Xcamel1vfzfgnt8rocl7

ひぐらしのなく頃に

CATEGORY | ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃にの順番まとめ!アニメシリーズや漫画、ゲームのおすすめの順番は?

2018.10.18

この記事では、『ひぐらしのなく頃に』ついて、アニメ、漫画、ゲームを読む順番のオススメをご紹介していきます。『ひぐらしのなく頃に』のシリーズについてまだ読んだことのない方は、ぜひ、この記事でご紹介する順番でチェックしてみてください。

  1. 【ひぐらしのなく頃に】『ひぐらしのなく頃に』とは?
  2. 【ひぐらしのなく頃に】アニメ『ひぐらしのなく頃に』(第1期)について【順番】
  3. 【ひぐらしのなく頃に】アニメ『ひぐらしのなく頃に 解』(第2期)について【順番】
  4. 【ひぐらしのなく頃に】アニメ『ひぐらしのなく頃に 礼』(OVA)について【順番】
  5. 【ひぐらしのなく頃に】アニメ『ひぐらしのなく頃に 煌』(OVA)について【順番】
  6. 【ひぐらしのなく頃に】漫画『ひぐらしのなく頃に』について【順番】
  7. 【ひぐらしのなく頃に】ゲーム『ひぐらしのなく頃に 祭』について【順番】
  8. 【ひぐらしのなく頃に】ゲーム『ひぐらしデイブレイク』について【順番】
  9. 【ひぐらしのなく頃に】『うみねこのなく頃に』について【順番】
  10. 【ひぐらしのなく頃に】『ひぐらしのなく頃に』順番まとめ
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51E7dJI1AhL.jpg
『ひぐらしなく頃に』は、原作:騎士07がストーリーを描くゲーム作品であり、もともとは同人ゲーム制作サークル「07th Expansion」によって作られたパソコン用のサウンドノベライズ型のゲーム作品です。
本作のメインストーリーにあたる本編のディスクは、2002年8月16日に発売され、2006年8月13日に完結しました。本先は同人ゲームとしては、異例の人気で2006年4月にはアニメ化されました。
アニメ化されると、広く周知されるようになれ人気はさらに上昇し、後を追うように次々と様々なメディアに展開されました。コンピューターゲームから始まり、アニメ、漫画、小説、実写映画、ドラマ、舞台となった伝説的な作品といえます。
ひぐらしのなく頃に 解答編 コミック 1-22巻セット (ガンガンコミックスJOKER)
価格
OVA ひぐらしのなく頃に煌 Blu-ray 完全生産限定版 file.01 [Blu-ray]
価格
オススメ:「鬼隠し編」→「綿流し編」→「祟殺し編」→「暇潰し編」→「目明し編」→「罪滅し編」
アニメ『ひぐらしのなく頃に』を視聴する順番は、簡潔に言うとアニメが放送された順番である「鬼隠し編」、「綿流し編」、「祟殺し編」、「暇潰し編」、「目明し編」、「罪滅し編」という順番で見れば、間違いありません。
「鬼隠し編」は、本作の導入の作品に当たるので一番最初に見ることを強くオススメします。しかし、その後の「綿流し編」、「祟殺し編」、「暇潰し編」に関しては、基本的には物語のつながりがなく、独立しているので、どのへんから見ても問題はありません。
全ての編において主人公は前原圭一ですが、それぞれの編でスポットがあたっているキャラクターが異なっており、「綿流し編」では園崎魅音、「祟殺し編」では、北条沙都子、「暇潰し編」では古手梨花がメインヒロインになります。もし気になるヒロインがいる方は、そのキャラクターがメインになる編を先に見てしまってもいいかもしれません。
その後の「目明し編」、「罪滅し編」では、「鬼隠し編」、「綿流し編」の「解答編」に当たるため最後に見ることをオススメします。
