O8irdiihipsd36a1iry9

七つの大罪

CATEGORY | 七つの大罪

【七つの大罪】ガランの声優や最後は?マーリンも石化させるガランの戒禁は「真実」!

2020.07.06

今回紹介するのはアニメ七つの大罪に登場する敵キャラクターの一人のガランです。 ガランは魔神王直属精鋭部隊<十戒>の一人で闘級は封印直後は26000でそこから27000と少し上昇しています。 マーリンを石化させたりメリオダス達を撃破するなど強いキャラです。

  1. 七つの大罪とは
  2. アニメ七つの大罪
  3. ガランの基本情報
  4. ガランの声優
  5. ガランの技
  6. ガランとメラスキュラ
  7. ガランとマーリン
  8. ガランの最後
  9. ガランとメリオダス
  10. ガランのまとめ
まず初めに七つの大罪について紹介していきます。 七つの大罪は現在週刊マガジンで漫画を連載しておりアニメ化もしています。作者は鈴木央先生です。七つの大罪はハイファンタジーでありダークファンタジーでもあるので大人も楽しんで読むことができます。
次に主なストーリーを紹介していきます。人間と人間ならざる種族の世界が分かたれていなかった古の時代、ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団〈七つの大罪〉の物語が描かれています。主人公のメリオダス、ヒロインのエリザベスを中心に物語が進んでいきます。
原作が漫画でアニメ化だけではなく映画化もされています。また、ゲーム化・トレーディングカードゲームも発売されており幅広い人気を得ています。原作を読んだことがない方もアニメやゲームなどで名前を知っているという方もいるかもしれませんね。
次に主要キャラクターを紹介します。 憤怒の罪;メリオダス(団長) 強欲の罪:バン 強欲の罪:キング(ハーレクイン) 嫉妬の罪:ディアンヌ 色欲の罪:ゴウセル 暴食の罪:マーリン 傲慢の罪:エスカノールが七つの大罪にいます。 それに+してエリザベスとホークが主要人物となっています。
原作とアニメを見ていた方ならわかるかと思いますが原作とアニメでは設定などに変更点があります。その中でも一番大きな変更点はゴウセルが姿を変えていた容姿や理由が原作とは違います。気になる方は是非チェックしてください。
また、アニメは1期24話、2期28話の合計52話あります。1期ではヘンドリクセン戦まで、2期では十戒との戦いの途中までが描かれています。外伝としても少しストーリーも存在しています。
アニメ一期のオープニング曲はいきものがかり・マンウィズアミッション、エンディング曲は FLOW×GRANRODEO・瀧川ありささんが担当しています。 2期はオープニング曲が MUCC・FLOW×GRANRODEO・ スカイピース、エンディング曲が瀧川ありさ・ Jeff Miyahara・雨宮天さんが担当しています。
次にガランの基本情報を紹介していきます。年齢:991歳(封印前) 身長:408cm 体重:329㎏ 血液型:B型 誕生日:1月4日 出身地:魔界 声優:岩崎ひろしさんとなっています。
闘級は封印直後は26000でそこから27000と少し上昇しており、魔神王直属精鋭部隊<十戒>の一人となっています。ポテンシャルは高くマーリンを石化させる、強化前のメリオダス一行と戦い、勝利するほどの強さを秘めています。そして大の戦闘好きでもあり、覚醒後のメリオダスとの再戦を望んでいます。
「真実のガラン」となっており魔力は「臨界突破(クリティカルオーバー)」です。クリティカルオーバーの能力は自分の魔力を武力に変換するという技です。魔力全てを武力に変換した際には無数のとげが生えた禍々しい容姿となりました。その際の闘級は40000万を越えるらしいです…。
次にガランの声優を紹介します。ガランの声優は岩崎ひろしさんです。声優としては洋画作品の吹き替えを行っていることが多いです。声の渋さから中年男性や老人の吹き替えを行っていることが多いです。また、俳優としても活動しておりテレビドラマにも多く出演しています。
