// FourM
B7qkvs1ehk8spg3fa8qe

健康

CATEGORY | 健康

ヒアルロン酸とは?摂れる食べ物や効果を徹底解説!

2024.02.25

ヒアルロン酸という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかしヒアルロン酸とはどんな成分なのか分からない人も多いのではないでしょうか?今回はヒアルロン酸とは何か、ヒアルロン酸の肌などへの効果やヒアルロン酸が摂れる食べ物をご紹介いたします。

  1. ヒアルロン酸とは?
  2. 【ヒアルロン酸とは?】取り入れ方によって効果が違う
  3. 【ヒアルロン酸とは?】肌の若返りに効果がある
  4. 【ヒアルロン酸とは?】目のトラブルに効果がある
  5. 【ヒアルロン酸とは?】腰痛に効果がある
  6. 【ヒアルロン酸とは?】口腔ケアに効果がある
  7. 【ヒアルロン酸とは?】食べ物によって摂取量が違う
  8. 【ヒアルロン酸とは?】効果のある食べ物①鶏軟骨
  9. 【ヒアルロン酸とは?】効果のある食べ物②豚足
  10. 【ヒアルロン酸とは?】効果のある食べ物③魚の目
  11. 【ヒアルロン酸とは?】効果のある食べ物④フカヒレ
  12. 【ヒアルロン酸とは?】効果のある食べ物⑤納豆
  13. 【ヒアルロン酸とは?】効果のある食べ物⑥オクラ
  14. 【ヒアルロン酸とは?】効果のある食べ物⑦山芋
  15. 【ヒアルロン酸とは?】ヒアルロン酸サプリメントの副作用
  16. 【ヒアルロン酸とは?】ヒアルロン酸の多い食べ物の副作用
  17. 【まとめ】自分に合った方法でヒアルロン酸を取り入れよう!
引用: http://sp.skincare-univ.com/images/articles/1213/tg0010006700l.jpg?1434603400
ヒアルロン酸は、人の体には欠かすことのできない成分です。肌や目、口の中の潤いを保ち、関節に弾力性を与える大切な成分です。ヒアルロン酸は脳や動脈など体中に存在し、影響があります。
ヒアルロン酸は歳を重ねる毎に減り、肌や骨など体のいたる所で潤いを保つことができなくなってしまいます。ヒアルロン酸減少により肌の乾燥やシワ、たるみの原因にもなります。関節にも大きな影響を与え、膝や腰の痛みなどを引き起こしてしまいます。
歳を重ねてからヒアルロン酸を多く作り出すことは難しいですが、サプリメントや注射、食べ物からヒアルロン酸を体に取り入れることはできます。ヒアルロン酸を取り入れる方法や、副作用などを紹介します。
引用: https://d3imh5q5dnm5ub.cloudfront.net/press_component/images/000/042/103/a06275fb9b82ffc11fcadd1f991211e5e11fcaf1.jpg?1526494423
引用: http://www.rxeconsult.com/articles/files/581/ID10099276jpgID10099276_1401297607.jpg

サプリメント

ヒアルロン酸入りサプリメントの特徴は、摂取することにより体の内側から肌の保湿性や弾力性を保つことを目的として作られています。
乾燥肌に悩まされている人は多く、保湿成分配合の化粧水や乳液、クリームなどを使用してケアを行います。肌の外側からのケアに加え、ヒアルロン酸サプリメントで内側からケアをする人も増えています。

ヒアルロン酸注射

引用: http://tokyo-seikei.com/wp-content/uploads/2016/07/ce8a0b774c3b54f02232c0e9ab3ff15d.jpg
ヒアルロン酸注射と聞くと、肌トラブルの改善を真っ先に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?ヒアルロン酸注射は今や簡単に行えるプチ整形の一つとなっています。
美容クリニックで行うヒアルロン酸注射は、肌のハリを取り戻しシワを薄くする施術です。即効性と持続性があり、幅広い年齢層の人が行なっています。
しかし、ヒアルロン酸注射を行う場合、副作用のリスクを知っておく必要があります。注射した部分が腫れたり、炎症を起こす場合があります。ですが、副作用が起こることは稀と言われています。クリニックの口コミを確認し、信頼できるクリニックを選びましょう。そして、施術前に不安があれば、必ず医師や看護師とのカウンセリング中にしっかりと伝えて、不安を解消してから、施術するか決めましょう。

