Kreqyzgl6tekgg64tvjy

ノーゲーム・ノーライフ

CATEGORY | ノーゲーム・ノーライフ

【ノーゲーム・ノーライフ】アニメ各話のあらすじまとめ!見どころも消化!

2018.08.19

『ノーゲーム・ノーライフ』はイラストレーターの「榎宮祐(かみやゆう)」さんが執筆しているライトノベル原作のメディアミックス作品です。『ノーゲーム・ノーライフ』のあらすじを、各話の見所をまとめてわかりやすく紹介します。「ノゲノラ」のあらすじをお楽しみください。

  1. 『ノーゲーム・ノーライフ』とはどんな作品?
  2. 『ノーゲーム・ノーライフ』の魅力を紹介
  3. 【ノーゲーム・ノーライフ】第一話あらすじ
  4. 【ノーゲーム・ノーライフ】第二話あらすじ
  5. 【ノーゲーム・ノーライフ】第三話あらすじ
  6. 【ノーゲーム・ノーライフ】第四話あらすじ
  7. 【ノーゲーム・ノーライフ】第五話あらすじ
  8. 【ノーゲーム・ノーライフ】第六話あらすじ
  9. 【ノーゲーム・ノーライフ】第七話あらすじ
  10. 【ノーゲーム・ノーライフ】第八話あらすじ
  11. 【ノーゲーム・ノーライフ】第九話あらすじ
  12. 【ノーゲーム・ノーライフ】第十話あらすじ
  13. 【ノーゲーム・ノーライフ】第十一話あらすじ
  14. 【ノーゲーム・ノーライフ】第十二話あらすじ
  15. 【ノーゲーム・ノーライフ】あらすじまとめ

イラストレーターの「榎宮祐」さん原作のメディアミックス

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61eKBGYJVdL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg
『ノーゲーム・ノーライフ』は、独創的な美少女キャラクターを描いて大人気となった「榎宮祐(かみやゆう)」さん原作のライトノベルで、ゲームの天才として現実世界で生きるのに窮屈さを感じていた主人公「空(そら)」と「白(しろ」が、ゲームの強さで全てが決まる異世界「ディスボード」に転移させられ勝ち上がっていく物語です。

強者は全てゲームで決まる異世界での物語

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61HIvC%2BseuL.jpg
盤上の世界「ディスボード」は「10の盟約」という絶対順守のルールが適用されていて、唯一神「テト」の力であらゆる暴力行為が禁じられています。そのため、「ディスボード」における強者は、武力や純粋な魔力の強さではなく、ゲームでいかに相手を倒せるかで全てが決まります。

キャラクターがとにかく可愛い!

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51U1dWeMBFL.jpg
『ノーゲーム・ノーライフ』の魅力は、イラストレーターの「榎宮祐」さんが原作ということもあり、とにかくキャラクターが可愛い所にあります。主人公の一人「白」はもちろんのこと、人類種イマニティの「ステフ」、天翼種フリューゲルの「ジブリール」など、独創的かつ魅力的な美少女が登場するのが魅力ですね。
「榎宮祐」さんの描くキャラクターは特徴的な配色と装飾が施されていますが、『ノーゲーム・ノーライフ』のキャラクターは特に他のアニメキャラクターでは見られないような特殊なデザインが目立ち、それが個性として際立っている秀逸なデザインのキャラが多いです。

ゲームの設定が非常に凝られている

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81eXhWNC%2BmL._SL1280_.jpg
『ノーゲーム・ノーライフ』のもう一つの特徴は、ゲームの設定が非常に凝られている所にあります。ゲーム内容はチェスやしりとり等ありふれたものが多いですが、そこに異世界ならではの魔法や幻想的な描写が絡んでいて、観る側を魅了します。

ゲームの天才「空」と「白」が大活躍

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71nxVdykj3L._SL1003_.jpg
そしてこれが『ノーゲーム・ノーライフ』の最大の魅力と言える所ですが、ゲームの天才である主人公「空」と「白」が大活躍する所にあります。
対戦相手は魔力による干渉やイカサマをしてくる相手ばかりなのですが、普通の人間である「空」と「白」は天才的な頭脳と戦術でそれを退け、苦戦の末に大勝利を収めるという展開が見所ですね。

