Ay2ilhhgvbhurv2locko

七つの大罪

CATEGORY | 七つの大罪

【七つの大罪】作者の作品を一挙紹介!デビュー作はジャンプに掲載!

2021.06.09

マンガ『七つの大罪』作者は漫画家の鈴木央先生が描く作品です。そんな鈴木先生は『七つの大罪』の他にどのようなマンガを描いているのか。デビュー作がジャンプに掲載されるなど、『七つの大罪』を描く鈴木先生が作者のマンガを一挙紹介します。

  1. 『七つの大罪』とは?
  2. 【七つの大罪】作者の鈴木央先生について
  3. 【七つの大罪】作者の作品①ライジングインパクト
  4. 【七つの大罪】作者の作品②Ultra Red
  5. 【七つの大罪】作者の作品③僕と君の間に
  6. 【七つの大罪】作者の作品④ブリザードアクセル
  7. 【七つの大罪】作者の作品⑤金剛番長
  8. 【七つの大罪】作者の作品⑥ちぐはぐラバーズ
  9. 【七つの大罪】現在連載中の作品『七つの大罪』の魅力
  10. 【七つの大罪】作者の作品についてまとめ
『七つの大罪』は漫画家の鈴木央(すずきなかば)先生が描く作品です。『七つの大罪』は講談社の発行する『週刊少年マガジン』にて読み切り作品から2012年に連載がスタートしました。『七つの大罪』は現在も連載中の作品で『七つの大罪』の単行本は2018年8月段階で33巻登場しています。また、『七つの大罪』のアニメは1期が2014年10月〜2015年3月まで放送され、『七つの大罪』の2期は2018年1月〜6月まで放送されました。
七つの大罪(1) (講談社コミックス)
価格 ¥ 463
『七つの大罪』は映画化もされており、『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』が2018年の8月18日から公開中です。『七つの大罪』は主人公のメリオダスが王女であるエリザベスから国を救うための協力を頼まれ、大罪人であるメリオダスは「七つの大罪」と呼ばれるかつてのメンバーを探しに行くところから始まります。『七つの大罪』は冒険ファンタジー作品です。
『七つの大罪』の作者である漫画家の鈴木央(すずきなかば)先生は1977年2月8日生まれの41歳で男性の漫画家です。鈴木先生のデビュー作は読み切り作品となっている「Revenge」で『週刊少年ジャンプ』の月例新人漫画賞「ホップ☆ステップ賞」で佳作を受賞したことで1994年にデビューしました。鈴木先生にとって初の連載作品となったのが『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした『ライジングインパクト』です。
七つの大罪(33) (講談社コミックス)
価格 ¥ 475
鈴木先生はこれまでに大手週刊少年漫画誌(ジャンプ・サンデー・マガジン・チャンピオン)の全てで連載作品が掲載された漫画家です。鈴木先生は『七つの大罪』で第39回講談社漫画賞の少年部門を受賞し、現在は『週間少年マガジン』にて『七つの大罪』を描いています。
『七つの大罪』の作者である鈴木先生が描く作品の1つ目は連載デビュー作となっている『ライジングインパクト』です。『ライジングインパクト』は1998年~1999年に集英社の発行する『週刊少年ジャンプ』で連載された作品になります。1999年の3月に1度打ち切りになりましたが、読者から連載終了に対して多数の反響を呼んだことで1999年に連載が再開し、2002年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されました。
ライジング インパクト 文庫版 コミック 全10巻完結セット (集英社文庫―コミック版)
価格 ¥ 7,452
『週刊少年ジャンプ』では異例の打ち切り作品が続編となる形で再連載するなど当時話題になりました。『ライジングインパクト』の単行本は全17巻登場しており、完結した作品となっています。当時『週刊少年ジャンプ』では『ONE PIECE』や「NARUTO -ナルト-」などの人気漫画が連載中で、『ライジングインパクト』はゴルフを題材にした作品となっています。
『七つの大罪』の作者である鈴木先生が描く作品の2つ目は『Ultra Red』です。『Ultra Red』は集英社の発行する『週刊少年ジャンプ』で 2002年~2003年年まで連載された作品で、格闘技を題材とした作品となっています。『Ultra Red』の単行本は全4巻登場しており、既に完結した作品です。
