Oospwqlkpdxptq0htkg3

ハイキュー!!

CATEGORY | ハイキュー!!

【ハイキュー】木下久志と成田の背番号はなぜ入れ替わった?徹底検証!

2018.06.26

【ハイキュー】のキャラクター木下久志について詳しくご紹介しています。木下久志は【ハイキュー】においてメインの高校である烏野高校男子バレー部に所属しています。木下久志の活躍やプロフィール、背番号についてなどをまとめてみました。

  1. 【ハイキュー】木下久志とは
  2. 【ハイキュー】木下久志の見た目
  3. 【ハイキュー】木下久志の性格
  4. 【ハイキュー】木下久志が所属する烏野高校バレー部とは
  5. 【ハイキュー】木下久志が登場したのはいつ?
  6. 【ハイキュー】春高以降の木下久志
  7. 【ハイキュー】選手としての木下久志
  8. 【ハイキュー】木下久志の声優は
  9. 【ハイキュー】木下久志と成田の背番号について
  10. 【ハイキュー】木下久志の過去とは
  11. 【ハイキュー】木下久志の印象に残るシーン
  12. 【ハイキュー】まとめ

プロフィール

木下久志は、【ハイキュー】に登場するキャラクターです。烏野高校に通っており、男子バレーボール部に所属しています。クラスは2年2組、身長174.7㎝(後に175.8㎝)、体重65.5kg、誕生日は2月15日、好物は紅しょうがです。バレー部でのポジションはウイングスパイカーです。

M字の前髪

アニメの木下久志の髪色は、薄い茶色で前髪は若干M字になっています。

木下久志はビビりな性格?

ハイキュー!! 烏野高校排球部 「飛べ」応援旗
価格 ¥ 2,700
鳥養コーチが木下久志に投げかけた言葉「お前呼ばれるたびビビんなよ。その割に決めるくせに」というものから、木下久志は積極的に試合に出たいというタイプではないのかもしれません。しかししっかり決めることもできるので、ビビりですが決して弱い選手ではありません。
ドラマCD版では、寝ている田中の顔に油性ペンで落書きするなどいたずら好きな一面も垣間見えます。

烏野高校バレー部は主人公達も所属するチーム

スタンドミニアクリルキーホルダー ハイキュー!! 烏野高校 10個入りBOX
価格 ¥ 4,860
ハイキュー!! ポストカード 烏野高校 全3種セット アニメイトフェア 特典
価格 ¥ 2,803
木下久志のいる烏野高校バレー部は主人公達も所属するチームで、【ハイキュー】の物語のメイン高校です。5年前までは全国大会にまで出場するほどのチームでしたが、当時の監督鳥養一繋監督が引退してからは弱体化していき、現在では良くて県ベスト8という特別強くも弱くもないチームとなりました。
そのため他校からは「落ちた強豪 "飛べない烏"」と呼ばれていますが、現在は期待の新入部員とかつての名将・烏養監督の孫、烏養繋心をコーチとして迎え再び全国の舞台を目指します。

6話くらいから登場するキャラですが…

ハイキュー!! コミック 1-16巻セット (ジャンプコミックス)
価格
木下久志は6話くらいから登場しているキャラクターですが、ほぼ脇役のような位置づけをされており作中で名前が書かれたのは54話の作中大会パンフレット上でした。
木下久志は物語が始まってから春高予選までの間で唯一試合出場のシーンが描かれなかったキャラで、応援席で一生懸命応援する姿が多いです。
ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 Vol.2(初回生産限定版) [Blu-ray]
価格 ¥ 4,100

春高以降はジャンプフローターサーブの習得を目指している

ハイキュー!!展 ゲンガ × タイカン クリアファイルB 木下 縁下 田中 成田 西谷 烏野
価格 ¥ 4,012
春高まで唯一試合出場シーンが描かれなかった木下久志ですが、春高予選以降はジャンプフローターサーブの習得を目指しています。山口忠曰く「高確率で同じところに打っている」とのことで、これ以降ピンチサーバーとして試合に出場する機会が増えました。
また、オーバーハンドトスを苦手とする西谷夕の練習相手を務めるようにもなります。

木下久志の能力パラメータ

ハイキュー!!展 ゲンガ × タイカン 原画展会場入場者特典 特典ポストカード 木下
価格 ¥ 2,680
木下久志の能力パラメータは「スピード」が4、「スタミナ」「パワー」が3、「バネ」「頭脳」「テクニック」が2となっています。2年生なのでこれからの成長に期待したいですね。

