Dodumv2xujumrxq1oyiz

梶裕貴

CATEGORY | 梶裕貴

梶裕貴のアニメキャラクターを一挙紹介!キャラソンも多数担当?

2020.06.28

声優業に歌手にと幅広く活躍している梶裕貴は、これまでにたくさんのアニメ作品で様々なキャラクターを演じています。こちらでは梶裕貴が演じたアニメキャラクターたちや関わってきたキャラソンなどを一挙にご紹介!すでにファンの方も、彼が気になっているという方も必見です!

  1. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】とは?
  2. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】どんな人?
  3. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター①エレン・イェーガー
  4. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター②轟焦凍
  5. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター③アリババ・サルージャ
  6. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター④不動明王
  7. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑤メリオダス
  8. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑥灰原ユウヤ
  9. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑦孤爪研磨
  10. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑧十束多々良
  11. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑨フユニャン
  12. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑩坂井知季
  13. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑪相座武士
  14. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】アニメで演じたキャラクター⑫ピピ美
  15. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】おすすめアニメキャラソン①『キラキラ』
  16. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】おすすめアニメキャラソン②『僕が名前を呼ぶ日』
  17. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】おすすめアニメキャラソン③『stella〜きんぴか上昇気分〜』
  18. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】おすすめアニメキャラソン④『Rebellion Star』
  19. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】おすすめアニメキャラソン⑤『Bad Boys Brother's Blues 〜海と漢と侠とモヒカン〜 』
  20. かっこいい!と人気の声優【梶裕貴】出演アニメ・キャラクターなどまとめ

梶裕貴のプロフィール

梶裕貴は1985年9月3日生まれの声優、歌手で、埼玉県坂戸市で育ちました。「ゆうたん」「梶きゅん」などの愛称でファンから親しまれています。テレビアニメへの声優デビューは2006年、『ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!』でした。2009年に第3回声優アワード新人男優賞受賞を、そして2013年と2014年に声優アワード主演男優賞受賞を受賞するなど、声優としての経歴は大変輝かしいものになっています。
梶裕貴は声優としての活動の他に、歌唱力を生かし、アニメのキャラソンを始め個人の名義でも楽曲を発表するなど、歌手としての活動も行っています。そのほか、テレビ番組のナレーションなども担当するなど、その活動の幅はとても広く、マルチな才能ぶりを発揮しています。

梶裕貴が声優になったきっかけは?

梶裕貴が声優を目指そうと思ったのは彼が中学生の頃、「声優という仕事は、学んだことや頑張ったことが全て自分の力になる」と知ったからでした。ただ、その時に通える声優養成所などがなかったために自分で漫画を音読したりしていたそうです。高校入学前に、友人から「声優養成所に無料で通えるオーディション」を教えてもらい、受けて見事に合格し、通い始めます。
やや甘い中性的な声音が特徴で、少年キャラクターから青年キャラクターまで幅広くこなします。主人公はもちろん、ほとんどのアニメで主要キャラクターを演じることが多い声優です。

中高時代は演劇部に

梶裕貴は中学生時代は生徒会の会長を勤めていたそうです。生徒会会長ですから、きっと頭もよく、人望も厚かったのでしょうね。声優養成所に行けないからと独学で頑張っていたあたりでも、相当努力家なのではと想像ができます。高校時代には演劇に打ち込んでいたそう。演劇に打ち込みながら養成所に通う、それもまたきっと大変だったと思いますがやり遂げるほどに頑張り屋だったのでしょう。

