Bgucatwm4x0m2kueszyz

ユリシーズ

CATEGORY | ユリシーズ

【ユリシーズ】ラ・イルは男勝りな傭兵隊長!夢はお嫁さん!?声優や本名、意味も紹介

2020.07.08

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の「ラ・イル」は、かなりの美少女にも関わらず傭兵のリーダーを務めている男勝りのキャラクターです。ここではユリシーズのラ・イルの本名や夢、名前の意味などを声優情報とともに紹介していきたいと思います。

  1. 『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』とは?
  2. 『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』世界観
  3. 「ユリシーズ」を観てほしいオススメの層
  4. 『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』あらすじ
  5. 『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』見所
  6. 【ユリシーズ】ラ・イルはどんなキャラクター?
  7. 【ユリシーズ】ラ・イルの夢はお嫁さんになること?!
  8. 【ユリシーズ】ラ・イルの名前の意味や本名は?
  9. 【ユリシーズ】ラ・イルの声優は石上静香さん
  10. 【ユリシーズ】ラ・イルまとめ

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』は春日みかげ氏のライトノベル原作

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』は、『織田信奈の野望』で知られる「春日みかげ」氏が執筆しているライトノベルが原作のメディアミックスです。
中世後期ヨーロッパを題材としており、かなり複雑な情勢の中、主人公のモンモランシと美少女たちが悲惨な戦争や汚い政略に抗っていこうとする、なかなか重い作品でもあります。

国や王家・貴族間の争いを描いた重い作品

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51cJ44uIGsL.jpg
本作『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の世界観は、中世後期ヨーロッパのような国や王家・貴族間の争いが描かれている作品で、かなり内容的に重い所があります。
かなり複雑な情勢が絡んでいるので、歴史に詳しくない人や感性で作品を観るタイプのユーザーには難しい所があるかもしれませんね。
しかし、妖精などファンシーな生き物が数多く登場し、かわいい美少女たちや元貴族の錬金術師などが大活躍していくので、暗く重い部分はかなり緩和されている部分もあります。
国と国の争い、個々に宿命づけられた過酷な使命など、観ていて重い部分もあるかもしれませんが、キャラクターが比較的コミカルなので、良いバランスの世界観になっていますね。

中世ヨーロッパや錬金術師に興味のある方には観てほしい作品

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Vet-tUrDL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg
『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』は、中世後期ヨーロッパを舞台にしており、サブタイトルにもある通り、史実にも実在したフランスの国民的アイドルであり救世主「ジャンヌ・ダルク」に即した人物が登場します。
そのため、中世後期ヨーロッパやジャンヌ・ダルクが活躍した時代が好きな人は、かなり楽しめるのではないかと思いますね。
また、錬金術師や妖精が数多く登場するので、ファンシーな世界観が好きな人も楽しめると思います。
ライトノベルにしては、かなり複雑な政治や情勢が絡んでくる話なので、王家や貴族間の抗争などに興味がある方も楽しめそうですね。

主人公のモンモランシは幼馴染と義妹を守れなかったことから錬金術師へ

主人公でフランスの貴族の「モンモランシ」は、武術の天才で王家の血を引く将来有望な幼馴染「リッシュモン」がフランスの宿敵イングランドに捕らわれ、さらに心身共に疲弊した義妹ジャンヌを失ったことで自暴自棄になっていました。
そんな時、妖精の王「アスタロト」と出会ったことで、不老不死に近い肉体と固有能力を得られる「ユリス」という存在になる方法を知り、ユリスになりリッシュモンを助けるため、錬金術師として修行する決意をします。
そして、気がつけば7年の時が流れていました。
7年経ってもユリスになるために必要な「エリクシル」を錬成できなかったモンモランシは、黒魔術師として追われる身になり、何もかも失っていました。
さすがのアスタロトもモンモランシの才能の無さに呆れていた頃でしたが、そんな時、妖精と親しく話す可憐な少女「ジャンヌ」と出会い、全てが動き出してくのでした。

ヒロイン「ジャンヌ」が大暴れ!

