Pv4nfb5pwvsz8ii8uuzg

小松未可子

CATEGORY | 小松未可子

【うしおととら】声優一覧!豪華キャストを一挙紹介!OVAの声優も!

2018.11.24

テレビアニメ化もされた大人気少年漫画『うしおととら』。今回はそんな『うしおととら』のメインキャラクターの声を担当した声優をピックアップしてみました。それではさっそく、個性的なキャラクターたちを演じた豪華声優陣一覧、OVAも含めた情報をみていきましょう。

  1. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!うしおととらとは?
  2. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!どんな物語?
  3. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!テレビアニメ
  4. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!蒼月潮
  5. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!とら
  6. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!中村麻子
  7. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!井上真由子
  8. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!秋葉流
  9. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!鏢
  10. 【うしおととら】OVAも含めたメインキャラクターの豪華声優一覧を紹介!まとめ
『うしおととら』は1990年~1996年まで小学館の週刊少年サンデで連載されていた漫画でう。作者は漫画家の藤田和日郎。小学館文庫から全19巻が出版されており、発行部数2640万部以上の大人気作品です。
主人公の蒼月潮(あおつきうしお)が自宅の蔵の地下に封印されていた強力な妖怪「とら」を解き放ち、封印に使っていた妖怪退治の武器「獣の槍」を使って現れた妖怪たちと戦っていきます。その途中で、さまざまなキャラクターたちのエピソードが描かれており、物語の終盤になるにつれてすべてが繋がっていく構成になっており、非常に面白い漫画です。
父親が僧ということもあり自宅が寺の主人公、蒼月潮はある日蔵の地下に封印されていた最強最悪の妖怪、通称「とら」と出会います。たまたま自宅に来ていた同級生の麻子と真由子がとらの妖気に誘われてきた妖怪に襲われていたために、とらの封印を解いてしまいました。
封印を解いたら力をかしてやると言っていたとらでしたが、あっけなく裏切り、人間であるうしおを殺そうとしましたが「獣の槍」を持ったうしおにとらは返り討ちに合ってしまい。2人は強力して麻子と真由子を襲う妖怪を退治します。
そうして出会った2人は、身近に出現した妖怪退治を始めましたが、大妖怪であるとらを解き放ってしまったうしおの存在を見過ごせない妖怪退治集団「仏教団体・光覇明宗」がうしおととらの元に刺客を放ちました。うしおたちは彼らの手から逃れるためと、実は生きていると判明した母に会うために北海道を目指します。その途中に妖怪や刺客の妨害を受けながら、成長をしていくうしおととらを描いた物語です。
テレビアニメ『うしおととら』は第1シーズンが2015年7月~12月。第2シーズンが2016年4月~6月にTOLYO MXほかで放送されました。話数は全39話。アニメーション制作を行ったのは「MAPPA & VOLN」。監督は西岡聡が務めました。
『うしおととら』は連載中にもOVAとしてアニメが制作されたことがありましたが、まだ物語が完結していない状況だったため、全10話で終了となっています。2015年に制作されたテレビアニメは、連載からかなり時間が経っていましたが、ファンからは喜びの声が多数上がりました。
蒼月潮は『うしおととら』の主人公です。東京都みかど市の寺に住んでいる中学2年生。ある日、自宅の敷地にある蔵の地下で「獣の槍」によって封印されていたとらを発見し、妖怪に襲われていた幼馴染たちを救うためにとらの封印を解いてしまいます。
人間などエサと同様に考えているとらによって一度は危機に陥りましたが「獣の槍」でとらを返り討ちにし、協力して妖怪を退治しました。妖怪と戦うときには「獣の槍」の力によって髪が伸び、瞳が縦に割れます。さらに爪や牙が長くなったりとしますが、基本的には人間と大差ない姿です。

畠中祐

主人公の蒼月潮の声を担当したのは、声優の畠中祐さんです。畠中祐さんの生年月日は1994年8月17日。出身地は神奈川県。所属事務所は賢プロダクションで、声優以外にも歌手や俳優として活躍されています。代表作は『遊☆戯☆王ZEXAL』の九十九遊馬役役や『僕のヒーローアカデミア』の上鳴電気役などです。

佐々木望(OVA)