盤上の世界の唯一神「テト」に異世界に招かれた「空白」

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/519x7A3vXRL.jpg
ゲームの天才である「空」と「白」は7つ離れた兄妹ですが、あらゆるジャンルのゲームで圧倒的な強さを誇り、「空白」の二つ名で都市伝説となっていました。
しかし、現実はコミュ障で社会適応できない残念な兄妹で、ゲームの強さ以外には何の取り柄もない社会不適応者の兄妹だったのです。
そんな中、「空白」に一通のメールが届きます。
「君ら兄妹は、生まれる世界を間違えたと感じたことはないかい?」
相手の挑発だと感じた空はメールのリンクをクリックし、そこで展開されたチェスゲームで謎の対戦相手とネットで勝負しましたが、白と空は大苦戦の末なんとか勝利。ここまで苦戦したのは久しぶりだった二人でしたが、その後、対戦相手だった盤上の世界の唯一神「テト」に力を認められ、異世界「ディスボード」に招待されてしまいました。

アニメ第一話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ccANdLDfL._SY679_.jpg
「ディスボード」に召喚され戸惑う「空」と「白」のオロオロする姿が面白いです。
さらに、異世界に召喚されて間もないのに、盤上の世界がゲームの強さで全てが決まる世界だと知り、圧倒的な強さと観察力で対戦相手を倒していき、人類種「イマニティ」のステフと出会う所が最大の見所ですね。

元王族ステフが面白すぎる話

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51LDfYQLSaL.jpg
イマニティの先代国王の娘であるステフは、同じくイマニティのクラミーにゲームで負けて身ぐるみを剥がされた姿で空と白の所にやってきました。
ステフは巨乳の美少女ですが少々おバカな所があり、空に遊ばれた挙句ゲームで敗北し、空に逆らえない状態になってしまいます。

アニメ第二話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91uo6gsMemL._SL1500_.jpg
壊れるステフがとにかく面白いです。Gカップの巨乳が目を引く美少女なのですが、空と白の頭脳プレーの前に成すすべなく、自傷行為に走る姿が笑えますね。

イカサマをしていたクラミーと空が直接対決

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rwwXsYAQL.jpg
ステフとの戦いで森精種エルフのフィールと結託して勝利を収めていたクラミーは、イマニティの次期王に任命される所でしたが、それに待ったをかけたのは空でした。
空はクラミーがエルフと結託していたことを見抜き、より公正な勝負で戦おうと挑発。協力者のフィールの存在がバレてしまったクラミーは、イカサマがあからさまになってしまうポーカーを止め、魔法仕掛けのチェスに勝負を切り替え、空と直接対決することしました。

アニメ第三話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71dK1gljqXL._SY679_.jpg
魔法仕掛けのチェスは駒が意志を持っているため、プレイヤーのカリスマ性で能力が変化するという不規則なゲームでした。
エルフの魔法で自分の駒の士気を上げていたクラミーでしたが、空の演説はエルフの魔法に勝るカリスマを発揮し、敵のクイーンまで寝返らせたシーンが見所です。

クラミーとの戦いに勝利し国王になった空と白

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FLRrNp7fL.jpg
クラミーとのチェス勝負に勝利した空と白は、イマニティの国王になり次なる挑戦への準備を始めていきました。

アニメ第四話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51F0ea0mF2L.jpg
イマニティの王となった空が民衆に対して演説をするシーンが、第四話の最大の見所です。
最弱のイマニティは最弱ゆえに培ってきた知性こそが最大の武器だと演説する空は、イマニティの希望となり民衆の士気を一気に上げました。

今後の布石となる話となった回

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51XdaIHuSvL.jpg
イマニティ語を覚えた白と空は書物を読み漁りますが、それなりの情報は得て盤上の世界について必要な知識は得たものの、今後、勢力を拡大していく上で重要な決め手にはかけていました。
さらに、だらしない生活態度がステフの怒りの琴線に触れ、ブラックジャックでカード勝負することに。当然、余裕で勝ってしまった空は、ステフに逆らえない犬なってもらい、一日中街を歩きまわすという鬼畜ぶりを発揮する回でした。

アニメ五話の見所

ステフが獣人種ワービーストの恰好をさせられ一日飼い犬となっているのが見所です。ことあるごとに空と白にゲーム勝負を挑むステフでしたが、一度も勝てず涙するのは可哀そうですが可愛いでした。

ついに登場!ジブリール!

