Ze3jxxfdg1qzbztlmptn

ハリー・ポッター

CATEGORY | ハリー・ポッター

『ハリー・ポッター』の作者の壮絶な人生!~どん底から生まれた名作

2019.03.12

子どもだけでなく大人まで魅了する「ハリー・ポッター」シリーズの作者はどんな人物なのでしょうか。「ハリー・ポッター」シリーズがヒットすると作者にも注目が集まり、意外な生活を送っていたことも話題になりました。気になる作者の波乱万丈な半生をご紹介します。

  1. ハリー・ポッターとは?
  2. ハリー・ポッターの作者はJ・K・ローリング
  3. ハリー・ポッターの作者の幼少期
  4. ハリー・ポッターの作者の学生時代以降
  5. ついにハリー・ポッターのアイディアが浮かんだ
  6. ハリー・ポッターの作者の波乱万丈な出来事
  7. 「ハリー・ポッターと賢者の石」がついに完成
  8. ハリー・ポッターのヒットで作者の生活が一変
  9. 作者が別名義で探偵小説を発表?
  10. まとめ

ハリー・ポッターは世界中で大ヒットした児童文学の小説

「ハリー・ポッター」はイギリスの作家J・K・ローリングが執筆した魔法使いの少年ハリー・ポッターが主人公の児童文学の小説です。1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」が1997年に出版されると瞬く間に面白いと人気作品となり、日本でも翻訳版が出版され大変話題になりました。世界中で売り上げが4億部以上に達し、世界中で人気があることがわかります。
ハリー・ポッターシリーズ全巻セット
価格 ¥ 22,788
「ハリー・ポッター」シリーズとして小説は全7巻が出版され、他に事実上の8巻として舞台版のシナリオ「ハリー・ポッターと呪いの子」が出版されています。「ハリー・ポッターと呪いの子」は「ハリー・ポッター」シリーズの本編終了から19年後を描いた内容になっています。

ハリー・ポッターは映画も世界中で大ヒット

ハリー・ポッターと秘密の部屋 [DVD]
価格 ¥ 777
「ハリー・ポッター」シリーズは映画化もされ、1作目の「ハリー・ポッターと賢者の石」から「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」まで全8作が公開されました。 「ハリー・ポッター」シリーズは子どもだけではなく大人も魅了し、映画も原作とともに世界中で大ヒットとなり、公開のたびにニュースに取り上げられ話題になりました。映画の興行収入は世界の歴代興行収入にランクインするほどで人気の高さがうかがえます。

作者名「J・K・ローリング」はペンネーム

「ハリーポッター」シリーズの作者はJ・K・ローリングです。本名はジョアン・ローリングでJ・K・ローリングはペンネームになります。ペンネームをJ・K・ローリングにした理由は、書いた本が男の子向けだったので、出版社から作者が女性だとわからないようにしたほうがいいと言われたことによります。

子ども時代は本好きのこども

J・K・ローリングはイギリス出身で1965年7月31日に長女として生まれました。子どものときから想像力をはぐくまれる環境にあり、9歳のころに住んでいた家の近くに、ディーンの森という自然豊かな森がありました。ディーンの森は様々な民間伝承を持っている神秘的な森だったので、ここでJ・K・ローリングは想像力をはぐくまれたのでしょう。

作者は学生時代も物語を書いていた

J・K・ローリングは幼少期から物語を書くことが好きで6歳の時にウサギの物語を書いていました。学校でも物語を書き、想像力に富んだ内容に学校の教師たちも一目置いていました。

作者は大学卒業後は秘書として就職

大学ではフランス語と古典文学を学び、パリに留学もしました。大学卒業後はロンドンにある国際アムスティの秘書として働き始めました。この時も小説は書いていましたが、日の目を見ることはありませんでした。

列車の中でハリー・ポッターのアイディアが浮かんだ

小説を書いたりはしていたものの、書いた小説は日の目を見ることはなかったJ・K・ローリングですが、1990年についにハリー・ポッターのアイディアが頭に浮かびました。アイディアが浮かんだのはロンドンへ戻る列車に乗っていた時でした。ロンドンに戻ると思いついたアイディアを少しずつ書き溜めていきました。

全7巻にすることは決めていた

ハリー・ポッターのアイディアが浮かんだ後は少しずつ書き溜めていき、この頃にはハリー・ポッターの物語は全7巻にすることを決めていました。

母の死

J・K・ローリングは15歳のときに母親のアンが多発性硬化症を発症していたのですが、1990年に45歳で亡くなってしまいます。J・K・ローリングは母親のアンが多発性硬化症したときに母親が病魔に侵されていく姿を見るのがとてもつらかったのですが、母親が亡くなったことはさらに辛い経験となり心に深い影響をもたらしました。