ひぐらしのなく頃に 拡 ~アウトブレイク~[DVD]
価格 ¥ 3,980
TVアニメ「ひぐらしのなく頃に」スペシャルプライスDVD-BOX
価格
オススメ:「厄醒し編」→「皆殺し編」→「祭囃し編」
アニメの2期では、原作の同人ゲームでは存在しないアニメオリジナルの「厄醒し編」が存在します。この「厄醒し編」については、アニメオリジナルということもあり、視聴しなくともストーリー上では全く問題ありません。
しかし、その後に次ぐ「皆殺し編」、「祭囃し編」は、この物語の核心にせまる「解答編」に当たり、ストーリー上でも繋がりがあるため、この順番で見るのがよいでしょう。
OVA「ひぐらしのなく頃に礼」 file.1 羞晒し編 [Blu-ray]
価格 ¥ 1,600
OVA「ひぐらしのなく頃に煌」Blu-ray 完全限定版 file.04
価格 ¥ 7,428
オススメ:「羞晒し編」→「賽殺し編」→「昼壊し編」
アニメ『ひぐらしのなく頃に 礼』は、これまでのアニメ作品とは異なりOVA作品で全5話の構成になっています。『ひぐらしのなく頃に』の本編事態は、第2期で完結しているため、このOVAで描かれる物語は、サイドストーリーのようなものです。
そのため、本編にあったシリアスな惨劇の描写などはほとんどなく、ギャグパートが殆どになります。そのため、この3編ではどの順番に見ても楽しむことが出来すが、本編の1期と2期を見る前にOVAを見てしまうと、多少のネタバレになるので注意が必要です。
ひぐらしのなく頃に奏 コンサートDVD
価格 ¥ 3,664
TVアニメ「ひぐらしのなく頃に解」スペシャルプライスDVD-BOX
価格
オススメ:「罰恋し編」→「妖戦し編」→「結縁し編」→「夢現し編」
本作は、原作の同人ゲームが10週年を迎えたことに記念して作られたOVA作品であり、それぞれ「喜・努・愛・楽」を各エピソードのテーマにしたファンディスクになります。
このOVA作品は、前作にあたるアニメ『ひぐらしのなく頃に 礼』と同じく、本編とは関係のないサイドストーリーの物語が展開されており、『ひぐらしのなく頃に』の全容を掴みたいひとは、別段おさえなくてもよい作品になっています。
本作は、本編のようなシリアスな展開がなく、平和な世界での日常を描いており、『ひぐらしのなく頃に』の日常パートやギャグが好きな方には非常におすすめです。
OVAの巻数では、上記のような順番になっていますが、基本的にはストーリーのつながりがないので、前作を合わせOVA作品はどの順番で見ても問題ありません。しかし、本編のネタバレは含みますので、本編を先に見ていない方は注意が必要です。
OVA「ひぐらしのなく頃に礼 File.02 [Blu-ray]
価格 ¥ 1,300
ひぐらしのなく頃に礼 / WHEN THEY CRY REI
価格 ¥ 3,914
オススメ:「鬼隠し編」→「綿流し編」→「祟殺し編」→「暇潰し編」→「目明し編」→「罪滅し編」→「皆殺し編」→「祭囃し編」
漫画版は、原作の同人ゲームと同じシナリオが全て描かれているので、同人ゲームが発売された順に読むのがようでしょう。しかし、漫画版に関しては様々なアンソロジー作品や、漫画オリジナルの作品が存在します。
これらの作品には本編のストーリーを理解した上で展開されている作品が多く、下手をしたら先にネタバレを読んでしまう危険性があります。そのため本編である「鬼隠し編」、「綿流し編」、「祟殺し編」、「暇潰し編」、「目明し編」、「罪滅し編」、「皆殺し編」、「祭囃し編」を順に読んだ後にほかを読むことをおすすめします。
ひぐらしのなく頃に解 ファンディスク FILE.02〈初回限定版〉 [DVD]
価格 ¥ 1,200
OVA ひぐらしのなく頃に煌 Blu-ray 通常版 file.01 [Blu-ray]