食べ物

食べ物にもヒアルロン酸が含まれているものがあります。最も多くヒアルロン酸が含まれているのが、鶏のトサカです。他にも豚足や魚の目などもヒアルロン酸が多く含まれています。
しかし、鶏のトサカや豚足など普段から食べることは難しいでしょう。他にも納豆やオクラ、トロロなどネバネバした食材にも含まれています。
また、ヒアルロン酸が含まれている食材だけを食べても意味がありません。タンパク質などバランスの取れた食事をすることにより、体内でヒアルロン酸が作られます。上手く食材を組み合わせた食事を心がけましょう。
引用: http://bee-maga.com/wp-content/uploads/2016/08/image-242.jpeg
ヒアルロン酸を体に取り入れることで、肌の若返り効果が期待されます。ヒアルロン酸サプリメントなら手軽に続けることができ、体の内側から若返りを目指すことができます。
ヒアルロン酸注射の場合は、肌のシワやハリの改善がすぐにできます。ヒアルロン酸注射は、サプリメントよりも費用はかかりますが、施術後すぐに効果が目に見えます。
ヒアルロン酸注射により、内側から肌を押し上げシワを薄くする効果があります。また、潤いを保ちハリののある若々しい肌へと近づけてくれます。
ヒアルロン酸は保湿性に優れており、目のトラブルも解消してくれます。ヒアルロン酸サプリで体の中から潤いを与える方法と、ヒアルロン酸入り目薬で直接潤いを与える方法があります。
ヒアルロン酸目薬はドライアイにとても効果的です。コンタクトをすることによりドライアイになる人はとても多く、そのままにしておくと他のトラブルも招いてしまいます。
ヒアルロン酸目薬は眼科で処方されるものですので、安全性も高いです。人によって目のかゆみや充血、ピリピリした痛みを感じるといった副作用を起こす場合があります。副作用が起きた場合はすぐに診察を受けてください。
ヒアルロン酸は細胞などのクッション性を高めてくれます。そのため、腰痛の原因となる体の歪みによる痛みを軽減してくれます。また、関節の動きをスムーズにする役割を持っています。
ヒアルロン酸サプリメントと、腰痛体操やストレッチ、ヨガなど適度な運動を合わせて行うと良いでしょう。腰痛持ちの人は痛みの改善になります。また、ギックリ腰などの予防にもなります。
ヒアルロン酸の高い保湿力は、口腔ケアにも良いと注目されています。歳を重ねる毎に分けて口の中のら唾液の分泌量が減ってきます。特に高齢者は、唾液が少ないと食べ物が喉につまる恐れがあります。
ヒアルロン酸入りのマウスウォッシュも販売されており、洗口するだけで口の中の水分量があがります。口の中の渇きを予防することもでき、口腔内のケアやトラブル予防につながります。
食事の後の歯磨き後に、ヒアルロン酸入りマウスウォッシュをすることで効果も上がります。また、ヒアルロン酸入りの口腔ケア用品もたくさんありますので、口の中の乾燥が気になる人は1度試してみてください。
ヒアルロン酸は、皮膚や筋肉の細胞同士をくってつける役割を持ちます。関節の間の軟骨がスムーズに動くように潤滑油としての働きもあり、人間の体にはなくてはならない成分です。
ヒアルロン酸を含んだ食事をしただけでは意味がありません。バランス良く食事をすることにより、ヒアルロン酸が体の中で作られます。
ヒアルロン酸を多く含んだ食材にプラスして、ビタミンなどが含まれた緑黄色野菜とフルーツを合わせて摂るようにしましょう。また、お茶やコーヒーなどに含まれるカテキンやポリフェノールなどを合わせて摂ることでヒアルロン酸が作られます。
ヒアルロン酸を体内で作るのに効果的食材は、鶏軟骨です。鶏軟骨は、脂肪が少なく多くのコラーゲンが含まれており、ヒアルロン酸を作り出すための成分が多く含まれています。
鶏軟骨は家庭でも手軽に取り入れられる食材です。軟骨以外にも鶏の手羽先や、鶏の手羽元を食事に取り入れるのもおすすめそます。煮込む場合は、煮汁に成分が滲み出るので、煮汁も活用しましょう。
ヒアルロン酸を体内で作るのに効果的な食材は、豚足です。豚足にはコラーゲンが豊富なことで有名ですが、ヒアルロン酸も多く含まれています。
豚足にはビタミンB1も含まれており、肌や目、関節などに必要なヒアルロン酸を体内で作るのに最適な食材といえます。豚足はなかなか食卓に上がるものではないですが、肌のツヤや潤いに効果があり、特に女性には嬉しい食材です。
