A6zbguzctwhrasyz5h23

ムーミン

CATEGORY | ムーミン

【ムーミン】キャラクター図鑑で紹介されているキャラ数は?ムーミンキャラ一覧まとめ

2020.07.09

講談社から発売されている『ムーミンキャラクター図鑑』から、気になるキャラクターを一部ピックアップし、一覧を作成しました。おなじみのキャラクター、ムーミンやリトルミイ、スナフキンはもちろん、あまり知られていないキャラクターも一挙にご紹介します。

  1. 【ムーミン】キャラ一覧:『ムーミンキャラクター図鑑』とは
  2. 【ムーミン】キャラ一覧:ムーミントロール
  3. 【ムーミン】キャラ一覧:ムーミンパパ
  4. 【ムーミン】キャラ一覧:ムーミンママ
  5. 【ムーミン】キャラ一覧:スノークのおじょうさん
  6. 【ムーミン】キャラ一覧:リトルミイ
  7. 【ムーミン】キャラ一覧:スナフキン
  8. 【ムーミン】キャラ一覧:スニフ
  9. 【ムーミン】キャラ一覧:ミムラ姉さん
  10. 【ムーミン】キャラ一覧:トゥーティッキ/おしゃまさん
  11. 【ムーミン】キャラ一覧:トフスランとビフスラン
  12. 【ムーミン】キャラ一覧:スノーク
  13. 【ムーミン】キャラ一覧:スティンキー
  14. 【ムーミン】キャラ一覧:ニョロニョロ
  15. 【ムーミン】キャラ一覧:フィリフヨンカ
  16. 【ムーミン】キャラ一覧:モラン
  17. 【ムーミン】キャラ一覧:ロッドユール
  18. 【ムーミン】キャラ一覧:クニット
  19. 【ムーミン】キャラ一覧:ニンニ
  20. 【ムーミン】キャラ一覧:ヘムレンさん
  21. 【ムーミン】キャラ一覧:ミムラ夫人
  22. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81bssHhCp1L.jpg
『ムーミンキャラクター図鑑』は、ムーミンの童話9冊・絵本3冊・コミックス42冊(未邦訳分を含む)など、全てのお話から105項目(人数だと105プラスアルファ)のキャラクターを紹介する「登場人物図鑑」です。「ムーミン族とは何者なのか?」「スナフキンになるには?」など、登場人物紹介のみならず、『ムーミンシリーズ』の様々な疑問を解消する、ファン必読の書となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81zlvShes7L._SL1500_.jpg
ムーミントロール族の男の子で、ムーミン谷のムーミン屋敷に、ムーミンパパ、ムーミンママとともに暮らしています。作品によって年齢設定は様々なのですが、大体5歳から15歳だと言われているようです。好奇心旺盛で人当たりがよく、のびのびした性格。ちなみに好奇心旺盛なところは父親譲り、おっとりしたところは母親譲りです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71AN7VuICwL._SL1500_.jpg
ムーミントロールのパパ。シルクハットとパイプがトレードマークです。性格は好奇心旺盛で冒険癖があり、長い間家に帰って来ず、ムーミンママを心配させることも。職業は作家で、自分が体験した冒険を書いています。実は捨て子で、幼少期は孤児院で生活していましたが、やがて脱走。冒険の旅に出ました。作者曰く「大人の男の駄目なところを凝縮した人物」だそうです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81XnzmZKNSL._SL1500_.jpg
赤と白のエプロン、黒いハンドバッグがトレードマーク。ムーミン屋敷を開放し、皆に分け隔てなく接する心の広さを持っています。おっとりしていますが、時折お転婆で無鉄砲。秘密を必ず守ってくれることから、ムーミン谷の住民は、ムーミンママを信頼しています。趣味は家事とピクニック、そして園芸です。滅多に怒ったり慌てることのない、冷静なママさんですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/516e6Bde87L._SL1335_.jpg
スノーク族の娘で、ムーミンのお友達。ムーミンのことが大好きで、ムーミンも彼女のことを好いているため、いつも一緒にいます。前髪があり、金のアンクレットをつけているのが特徴ですね。少女趣味で空想家。また少々ナルシストの気があります。気分に応じて身体の色を変えることができるのですが、スノークのおじょうさんは動揺すると、淡い緑色になります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51X6FJJ3IKL.jpg
たまねぎ頭が特徴的な小さな女の子。ミムラという一族に、ミムラ夫人の20番目の子として生まれました。34人の兄弟姉妹がいるそうですが、ムーミン家の養女になったため、兄弟たちとは離れてムーミン屋敷で生活しています。年齢は明言されていませんが、スナフキンよりお姉さんのようですよ。性格はいたずら好きで、毒舌家。その裏表のなさが、周囲から信頼されているようです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81aEWxSvOpL._SL1500_.jpg
スナフキンはムーミントロールの親友です。自由と孤独と音楽を愛する旅人で、ムーミンたちが冬眠している冬の間は南の国へ旅立ち、春にまた戻ってくる、という生活をしています。人が嫌いなわけではなく、ただ一人旅が好きなようですね。母親はミムラ夫人で、父親はヨサクル。リトルミイはスナフキンの異父姉にあたります。リトルミイとともに大変人気のキャラで、グッズも多く発売されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71rrU6QmnZL._SL1500_.jpg
ワラビーやカンガルーを彷彿とさせる生き物。ツチブタをモデルとする説もあるようです。ムーミンパパの友達であるロッドユールとソースユールの子どもです。高価なもの、特に宝石が大好きな守銭奴。とても臆病で、自己中心的でもあります。幼い男の子の駄目なところを凝縮したようなキャラクターですね。ムーミンにとっては、はじめてできたお友達です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/7130IrztrcL._SL1500_.jpg
ミムラ姉さんは、ミムラ一族の長女です。リトルミイ、スナフキンのお姉さんですね。下の子たちの面倒見が良い、穏やかな性格。おしゃれにも気を遣っている、年頃の女の子です。夢見るロマンチストで、同じくロマンチストのスノークのおじょうさんとはお友達です。年頃の乙女らしく、恋愛の話題が上がることも……。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41E4lOTsfHL.jpg