『笑っていいとも』の女装コーナーに出演も

梶裕貴にまつわる興味深いエピソードとして、まだ彼がデビューする前、テレビ番組『笑っていいとも』の「彼氏が彼女に着替えたら」という女装コーナーに出演していたということがありました。このときには司会者のタモリを始め出演者からも「かわいい」と大絶賛、さらにタモリには「声もいい」と褒められていました。たしかに、女装姿がはまっていますし、かわいいですよね。こんな意外な過去があったとは驚きでした。
エレン・イェーガーはアニメ『進撃の巨人』に登場する主人公キャラクター。有名なのでいまさらあらすじなどを説明するまでもない、そういった作品です。梶裕貴が演じたアニメキャラクターの代表として真っ先に名前の挙がるキャラクターの1人でもありますね。
普段は、正義感溢れる好青年、という感じなのですが一旦スイッチが入ると狂気じみた面を見せる場面も。「駆逐してやる!」の叫びはあまりにも有名です。『進撃の巨人』はアニメのシリーズも長いですし作品がまだ終わっていませんから、まだまだ梶裕貴のエレンが楽しめそうですね。
轟焦凍はアニメ『僕のヒーローアカデミア』のキャラクター。主人公の緑谷出久と同級生であり、一緒に行動することが多いキャラクターです。アニメ化されるまでも元々人気のキャラクターではありましたが、アニメからこの作品に入ったという層にも大変人気で、公式の人気投票でもトップ3に入る人気ぶりです。
その人気の理由の1つに、担当声優が梶裕貴だから、というのはあると思いますね。個性は「半冷半燃」、実力もかなり高く、雄英高校の体育祭では2位となりましたが、その個性の強烈さは印象に残りますし、インパクトも大変大きかったです。今後の活躍も期待されるキャラクターですね。
アリババ・サルージャはアニメ『マギ』シリーズの登場人物。実質、もう1人の主人公、といってもいい立ち位置のキャラクターです。元バルバッド第三王子で、登場したときはアラジンの運転手をしていました。その後はアラジンと共に第7の迷宮「アモン」を攻略し、財宝を手に入れています。
金髪にピアス、綺麗な顔立ちをしているのになぜかモテません。ただし、困っている人を放っておけないなどとても優しい性格で、人望は厚く、彼を慕う人は多いです。
不動明王はアニメ『イナズマイレブン』シリーズに登場するキャラクターです。初登場時は真・帝国学園のサッカー部のキャプテンでした。頭髪をモヒカンにし、周囲を煽ったり危険なプレイをするなど、あまり一般的に好印象とは言い難いキャラクターなのですが、彼にも辛い過去があったりして、それが彼の人格形成に大きく影響したとされています。
きりりとした好青年を演じることが多い梶裕貴の、ちょっと意外なキャラクター人選とも言えるかもしれません。また、こういうキャラクターは意外と主人公側よりファンから人気があったりして、不動もその1人ですね。後に日本代表に選出され、チームメイトともだんだん打ち解けてくるところもなかなかいいです。
梶裕貴は同じくイナズマイレブンシリーズでは一之瀬一哉などいくつかキャラクターをこなし、2018年放送中の「アレスの天秤」では小僧丸サスケ役を演じています。気になる方は是非チェックしてみてください。
メリオダスはアニメ『七つの大罪』の主人公キャラクター。「七つの大罪」の団長で、通称「〈憤怒の罪(ドラゴン・シン)〉のメリオダス」と呼ばれています。手配書の似顔絵では無精ひげを蓄えた30代の男性なのですが実際は10代少年の外見です。飄々とした性格で、どんな場面でも動じない部分がありますが、心が読めないところもあり、それが原因で仲間と衝突をしたりもします。戦闘面ではかなり強く、作品中でも上位に食い込みます。
灰原ユウヤはアニメ『ダンボール戦機』シリーズに登場するキャラクター。1期アニメでは人体実験を施され、LBXと精神を同調させる「サイコスキャニングモード」を発揮することができる強敵として登場しました。その衝撃的な経緯でかなり印象に残ったキャラクターです。
2期『ダンボール戦機W』ではすっかり元気になり、後ろ髪も伸びて再登場し、ファンを喜ばせました。穏やかなのですが入院生活が長かったせいで外の世界のことに疎く、そういった天然なところも人気のキャラクターでしたね。1期と2期での梶裕貴の演じ分けも素晴らしかったと思います。
孤爪研磨はアニメ『ハイキュー!!』に登場するキャラクター。音駒高校2年生でポジションはセッターです。作品の人気投票でもトップ10に入る人気キャラクターでもあります。ゲームが好きで、バレーの試合中にもゲームを例えにすることが多いですが、その影響なのか相手がどのように動くのか予測しどう対処するのかを考えるのが得意な選手。
性格は内向的でマイペースですが、チームメイトからの信頼は厚いですね。見た目は猫目でかわいらしいキャラクターで、そういったところも人気の理由かなと思います。
十束多々良はアニメ『K』に登場するキャラクター。赤のクランに所属し、常にマイペースでのほほんとしており、どんな状況でも「なんとかなる」と笑って言えるほどの肝の持ち主。それがチーム間にもいい雰囲気をもたらし、特に、暴走しがちな赤の王、周防尊のストッパーのような役割をはたしていました。
アニメ『K』が始まった時にはすでに故人となっていましたが、回想シーンなどで登場する彼の、ほんわかした柔らかい雰囲気は、梶裕貴の声がとてもぴったりはまっているなと思います。故人であるが故に出番はあまり多くないのですが、梶裕貴が演じたキャラクターでも人気の高いキャラクターですよね。
フユニャンはアニメ『妖怪ウォッチ』シリーズに登場するネコ型の妖怪キャラクターです。梶裕貴はこういったキャラクターも演じることができるんですよね。劇場版にも登場してくる重要キャラクターでもあります。
