Rtvsr8tyyanorhzraq7m

ハイキュー!!

CATEGORY | ハイキュー!!

【ハイキュー】作並浩輔のアホ毛かわいい魅力に迫る!キャラ紹介まとめ!

2018.06.27

ハイキューにはたくさんの高校男子バレー部選手が登場し、なかにはまだ詳しいことが明かされていない人物もいます。作並浩輔もその1人ですが、かわいさを醸し出す彼に多くの注目が集まっています。そこで今回はそんなハイキュー・作並浩輔のキャラについて紹介します。

目次

  1. 【ハイキュー】作並浩輔はどんな男の子?
  2. 【ハイキュー】作並浩輔のいる伊達工業高校とは?
  3. 【ハイキュー】バレーボール選手としての作並浩輔
  4. 【ハイキュー】作並浩輔の声優とは
  5. 【ハイキュー】作並浩輔についてのまとめ

基本情報

作並浩輔(さくなみこうすけ)は伊達工業高校に通う1年A組の男子生徒で、男子バレーボール部員です。

身長164.1cmで男子バレーボール部主要メンバーの中で一番身長が小さいです。「身長が伸びてくれたらうれしい」という最近の悩みから、本人も身長の低さを気にしているようです。体重は59.5kg。

誕生日は8月30日。ちなみにこの日は冒険家の日として記念日に制定されています。身体は小さく1年生でありながら、立派に伊達工業の礎を支えている作並にピッタリですね。好物は柿ピー。

外見

作並浩輔はその見た目の可愛さから注目を浴びている人物の1人です。特に「アホ毛」と「マロ眉」は作並のトレードマークと言えるでしょう。

作並は艶のある黒髪を真ん中分けにしています。目はキリっとした大きいアーモンド形です。かわいいという印象を強めているのはアホ毛とマロ眉そして低身長だからでしょう。全体的に幼さが残るかわいい男の子です。

性格

作並浩輔は僕っ子、つまり一人称が「僕」です。身長を少しでも伸ばすために努力を重ねていることからも、母性本能をくすぐる男の子です。

しかしかわいいだけではないのが作並です。真面目で面倒見が良く、試合でも小さい身体で力強いプレーを見せる男前な性格をしているのです。

伊達工業高校男子バレーボール部

伊達工業(だてこうぎょう)はハイキューのライバル校の1つで、宮城県にある工業高校です。男子の制服は緑のブレザーにグレーのスラックス、ネクタイはオレンジです。

伊達工業の男子バレーボール部はとにかくブロックで有名な強豪校で、どんな攻撃力の高いスパイクもブロックしてしまうため、“鉄壁”と呼ばれています。横断幕には‟伊達の鉄壁”を掲げています。

男子バレー部関係者にある名前の共通点とは

伊達工業の部員と監督の苗字は宮城県の温泉地から付けられていると言われています。

3年生の茂庭・鎌先・笹谷、2年の青根・二口・小原・女川、1年の黄金川・吹上、監督の追分、そして作並浩輔の苗字である「作並」すべて宮城県にある温泉の地名です。

ポジション

作並浩輔のポジションはリベロ(Li)です。背番号は13。ジャンプ最高到達点は295cm。

リベロとは守備専門の選手のことです。守備専門であるためプレーできるのは後衛のみで、ネットより高い位置のボールをアタックするなどの攻撃的なプレーは禁止されています。とにかくボールを拾い繋ぐことを求められるポジションなので身軽さが必要になります。そのため基本的には高身長である方が優位となるバレーボールのポジションの中で、唯一低身長の選手の方が活躍しやすいポジションです。

1 / 3