Koj6qelci16fgsknfx1x

ゴールデンカムイ

CATEGORY | ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ第三期までのネタバレ&考察!原作から謎を紐解いてみた!

2020.01.31

アイヌ文化とフィクションをうまく織り交ぜた『ゴールデンカムイ』。埋蔵金をめぐるシリアスな展開と、グルメシーン、ギャグパートのバランスが絶妙な『ゴールデンカムイ』についてアニメ1期〜2期をネタバレ紹介。また原作から3期以降のネタバレ考察もしていきます。

この記事に登場する専門家

Tpndwwsfychptdq6dzh2

無類の漫画好き

ゆき真白

短大では小説制作、専門ではシナリオ制作などについて学び、漫画・小説に使う費用は毎月1万以上とサブカルチャーに常にアンテナを張っています。動画配信サイトにも登録し、いつでもアニメを観られる環境を整えています。

  1. 『ゴールデンカムイ』とは
  2. 【ゴールデンカムイ】アニメ1期おさらい【ネタバレ紹介】
  3. 【ゴールデンカムイ】アニメ2期おさらい【ネタバレ紹介】
  4. 【ゴールデンカムイ】アニメ3期が制作決定!【ネタバレ考察】
  5. 【ゴールデンカムイ】キロランケについて【ネタバレ考察】
  6. 【ゴールデンカムイ】尾形は敵なのか味方なのか【ネタバレ考察】
  7. 【ゴールデンカムイ】杉元とアシリパは再会できる?【ネタバレ考察】
  8. 【ゴールデンカムイ】のっぺら坊は何を目指していたのか【ネタバレ考察】
  9. 【ゴールデンカムイ】杉元とアシリパの恋の行方は?【ネタバレ考察】
  10. 『ゴールデンカムイ』についてネタバレ考察まとめ
ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックス)
価格 ¥594

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトル原作の北海道と樺太を舞台に、アイヌと埋蔵金、その他北海道に関する事件や出来事、言い伝えに近いものなど様々なものを絡めて描いた物語です。アイヌ関してきちんと調べられており、実際アイヌ文化を現在に伝えている協会や博物館の方からも支持を得ています。

これから20巻が発売される本作ですが、すでにアニメは2期まで放送終了しており、アニメ3期の放送も決定しているなど、アニメファンからの人気の高さもうかがえますね。

ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックス)
価格 ¥594

日露戦争中、「不死身の杉元」と呼ばれていた元陸軍兵の杉元佐一は、戦争が終結したのち、砂金を求めて北海道で砂金取りをしていました。全く砂金が取れない杉元に、顔馴染みの飲兵衛からアイヌのどこかに隠されているという埋蔵金の話を聞きます。

網走の監獄に収容されたアイヌの金塊を奪った黒幕・のっぺら坊が、同じ房に収監されていた犯罪者たちの体に埋蔵金のヒントとなる刺青を彫り、その刺青を持つ者は全員脱獄していると知った杉元は、アイヌの少女・アシリパに生きる知恵、アイヌの常識を教えてもらいながら、埋蔵金を求め体に刺青を持つ脱獄囚たちを追っていくことになりました。

しかし、その埋蔵金を求め刺青を持った者たちを追っているのは杉元だけではなく、脱獄囚のリーダー的存在・土方歳三や、金を元手に北海道に軍事政権確立を目指す帝国陸軍第七師団の小隊長・鶴見篤四郎など、多くの敵がいく先々で待ち受けていたのです。

第一師団の団員「不死身の杉元」としてその名を馳せ、戦争から戻ってきた杉元は、資金集めにやってきた北海道で、北海道の地に眠る埋蔵金の噂を知り、その手がかりを追うことに。その最中出会ったアイヌの少女・アシリパや、埋蔵金の手がかりを持つ脱獄囚・白石とともに、埋蔵金を求めて旅をすることになりました。

道中、アシリパの父と同じ国からやってきたというアイヌのキロランケに出会った3人。金塊を隠した黒幕がアシリパの父だとキロランケに聞かされたアシリパは、自らの目で真実を確かめるべく、黒幕が収容されている網走監獄を目指すことに。

杉元たちが、インカラマッという胡散臭い女占い師と会い、競馬で一悶着起こしている一方で、同じように埋蔵金とその在り処を示した刺青人皮を狙った土方歳三組と、元第七師団組の尾形が出会い、また第七師団の鶴見中尉はとある計画のため夕張を訪れていたのでした。

鶴見は剥製師の江渡貝を訪ねて夕張へ向かいました。鶴見が江渡貝を訪ねたのは、他の刺青人皮を集める者たちを混乱させるため、偽の刺青人皮を作って欲しいという依頼のためでした。見事本物と見分けがつかないほどの刺青人皮を作り出した江渡貝ですが、江渡貝の噂を聞いてやってきた尾形、杉元一行に追われる途中で命を落としてしまいます。

鶴見が偽物の刺青人皮を手に入れたことを知った土方組と杉元組は、一時行動を共にすることに。いつ誰が裏切るかわからないという状況のなか、かつて鶴見の部下で、アシリパの村で世話になっていた谷垣も、お世話になったアシリパの家族を安心させるため、アシリパを村へ連れ戻すべく、インカラマッと共に旅に出ることになりました。

土方組、杉元組、谷垣組は、インカラマッの占いによってそれぞれ疑心暗鬼になるなか、なんとかのっぺら坊のいる網走監獄までやってきます。そこでのっぺら坊が間違いなく父親だと知ったアシリパはショックを受けますが、それ以上に、父と共に杉元が銃撃されたことにショックを受けます。すべては土方の掌の上で、アシリパと杉元は別行動を余儀なくされました。

