Inbacxkturyyrur2jwfa

七つの大罪

CATEGORY | 七つの大罪

【七つの大罪】最新ネタバレ!エスタロッサの正体が273話で判明!今後の展開は?

2018.10.23

漫画「七つの大罪」は熱く見逃せない展開で人気を集めています。七つの大罪の人気キャラエスタロッサの正体はなんなのか?彼の正体が明らかになった273話からマエルとの戦い、そしてあの人気キャラの死亡まで詳しく最新ネタバレをしていきます!七つの大罪のネタバレ紹介!

  1. 【七つの大罪】273話の最新ネタバレその1
  2. 【七つの大罪】273話の最新ネタバレその2
  3. 【七つの大罪】273話の最新ネタバレその3
  4. 【七つの大罪】274話の最新ネタバレその1
  5. 【七つの大罪】274話の最新ネタバレその2
  6. 【七つの大罪】275話の最新ネタバレその1
  7. 【七つの大罪】275話の最新ネタバレその2
  8. 【七つの大罪】276話の最新ネタバレその1
  9. 【七つの大罪】276話の最新ネタバレその2
  10. 【七つの大罪】ネタバレまとめ
七つの大罪のネタバレをしていきます!
七つの大罪のゴウセルは空を飛んでキングたちを追いかけます。そんなとき、彼は自身の本物とした会話の内容を思い出していました。彼の本物のほうは聖戦を終わらせようと、全ての生命と魔力を使って禁呪を使おうと告げ、そのために手伝ってほしいと言っていました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rNMeli5RL.jpg
その禁呪は1人の男の記憶、その男を知っている全ての者の認識を変えるものらしいです。本当にそれで聖戦が終わるのかという問いには彼はそれほどまでにその男の存在は大きいものだと答えます。
七つの大罪のゴウセルはそれに手伝うと頷きます。そんな彼に対して、本物のほうはこんな重い罪を背負わせてしまったことを彼に謝りました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ACemQRWbL.jpg
七つの大罪273話のネタバレ!
デリエリたちと一緒にエスタロッサを追うキングは彼女に対して手を貸してくれたことを感謝してお礼を言っていました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810WtQd6XpL.jpg
彼女はそれだけが目的ではないようで、モンスピートの仇も取ろうとしているようです。そんなときに異変が起きます。他の4大天使たちの様子がおかしくなってマエルの顔を思い出すことが出来なくなっていました。
疑問を抱きつつも彼らはエスタロッサのところに到着しました。しかし彼は姿が大きく変わって、化物のようになってしまっています。その姿は戒禁が暴走したためにこのような姿になってしまっていました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61FC5y1csML.jpg
エリザベスの魔力を感じ取ったキングは攻撃を仕掛け戦いが始まります。4大天使たちはマエルの顔を思い出せず、全員の認識が少しずつ壊れていきました。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bSUeniBdL.jpg
七つの大罪273話のネタバレ!
エスタロッサ本人の記憶もおかしくなりはじめていました。エリザベスの記憶にも異変が起きます。彼女の記憶の中の彼は、メリオダスが子犬に対してつけた名前でした。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81MiaZinkHL.jpg
それでは今までみんながエスタロッサと思っていた人物は誰なのか?そこで真っ黒な闇から4大天使のマエルが出てきます。彼の正体はマエルでした。
以上が七つの大罪273話のネタバレとなります。ここではやはり正体がマエルだと判明したのが一番大きかったです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81LHRLBr1nL.jpg
マエルはエスタロッサに殺害されたのだと4大天使たちは口にしていましたが、実際にその現場を見ていた者はいなく、死体もなかったりしたので、読者の間ではもしかしたらそうなのではないかという予想をしている人もいて、それが見事に的中した形となりました。
七つの大罪をネタバレ!
マエルは本当の姿へと戻りました。そして彼の回想へと入ります。彼は自身の兄に憧れて、髪を伸ばしていました。そしてその姿を自身が恋しているエリザベスに褒められます。
