Ekhkexvicwfzddxcxlnd

大塚明夫

CATEGORY | 大塚明夫

間黒男の生い立ちや医師を目指したきっかけは?キャラ情報徹底解明

2018.08.25

現日本の漫画の基礎を築いた漫画界の巨匠「手塚治虫」の代表作の一つである「ブラックジャック」の主人公である「間黒男」。ブラックジャック作品においてとても考え深いキャラクターであり、厳しいながらも心のうちに何かを秘めた間黒男について着目します!

  1. 【ブラックジャック】間黒男とは?
  2. 【ブラックジャック】間黒男の性格は?
  3. 【ブラックジャック】間黒男のリハビリ生活が半端ない
  4. 【ブラックジャック】間黒男が医者を目指したきっかけは?
  5. 【ブラックジャック】驚異的な身体能力を持つ間黒男
  6. 【ブラックジャック】間黒男の法外な治療費について
  7. 【ブラックジャック】間黒男の患者に対する想いとは?
  8. 【ブラックジャック】間黒男のぼっちな人生
  9. 【ブラックジャック】間黒男の声優「大塚明夫」
  10. 【ブラックジャック】間黒男 まとめ
間黒男は今や日本では誰もが知っている漫画界の巨匠である手塚治虫が手がけた「ブラックジャック」に登場する主人公であるキャラクターです。年齢は幼少期は8歳であり、その後は20代〜30代半ばほどまで描かれております。身長は175cmで誕生日は9月6日となっております。血液型はO型で体重は58キロという設定になっております。ただ身長、体重など後付けで誰かが決めた可能性が高いと言われております。
おそらく知らない人はいないかもしれませんが、間黒男は医者です。しかしながら医師免許を持っていない医者という立場であります。免許を持たず診療所をひらき、また法外な治療費を要求するということでも有名ですね。ただ一つ言えるのは神の手と呼ばれるほどに世界一の技術を持っており、なぜ医師免許を持っていないのか不思議なくらいです。
ブラックジャックの性格面ですが、基本的には厳しい性格ながらも生きるということに対してはかなり真剣であり、必死に生きようとしている患者に対しては優しい面を見せることもあるので根の部分ではとても優しい人物であると考えられます。また復讐心を持っているキャラクター性でもあり、時には非常な感情を露わにする場面も少なくはありません。
法外な治療費を要求することから悪いイメージがある方もいるとは思いますが、基本的にそのお金を貰わないことが多く、弱者に対しては基本的に優しいことが挙げられます。でなければここまでブラックジャックがヒットすることはなかったでしょう。厳しいながらも弱者やとある感情を持っている人物、また母親を亡くして辛い思いをしている人物に対しても優しいと言えるでしょう。
幼き頃(8歳頃)に不発弾の爆弾事故に巻き込まれ重傷を負った間黒男は生死を彷徨います。同時に母も同じく爆弾事故に巻き込まれてその後死亡しております。そんなときに間黒男を救ったのは本間丈太郎という神懸かった腕を持った医者に救われなんとか一命を取り留めます。しかしながら手術は無事に成功したもののその後のリハビリが壮絶なものでした。
手術が成功した段階ではまだまともに動くことすらできない状態であり、そこから地獄の特訓が始まります。まず首だけ動かせるようになった時、スリッパを手で履いてハイハイのようなところから始まります。いわゆるこれも動けるようになるための特訓の一つでした。その後も壮絶なリハビリを経て、最終的にリハビリのラストである東京から大阪まで歩いて移動するハイキングを実施し、無事に通常に戻ったとされております。
そんな経験もあって、外科医を目指したとされております。いわゆるこれがそもそものきっかけとなったのでしょう。諦めなければ必ずなんとかなるという生きようとする心というものから自ら救う側を志したと個人的には考えております。さらにもっと掘り下げるのであればやはり間黒男を救った名医である本間丈太郎の存在が大きかったと考えられます。