ヒアルロン酸を体内で作るのに効果的な食材は、魚の目です。魚の目にはビタミンB1が豊富に含まれており、目の乾燥や、目の疲れなどの症状を改善してくれます。
魚の目には血液をサラサラにするEPAや、脳の活性化を促すDHAなども含まれている万能食材です。ヒアルロン酸を作るのに必要なビタミンに加え、老化防止効果のある成分もある魚の目は体全体の健康を維持してくれます。
しかし、魚の目には有害物質が蓄積されているといわれていますので、食べ過ぎには注意してください。
ヒアルロン酸を作るのに効果的な食材は、フカヒレです。フカヒレはコラーゲンの塊といわれている高級食材です。フカヒレはサメのヒレで、中華料理には欠かせない食材です。
フカヒレにはコラーゲンが多く含まれており、肌のハリや弾力性、潤いを保つ効果があります。カルシウムやマグネシウムも多く含まれており、骨の健康にも効果的です。
ヒアルロン酸を多く含んでいる食材とはいえ、口から体内にヒアルロン酸を取り入れてもすぐに効果があらわれません。しかしフカヒレは、食べた次の日には肌ハリツヤが良くなったという声もある程です。
ヒアルロン酸を作るのに効果的な食材は、納豆です。納豆には骨に良いといわれているビタミンKが多く含まれています。また、ビタミンB2やら食物繊維多く含まれている食材です。
納豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た役割を果たしてくれます。納豆を食べることによりホルモンバランスが整い、美肌効果が期待できます。
ヒアルロン酸を作るのに必要なビタミンも多く含んでいるので、毎日でも摂りたい食材です。納豆を朝食に摂る人は多いと思いますが、就寝中に血柱ができるのを防いでくれるので、夕食に摂るのがおすすめです。
ヒアルロン酸を作るのに効果的な食材は、オクラです。オクラのネバネバした成分が体内のヒアルロン酸を作るのに効果的とされています。このネバネバした成分をムチンといい、免疫力アップや疲労回復にも効果があります。
オクラに多く含まれるペクチンは、腸内環境を整えたり、血糖値の上昇を抑えるなど様々な効果を発揮する食材です。また、肌の調子を整える効果もあり、他の食材と一緒に摂ることで体内のヒアルロン酸を多く作ることができます。
ヒアルロン酸を作るのに効果的な食材は、山芋です。山芋もオクラと同様、ネバネバ成分のムチンがらヒアルロン酸作りに役立ちます。血行促進などにも効果があり、肌の色ツヤを良くしてくれます。
また、山芋には様々な栄養成分が含まれており、亜鉛やカリウム、鉄分などのミネラル成分の他に、ビタミンB群やビタミンC、食物繊維なども含まれています。
ネバネバ成分のムチンには、むくみのや血行不良の改善を促します。また保湿効果もあり、肌のくすみや乾燥に悩んでいる人におすすめの食材です。
ヒアルロン酸サプリメントの副作用は、入っている成分が体に合わなかった場合、何らかの症状が起きてしまいます。人によって副作用の症状は異なりますが、大量摂取によって逆に肌が荒れてしまうことも報告されています。
近年、ヒアルロン酸サプリメントを利用する男性も増えてきています。サプリを利用する場合は、必ず容量を守りましょう。
ヒアルロン酸を多く含んでいる食べ物の副作用は、過剰摂取による体調不良です。体に良いといわれている食べ物でも、摂取し過ぎると体に悪い影響を与えてしまいます。
肌の調子を整えるには、バランスの取れた食事も重要です。ヒアルロン酸を多く含んだ食材を上手く取り入れてバランスの良い食事をとるようにしましょう。
ヒアルロン酸は肌だけでなく、目や骨、血液など様々な部分に影響を与えます。男性も女性も、いつまでも若々しく元気でいたいと思うのは同じことでしょう。
ヒアルロン酸を体内に取り入れる様々な方法を紹介してきましたが、自分に合った方法で、潤いのある肌や健康的な体作りをしてください。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.biyougeka.com/sp/column/antiaging/column-hyaluronic-acid1/img/sp_hyaluronic1_05.jpg