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の見所は、賢者の石の力を体内に宿しユリスとなったヒロイン「ジャンヌ」が、圧倒的な戦闘力で敵兵を蹂躙していく所にあります。
ジャンヌの能力は人知を超えた速度で移動するというありきたりな能力なのですが、筋力も戦いの勘も常人を遥かに超えていて、重厚な甲冑を纏った大男をも一撃で戦闘不能にする程の強さがあるのです。
ユリスになっている時のジャンヌは「傲慢」の感情が増幅されるため、普段の愛らしく能天気な雰囲気は無くなり、非常に好戦的な戦闘狂になるという特徴がありますが、体内に留めて置けるエリクシルの量は限られていて、ユリスには3分程度しかなれないという弱点があります。
再びエリクシルを補給するには、体内に大量のエリクシルを取り込んだモンモランシと口づけ(ベーゼ)をしなければならないという破廉恥な設定があり、モンモランシとジャンヌのベーゼが一つの見せ場になることは間違いないですね。

ラ・イルは巨乳の美少女だけど傭兵団の隊長

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』のラ・イルは、作中でも屈指の巨乳美少女ですが、傭兵団の隊長を務めるほど戦闘の才能があり、男勝りなキャラクターです。
赤髪の美少女で傭兵たちをまとめるだけの指揮能力もあり、戦いの勘も鋭く経験豊富なため、総合的戦闘能力はかなり高く頼れる仲間ですね。
なにより、その巨乳が魅力的で、胸の大きさはメインキャラクターの中ではシャルロットに次ぐ程。
やや粗暴な所はありますが戦闘に関しては意外にも冷静で、ユリスであるジャンヌ相手にも引けを取らない程の戦いの勘を見せました。

ラ・イルは実際は乙女だった

粗暴で激しい口ぶりからは想像できませんが、ラ・イルの夢はお嫁さんになることで、戦争の無い世界であれば普通に結婚して幸せになることを夢見ている、可愛い所があることも伺えます。
さらに、妖精や少女という可愛いものが大好きで、夢がお嫁さんになるということもあり、実はかなり夢想的なロマンチストだというギャップがわかってきます。
やや粗暴ですがラ・イル程の美少女ならお嫁さんになる夢は簡単に果たせそうですが、その夢を叶えるにはフランスの情勢は悪すぎるので、まずは戦争をなんとか終結に向かわせる必要がありそうですね。

ラ・イルの名前の意味は「憤怒」で本名は「エティエンヌ・ド・ヴィニョル」

ラ・イルの名前の意味は「憤怒」で、それは幼い日に殺された兄の仇を討つために、斧を手にして寝静まった敵兵たちの頭を叩き割って回った時についた名前で、意味の通り彼女の激しい怒りが込められた名前です。
実際は可憐な美少女である彼女には意味の合わない名前ですが、ラ・イルという名前の意味が示す通り、戦闘中の彼女は怒りに苛まれやすく、ジャンヌの挑発にも乗ってしまったほど冷静さを失う面もあるので、ラ・イルの名が示す意味の通りの部分もあると言えそうです。
また、本名は「エティエンヌ・ド・ヴィニョル」で、実際は貧乏とはいえ貴族の彼女らしい、かっこいい本名ですね。
作中では王族ばかり登場するので、彼女の本名が力を持つことは少なそうですが、貴族の彼女は功績次第では本名のエティエンヌ・ド・ヴィニョルの方がラ・イルよりも似合うようになり、本名が力を持つ日ががくるかもしれません。

ラ・イルの声優は名作アニメの主人公を務めた石上静香さん

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』のラ・イルの声優は、『魔法陣グルグル』の主人公「ニケ」の声優や、『落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)』のヒロイン「ステラ・ヴァーミリオン」の声優を務めた「石上静香(いしがみしずか)」さんです。
ラ・イルは、ニケやステラとは全然違うようなキャラクターなので、どこまで石上さんが暴れてくれるか今から楽しみですね。
声優として順調にキャリアを積んできている石上さんは、昨年、名作『魔法陣グルグル』の主人公「ニケ」を務めたこともあり、今は声優として波に乗っていると言えるでしょう。

巨乳の熱血美少女が好きな人はラ・イルは必見!

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』のラ・イルは、巨乳で攻撃的な美少女が好きな方には必見のキャラクターです。
赤髪で巨乳の熱血キャラという典型的なパターンですが、きっと視聴者を楽しませてくれること間違いないでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/DjtDagKU4AAeo3d.jpg