン姓なのは偶然ではない?

ライナーとモーゼスはともにブラウン姓です。同一姓なのは、まったくの偶然なのでしょうか?伏線の多い進撃の巨人で、たまたま名前が被ったとは考えにくいと推測します。故に2つの仮説が浮上しました。

1つ目はまだ語られていないストーリがあり同一姓なのは伏線の可能性があるということです。進撃の巨人は未だ完結していないため、ストーリが進めば伏線が回収できると考察できます。

2つ目は進撃の巨人のストーリー構成に変更があった可能性です。髪色や強い肉体などライナーとモーゼスには少なくない共通点がありました。初期のストーリー構成では、2人は兄弟や親類縁者などの関係性があったと仮定しましょう。ストーリーが進むにつれて構成に変更が加えられ、2人の関係性は破棄されたと考察できます。

進撃の巨人は長期に渡って連載されている人気作品です。故にストーリー構成や初期設定に変更があったとしても何ら不思議なことではありません。

モーゼス・ブラウンはかなり強い兵士だったと推測されますが、死亡してしまいます。モーゼス・ブラウンは分隊長並の実力があったのか?進撃の巨人1話、冒頭の戦闘シーンからネタバレ考察していきます。

モーゼス・ブラウンは進撃の巨人1話冒頭の戦闘シーンで死亡しました。故にその能力の詳細は不明です。しかしかなり強い兵士だったと推測できます。

モーゼス・ブラウンは、進撃の巨人冒頭の戦闘で回転切りを披露していました。この必殺技と言っても過言ではない回転切りは、一部の優れた強い兵士のみが繰り出せる技です。

リヴァイ兵長やミケ・ザカリアス分隊長などが回転切りを使いこなしています。リヴァイ兵長は超が付くほどの実力者でミケ分隊長も相応の手練れです。

モーゼス・ブラウンはリヴァイやミケなどの実力上位者と肩を並べるほどの腕があったと推測できるでしょう。進撃の巨人の中でも強いモーゼスは死亡していなければ、かなり出世していたと考察できます。

モーゼス・ブラウンが死亡する原因となった巨人にも、秘密が隠されているようです。進撃の巨人のプロローグに登場した巨人の謎について、ネタバレ考察していきます。

モーゼスと戦った巨人は知性巨人!?

モーゼス・ブラウンを死亡させた巨人は、無垢の巨人なのでしょうか?モーゼス・ブラウンの前に立ちはだかった巨人に、モーゼスは回転切りを繰り出しうなじを狙います。モーゼス対巨人の戦闘シーンの描写はここまでです。

進撃の巨人原作コミック1話、モーゼス対巨人の描写に1つの謎が残りました。モーゼスが「人類の力を!」と叫び回転切りを繰り出す瞬間、巨人のうなじに湯気があがっています。

巨人のうなじから湯気が上がる要因は損傷した場合の修復と、うなじに居る人間が出てくるときです。故にモーゼスと対峙した巨人は、知性巨人の可能性もあると考察できます。知性巨人だとすれば中にいる人間は誰なのか?これもフィナーレに向けての伏線なのかもしれません。

しかし、同じ描写がある進撃の巨人TVアニメでは、巨人のうなじから湯気が出ている描写はありませんでした。故に前述の通りストーリー構成に変更が加えられた可能性もあると考察できます。

進撃の巨人に登場するモーゼス・ブラウンを担当した声優を紹介します。

モーゼスの声優は増元 拓也

進撃の巨人のモーゼス・ブラウンの担当した声優は「増元拓也(ますもとたくや)」です。

増元拓也は広島県の出身、1983年3月19日生まれ、血液型はO型です。賢プロダクションに所属しています。

「アイドルマスター(役柄:信玄誠司)」 が、代表される出演作品です。主役級は少ないようです。しかし、名脇役として数多く活動しています。

進撃の巨人1話に登場したモーゼス・ブラウンについて考察してきました。ライナーと同じブラウン姓を持つモーゼフは、かなりの手練れであったと思われます。またモーゼスの物とされる右腕が出てきますが、死体は出てきません。冒頭の巨人のうなじから上がる湯気など、謎が多く残っています。

実はモーゼフは死亡しておらず、何らかの形で再登場するかもしれません。エンディング向けて伏線は回収され、すべての謎が明かされるのか?進撃の巨人の物語は、最後まで目が離せません。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91WEz%2BfHLxL._AC_SL1500_.jpg