Svkxecvioato6ttflnwn

Angel Beats!

CATEGORY | Angel Beats!

【Angel Beats!】音無結弦の最後はどうなった?もう一度考えてみた

2020.06.27

死後の世界を描いた感動の名作、エンジェルビーツ。そしてその主人公として名前が挙げられる音無結弦。今回はエンジェルビーツ主人公の音無結弦について、そして気になる音無結弦の最後について、エンジェルビーツの最終回と合わせて考えていきたいと思います。

  1. Angel Beats!(エンジェルビーツ)とは?
  2. 今回はAngel Beats!(エンジェルビーツ)の主人公、音無結弦の最後について考えていきます!
  3. Angel Beats!(エンジェルビーツ)の主人公、音無結弦
  4. 「天使」と呼ばれている立華かなで
  5. 感動の最終回、音無結弦と残ったメンバーの卒業式
  6. 感動の最終回その2、卒業式で音無結弦が読んだ答辞
  7. 感動の最終回その3、最後に残った立華かなで(天使)と音無結弦
  8. 感動の最終回その4、音無結弦の最後について考えてみる!
  9. タイトル、Angel Beats!(エンジェルビーツ)の意味
  10. 音無結弦の最後について考えてみた まとめ

Angel Beats!(エンジェルビーツ)

引用: https://pbs.twimg.com/media/DDFGzfLUQAE2b1M.jpg
Angel Beats!(エンジェルビーツ)は、2010年4月から6月に放送されたテレビアニメ。
一つの会社がAngel Beats!(エンジェルビーツ)を作ったわけではなく、key・アニプレックス・電撃G's magazine・P.A.Worksと、とても有名なアニメ制作会社が共同制作をした事も話題となり、とても注目が集まりました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CxoD95DUkAA7RgF.jpg

音無結弦は、Angel Beats!(エンジェルビーツ)の男性キャラクター!

Angel Beats!(エンジェルビーツ)の主役で、大活躍する男性キャラクターとして知られる音無結弦。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DC2leX5VwAAqQjl.jpg
そんな音無結弦の最終回について考えていく前に、少しおさらいしておきましょう。
男性キャラクター音無結弦は、天使と呼ばれる女性キャラクター立華かなでなしでは語ることが出来ませんね。立華かなでのことも合わせてご紹介していきます。

Angel Beats!(エンジェルビーツ)/音無結弦

本作の主人公、そして男性キャラクターである音無結弦は、気が付くと見知らぬ学園にいるのです。戸惑う音無結弦が出会った仲村ゆりという人物。仲村ゆりの話を聞いてみるとどうやらここは「死後の世界」のようで…。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DLSpBR8UEAAW6sD.jpg
「私たちは神とその使徒である“天使”と戦っているのだ」と告げられるのです。
そして仲村ゆりがリーダーをつとめている「死んだ世界戦線(SSS)」に半強制的に入隊させられた音無結弦は、SSSメンバーと行動を共にする事となります。

Angel Beats!(エンジェルビーツ)/立華かなで(天使)

引用: https://pbs.twimg.com/media/DXDYgwQVwAEwmlu.jpg
Angel Beats!(エンジェルビーツ)の序盤では「天使」と呼ばれていたのですがアニメ5話で「立華かなで」という名前が明らかとなります。
「死んだ世界戦線(SSS)」のリーダーである仲村ゆりは、天使と呼んでいる立華かなでが、神の正体への手掛かりだと考えていたが…違っていましたね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DMlLcMzVoAEJwuO.jpg
Angel Beats!の最終回では、天使と呼ばれていた立華かなでが「死んだ世界戦線(SSS)」のメンバーと仲良くなり、みんなで一緒に卒業式をするところから始まります。
未練を残して死んだ男性キャラクター、女性キャラクター達が、その未練を乗り越える事で死後の世界を“卒業”、そして“消滅”するという物語となっているAngel Beats!
引用: https://pbs.twimg.com/media/DXMMD6VVAAIBbX-.jpg
他のメンバーを送り出して最後はたった5人になっていましたね。その5人も“消滅”をする為に卒業式を行う事にするのです。
戦歌斉唱から始まり、卒業証書授与と、卒業式らしい雰囲気の中お話は進みます。そして、次に音無結弦が読む答辞のシーン。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DXUrdjSVAAAj0xY.jpg