木下久志のジャンプ力

木下久志のジャンプ力は指高223㎝、最高到達点は297㎝なので74㎝飛んでいることになります。烏野高校バレー部の中でのジャンプ力は最下位という結果ですが、高校生男子の平均が63㎝程のようなので平均は十分超えています。

木下久志の声優は相楽信頼さん

木下久志の声を担当している相楽信頼(さがらのぶより)さんは、賢プロダクションに所属しており声優・俳優として活躍しています。12月3日生まれの愛知県出身で、特技・趣味は、卓球と殺陣です。相楽信頼さんは「Free!-Eternal Summer-」の魚住拓也、「リトル・チャロ4英語で歩くニューヨーク」のマイケル、「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」の南零一などを演じています。

入れ替わった背番号の謎

ハイキュー ゲンガ×タイカン 入場特典 ポストカード 缶バッジ 成田
価格 ¥ 2,980
同じ烏野高校男子バレーボール部に所属している木下久志と成田一仁の背番号が、原作とアニメで入れ替わっているという話は有名なようです。それだけではなく、原作でも入れ替わっている場面が多々あります。木下久志の背番号は7番として描かれていましたが、単行本6巻の47話10ページ2コマ目の並びと髪色から木下久志が8番の背番号になっています。
そして6巻の47話12ページ4コマ目の成田一仁の背番号は7番になっています。7巻54話4ページ最後のコマの名簿は成田一仁が7番となっていますが、7巻59話10ページ4コマ目の成田一仁の背番号は8番になっています。原作ではこれ以降、木下久志が7番、成田一仁が8番で固定されました。
このように背番号が何回か入れ替わっている木下久志と成田一仁ですが、入れ替わった明確な理由は分かりませんでした。ネットでの意見で多いのは、作者の書き間違えではないかという説です。作者がただ間違えただけなのか、背番号が入れ替わったことに何か意味を持たせているのか気になってしまいますね。
ヒサゴ ハイキュー!! ブックカバー 烏野高校排球部 HG5331
価格 ¥ 972

バレー部から離れた過去がある

ハイキュー!! 烏野高校 名言 大判スポーツタオル オレンジカラー
価格
"小さな巨人"を育て、烏野高校を春高まで導いた名将・烏養一繋監督が一時的に復帰した時に、練習の厳しさに耐えることができずバレー部から遠ざかってしまった過去があります。その後、縁下力、成田一仁と共にバレー部に戻りました。

227話にて

春高本戦にて、稲荷崎高校との試合では第2セット終盤にピンチサーバーとして月島の代わりにコートに入りましたが、自身のジャンプフローターサーブをいとも簡単に対応された上、強気なスパイクに反応できませんでした。この理想と現実のギャップに木下久志は打ちひしがれます。
『キョーレツな1年を見てすげえってコーフンして でも自分とは違う"人種"だしって思って…でも 自力でヒーローになった山口・田中 いざって時かり出されてきっちり仕事した成田・縁下 西谷や影山みたいになれなくても 俺もどっかで何か劇的な活躍ができるんじゃないかって一瞬だけでもヒーローになれるんじゃないかって 勘違いしてたんだなあ』
この木下久志の思いは、読んでいても切なくなってきます。

278話にて

ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校 西谷夕 タペストリー 勝利への闘志Ver.
価格 ¥ 2,500
その後木下久志に代わって西谷夕がコートに入ります。そして西谷夕は稲荷崎高校の宮侑のジャンプフローターサーブを完璧にレシーブします。その時に練習相手としてアドバイスをしていたことから、木下久志は西谷夕から一番にガッツポーズを向けられました。
「俺は何もやっていない」と打ちひしがれていた木下久志でしたが、苦手なオーバーハンドトスを克服させてくれた木下久志は西谷夕にとって紛れもなくヒーローだったのです。278話のタイトルは「守護神のヒーロー」です。烏野高校の守護神は西谷夕のことを指し、その守護神のヒーローとは木下久志のことです。
コートに立って活躍するだけがヒーローになるという意味ではなく、仲間のためにアドバイスをして一緒に練習をし続けた木下久志もまた、間違いなくヒーローですね。
木下久志は【ハイキュー】の物語の中において脇役のようなポジションのキャラで、最初のほうから登場しているにも関わらず春高予選までの間唯一試合に出ていませんでした。しかし春高以降はジャンプフローターサーブの習得を目指し、ピンチサーバーとして試合出場の機会を得ています。
木下久志について特に印象深いのはやはり稲荷崎高校戦だと思います。木下久志と西谷夕のやりとりに胸が熱くなった方も多いはず。これからの木下久志の活躍と成長が楽しみですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/haikyu_game/status/1001055486656106497