Six6nefewcacbge4p2jz

うしおととら

CATEGORY | うしおととら

【うしおととら】あらすじネタバレ!漫画・アニメ・小説のあらすじを結末まで紹介!

2018.11.24

テレビアニメ化もされた大人気少年漫画『うしおととら』。今回はそんな『うしおととら』の漫画・アニメ・小説のあらすじをピックアップしてみました。それではさっそく、熱い展開が繰り広げられる本作のあらすじや結末のネタバレをみていきましょう。

  1. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!うしおととらとは?
  2. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!テレビアニメ
  3. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!漫画・アニメ・小説のあらすじ
  4. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!主人公
  5. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!とら
  6. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!漫画
  7. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!アニメ
  8. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!小説のネタバレ
  9. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!結末
  10. 小説版もある?【うしおととら】漫画やアニメの結末などのネタバレを紹介!まとめ
『うしおととら』は1990年~1996年まで小学館の週刊少年サンデで連載されていた漫画でう。作者は漫画家の藤田和日郎。小学館文庫から全19巻が出版されており、発行部数2640万部以上の大人気作品です。
主人公の蒼月潮(あおつきうしお)が自宅の蔵の地下に封印されていた強力な妖怪「とら」を解き放ち、封印に使っていた妖怪退治の武器「獣の槍」を使って現れた妖怪たちと戦っていきます。その途中で、さまざまなキャラクターたちのエピソードが描かれており、物語の終盤になるにつれてすべてが繋がっていく構成になっており、非常に面白い漫画です。
テレビアニメ『うしおととら』は第1シーズンが2015年7月~12月。第2シーズンが2016年4月~6月にTOLYO MXほかで放送されました。話数は全39話。アニメーション制作を行ったのは「MAPPA & VOLN」。監督は西岡聡が務めました。
『うしおととら』は連載中にもOVAとしてアニメが制作されたことがありましたが、まだ物語が完結していない状況だったため、全10話で終了となっています。2015年に制作されたテレビアニメは、連載からかなり時間が経っていましたが、ファンからは喜びの声が多数上がりました。
父親が僧ということもあり自宅が寺の主人公、蒼月潮はある日蔵の地下に封印されていた最強最悪の妖怪、通称「とら」と出会います。たまたま自宅に来ていた同級生の麻子と真由子がとらの妖気に誘われてきた妖怪に襲われていたために、とらの封印を解いてしまいました。
封印を解いたら力をかしてやると言っていたとらでしたが、あっけなく裏切り、人間である潮を殺そうとしましたが「獣の槍」を持った潮にとらは返り討ちに合ってしまい。2人は強力して麻子と真由子を襲う妖怪を退治します。
そうして出会った2人は、身近に出現した妖怪退治を始めましたが、大妖怪であるとらを解き放ってしまった潮の存在を見過ごせない妖怪退治集団「仏教団体・光覇明宗」がうしおととらの元に刺客を放ちました。うしおたちは彼らの手から逃れるためと、実は生きていると判明した母に会うために北海道を目指します。その途中に妖怪や刺客の妨害を受けながらも潮たちは北海道にたどり着きました。
数々の刺客や妖怪を倒した潮のもとには共に協力する仲間も増えていき、とうとう最強の妖怪「白面の者」との最終決戦を迎えます。仲間の裏切りや死を乗り越え、潮ととらは「白面の者」を見事討ち取りましたが、とらはその時に負った傷のせいで消えてしまいました。
最終決戦を終え、故郷に戻った潮は見つけ出した母を含めた家族3人で普通の日常生活を送り、とらが居ない寂しさを抱えながらも幼馴染の麻子や真由子とともに高校の卒業式に向かいました。ここで『うしおととら』の物語は終了します。