涙なしでは見られない最終回の名シーン「答辞」

これは、音無結弦が読んだ答辞の一部分です。
「みんな、最後は前を見て立ち去っていきました。ここに残る5名も今日をもって卒業します。一緒に過ごした仲間の顔は忘れてしまっても、この、魂に刻みあった絆は忘れません。みんなと過ごせて、ほんとに良かったです。…ありがとうございました。卒業生代表!音無結弦!」
引用: https://pbs.twimg.com/media/DMlLcMzVAAI-xoP.jpg
現実の卒業式だったら、いつかまたみんなと会えることがあるのですが、Angel Beats!での卒業は“消滅”を意味するのです。例え生まれ変わったとしてもみんな記憶の無い状態ですよね。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C15aSGDUQAAd5nP.jpg
本当に最後の別れになるこの卒業式。音無結弦の答辞にはとても胸に来るものがありました。
戦歌斉唱、卒業証書授与、そして答辞と、卒業式のプログラムを進めていく最終回。そして幸せそうな顔で卒業式から退場し“消滅”していく男性キャラクター、そして女性キャラクター達。残ったのは立華かなでと音無結弦でした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C15aRrtVEAQkbD6.jpg
このシーンで、音無結弦は立華かなでに告白をするのです。
そして立華かなでは「音無結弦に隠していることがある」と言います。
それは死後の世界に来る前の立華かなでが音無結弦の心臓で生きた子だという事…なんと音無結弦はドナー登録をして死んでいたのです。そして死んでしまった音無結弦の心臓は死ぬ前の立華かなでへと移植されていたのです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DAScDqrV0AAZBMF.jpg
立華かなでの未練、それは音無結弦にお礼を伝える事だったのでした。
「ただひとつのあたしの不幸はあたしに青春をくれた恩人にありがとうを言えなかったこと。それを言いたくて…それだけが心残りで、この世界に迷い込んだの。」
「命をくれて、本当にありがとう」
引用: https://pbs.twimg.com/media/Co2s1QjVUAAsYPC.jpg
立華かなでは満足して消滅します。好きなのに消えてしまう…切ないですね。そして、音無結弦だけが取り残されて物語は終わりを迎えます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Co2s0JUUIAEUSmo.jpg
ここでAngel Beats!のお話は終わりなのですが、エピローグの後に何やら意味深なシーンが流れます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DHou-OMUAAEVe2D.jpg
きっとそこは死後の世界ではない、どこかの街。誰かを待つように見える一人の女性キャラクターが映し出されます。その少女はAngel Beats!の挿入歌である「My song」を口ずさんで壁にもたれかかっています。
その少女の前を通る一人の男性キャラクター。その青年が少女の口ずさむ歌につられて振り返るのです。ここで青年が振り返ったのはどこか懐かしい、そして忘れてはいけない曲だと思ったのでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DH63BgpV0AEo9q6.jpg
ここで登場する女性キャラクターが「My song」を口ずさんだのも、男性キャラクターが振り返ったのも、二人ともあの世界での記憶が残っていたという事なのかな、と考えます。この二人はきっと立華かなでと音無結弦です。
思わず少女の背中を追いかける青年の姿から、立華かなでと音無結弦はあのシーンで再会できたんだな、と考えられると思います。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CytQqrDUkAAPjfZ.jpg
音無結弦が卒業式の答辞を読んだときに言った「顔は忘れてしまっても魂に刻みあった絆は忘れない」それがここで証明されたことがわかりますね。ここで音無結弦の答辞の伏線が回収されます。感動!
このアニメのタイトルである「Angel Beats!」(エンジェルビーツ)の意味。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DT4LmxtUMAAyCQh.jpg
それは音無結弦が立華かなでに心臓をあげたことから「天使の鼓動」という意味なんですね。タイトルの意味がこの最終回を迎えたことで深く、きちんと理解できましたね。
音無結弦の最後について最終回のお話と共に考えてみましたがいかがでしたでしょうか。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DGEcukoVoAAKajX.jpg
観れば観るほどキャラクターの感情が痛いほど伝わってくる「Angel Beats!」(エンジェルビーツ)。これを読んでいるあなたは音無結弦の最後のシーンについてどう考えるでしょうか。色んな考えが浮かんでくるAngel Beats!の最後のシーンはいつまでもファンの心に残る名シーンと呼べるでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/CuxfgOQVUAA_fFp.jpg
これを読んでいるあなたも、「初めて会うはずなのに前にどこかで会った事があるかのように感じる…。」そんな経験がある方もいるんじゃないでしょうか。
今、あなたの隣にいる友人、恋人はもしかしたら死後の世界で共にした者同士かも知れないですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/B9Ey2SfCIAAdho6.jpg