そして、大ヒットに後押しされる形で、ついにアニメ3期の放送が決定。2期の最後はアニメオリジナルの、別れたアシリパと杉元が夢の中で出会うというシーンが描かれて終わりを迎えました。3期では、別れあとアシリパを追って樺太へ向かう杉元と谷垣、鶴見の部下たちの旅が描かれます。

北海道より厳しい寒さが待ち受ける樺太の白い景色の中を進む杉元がキービジュアルとして選ばれており、アシリパのいない孤独感や、それでもアシリパを連れ戻すため立ち向かう杉元の想いの強さが伝わってくるようですね。アニメ3期の放送がいつになるのかは分かりませんが、1期2期共に原作約7巻分を使用しており、アニメ放送は21巻に収録する内容が雑誌掲載されてからになると考察されます。

インカラマッとアシリパの対話により、一気にきな臭くなったキロランケ。尾形とともにアシリパを連れて樺太へ渡ったキロランケのことを考えると、キロランケも信じていいのか微妙なところですが、原作からネタバレすると、キロランケがアシリパの父・ウイルクの盟友というのは間違いないことで、アイヌ埋蔵金を受け取る仲間というのも事実でした。

ただ、のっぺら坊がウイルク本人だったため、インカラマッが言っていた、ウイルク殺害の犯人ではありませんでしたが、尾形にのっぺら坊となったウイルクを殺すよう指示したことを考えると、ウイルクがのっぺら坊になった理由はキロランケにあるのでしょう。その理由については、キロランケとウイルクの進む道が別になったということ以外想像できませんが、共に皇帝暗殺をした者同士、相当の理由がなければ仲違いすることはないと考えられます。

キロランケの指示により、ウイルクと杉元を網走監獄で撃った尾形。以前は第七師団の鶴見の部下で、一時は土方とも行動を共にしていたことなど、ころころと居場所を変えていることを考えると、1番信用ならない相手とも言えますよね。原作ネタバレになりますが、樺太ではなんだかんだアシリパの言うことを聞いていたり、彼がアシリパにとって敵なのか味方なのか判断しづらい展開が続いていきます。

杉元を撃ったりしたものの、なんだかんだあまり悪者ではないか、と思い始めたところ、19巻にてアシリパを手にかけようと銃口を向けます。その前にもベラベラと嘘を並べ、彼はアシリパにとっては味方でなかったことが明確化されました。しかし彼は、自らの手で殺した腹違いの弟の幻影に囚われ続けており、アシリパについて行ったのもそのことが関係しているため、埋蔵金争奪戦にとっての敵というわけではないと考察されます。

尾形に、杉元は死んだと聞かされショックを受けたアシリパでしたが、杉元の生存を信じつつ、父の目的と杉元が求める埋蔵金の手がかりを手に入れるため、北上を続けることに。一方、脳の一部を失ったものの、その異名の如く生き延びた杉元は、鶴見の仲間に救われ、その部下を引き連れながらアシリパの後を追うのでした。

杉元は、土方が撮らせた写真を手に、アシリパたちの目撃情報を手に入れながら、確実にアシリパたちの足跡を辿っていきました。そしてついにその背中を捉えた杉元は、尾形がアシリパに銃口を向けた間一髪のところで助けに入ったのです。3期では間違いなく放送される部分だと思いますが、やはりこの2人の再会は胸が熱くなりますよね。

のっぺら坊ことウイルクは、少数民族たちだけの独立国を作るため、アイヌの埋蔵金を集めていたはずでした。しかしキロランケは、そんなウイルクを尾形に撃たせた理由として「ウイルクが変わったからだ」と言ったのです。埋蔵金の在り処を仲間たちに伝えるはずが、それをしなかったことが、キロランケにとっては「変わった」部分、つまり、当初予定していた目的を果たそうとしなくなったということを指しているのではないでしょうか。

しかし、ウイルクはアシリパに戦闘術を教えていたり、埋蔵金の暗号を読み解くヒントを教えていたり、埋蔵金を手放すつもりがあったとは思えません。「アイヌを殺してない」という発言から、アシリパとアシリパの母を愛していたから目的が変わった、ということも考えられますが、それならもっと内地へ逃げるなりできたはずです。彼にはキロランケも知らない、それでいて当初の目的と大きく外れるわけではない目標が密かにあったのではないかと考察されます。

本作において、メインではないものの、なんとなくその後が気になる杉元とアシリパの恋。アシリパが杉元に恋心に似た想いを寄せているのは、アシリパの反応や周りの反応から分かりますが、杉元がアシリパに対して特別な想いを抱いているのかは微妙なところです。そもそも、杉元が埋蔵金を欲しているのは、惚れている女性のためで、相手は未亡人ですでに自分の手が届かない相手だと理解しつつも、彼女への恋心を無くすとは思えません。

ずっとその女性を好きでい続けるのかと言われたら、そんなわけもないと思いますが、一本気な性格のことを考えると彼女の目を治す代金を手に入れないことには、その女性を忘れることはできないでしょう。ただ、その想い人には再婚の話も出ており、そのお金が必要なくなることも考えられます。お金が手に入る、もしくはお金がいらなくなった段階で、杉元とアシリパの恋は前進するのではないでしょうか。

ゴールデンカムイ(18) (ヤングジャンプコミックス)
価格 ¥594

アニメ1期・2期についてのネタバレ紹介と、今後3期で放送するであろう部分を紹介してきましたが、アシリパが埋蔵金の在り処を示すヒントを思い出したことで、『ゴールデンカムイ』の物語は一気に進むことが予想されます。埋蔵金争奪戦がどのような結末を迎えても、杉元とアシリパには良い結末を迎えてほしいですね。

ゴールデンカムイ 19 (ヤングジャンプコミックス)
価格 ¥594
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/kamuy_anime/status/1147764527531847680