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41l2aQDE2fL.jpg
イマニティの図書館を所有している天翼種フリューゲルの「ジブリール」は、空と白に興味を持ち図書館を巡ってゲームをすることに。
ジブリールが選択したゲームは具象化しりとりという「回答したものがその場にあれば消える。無ければ現れる」というゲームで、空・白・ステフ・ジブリールの四人は水爆を出したり空気を無くしたり等、命を賭けてゲームしました。

アニメ六話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2BRnACTI-L.jpg
いきなり水爆を出した空の挑戦的な戦い方や、化学の専門知識が出てくる難解な頭脳戦が見所です。そしたなにより、ジブリールが可愛い所が最大の見所ですね。

東部連合を倒すための準備を始めた

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/514fixGaPvL.jpg
イマニティの国立図書館だけでなくジブリールまで味方につけた空は、ジブリールですら過去に負けたという東部連合の攻略のため頭をひねります。
過去、8回も戦って負け続けたというステフの祖父である先代の王を罵った空でしたが、それに傷つき泣かしてしまったステフに対して罪悪感を抱きます。しかし、空は先代の王が意味のある敗北をしたのだと悟り、王が残した隠し部屋で東部連合と先代の王の秘密を見つけました。

アニメ第七話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51sYNcGkELL.jpg
ステフの回想で少し幼いステフと先代の王が話しているシーンが印象的です。クラミーとフィールもちょくちょく登場し、仲間になったジブリールもサービスショットがあったりなど見所満載ですね。

いづな登場回!

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51b0T1tWU6L.jpg
東部連合の本拠地に赴いた空・白・ステフ・ジブリールの四人は、東部連合つまりエルキアに宣戦布告しにいきました。エルキアの大使「初瀬いづな」も登場し、逃げられない状況をつくりイマニティ代表の空白とワービースト代表のいづなは近い内に戦うことを誓いました。

アニメ第八話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51xKBBfdsDL.jpg
いづなの登場がこの回の最大の見所です。また、空が得意の話術で東部連合を言いくるめ、戦いから逃げられない状況をつくったのも見所ですね。

突然消えた空

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71saznipMDL._SL1032_.jpg
突然消えてしまった空は、ステフとジブリールの記憶からも消えていて、白は孤独になってしまいました。
しかし、それは魔法の力であり、実は空は東部連合に勝つために必要な最後のピースであるクラミーとフィールとゲームで戦っていることを思い出した白は、空の期待通りの行動をし、異空間で戦っていた空とクラミーとフィールを救い出しました。

アニメ第九話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KuyXPW0BL.jpg
これまでの戦いはなんだかんだで空が引っ張ってましたが、ここでは白が大活躍し本領を発揮する所が見所です。

クラミーとフィールと信頼関係を築いた回

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51i05m%2BI6uL.jpg
クラミーとの勝負に勝った空は、互いに記憶を共有し信頼関係を築きました。
クラミーとフィールが仲間に加わったことで東部連合は下手なイカサマを出来なくなり、勝率を上げた空・白・ステフ・ジブリールは、東部連合とのテレビゲーム勝負を開始しました。

アニメ第十話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ocLmZy9LL.jpg
白・ステフ・ジブリールに加え、クラミーとフィールのサービスショットも見れる神回です。クラミーが可愛く、意外とツンデレっぽい反応が面白いことがわかる回ですね。

いづなと本格的なガンシューティング

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71fBOA8VlcL._SY679_.jpg
東部連合が用意したのは、メロメロガンという銃で相手にラブパワーを与えメロメロにするというFPSゲームでした。
物理限界まで身体能力を高められるワービーストのいづな相手に、空・白・ステフ・ジブリールは死力を尽くして戦っていきます。

アニメ第十一話の見所

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51H0C4wIClL.jpg
FPSの達人である白が、身体能力で勝るいづなを圧倒するシーンが見所です。

完璧な計算で東部連合に勝利

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KpA0eEDNL.jpg
「血壊」という能力で真の力を発揮したいづなを前に、空と白は大苦戦を強いられますが、完璧な計算のもとステフを上手くコントロールし勝利。東部連合と共生関係を築き、世界征服の一歩を踏み出しました。

アニメ第十二話の見所

空と白が完璧な計算でステフを動かし、不意を突いた一撃でいづなを仕留めた所が見所です。また、東部連合との関係を上手く友好的なものとし、世界征服の足掛かりを得た空の手腕が素晴らしいですね。

イラストの可愛さに反して難解な作品

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81uHjrBzc5L._SL1280_.jpg
本作は緻密な頭脳戦や専門知識で勝利を収めていく所もあるため、なんとなく観ているだけでは理解できない部分もあります。
しかし、イラストが可愛いためキャラに引き込まれる作品でもありますね。興味を持った方は、ぜひ視聴してみてください。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71YQm9Q20%2BL._SY679_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QcoiqOEjL.jpg