// FourM
Iayotrfeignd7vfxxdfw

健康

CATEGORY | 健康

ビールアレルギーって何だ?その原因と対策を詳しく総まとめ!

2024.02.25

日本人の2人に1人は何らかのアレルギーを持っています。その中でもユニークなのがビールアレルギーじゃないでしょうか。別に飲まなくても困るものではありませんが、おいしいビールが飲めないのは辛いですよね。そこでこの記事では、ビールアレルギーについて調べてみました。

  1. そもそもアレルギーって何??
  2. ビールってどんなお酒?
  3. ビールアレルギーの主な症状
  4. ビールアレルギーの原因①麦
  5. ビールアレルギーの原因②アルコール
  6. ビールアレルギーの原因③酵母
  7. ビールアレルギーの原因④米、トウモロコシ、ホップ
  8. ビールアレルギーの対策①原因を知る
  9. ビールアレルギーの対策②飲用を控える・代用品を飲む
  10. ビールアレルギーの対策③体質改善
Taht1zknpe2xbyendsqe
まず、アレルギーというのはどういう病気でしょうか?
アレルギーとは、体に入ってきたある特定の物質(アレルゲン)に免疫が過剰に反応してしまう症状です。語源はギリシャ語、allos(変わる)とergon(力、反応)を組み合わせて作った造語です。
本来はバイ菌やウイルスを退治しなければいけない免疫が、花粉とか小麦粉とか、無害なものをにまで過敏に反応してしまって、暴走するのがアレルギーです。
花粉症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などなど、アレルギーの種類は無数にあります。また、外部ではなく、自分の体の一部を敵と誤認して攻撃してしまう自己免疫疾患というのもあります。アレルギーとは別の病気ですが、敵ではないものを免疫が敵と誤認して暴走するという意味では同じです。
アレルギー(独: Allergie)とは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。語源はギリシア語の allos(変わる)と ergon(力、反応)を組み合わせた造語で、疫を免れるはずの免疫反応が有害な反応に変わるという意味である[1]。 アレルギーが起こる原因は解明されていないが、生活環境のほか、抗原に対する過剰な曝露、遺伝などが原因ではないかと考えられている。なお、アレルギーを引き起こす環境由来抗原を特にアレルゲンと呼ぶ。ハウスダスト、ダニ、花粉、米、小麦、酵母、ゼラチンなど、実に様々なものがアレルゲンとなる。最近では先進国で患者が急増しており、日本における診療科目・標榜科のひとつとしてアレルギーを専門とするアレルギー科がある。