出産と離婚

1991年に英語教師としてポルトガルに移住後、結婚して1993年に娘を出産しますが、結婚相手とはうまくいかず、結局離婚することになりました。

うつ病と育児と生活保護

とても良い人生のために 失敗の思いがけない恩恵と想像力の大切さ
価格 ¥ 1,080
ポルトガルを離れJ・K・ローリングは妹が住んでいるエディンバラに住むことになりました。このころにはハリー・ポッターの物語は第3章まで出来上がっていました。J・K・ローリングは無職の為、生活保護を受けることになりました。1994年には無職のシングルマザーで幼いむすめを抱えていた為、自身もうつ病を発症し自殺を考えるほど深刻な状況でした。

どこの出版社にも相手にされなかった

J.K.ローリングその魔法と真実―ハリー・ポッター誕生の光と影
価格
生活保護を受け、うつ病を発症しながらもJ・K・ローリングはハリー・ポッターの物語を書き続け、ついに1995年に「ハリー・ポッターと賢者の石」が完成しました。完成した原稿は著作権代理事務所を通じて出版社に提出されたのですが、良い返事はもらえませんでした。

「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売される

Harry Potter and the Sorcerer's Stone
価格 ¥ 1,318
なかなか出版社から良い返事がもらえませんでしたが、ブルームズベリー出版社から出版されることになり、1997年7月26日にやっと「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売されることになりました。ちなみに、「ハリー・ポッターと賢者の石」はハードカバーとペーパーバックで出版されたのですが、ハードカバー版の部数はなんとたったの500部でした。「ハリー・ポッター」シリーズの人気を考えると信じられない部数です。

「ハリー・ポッター」シリーズは大ヒット

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]
価格 ¥ 899
「ハリー・ポッターと賢者の石」が発売された後、アメリカでも発売されたのですが、アメリカでは「ハリー・ポッターと賢者の石」は初版が5万部で発売され物語の面白さに瞬く間に大ヒット作となりました。イギリスでの発行部数が500部だったことを考えると雲泥の差です。日本でも「ハリー・ポッターと賢者の石」は発売され大ヒット作となりました。人気作の仲間入りを果たした「ハリー・ポッター」シリーズは新刊が発売されるたびに発売前から書店の前に並ぶ熱心なファンがいることがニュースとなり記憶に残っている人も多いでしょう。

作者は印税で億万長者に

「ハリー・ポッター」シリーズが子どもだけでなく大人にも人気の作品となり世界中で大ヒットしたことで作者のJ・K・ローリングの生活は一変しました。印税は7桁を超え所得額が6500万ポンドにも上ることが発表されました。無職で生活保護を受けていた頃と比較すると本当に雲泥の差ですね。

「ハリー・ポッター」シリーズが映画化

「ハリー・ポッター」シリーズが世界中でベストセラーになると、映画化されました。映画化にあたり、J・K・ローリング脚本に対する意見ができる権利なども映画化の契約の条件として加えたそうです。もちろん映画も世界中で大ヒットとなったことは言うまでもないでしょう。

英国勲功章(OBE)を受賞

2000年には「ハリー・ポッター」シリーズによる児童文学への貢献から英国勲功章(OBE=Order of the British Empire)を受章しました。他にもアンデルセン文学賞、英国アカデミー賞、ロンドン名誉市民といった数々の賞を受賞しています。

再婚して子どもを授かる

さらにJ・K・ローリングは医師と再婚して男の子と女の子を授かります。最初の結婚がうまくいかなかったので、今後は円満な結婚生活を送ってほしいですね。

別名義で小説を発表したもののすぐにばれる

J・K・ローリングは「ハリー・ポッター」シリーズを執筆している間もロバート・ガルブレイスという名義で「カッコウの呼び声 私立探偵コーモラン・ストライク」という探偵小説を発表していました。ロバート・ガルブレイスは英軍警察の元隊員という経歴の新人作家でしたが、新人の割に内容がよくできていた為、イギリスの新聞サンデー・タイムズが調査にするまでに至りました。調査の結果、作者はJ・K・ローリングだと判明しました。J・K・ローリング自身はロバート・ガルブレイスがJ・K・ローリングであることをもう少し伏せておきたかったようですが、「カッコウの呼び声 私立探偵コーモラン・ストライク」が発表された時点で批評家の評価もよかった為、無名の新人作家が気になる人が出てくるもの仕方がないと思います。
今では億万長者の仲間入りを果たしているJ・K・ローリングですが、最初から小説家として決して順風満帆とは言えない人生を送っていました。母親の死や離婚、シングルマザーで生活保護を受けるなど壮絶な人生を送っています。しかし、どん底だった時も書くことをやめずに書き続けていたことが世界中の人を魅了したハリー・ポッターの誕生とヒットにつながったのではないでしょうか。