彼はいつの日か自分も兄のようになれるか、兄に聞いてみます。兄からは自分を超えていくような男になると答えを貰います。彼は魔神族を殺すということは罪にはならず、正義だと教わっていました。
そして兄を超えることを目標としていた彼は多くの魔神族を殺していって「最強の4大天使」「死の天使」と魔神たちから恐れられるようになっていきました。兄からはそのことを誇りだと思われて、自身も嬉しく思っていました。
エリザベスは彼のことには見向きもせずに魔神族のメリオダスと恋仲になっていました。そうして彼はエスタロッサと名乗るようになり、堕天使となりました。
仲間である女神族を多く殺してしまった記憶も蘇り、彼は涙を流し叫び声をあげます。そこにすべての責任は俺にあるだから俺を壊せとゴウセルが登場してきました。
以上が、七つの大罪274話のネタバレとなります!
七つの大罪をネタバレ!
俺を壊せというゴウセルにマエルはブチ切れて躊躇わずに即壊しに行きました。彼にとっては許すことの出来ない憎むべき相手でした。彼は粉々に破壊しようと攻撃しまくります。
七つの大罪のゴウセルは言います。キッカケはメリオダスが魔神側から女神側についたことでした。そのせいによって両者の間の力関係が崩れてしまうことになり、それを防ぐために逆に女神側から魔神側へと強い者を連れてくることによって力関係を戻すことにしました。それがマエルでした。
七つの大罪のゴウセルはどんどん怒っていく彼の攻撃に対して抵抗することなくなすがままにされていました。そこにキングが助けにきました。
七つの大罪のゴウセルは誰も巻き込みたくなかったですが、キングは七つの大罪の掟を口にします。その七つの大罪の掟とは「仲間の危機は団員一丸全力で助ける」というものでした。
マエルはキングを攻撃します。ゴウセルが人形であり痛みなど感じない身体であるならば仲間を攻撃することによって心を痛めつけてやると言います。2人の戦いが始まりました。
七つの大罪をネタバレ!
2人の4大天使はその戦いに自分達も加わろうとします。タルミエルはマエルに加勢しようとしますが、サリエルは七つの大罪のほうに加勢すべきだと言います。
タルミエルは仲間であるマエルとは戦えないと言いますが、今の彼は力を使ってしまうほど心が闇に飲まれてしってしまうようです。そんな彼を仲間として助けるために戦うのだとサリエルは言いました。
七つの大罪のゴウセルは自分だけが死ねば済む話でもう大切なものを失いたくないと、七つの大罪のキングを止めようとします。それに対し、七つの大罪のキングは「大切なものを失う悲しみを知ってるなら簡単に死ぬなんて言うなよ」と返します。
七つの大罪のゴウセルは考えを改めたようです。そうして4対1の戦いが始まりました。
以上が七つの大罪の275話ネタバレでした!
七つの大罪をネタバレ!
エリザベスは目を覚まします。事実を知ってどうしたらいいのか涙します。そしてデリエリはかつて自身の大切な人の命を奪ったマエルを殺そうとしていましたが、今は救おうとしていました。
彼女は言います。本当は自分とモンスピートは3000年前に死んでいたところをエリザベスとメリオダスに救われたのだと。そしてその後も十戒として多くの者の命を奪って戦うことをやめなかったのだと。
自分はバカだったと何故早く気づくことが出来なかったのか。こんな意味のない聖戦は終わらせなくてはいけない。そのためにもマエルを止める必要があるのだと言います。
彼女には彼を止めるための考えがあり、彼の元に向かいます。ゴウセルのところに来た彼女は自分の考えを読み取ってみんなに伝えるようにと頼みます。
彼女の考えは、まずキングの攻撃でマエルを撹乱させその瞬間に4大天使の2人で抑え、動きを封じる。そしてマエルが戦闘不能になるまで彼女が殴り続けるというものでした。戒禁を回収するためには戦闘不能にする必要があるようです。
動きを封じることに成功し、デリエリはマエルを殴り続けます。しかし、タルミエルは一方的に殴られてしまっているマエルのことを見て、更に「何故自分ばかりがこんな仕打ち」と呟いたところを見て、タルミエルは彼の動きを封じるのを止めてしまいます。
マエルは右腕が自由になってしまいます。彼はタルミエルにありがとう我が同胞と感謝を伝え、そして救済の矢によってデリエリの心臓を貫き、彼女は死亡してしまいました。
以上が七つの大罪276話のネタバレでした!
七つの大罪は毎回見所があって凄く面白いです。デリエリが死んでしまう展開には悲しんだ読者の人も多いかと思います。そして今後の七つの大罪も熱い展開で見逃せません。
七つの大罪のネタバレでした!