// FourM
Nru3qo8ygydqpniizxlg

健康

CATEGORY | 健康

ふくらはぎのマッサージでだるさ解決!おすすめのやり方と効果を解説!

2024.02.25

ふくらはぎは第2の心臓といわれているほど、体の中で重要なパーツです。ふくらはぎマッサージに関する書籍も出ているほど、今ふくらはぎマッサージがブームとなっています。今回は、ふくらはぎマッサージの抑えるべき要点をご紹介したいと思います。

  1. ふくらはぎの重要性
  2. ふくらはぎの構造
  3. ふくらはぎマッサージの効果
  4. マッサージの基礎知識
  5. 東洋医学と西洋のマッサージの違い
  6. 簡単な東洋医学の推拿(マッサージ)
  7. 西洋マッサージの簡単ポイント
  8. 動画で学ぶ簡単ふくらはぎマッサージ
  9. 【ふくらはぎマッサージ】お風呂でのマッサージは効果的
  10. 【ふくらはぎマッサージ】入浴後のマッサージもおすすめ
  11. マッサージ後の簡単ケア
  12. ふくらはぎの強い揉みはNG
  13. ふくらはぎを長時間揉むのもNG
  14. ふくらはぎマッサージのまとめ
ふくらはぎは第2の心臓ともいわれています。これは、血液の循環で心臓だけではなく、ふくらはぎの筋肉もその重要な役割を果たしています。ふくらはぎは、生きる上でとても重要な機能を持っているのですね。そのため、自分でできる手軽なふくらはぎのケアとして、簡単なふくらはぎマッサージが注目を集めていて、その専門店までできているほどです。
ふくらはぎのマッサージをするときには、その筋肉の構造を知らなければなりません。筋肉のつき方や、その金繊維の流れる方向などは、マッサージをするうえでとても重要です。でも、それほど細かく知る必要はありません。ヒラメ筋や前脛骨筋など、重要な筋肉さえ分かっていれば、特に問題はありません。
ふくらはぎ筋肉をもむのがマッサージなのですが、骨の構造も知っておくべきです。金に気は、骨と骨を結びつけるように、騎士と停止という付着部があります。それを、解剖学的には「起始・停止」と呼びます。実は、この「起始・停止」が一番筋肉が凝りやすいポイントといえるのです。
ふくらはぎマッサージは、ふくらはぎという体で老廃物がたまりやすい部分へのマッサージです。ですから、その疲労物質として知られる乳酸などの老廃物を血液とともに流しだすようにすることで、体のだるさや血行の悪さを解消してくれます。
ふくらはぎは、実は肩こりと同じ程度に凝っているのですが、感覚が鈍くなっているとそのコリを認識することができなくなってしまいます。そして、このコリは、ふくらはぎを必要以上に太く召せている元凶でもあり、脚のむくみの原因です。ふくらはぎマッサージはそれらの問題も解決してくれるのです。
マッサージは、通常学校などでやり方を学ぶと3年ほど、アロママッサージのスクールでも数か月必要となります。自分で自分を癒す分には、鍼灸あんま、マッサージは何の問題もないのですが、それは、自分自身を傷つけてしまうことになっても自己責任といえるからです。
でも、できるなら、自分の体にダメージを与えることなく、簡単にふくらはぎをマッサージしたいですよね。だるさを取るつもりが、逆効果にならないように注意が必要です。そのためにはマッサージの近畿についても知っておく必要があります。
東洋医学と西洋のマッサージは違った概念がベースとなっています。東洋医学は気の流れる経絡に沿って、流れる方向にマッサージするのがいいとされています。それに対して、西洋のマッサージは、手足の先から心臓に向かってなでるようにマッサージして、もみほぐすということはしません。この2つのやり方の違いはとても重要です。
東洋医学の基本的な考えは、経絡への刺激で体のバランスを整えることです。実は、重要なツボは足首から膝の間、つまりふくらはぎに集中しています。女性の悩みを解決するということで有名な「三陰交」のツボもこの間にあるのです。ツボを押さえたマッサージのやり方は効果的です。
