X1a59cowyc74aqqysu3l

天元突破グレンラガン

CATEGORY | 天元突破グレンラガン

【グレンラガン】ロシウの声優やシモンとの関係を徹底解説!最終回はどうなる?

2021.07.12

ロシウ・アダイは天元突破グレンラガンのキャラクター。グレンを操縦できるため、主人公シモンと共に敵と戦うシーンも多いです。最終回では大統領になるほどの人物ですが、責任感の強さからシモンを裏切ってしまったことも…。今回はグレンラガンのロシウ・アダイを紹介します。

  1. 『天元突破グレンラガン』はどんなアニメ?
  2. 【天元突破グレンラガン】グレンラガンのアニメスタッフは【ロシウ・アダイ】
  3. 【天元突破グレンラガン】グレンラガンの世界【ロシウ・アダイ】
  4. 【天元突破グレンラガン】村の上には地上がある【ロシウ・アダイ】
  5. 【天元突破グレンラガン】地上で暴れまわる獣人【ロシウ・アダイ】
  6. 【天元突破グレンラガン】物語の鍵「螺旋力」とは【ロシウ・アダイ】
  7. 【天元突破グレンラガン】ロシウ・アダイはどんなキャラクター?【ロシウ・アダイ】
  8. 【天元突破グレンラガン】グレンのパイロットを務める【ロシウ・アダイ】
  9. 【天元突破グレンラガン】世界を守るためにシモンを捕らえてしまう【ロシウ・アダイ】
  10. 【天元突破グレンラガン】ロシウも本心では…【ロシウ・アダイ】
  11. 【天元突破グレンラガン】ロシウ役の声優は?【ロシウ・アダイ】
  12. 【天元突破グレンラガン】まとめ【ロシウ・アダイ】
『天元突破グレンラガン』はガイナックス・アニプレックス・コナミデジタルエンタテインメントが制作した日本のロボットアニメです。情熱や気合いが強調されることが多く、胸が熱くなるような作品です。
ドリルに対する情熱が凄まじく「ドリルは男のロマン」を主題として、ドリルと人間劇に心血を注いだアニメとなっています。天元突破グレンラガンの物語はめちゃくちゃで、デタラメな方向に突き抜けていながらも、「自分と仲間を信じることができれば何だってできる」という、人間の底力が光る厚く、熱く、爽快な作品となっています。
実は天元突破グレンラガンのスタッフはダーリン・イン・ザ・フランキスでも活躍されています。アニメを見るとわかりますが、絵が似ていますよね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71R8QQu2JjL._SL1500_.jpg
天元突破グレンラガンの世界は現代よりも遥か未来にあります。この世界では、人々は地中に穴を掘って家を造り、家畜を飼いながら暮らしています。地中で起こる落盤や、地震による被害に怯えながらもひっそりと生きてきたのです。
地中にはいくつもの村があり、その中の一つにジーハという村がありました。ジーハに住む少年シモンは、穴を掘り進めていた先で偶然にも、不思議に光っているドリルと巨大な「顔」を見つけます。ここから物語は始まるのです。
シモンには兄貴分がいます。名前をカミナといい、物事はすべて気合で片付くと根性論で生きる熱血の男です。人情に篤い男でカリスマ性も高く、ジーハ村ではカミナを慕う人たちもいました。
カミナはグレン団というチンピラグループのリーダーで、ジーハ村の上に地上があると信じて、村の閉塞感に抗いながらも地上を目指していました。そしてシモンが光るドリルを見つけた日、村の天井が崩れ落ちて巨大なロボットと一人の少女が落ちてきました。少女は巨大なライフルを持ち、名前をヨーコといいます。
ヨーコは巨大なロボットと戦っていて、その勢いでシモン達のいるジーハ村へと落ちてきたのです。激しい戦闘を繰り返すものの、ヨーコのライフルでは巨大ロボットを完全に倒すことができずにいました。そこでシモンは、ヨーコとカミナと共に、ドリルと同じ場所で見つけた巨大な顔へと乗り込み、ドリルをコックピットへと差し込みます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61QrHwo8JaL.jpg
乗り込んだ顔はロボット=ガンメンとなり、村に落ちてきた巨大ロボット(同じくガンメン)を打ち破ります。シモン達はこのガンメンをラガンと名付け、勢いそのままに地上へと出ることに成功したのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/418xWn1Bk-L.jpg
カミナたちの信じた通り、確かに地上はありましたが、そこは既に獣人と呼ばれる種族が支配する世界となっていました。獣人は人間と形状が変わらない者から、毛玉のような者まで多種多様です。
彼らは日中しか活動することができません。夜は眠らないと細胞が崩壊してしまうからです。彼らは螺旋王と呼ばれる人間から生み出された存在です。獣人達は「螺旋力」を持たないために有性生殖ができず、クローン培養によって個体数を増やしています。
螺旋力とは全てを象徴するエネルギーのことで、DNAの螺旋の中に眠っている力のことを指します。遺伝子に二重螺旋構造及び螺旋力を持つ生物、特にヒト(地球人も宇宙人も含む)がこの力を持っています。「進化する力」「宇宙と生命をつなぐ力」「気合」「恋」など様々な概念を原動力としていて、そのパワーは生命の誕生、時には宇宙の誕生すらもたらすほどです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81msVoLxz4L._SL1500_.jpg