Ultra Red 全4巻完結 [マーケットプレイスコミックセット]
価格
『Ultra Red』は『ライジングインパクト』に引き続きスポーツの1つである格闘技を題材とした作品です。現状ではこの作品が『週刊少年ジャンプ』で鈴木先生が描く漫画の連載最後の作品となっています。
『七つの大罪』の作者である鈴木先生が描く作品の3つ目は『僕と君の間に』です。『僕と君の間に』は集英社の発行する『ウルトラジャンプ』にて2004- 2006年に連載された作品になります。『僕と君の間に』の単行本は全3巻で構成されている作品です。鈴木先生にとって初のファンタジー作品は『七つの大罪』と思う方も少なくありませんが、『僕と君の間に』は鈴木先生にとって初のファンタジー作品になります。
僕と君の間に 1 (ヤングジャンプコミックス)
価格
『七つの大罪』の作者である鈴木先生が描く作品の4つ目は『ブリザードアクセル』です。『ブリザードアクセル』は小学館が発行する『週刊少年サンデー』にて2005年~2007年に連載された作品になります。『ブリザードアクセル』の単行本は全11巻登場しており、既に完結した作品です。
新装版 ブリザードアクセル(1) (講談社コミックス)
価格 ¥ 842
鈴木先生はこの作品が登場するまでは『週刊少年ジャンプ』に作品を連載していましたが、『週刊少年サンデー』に移籍してからは初の連載作品となっています。『ブリザードアクセル』はこれまでのマンガでは珍しく、フィギュアスケートを題材とした作品です。当時2006年のトリノオリンピックでは荒川静香選手が金メダルを獲得するなどフィギュアスケートがブームとなり、このマンガを読めばフィギュアスケートがどういうものなのか分かるマンガでした。
『七つの大罪』の作者である鈴木先生が描く作品の5つ目は『金剛番長』です。『金剛番長』は小学館が発行する『週刊少年サンデー』にて『ブリザードアクセル』の連載が終了した後に連載がスタートした作品で、、2007年~2010年まで連載されました。『金剛番長』の単行本は全12巻登場しており、既に完結した作品となっています。
金剛番長 コミック 全12巻完結セット (少年サンデーコミックス)
価格
『金剛番長』はこれまで鈴木先生が連載してきた作品とは打って変わって、アクション漫画となっています。『金剛番長』は鈴木先生が現状『週刊少年サンデー』で連載された最後の漫画です。
『七つの大罪』の作者である鈴木先生が描く作品の6つ目は『ちぐはぐラバーズ』です。『ちぐはぐラバーズ』は秋田書店が発行する『週刊少年チャンピオン』にて読み切り作品としてスタートした作品で、連載がスタートしたのは2012年でしたがその年に連載が終了しています。『ちぐはぐラバーズ』の単行本は全2巻登場しており、既に完結した作品となっています。
ちぐはぐラバーズ 上 (少年チャンピオン・コミックス)
価格 ¥ 453
『ちぐはぐラバーズ』は『七つの大罪』と同じ年に連載された作品ですが、『ちぐはぐラバーズ』が終了した約半年後に『七つの大罪』の連載がスタートしました。『ちぐはぐラバーズ』は剣道を題材とした作品です。
ここでは現在鈴木先生が連載中の作品『七つの大罪』の魅力について紹介します。『七つの大罪』の魅力としては王道ファンタジーなんですが、飽きのこないストーリー展開だというところです。また、『七つの大罪』は戦闘シーンがかっこいいですが、主人公のメリオダスとヒロインのエリザベスとの関係や仲間との信頼できる関係も『七つの大罪』ならではの魅力となっています。
七つの大罪 シーズン1 全24話 600分 import 欧州版 DVD
価格 ¥ 4,600
『七つの大罪』の作者である鈴木先生は自身が入院することで『七つの大罪』が長期休載となった際に、書き溜めしておいた『七つの大罪』の番外編を用意しておくなど読者に対して粋な計らいしたことで反響を呼びました。今後は自身の体調を第一に『七つの大罪』の連載を続けて欲しいです。
『七つの大罪』の作者である漫画家の鈴木先生が描く作品について紹介しました。鈴木先生は現在『七つの大罪』を連載中であることから冒険ファンタジーの漫画家としての印象が強いかもしれません。『七つの大罪』は現在、魔神王との対決に入りました。人気漫画となっている『七つの大罪』のマンガを見たことない方は是非1度『七つの大罪』を見てみてはいかがでしょうか。
七つの大罪 コミック 1-31巻セット
価格 ¥ 14,365
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rNMeli5RL.jpg