Pui7gjhzmjjmn3quorn9
Vlyrivqhrjccn7ys3dwn
一方、ビールとはどんなお酒でしょうか?
ビールは、主に大麦を原料に作られた醸造酒です。およそ5000年前くらいから作れてきた、もっとも古いお酒のひとつです。日本で一番人気のあるお酒でもありますね。
ビールの作り方はちょっと複雑です。大麦にはブドウ糖が含まれていませんから、まず発芽させ、麦芽のなかのジアスターゼという酵素を使ってでんぷんをブドウ糖に変えます。そうやって作った麦芽糖の汁(麦汁)をビール酵母で発酵して作るのが一般的なビールです。ただ、普通はここにホップという多年生植物の毬花を加えます。また最近は大麦だけではなく、米やコーンスターチなどを副原料として加えるビールが多いです。
アルコールは通常5%前後ですが、世界にはアルコール度数が十数%という日本酒並みのものもあります(ちなみに日本の酒税法では、ビールはアルコール度数が10%以下のもの、と定義されています)。
Zgj8ux8n9xxs7yyu837h
Sqp5gj4c8klrihebbtir
ビールアレルギーとは、ビールを飲むことで誘発されるアレルギー症状のことです。その症状は様々で、人によってかなり違います。
よく見られる症状のひとつが、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった花粉症によく似た反応です。またほかに、蕁麻疹や湿疹などのが現れることもあります。あとはぜんそくや、全身のかゆみなどの症状もあります。
また、普段は収まっているぜんそくなどの症状が、ビールを飲んだことをきっかけに顔を出す、というパターンもあります。
Wrhcrs2nqudashi5nuvf
Z6wf0wm2fekq1hauyjxv
では、ビールアレルギーの原因はなんでしょうか? 可能性のあるものを挙げていきます。
まず考えられるのは、主原料である大麦ですね。小麦アレルギーの人は多いですが、大麦も小麦もどちらもグルテンを含んでいますし、麦アレルギーの方はビールでもアレルギー症状が出ることはあり得ます。
また、「小麦はダメだけど大麦なら大丈夫」という方でも、白ビールなどには小麦が使われていたりするので注意が必要です。
Ud8ljep451hs7goodae8
Dsbzy0ctksvgvxmf5eog
ビールですからアルコールは入っています。したがって、アルコールに過剰に反応してしまう方はビールでもアレルギー症状が出てしまいます。
アルコールは消化の過程でアセトアルデヒドという毒性の高い物質に変わります。通常、アセトアルデヒドは脱水素酵素の働きで水と酢酸と二酸化炭素に分解されてしまいますが、それまでの間は体内にとどまります。このアセトアルデヒドがアレルゲンとなり、全身のかゆみやぜんそくなどを引き起こすのです。
なお、日本人は脱水素酵素を作る能力が低く、お酒に弱い人が欧米人に比べて多いとされています。たとえアレルギーがなくてもアルコールの摂りすぎは注意ですね。
Usquw8y1u4ipmpksh3x9
Mgsiftgrbuguum3g6vyu
ビールを発酵させるのに欠かせない酵母もアレルゲンになりえます。
通常、酵母菌は体に取り込んでも害はないのですが、そこは菌ですので、免疫が反応してしまうこともあるようです。
通常、日本で一般的に売られている生ビールは、微生物の管理技術と濾過技術の発達で酵母はほぼ除去されていますが、一匹もいないとは限りませんので注意が必要です。
また世界には、酵母をわざと取り除かないビールもありますから、なお一層注意が必要です。また、通常のビール酵母ではなく、自然界にいる天然酵母を使ったワイルドビールという種類もあります。めったに飲む機会はないと思いますが、一度でもビールでアレルギー症状が出たことがある方はお気を付けください。
C3mptszlrconltqsov5e
Hlqnf6rjwdsdhflacr6z
ビールに入っているものは麦と酵母とアルコールだけではありません。ほとんどのビールにはホップが入っています。ホップには殺菌力があり、ビールが腐ったり、過剰に発酵して品質が下がってしまうことを防いでくれます。また、ホップの苦みがビール特有のコクやキレを生み出しているのです。
もしそのホップにアレルギーがあれば、まずほとんどのビールは飲めないでしょう。
また最近のビールには、副原料として米やコーンスターチ(トウモロコシから作られたでんぷん)が入っています。もし、麦やアルコール、酵母、ホップにアレルギーがなくても、米やトウモロコシにアレルギーがあれば症状が出てしまいます。ビールを買う前にラベルをよく見て、副原料を確かめたほうがいいですね。
Mktzotoznhrjvmspkzbi
Sjbwhiujmidhqemvju7v
では、ビールアレルギーの人はどういう対策をしたらいいのでしょうか?
まず、ビールの何に反応してアレルギー症状が出るのかを知らなければいけません。グルテンなのか、アルコールなのか、酵母なのか、ホップなのか、それによって対処法は違ってきます。
自分が何のアレルギーなのかは、ちゃんと専門の病院に行って調べてもらうしかありませんが、日ごろから食べたもの、飲んだものを記録につけ、アレルギーが出たときと照らし合わせられるようにしておくと便利です。そのデータを持って専門医を尋ねたら、原因の特定も早くなります。
Bckolc9awdosz1aal8no
Vwpxeina1dbkgoy6muxv
アレルギーの原因が特定できたら、あとはひたすらそのアレルゲンを避けるしかありません。
ビールを全く飲まない、というのも手ですし、代用品で済ませられれば代用品を飲む、ということでも避けられます。
例えば麦アレルギーやホップアレルギーの人はハイボールにするとか、アルコールアレルギーの人はノンアルコールビールにする、などです。とにかく原因が特定できれば、そういった対策は立てられます。
I1qyio0vd7b1cae9fycv
N6ykvgqsd9hcrlfcgerx
ビールに限りませんが、アレルギーは基本的に完治させるのが難しいとされています。ただ、自分の体質を変えることで症状が軽くなったり、中にはほぼ症状が消えたりすることもあります。これで絶対に治る!という方法はありませんが、以下にいくつかアレルギー軽減に役立つとされる方法を挙げておきます。

免疫療法

アレルゲンにわざと接触させることで、アレルギー反応を出にくくしようという治療法です。有効率はかなり高いのですが、時間がかかる(数年以上)のと、治るまではアレルギー症状が出てしまうのが欠点ですね。
免疫療法は間違っても自分でやらないでください。必ず専門の機関で受けないと危険です。ビールアレルギーを治すのにビールを飲みまくる、というは絶対にやってはいけません。

ヨーグルト

一部のヨーグルトい、アレルギーを抑える働きがあります。大腸の中のキレイにし、大腸菌の住む環境を変えてあげると免疫は正常になることがあるようです。

漢方

漢方でも体質が改善され、アレルギーが治ることがあります。ただし、漢方も薬ですので、素人が勝手に判断して飲むのはやめましょう。体質改善を目的とするなら長い時間がかかります。専門家に相談して、自分にあった漢方を処方してもらいましょう。

断食

理由はよくわかりませんが、数日間断食をすると花粉症を始めさまざまなアレルギー症状が消える、または大幅に軽くなる、ということがあるようです(治らない人もいます)。ただ食事を抜いて水分補給するだけなので簡単といえば簡単ですが、経験のない人がいきなり挑戦するとぶっ倒れます。これも専門家の指導の下で行ってください。
Od6da6mktnaubuwy3u0n