具体的には、脛の骨の横からアキレス腱の内側のゾーンは、土踏まずから膝にかけて下から上に柔らかくなでていくと、とても効果があるのです。ふくらはぎの後ろと外側、そして脛骨と前脛骨筋の間は膝から足首に向かって柔らかくなでるようにマッサージします。東洋医学では、弱く長い刺激が、筋肉の興奮を抑えてくれるとしています。筋肉残りは、この筋肉の緊張のことなのです。
西洋マッサージは日本のあんまと全く違うものです。日本のあんまがもみほぐす行為であることに対して、西洋マッサージではもみません。四肢の血液を押し流すように手足の先から心臓に向かって何度も繰り返します。それによって血行を促進するため、筋肉にダメージを与えません。力がいらない簡単なマッサージなのです。
また、アロマオイルや普通のキャリーオイルを使って、滑りをよくするのがおすすめです。もちろん乳液や保湿ジェルなどでも大丈夫です。一定方向のなでることで、血行を良くして疲労物質である乳酸などが体外に排出されるのを促してくれます。特に、アルマの香りで精神的にも癒されていいですよね。
なお、キャリーオイルはエクストラバージンオリーブオイルでも大丈夫です。ほかにも、アーモンドオイル派やホホバオイルがあります。オイルを使えば、より効果的にマッサージをすることができますね。
マッサージは、筋肉に沿って行うのが効果的です。動画ではアキレス腱側から膝裏にかけて、血液やリンパ液を押し流すように何度も繰り返しています。実際にこの程度のマッサージで、十分に効果が出ます。これ以上強くすると、筋肉がダメージを受けてしまい、より体調が悪くなるのです。適切なやり方を学んで効果的にしたほうがいいのです。
マッサージの目的は、血行を良くして疲労物質などの老廃物を押し流すことです。そのためには、脚にたまっている血液やリンパ液などを流すことが、その効果を高めてくれます。お風呂に入ると、水圧が体にかかるので、脚にたまった体液が心臓や内臓に押し戻されやすくなり、簡単になります。
入浴後のマッサージもおすすめです。お風呂の滅で温められた体は、血行が良くなっているので、マッサージの効果が出やすいのです。アロママッサージでふくらはぎを癒したい人には、入浴後が最もいいかもしれませんね。スキンケアも同時にするのはおすすめのやり方です。
マッサージをした後は、ふくらはぎに血液がたまらないようにするのがより効果的なやり方です。着圧ソックスを吐くほかに、心臓よりも高い位置に足を載せたり、ふくらはぎの血液槍パ駅などの体液を追い出すように工夫するのです。これによって、体のだるさの素となっている乳酸などがより流れ出しやすくなります。
マッサージというと、強くもむのがいいと勘違いしている人が、プロの中にもいます。実際は、内出血を起こして逆に筋肉を固くしてしまうやり方なのですが、「強くもむのがいいんだ」という固定観念から抜け出せずにいるお客のニーズにこたえるために、それが定着しています。自分のふくらはぎをマッサージするなら、無理に力を込めるのは厳禁です。
筋肉は、実はそれほど強いものではありません。しかし、刺激を与え続けると固くなってしまうという性質があります。かかとの皮が固くなるように、刺激を受けるところは厚く、強くなるのです。ふくらはぎの筋肉を柔らかくしなやかなままにしておきたい場合は、マッサージは片足5分以内に終わらせるべきです。それ以上すると、よくない結果になるかもしれません。
ふくらはぎマッサージのまとめはいかがだったでしょうか。ふくらはぎは、体を支えることが多くて負担のかかる部分です。その筋肉が、日々の生活でダメージを追っているのですが、それをマッサージで解消して、だるさを抜いていくのにセルフマッサージはおすすめです。毎日、夜寝る前に行ってみると、翌日、とても体がすっきりするので習慣にするといいでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BhiQNoMgbbY/?tagged=%E3%81%B5%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%8E%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8