価格 ¥ 7,128
オススメ:「盥回し編」→「鬼隠し編」→「綿流し編」→「祟殺し編」→「暇潰し編」→「目明し編」→「憑落し編」→「罪滅し編」→「皆殺し編」→「澪尽し編」
『ひぐらしのなく頃に 祭』は、PlayStation2用に発売されたゲーム作品であり、同人ゲームで収録されている編に加えて、本作オリジナルのストーリーが収録されています。
本作の導入に当たるシナリオが本ゲームでは、「盥回し編」となっており、この編では圭一が雛見沢で起こっている連続失踪事件について圭一が興味を持たなかったらというシナリオになっています。また、最後の「澪尽し編」では、原作の「祭囃し編」とは少し違った形の完結編となっています。
ちなみに、初回限定版「お持ち帰りぃ〜セット」には、外伝「羞晒し編」が短編小説として付録されており、こちらは外伝なので、ゲームをやり終えた後に読むと楽しめると思います。
OVA「ひぐらしのなく頃に礼」コレクターズエディションFile.04 (初回限定版) [DVD]
価格 ¥ 3,800
OVA「ひぐらしのなく頃に煌」Blu-ray 完全限定版 file.03
価格 ¥ 7,188
『ひぐらしデイブレイク』は、同人ゲーム、およびPlayStation Portableにて発売されている『ひぐらしのなく頃に』のキャラクターたちで行う格闘ゲームです。
本作では、本編で敵になることがおおかった園崎家の人間や警察、そして鷹野三四を含め、ほとんどの主要キャラクターたちをプレイヤーとして使うことが出来、それぞれ2人1チームで闘います。
ストーリーは、本編とは全く関係なくバラエティに富んだ構成になっているので、本編を見たことのない方でも楽しめる作品になっていおるので、『ひぐらしのなく頃に』を知らない方もぜひプレイしてみてはいかがでしょうか?
ひぐらしのなく頃に 第9巻〈初回限定版〉 [DVD]
価格 ¥ 2,980
OVA「ひぐらしのなく頃に煌」DVD 通常版 file.03
価格 ¥ 6,048
『ひぐらしのなく頃に』の原作者である竜騎士07が手がける『うみねこのなく頃に』は、『ひぐらしのなく頃に』の次にリリースされた作品です。一見するとこの2作品は、全く関係ない作品に見えますが、実際には同じ世界を描いたものではないかと言われています。
そのため、フレデリカ・ベルンカステルなど両方の作品登場する人物や、『ひぐらしのなく頃に』の世界を匂わせるような言動が、『うみねこのなく頃に』のなかで語られたりします。
『ひぐらしのなく頃に』のファンの方は、確実に楽しめるような作りになっているので『うみねこのなく頃に』もチェックしてみることをオススメします。
OVA「ひぐらしのなく頃に礼」DVD file.1 羞晒し編 コレクターズエディション (初回限定生産)
価格 ¥ 1,192
この記事では、『ひぐらしのなく頃に』ついて、アニメ、漫画、ゲームを読む順番のオススメをご紹介してきました。
基本的には、「鬼隠し編」→「綿流し編」→「祟殺し編」→「暇潰し編」→「目明し編」→「罪滅し編」→「皆殺し編」→「祭囃し編」の順番で、それ以外の物語は、サイドストーリーなので、後で見ると楽しめると思います。
個性的なキャラクターが登場する『ひぐらしのなく頃に』をぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
OVA「ひぐらしのなく頃に礼」 File.03 [Blu-ray]
価格 ¥ 3,980
OVA ひぐらしのなく頃に煌 file.02 Blu-ray 完全生産限定版 [Blu-ray]
価格 ¥ 2,800
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41YFT1KM5ML._SY445_.jpg