『うしおととら』OVAで主人公の蒼月潮の声を担当しているのは、声優の佐々木望さんです。名前が似ていますが女性声優の「ささきのぞみ」や女優の「佐々木希」とは別人の男性声優です。佐々木望さんの生年月日は1967年1月25日。出身地は広島県広島市。所属事務所はなく、フリーで活動されており声優意外にもナレーターや歌手として活躍されています。代表作は『キャプテン翼』の大空翼役や『カードキャプターさくら』の柊沢エリオル役などです。
とらは、500年もの間うしおの家にある蔵の地下で「獣の槍」で封印されていた大妖怪です。大きな虎のような見た目をしており、長い爪と牙を持つ猛獣のような妖怪。妖怪の中ではかなり強い存在で、800年前の戦いでその勇猛さから他の妖怪たちから一目置かれる存在のようです。妖怪たちと対面しているときには大妖怪らしい振る舞いをしているものの、うしおの前では友人のように接しており、喧嘩やはしゃぎあったりしています。
物語の序盤ではうしおを食ってやろうと企んでいたようですが、うしおと共に他の妖怪たちや刺客と戦ううちに相棒のような存在になっていきます。『うしおととら』は主人公のうしおと、とらが戦いや日常を通して絆を深めていく物語です。最終的にはラスボスの白面の者と戦う前に「わしらとヤツのタイマン」と言うほどに、絆が深まりました。

小山力也

とらの声を担当したのは声優の小山力也さんです。小山力也さんの生年月日は1963年12月18日。出身地は京都府京都市。最終学歴は立命館大学法学部を卒業。大学を卒業後は役者になるために、桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻へと進学しました。
所属事務所は劇団俳優座で声優以外にもナレーターや俳優として活躍されています。代表作は『名探偵コナン』の毛利小五郎役や『Fate/Zero』の衛宮切嗣役などです。渋くてかっこいい声で、シリアスな作風からギャグ要素のあるキャラクターまで幅広い役柄を演じ分ける人気声優です。

大塚周夫(OVA)

『うしおととら』OVAでとらの声を担当したのは声優の大塚周夫さんです。大塚周夫さんの生年月日は1929年7月5日。出身地は東京都。最終所属の事務所は青二プロダクションで、声優以外にも俳優やナレーターとして活躍されていました。残念ながら2015年1月5日に亡くなられてしまいました。代表作は『ルパン3世』の石川五ェ門役や『ぬらりひょんの孫』のぬらりひょん役などです。
中村麻子は『うしおととら』の正ヒロインのキャラクターです。主人公のうしおの幼馴染であり、実家は中華料理屋。うしおの近くにいるため、妖怪に遭遇することが多い。霊力などの力は全く持っていませんが、妖怪に対しても臆することなく行動できる活発な少女です。
うしおとは昔から喧嘩ばかりしていまいますが、彼のことを特別な存在として見ています。しかし幼馴染として過ごしてきた時間が長かったため、その感情を素直に表にだせません。いっぽううしおも中村麻子のことを大切に思っており、実質量思いです。しかし、物語が進むにつれて2人の関係も序所に進展していきます。
物語の終盤でうしおへ気持を伝える決心をしましたが、直後に記憶を失ってしまいます。しかしそれでもうしおへのの感情は消えておらず、最終的にはまたうしおのことが好きという気持を自身の中で認めました。うしおの最終決戦の後には笑顔で彼を出迎えていることから、2人の関係は記憶を失った後も良好のようです。

小松未可子

中村麻子の声を担当したのは、声優の小松未可子さんです。小松未可子さんの生年月日は1988年11月11日。出身地は三重県桑名市。所属事務所はヒラタオフィスで、声優以外にも歌手や女優としても活躍されています。
代表作は『モーレツ宇宙海賊』の加藤茉莉香役や『宝石の国』のシンシャ役などです。地声が低いことで自身の声があまり好きではなかったようですが、演技の練習で先生から少年のような声と励まされたことから安心したようです。現在ではその声を生かして、メインヒロインから中性的な女性キャラまで幅広い役柄を演じ分けて活躍しています。

天野由梨(OVA)

『うしおととら』OVAで中村麻子の声を担当したのは、声優の天野由梨さんです。天野由梨さんの生年月日は1966年1月5日。出身地は京都府。所属事務所はアーツビジョンです。代表作は『私のあしながおじさん』のジュリア・ルートレッジ・ペンデルトン役や『魔法陣グルグル』のジュジュ・クー・シュナムル役などです。
井上真由子は主人公の蒼月潮の幼馴染です。ヒロインの中村麻子とも幼馴染で、作中でも3人でいることが多い立ち位置のキャラクターですね。潮と幼馴染なので、中村麻子と同じように物語が進むにつれて妖怪との関わりが深くなっていきます。
最終的に潮と両思いになった中村麻子と同じように、初めは彼に想いを寄せていましたが、中村麻子の気持を知り、3人の関係が崩れないようにと、その気持ちは表に出しませんでした。しかしその後、潮と暮らしているとらとも関係が深くなっていき、ハンバーガー好きという共通点もあってか、とらに対しても好意のようなものを抱いています。