天元突破グレンラガンでは、小宇宙と同程度の螺旋エネルギーを生み出して超銀河グレンラガンへと変形させるシーンがあります。超銀河グレンラガンの大きさは月と同じ(3000km)です。小宇宙に匹敵する膨大なエネルギーですから、3000kmに及ぶのも不思議ではありません。しかし、スケールが大きすぎて想像できないと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rHKojRyuL._SY445_.jpg
ロシウ・アダイはアダイ村出身の少年です。旅をしている途中、成り行きでグレン団へと加わりました。アダイ村の村長からもらった聖典を所持しており、非常に礼儀を重んじる性格です。それ故にとても真面目なのですが、仲間からは頭が堅いと言われています。
常に冷静で疑り深いその性格から暴走しがちな人間の多いグレン団のブレーキ役を担っています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51mHbnnXtgL.jpg
強大なガンメン、ダイガンザンと戦った際に命を落としてしまったカミナに代わり、グレンのメインパイロットを務めます。シモンの操るラガンと、ロシウの操るグレンは合体してグレンラガンと変形することができるので、グレンを操縦するロシウはシモンのパートナーと言っても過言ではありません。
螺旋王と戦った際にも当然グレンのパイロットを務め、グレン団の一員として立派に戦っていたのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71S5-2aXKtL._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41HjXwD25ML.jpg
人間が地上を取り戻した後、シモンが新政府総司令官に、ロシウは総司令官補佐に任命されました。シモンが慣れない政治に悪戦苦闘する中でロシウはシモンを支えていました。真面目すぎる彼は団員たちからも嫌な顔をされることもありましたが、機関の人間たちからの人望は篤く信頼されています。
しかし、地球に月が衝突することを人類が知ってしまった時、市民が暴徒と化してしまいました。ロシウはそれを鎮圧するためシモンを相手にクーデターを起こしたのです。これは仲間であるグレン団を裏切る行為です。クーデターを起こすだけでは終わらず、シモンから新政府総司令官の座を奪い、捉えたシモンに死刑判決を言い渡します。
かつての仲間に死刑宣告をしたのは、ロシウの望むところではありません。世界を救うという重責を負いながら政治的な判断を下したまででした。しかし、その行いによってヨーコやヴィラルからも批判され、かつての仲間たちと決裂してしまいます。その後も人類救済のために模索し、人類の半分を見殺しに何とか打開策を実行します。
多大な犠牲を払ったにも関わらず、それも通じなかったロシウは絶望します。しかし、そこへ助けに来たのがシモンです。シモンの活躍によって地球が救われた後、ロシウは自らの失敗の責任を負うため自殺を図ろうとしました。しかし、ロシウの思いを知るシモンの鉄拳制裁とキノンの思いから自殺することを止め、今までの自分を改めて世界を守ろうと決意します。
最終決戦では地球の最終防衛ラインの指揮官として活躍。遠征軍の全滅という最悪のシナリオに備えた場合の指揮官として任務に務め、宇宙へと飛び出たグレンラガンを見守り続けます。最終回では、シモンたちが最終決戦に勝利した後、大統領となりました。ロシウは人類と全宇宙の平和に人生を捧げ、20幾年の努力を経て銀河に広がる多くの人類との会議の場を設ける偉業を果たしました。
務めている声優は斎賀みつきさん(画像左)です。斎賀さんは少年・青年役を務めることが多く、低めの声から男性と間違えられることもしばしばあります。男性役も女性役もどちらもこなせる声質とその技量は素晴らしく、初めて聞いた人はその多彩な演技に驚かずにはいられません。
ロシウの20年後の声は中田譲治さんが担当しています。重厚でダンディな声は聴いたことのある方も多いでしょう。この時のロシウは大統領なので、中田さんの迫力のある声がよくマッチしています。この声で演説をされたら圧倒されるのも無理はないでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51wK5NpnkHL.jpg
今回はロシウ・アダイについて紹介してきました。真面目で冷静沈着、グレン団の頭脳でありブレーキ役でもある彼はシモンと共に戦い、グレンラガンにも乗り込んでいました。賢明な判断力を持つ彼だからこそ、地球滅亡を間近にした時、あのような行動を取ってしまったとも思います。本人もそのことを悔みながらも、人類を救うと責任の重さから選択肢がなかったのです。
シモンと和解し、最終的に地球でのリーダーとして復帰できたのは本当に良かったと思います。あのまま死んでしまったら救われませんし、ロシウがロシウ自身を許せないままで終わってしまったでしょう。
ここまで読んでいただきありがとうございました。
天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)
価格 ¥ 50,000
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41HjXwD25ML.jpg