蒼月潮は『うしおととら』の主人公です。東京都みかど市の寺に住んでいる中学2年生。ある日、自宅の敷地にある蔵の地下で「獣の槍」によって封印されていたとらを発見し、妖怪に襲われていた幼馴染たちを救うためにとらの封印を解いてしまいます。
人間などエサと同様に考えているとらによって一度は危機に陥りましたが「獣の槍」でとらを返り討ちにし、協力して妖怪を退治しました。妖怪と戦うときには「獣の槍」の力によって髪が伸び、瞳が縦に割れます。さらに爪や牙が長くなったりとしますが、基本的には人間と大差ない姿です。
とらは、500年もの間うしおの家にある蔵の地下で「獣の槍」で封印されていた大妖怪です。大きな虎のような見た目をしており、長い爪と牙を持つ猛獣のような妖怪。妖怪の中ではかなり強い存在で、800年前の戦いでその勇猛さから他の妖怪たちから一目置かれる存在のようです。妖怪たちと対面しているときには大妖怪らしい振る舞いをしているものの、うしおの前では友人のように接しており、喧嘩やはしゃぎあったりしています。
物語の序盤ではうしおを食ってやろうと企んでいたようですが、うしおと共に他の妖怪たちや刺客と戦ううちに相棒のような存在になっていきます。『うしおととら』は主人公のうしおと、とらが戦いや日常を通して絆を深めていく物語です。最終的にはラスボスの白面の者と戦う前に「わしらとヤツのタイマン」と言うほどに、絆が深まりました。
漫画版『うしおととら』は伝説的に面白いとして有名な漫画です。テレビアニメや小説にもなっている『うしおととら』ですが、この作品を本当に楽しみたいという方は、原作漫画を読むべきでしょう。33巻にも渡る長編漫画ですが、面白くない巻が無いとまで言われているほど評価が高いので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。
テレビアニメ版『うしおととら』は39話という少ない話数で原作漫画33巻分の物語を描かなくてはいけないため、原作の物語をかなり削ったものとなっています。なので展開的には原作漫画のダイジェスト版といったところでしょう。あらすじなども漫画と違うところはほどんどありません。
完全な『うしおととら』を見たいという方にはテレビアニメはおすすめできませんが、派手なアクションシーンや動くキャラクター、声優の演技は素晴らしいです。物語もあくまで原作漫画と比べてという意味なので、評価はかなり高く、アニメファンなら満足できる作品となっています。
小説版の『うしおととら』の物語も原作漫画と違う部分はほとんどありません。違うところといえば、小説ならではの心理描写の多さでしょう。漫画やアニメでは描ききれなかった心理描写が細かく書かれているので、原作ファンなら読んで損はない作品でしょう。
『うしおととら』の結末は、ラスボスである白面の者との最終決戦が描かれています。圧倒的な強さを持った白面の者は、獣の槍への恐怖を克服するためにその眼を潰します。気配だけで攻撃してくる白面の者を倒すためにとらが提案したのは、白面の者と同じ匂いをしている自分に獣の槍を刺して、敵に悟られずに攻撃するというものでした。
捨て身の提案を聞いた潮は、とらだけにかっこつけさせないと言って、2人で力を合わせて白面の者を討ち取りました。しかし戦いの最中、白面の者の牙にやられてしまったとらは既に助からないほどの傷を負っていました。傷のせいで今にも消えてしまいそうなとらに潮は「オレを喰うんだろ!」と声をかけ、とらは「もう、喰ったさ」と笑顔で答えます。そしてとらは消えてしまいました。
その後、戦いを終えた潮は故郷に帰り学校の卒業式の日になりました。母親にハンバーガー屋によっちゃいけないと言われてとらの事を思い出して涙する真由子の姿。両親と3人で暮らすことになった潮の日常が描かれます。そして「おもしろかったよなぁ、なぁ、とら」と呟いた潮は真由子や麻子と共に卒業式に向うシーンで『うしおととら』の物語は終わります。
今回は大人気少年漫画『うしおととら』から漫画・アニメ・小説のあらすじや結末をピックアップして紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。熱い展開や泣けるシーンがたくさんある『うしおととら』らしく、最後は感動的な結末を迎えましたね
。漫画・アニメ・小説の物語は少しの違いはあれど、どれも同じ展開なので自分が気に入った媒体で楽しむのがよさそうですね。『うしおととら』が気になるという方は、ぜひ原作やアニメをチェックしてみてくださいね。