額にキズを持ち、マントをつけた、ネコでもちょっと凛々しいネコです。イナズマイレブンシリーズでもそうですが、キッズ向けアニメにも浸透する声優である、幅広い層から人気を集めている、という証でもありますね。
坂井知季は飛び込みの競技を題材にしたアニメ『DIVE!!』の主人公キャラクター。ミズキダイビングクラブに在籍する中学生で、飛び込み歴は6年。柔軟な身体と「ダイヤモンドの瞳」と称される優れた動体視力を持つ人です。最初は平凡な選手でしたが新コーチである、麻木夏陽子の指導により、急速に成長していきます。
相座武士はアニメ『四月は君の嘘』に登場するキャラクター。主人公・有馬公生と同年代のピアニストです。なんでもこなせる人で、ピアノも簡単にできるだろうと思っていましたが出場したコンクールで公正に惨敗、以降、公正を目標にピアニストを目指します。
公正が不調で出てこなかった間はコンクールを総なめにするほどの才能を発揮していました。公正が復帰するときにはドイツのコンクールの招待状を断り、同じコンクールに出場するほどでした。
色んな声優が出演して話題となったアニメ『ポプテピピック』に梶裕貴もピピ美役として参戦していました。梶裕貴が出演したのは第6話のBパートで、その回のポプ子を演じたのは下野紘でした。このアニメは毎回、次は誰が出演するのか(被害者となる)のか話題になっていましたが、まさか梶裕貴が!という感じでしたね。梶裕貴ら『ポプテピピック』に出演した声優らの裏話トークも話題となりました。
『キラキラ』はアニメ『ポケットモンスター』シリーズで梶裕貴が演じているキャラクター、シトロンのキャラソンです。この楽曲は佐香智久の同名の楽曲のカバーとなっており、2016年10月26日に発売の『アニメ「ポケットモンスターXY&Z」キャラソンプロジェクト集 Vol2』に収録となっています。このキャラソン集には他にもさまざまなキャラクターのキャラソン楽曲が収録されており、楽しめるものになっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61s61oALEeL.jpg
『僕が名前を呼ぶ日』は『告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜』の関連楽曲で、梶裕貴が演じている望月蒼汰のキャラソン楽曲になります。この楽曲は2017年2月発売の『何度だって、好き。〜告白実行委員会〜』に収録されているキャラソン楽曲ですが、梶裕貴の甘い声がとてもよく映えて素敵ですよね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41t5mr2VRbL.jpg
『stella〜きんぴか上昇気分〜』はアニメ『ツキウタ。 THE ANIMATION』EDテーマに起用された師走駆のキャラソン楽曲です。「ツキウタ。 THE ANIMATION BD・DVD第1巻の特典CD」として封入されている楽曲で、この楽曲を聴きたかったらDVDもしくはBDを買わないといけないわけですが、増田俊樹演じる如月恋のキャラソン楽曲や特典映像なども収録されていますのでお得感はありますよね。
『Rebellion Star』は大人気ゲームアプリ「あんさんぶるスターズ!」で梶裕貴が演じる衣更真緒が所属するユニット、Trickstarによるキャラソン楽曲になります。アニメキャラソンとは違いますが、人気アプリ、そして人気楽曲ということで掲載しています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61rSioxUURL.jpg
この楽曲はTrickstarにとってのデビューCDで、2016年1月27日に発売されました。この楽曲のすごいところは、オリコンチャートで4位を記録し、これはこれまで発売された「あんスタ」のキャラソンCDの中での記録であるということでした。また、Billboard JAPAN Hot Animationでは1位を記録した楽曲でもあり、どれほどファンが待っていたか…の証拠でもありますよね。
『Bad Boys Brother's Blues 〜海と漢と侠とモヒカン〜』はアニメ『イナズマイレブン』シリーズで梶裕貴が演じているキャラクター、不動明王のキャラソン楽曲で、2011年に発売の「イナズマイレブン キャラクターソングオリジナルアルバム」に収録されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61688-a73mL.jpg
この楽曲にはそのほかに染岡竜吾(CV加瀬康之)、飛鷹征矢(CV峯暢也)、綱海条介(CV阪口周平)が参加、作品内では割と、そのキャラクターの外見や言動などで「ワル」「bad boys」として見られがちなキャラクターを集めてのキャラソンになっていて、なかなか微笑ましく、楽しく聴くことのできる楽曲です。
こちらでは、声優・梶裕貴がこれまでに演じてきたアニメキャラクターや、歌ってきたキャラソンなどをまとめました。ファンから人気のキャラに独自のおすすめキャラを加えてご紹介していますが、まだまだ、ここに挙げてきたキャラ以外にもたくさん、おすすめしたいキャラはあります。
梶裕貴はその天然さ、ふわっとした雰囲気で「かわいい」とか、顔立ちの良さから「かっこいい」と人気でもありますが、幅広く色々なキャラを演じられるその声優としての才能・力量があるからこそ、なんですよね。今後も、どのようなキャラクターを演じていくのか、また、キャラソンなど楽曲の発表なども注目していきたいですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61sFbJquBWL._SL1000_.jpg