本間丈太郎がいなければそもそも間黒男は生きておりませんし、その後の物語もなかったでしょう。そういう意味では本間丈太郎こそが間黒男を医者へと導いたと考えてもいいと思います。本間丈太郎の存在は間黒男が医者を目指すという過程において一番重要な人物となったのは間違いありません。その後の地獄のリハビリに関しても本間丈太郎が考えていることからやはり彼の存在が大きかったと思います。
間黒男は世界一の腕をもつ外科医ですが、医者というイメージから、まさか戦闘ということに関して強いわけがないと考えている方も多いでしょう。しかしながら彼は戦闘、いわゆる実際の格闘などに関しても相当なものであるといえます。その理由は不発弾の爆弾事故を起こした犯人に復習しようと考えていたことからダーツを猛特訓したことによって普段メスを持ち歩き何かとそれを武器にすることがあります。腕前はプロ級ですね。
さらにチンピラ程度の人間であれば軽く遇らう程度は簡単であり、自らフルボッコにされた後であったもゴロツキを二人も倒してしまうほど凄まじい肉体と戦闘能力を持っております。もはや軍人レベルですね。さらに相当な深傷を負った後でも大手術をこなしてしまうという異例の体力と繊細さを持っており通常では考えられない人物でもあります。
患者に対して法外な治療費を要求するということはもはやかなりの方が知っておられることであると思われます。その額も大体が500万から3000万ほどの高額なものであります。ただこれにはしっかりとした詳細があり、弱者などからはお金を一銭も受け取らないということがほとんどであるというのが事実です。しかし一応は高額な治療費を請求します。
この意図としては本人は自らの技術力に見合った正当な対価であると行っており、また患者に対してそれだけのお金を払ってでも絶対に生きたいと考えるか否かを問うているということが挙げられます。つまり法外な治療費を費やしてでも自分は今後も生きたいと思うかどうかということですね。なので最初はそれだけの金額を提示することがあってもその後受け取らないのがほとんどだそうです。(ただし金持ちは別)
間黒男が患者に対して思うことですが、やはり一番は生きたいかどうかということであると思われます。病気や怪我で「もう諦める」や「どうにもならない」とはなから決めつけている患者に対してはかなり厳しくあたるようです。それはおそらく自らの経験があったからであると思われます。ヘラヘラしている患者に対してでも激怒する場面が少なくはありません。
ただその逆もあり、必死に生きようとしている患者に対しては必死にそれに応えようとしており、また優しく接していることが挙げられます。どんな状況でも生きようという気持ちをもつか否かが間黒男が患者に対して一番気にしている点であると思われます。自分が過去にどうしようもない状況で必死に頑張っての今があるということがかなり大きいでしょうね。
間黒男は基本的に学生時代からぼっち生活を送ってきております。もちろん友達がいなかったわけではありませんが、それでもやはり孤独に過ごすことがほとんどであると言ってもいいでしょう。また学校では当初顔や体の傷のことで虐められたという経緯もあり、あまりいい学生時代ではないと言えるかもしれません。母親がいないということがかなり大きいのだと思います。
学校を出た後でもやはり孤独に暮らしていることがほとんどでありますが、のちに妻?と呼べる相手と巡り会うことになります。学校では遅い初恋をすることになりますが、人間関係においては不運が付きまとっており、何かしらの出来事で台無しになることがほとんどです。これは色恋話だけでなく通常の人間関係においても多いとされております。
大塚明夫(おおつかあきお)さん、1959年11月24日生まれ、東京都出身、マウスプロモーション所属の名声優です。基本的には洋画の吹き替えでの出演が多く、あのシュワルツェネッガーの声といえばもはやお分かりかと思います。アニメではムーミンパパやふしぎの海のナディアのネモ、攻殻機動隊のバトーなど数々の名作の名キャラを演じております。
いかがでしたでしょうか? 今回はブラックジャックに登場する主人公である「間黒男」というキャラクターに関して綴ってきました。間黒男が辿ってきた人生というのはやはり孤独なものだったのでしょうが、彼が救った命というのはのちに生きつづていくと考えると間黒男が行ったことは歴史残ることだと思いました。