Wkk3sqqg4wsxkgjvkuhx

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】死亡したキャラ・生存者まとめ!死亡経緯も紹介します!

2019.02.07

大人気漫画の『進撃の巨人』。巨人との激しい戦いの末、死亡した多くの死亡者もいれば、現在公開中の最新話まで活躍中の生存者もいます。そんな『進撃の巨人』の作中の死亡者と生存者、また死亡フラグや殉職や事故死などの死因をまとめました。

目次

  1. 『進撃の巨人』とは?
  2. 『進撃の巨人』巨人との戦い
  3. 死亡者が絶えない壮絶な戦い
  4. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 第104期訓練兵
  5. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 調査兵団1
  6. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 調査兵団2
  7. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 調査兵団3
  8. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 調査兵団4
  9. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 調査兵団5
  10. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 調査兵団6
  11. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 調査兵団7
  12. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 駐屯兵団
  13. 『進撃の巨人』死亡者まとめ 憲兵団
  14. 『進撃の巨人』死亡者まとめ その他1
  15. 『進撃の巨人』死亡者まとめ その他2
  16. 『進撃の巨人』における死亡者の死亡フラグ
  17. 生存者から死亡者へ…死亡フラグ
  18. 生存者から死亡者へ…死亡フラグ2
  19. 『進撃の巨人』生存者まとめ1
  20. 死亡者、生存者まとめ

2009年に連載が開始され、漫画、アニメ、映画、実写など各メディアで爆発的な人気の『進撃の巨人』。人類と巨人との過酷な戦いを描いた物語です。現在はアニメ第2期まで放送され、現在第3期公開予定の大人気作品です。

巨人がすべてを支配する世界。巨人のエサとかした人類は「壁」を作り、壁外への自由と引き換えに巨人の侵略を防いで平穏な暮らしを守っていました。そこへ現れた「超大型巨人」に壁を壊され、壁の中にまで巨人の侵略を許してしまいます。そこから人間と巨人との存亡をかけた戦いが始まります。

「進撃の巨人」では巨人との戦いをメインに事故、策略の糧として、数多くの死亡者が出ています。中には物語の中枢を担うであろうキャラクターも登場後すぐに死亡しているケースもああります。人気のキャラクターでも、巨人との戦いにこれからも不可欠であろうキャラクターも次々に死んでいきます。殉職や事故死、人間同士の戦いなど。今後も死亡者、生存者がどのようになるのか全く読めない物語です。

現在最新話までの死亡者と生存者をまとめ、『進撃の巨人』における死亡フラグの立ち方、現在の生存者で死亡フラグが立っているキャラをまとめてみました。

トーマス・ワグナー

トーマス・ワグナーはトロスト区攻防戦で奇行種の巨人に飲み込まれて死亡しました。訓練兵団卒業後の初陣でした。

ミリウス・ゼルムスキー

ミリウス・ゼルムスキーはトロスト区攻防戦で、立体起動装置で飛んでいたエレンの足を食った巨人に捕食され死亡しました。訓練兵団卒業後の初陣で、立体起動装置で果敢に巨人に襲い掛かりましたがあえなく捕食。

ナック・ティアス

ナック・ディアスはトロスト区攻防戦で、ミリウス・ゼルムスキーと共にエレンの足を食った巨人に捕食され死亡しました。

ミーナ・カロライナ

ミーナ・カロライナは、トロスト区攻防戦でミリウス、ナックと共にエレンの足を食った巨人に襲いかかる途中、立体起動装置のワイヤーを巨人に引っ張られ、建物に激突。脳震盪状態で動けないところを巨人に捕まり頭をかじられて死亡しました。上記3人同様、訓練兵団卒業後の初陣でした。

フランツ・ケフカ

フランツ・ケフカは、死亡経緯は作中では詳しく載せていませんでしたが、発見時すでに下半身を巨人に食われて死亡していました。恋人のハンナ・ディアマントが必死に心臓マッサージをするも、すでに手遅れでした。

1 / 6