テレビドラマへの出演としては 金田一少年の事件簿・八代将軍吉宗・さくら(NHK連続テレビ小説)などに出演しており、映画では主に釣りバカ日誌などに出演しています。
声優としてはNARUTO -ナルト-:砂の守鶴〈一尾〉・トリコ:愚衛門・新世界より:金子所長・曇天に笑う:屍千狼・はねバド!:亘壮一郎役など様々なキャラを演じています。どれも渋くていい声をしています。これからも渋い声を聞かせてくれる声優の一人です。
次にガランの技について説明していきます。魔力は上記で紹介した通り「臨界突破(クリティカルオーバー)」です。他にも「惨散斬(ざんばらざん)」というガランの武器である鎌を突き刺す技もあります。
その他には「紊粗断(ぶんざらだん)という鎌を振り回して相手を傷つける技、「伐裟利(ばっさり)」という鎌で切り裂く技があります。ばっさりというかわいい技名とは裏腹に威力はとても高いです。
戒禁「真実」です。この能力はこの戒禁を持つ者の前で嘘を口にすれば、何人であろうとその身は石化してしまいます。なお本人が真実だと思っていれば偽の情報でも石化しないです。これは本人にも適応され、ガランの最後は石化していました。
次に紹介するのはガランとメラスキュラの関係です。ガランとメラスキュラはコンビを組んでいます。盗賊都市レイブンズで活動をしている際にバン、ジェリコ、エレイン達と遭遇してしまいます。その後エスカノールのいる酒場へと乗り込んでしまいます。
エスカノールの酒場へと乗り込んだ際約3000年ぶりにお酒を飲みました。その際に酒の旨さに夢中になり、メラスキュラと共に酒宴を行いました。一緒にお酒を飲んで楽しんでいる姿から仲がいいことが分かりますね。
と本人も思っていたのですがその後バン達とガランゲームを行って実は嫌われていることが発覚しました。
次にガランとマーリンの関係について紹介します。メリオダス・マーリン一行とガランが最初に戦ったのはキャメロットでのことです。復活後の目覚めの運動ということでメリオダス一行と戦ったのですが結果はメリオダス一行の惨敗でした。
さらには戒禁の力でマーリンを石化させてしまうなどのこともしました。その後は「完全なる立方体」の中に居たエリザベスやアーサーを見逃し、本拠地へ戻っていきました。
ガランはマーリンのような小細工を使う魔術師が大嫌いだそうです。言葉使いは古風な感じで戦いを好む武人気質な感じがします。確かに武人気質がある人と魔術師のような多彩な技が使える人たちとは馬が合わないでしょうね。
ガランの最後は石化していたところをエスタロッサに体をバラバラにされるという最後を迎えていました。それまでの経緯としてはエスタロッサと戦っていたところエスタロッサの魔力が膨れ上がり、恐怖を抱くシーンがありました。
その際に「逃げない」という戒禁を破ってしまい石化してしまいました。すごいあっけない最後ですがガランらしい最後ではありますね。嘘をついたら石化してしまうという戒禁はとても強いのですが自分にも効果があるという欠点がガランの最後に突き刺さりましたね。
メリオダスは元々十戒のリーダーでした。しかしエリザベスのことなど色々訳があり抜けることになりました。ガラン含む十戒とメリオダス一人で戦ったとこガラン含む十戒が負けてしまい封印されてしまいました。
封印直後一度はメリオダスを倒すことができるも二度目のメリオダスが本来の力を取り戻した後はぼろ負けしました。メリオダスが本来の力を取り戻すと十戒達全員とも戦うことができる強さがあるため一人で戦うのには分が悪そうですね。
しかし、ガランは大の戦闘好きなのでそのような強い相手を求めていることが分かります。
最後にガランについて軽くまとめます。ガランは戦闘好きで魔術師のような小細工を使う戦い方が嫌いです。石化する強い能力を持つなどしてメリオダス一行を苦しめたこともあります。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61OPzYYAtEL._SX338_BO1,204,203,200_.jpg