とても器用で優しい性格の持ち主。外見は男の子のようですが、女性です。年齢は明らかになっていませんが、ムーミンより少し年上だとのこと。冬眠を必要としておらず、ムーミンたちが冬眠する冬にはムーミンパパが作った水浴び小屋に住み着いています。ちなみにモデルになったのは、世界的なグラフィックアーティストであり、トーベ・ヤンソンのパートナーであった、トゥーリッキ・ピエティラです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71MG1c5HvGL._SL1001_.jpg
いつも一緒に手をつないで歩いているトフスランとビフスラン。ふたりだけに通じる不思議な言語で会話しています。性別ははっきりしておらず、作品によって夫婦だったり、双子だったり、設定が変わるのが特徴です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61AYOEsUhrL._SL1412_.jpg
スノークは、スノークのおじょうさんのお兄さんです。勤勉で多才。釣りや発明が好きで、非常に几帳面かつ真面目な性格をしています。発明ができるだけあって頭がよく、ムーミン谷の住民は難問に遭遇するとよく彼を頼ります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71igzx-3w0L._SL1000_.jpg
毛むくじゃらな謎の生き物、スティンキー。いたずら好きの小悪党で、人の悪口を言ったり、嘘をついたりは序の口。窃盗や詐欺で何度も警察のお世話になっている困った奴です。また生ゴミや虫などを食べるため、悪臭を纏っており、ムーミン谷の住人はスティンキーのことを厭うています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/7156SXcf-JL._SL1500_.jpg
白く長い体に、側部に並んだ職種を持つ謎の生き物。地平線を目指して旅をしています。耳が聞こえず口がないため話すこともできませんが、テレパシーで意思の疎通を可能としているようです。ニョロニョロは白い種から生まれ、地面から植物のように生えてきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/7153wGhgUUL._SL1500_.jpg
フィリフヨンカの特徴は、犬のように長い鼻と、鼻に生えた髭。性格は几帳面で真面目、秩序を重んじる原則主義で、繊細かつ神経質です。ムーミン一家とはご近所さんという関係で、3人の子持ち。決められたルールからはみ出すのが苦手で、自由気ままなムーミン一家に対し、侮蔑のような嫉妬のような、複雑な感情を抱くことも。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81iYgqVFbEL._SL1500_.jpg
不気味な姿をした女の魔物です。その見てくれから行く先々で皆を怖がらせ、彼女の歩いたあとは草木が凍てつき、地面さえ凍ります。そのことからムーミン谷の住民に忌み嫌われているモラン。実際は大きな孤独と絶望を抱いている、誤解されやすいとても可哀想なキャラクターです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61GtBCzf4bL._SL1000_.jpg
ロッドユールはムーミンの友達であるスニフの父です。若い頃にはムーミンパパと一緒に冒険に出たこともあります。趣味はボタンやガラクタを集めること。ヲタクっぽいコレクター気質は、宝石収集が好きなスニフに受け継がれているようですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2BjQVsFfRL.jpg
非常に怖がりな性格のクニット。寂しがりやのクニットは、ムーミン谷にひとりぼっちで住んでいました。クニットはとてもシャイな子で、とても地味なため、ムーミン谷の住人から気にかけられることはほとんどないのです。クニットは友達を探す冒険に出かけ、やがて自分と同じくらいの寂しがりやを見つけることになります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51e5aSzsvLL.jpg
ニンニは目に見えない女の子。おばさんに毎日「氷のような皮肉」を言われ続けた結果、だんだん青ざめ、端のほうから色あせていき、ついには姿が見えなくなってしまいました。ムーミン一家はそんなニンニを優しく気遣います。ニンニはムーミン一家とムーミン谷の住人と関わることで、徐々に本来の姿を取り戻していきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41ZxOCvxX%2BL.jpg
ヘムル族のヘムレンさん。高齢の男性で、収集家。ムーミン谷の植物学者ですが、元々は切手コレクターでした。ヘムル族はコレクターが多く、何かを集めるということが好きなのです。性格は頑固で気弱。イライラしやすく、そのせいで周囲の人を怯えさせてしまうことがあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81SAs4tfEvL._SL1200_.jpg
おおらかで豪快な、35人以上の子を持つお母さん。リトルミイとスナフキンは、彼女の子どもです。とても自由奔放で、かなり雑というか、ダイナミックというか、特殊な子育てをします。そもそもリトルミイがムーミン屋敷で暮らし始めたのは、ミムラ夫人がムーミン屋敷からリトルミイを連れて帰るのを忘れたことがきっかけでした。
ムーミンキャラクター図鑑
価格 ¥ 3,132
『ムーミンキャラクター図鑑』に登場するキャラクターの中から、一部をピックアップしてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?ムーミントロールやリトルミイのように有名なキャラクターもいれば、ファンじゃないとピンとこないようなキャラクターまで、たくさん載っている『キャラクター図鑑』。ページをめくっているだけで、楽しくなります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vUML4kUpL._SL1001_.jpg
本にはまだまだキャラクターが載っていますので、是非気になった方は『キャラクター図鑑』を手にとってみてはいかがでしょうか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81bssHhCp1L.jpg