安野希世乃

井上真由子の声を担当しているのは、声優の安野希世乃さんです。安野希世乃さんの生年月日は1989年7月9日。出身地は宮城県。所属事務所はエイベックス・ピクチャーズで、声優以外にも歌手として活躍されています。
代表作は『冴えない彼女の育て方』の加藤恵役や『寄生獣 セイの格率』の立川裕子役などです。安野希世乃さんの特技は似顔絵で、サインを書くときにキャラクターのイラストを描くことがあるようです。また、歌も特技に挙げており、優しい歌声を生かしてアーティストとしても活躍されています。

冬馬由美(OVA)

『うしおととら』OVAで井上真由子の声を担当したのは、声優の冬馬由美さんです。冬馬由美さんの生年月日は1966年12月20日。出身地は千葉県。所属事務所はALLURE&Yで、声優以外にもナレーターとして活躍されています。代表作は『スレイヤーズ』のシルフィール=ネルス=ラーダ役や『ヨルムンガンド』のチェキータ役などです。
秋葉流は獣の槍の伝承者候補のひとりで、かなりの実力者として潮たちに力をかしてくれたキャラクターです。使う武器は独鈷と錫杖で、結界術を使うことも可能です。相手に気づかれないように結界をはり、敵の退路を断つ戦いを得意をしています。
さなに敵の弱点を一瞬にして見抜く洞察力も持っており、策略を立てて戦うのが得意な頭脳派でもあります。主人公の潮と婢妖との戦いで共闘したことによって、それ以来は良き兄貴分として度々潮たちに手をかしてくれる善人です。しかし、とらには最大限の警戒を行っていました。一度返り討ちにあってからは逆に関心を示すようになりました。
秋葉流はまだ幼い頃から天才と呼ばれてきた存在なので、ずっと本気を出さずに生きてきました。彼は、それが原因で自分の人生が達成感の得られないつまらない人生だと思っていたようです。
その態度や天才であるがゆえに周囲との亀裂を生んでおり、それでも彼はひょうひょうとした態度を崩さずに生きてきましたが、潮たちとの出会いによってその生き方に疑問を持つようになりました。そしてその生き方を克服する為に、全力を出して潮と戦うために、最終決戦では白面の者側の敵として潮たちの前に立ちふさがりました。

細谷佳正

で秋葉流の声を担当したのは、声優の細谷佳正さんです。細谷佳正さんの生年月日は1982年2月10日。出身地は広島県尾道市。身長は175cm。血液型はA型。所属事務所はなく、2018年現在はフリーとして多くのアニメに出演し、ナレーターとしても活躍されています。
代表作は『黒子のバスケ』の日向順平役や『灰と幻想のグリムガル』の主人公、ハルヒロ役などです。2014年の第8回声優アワードと、2016年の第10回声優アワードの2度に渡って助演男優賞を受賞された実力派声優です。
鏢は自身の妻と子供を妖に奪われたという過去を持っており、その辛い経験から妖への復讐を誓った男です。復讐対象である妖によく似た存在が日本にいるという噂を聞きつけた鏢は、日本に渡り、とらや潮と出会います。復讐対象の妖によく似た存在というのがとらだったため、鏢ととらは戦うこととなり、彼は一度はとらを追い詰めたほどの力を持っています。
鏢が妖と戦うときには呪符と呼ばれるお札を使います。さらに妖を退治するときには、依頼者からお金をもらっているうようです。鏢という名前は本名ではなく、自身が愛用している武器である鏢からとっています。鏢の顔の右側には大きな3本の傷が刻まれており、その右眼は既に失われています。
しかしその眼の代わりに青紫水晶を埋め込んで眼の代用としてはめ込んでいるようです。さらにこの義眼は「浄眼」といい、まやかしを見破る能力が備わっているため、普通の人間には見えない妖怪を見ることができます。さらにその眼を使って暗示をかけることも可能です

浪川大輔

鏢の声を担当したのは、声優の浪川大輔さんです。浪川大輔さんの生年月日は1976年4月2日。出身地は東京都。所属事務所はスティラックで、声優意外にもナレーターや俳優、歌手などさまざまな場所で活躍されています。代表作は『BLACK LAGOON』のロック役や『Fate/Zero』のウェイバー・ベルベット役などです。
また洋画の吹き替えでイライジャ・ウッドなどの有名俳優の声を担当。2010年の第4回声優アワードで助演男優賞を受賞するなど、実力派声優としてたくさんの作品に出演しています。
今回は『うしおととら』の豪華声優を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。他のアニメで主人公を演じているような声優さんばかりが出演しており、本作の力の入りようがよくわかりましたね。『うしおととら』メインキャストの活躍が見たいという方は、ぜひテレビアニメをチェックしてみてください。