Ccdtxdfx55avbka6ebpr

進撃の巨人

CATEGORY | 進撃の巨人

【進撃の巨人】トーマス・ワグナーは奇行種に捕食?|エレンの同期で調査兵団の彼を徹底解説

2021.03.06

進撃の巨人のトーマス・ワグナーは、トロスト区攻防戦にて立体起動装置で移動しながらエレン達と鼓舞している様子や調査兵団を志す姿が特徴的だったキャラです。そんなトーマスは、奇行種と遭遇し死亡します。今回は進撃の巨人のネタバレを含みながらトーマスについて紹介します。

  1. 【進撃の巨人】トーマス登場のあらすじ
  2. 【進撃の巨人】トーマス・ワグナーの基本プロフィール
  3. 【進撃の巨人】トーマス・ワグナーの活躍~死亡までを紹介
  4. 【進撃の巨人】トーマス捕食の巨人はエルディア復権派?
  5. 【進撃の巨人】トーマス以外の捕食された104期生達
  6. 【進撃の巨人】トーマス・ワグナーの声優を紹介
  7. 【進撃の巨人】トーマス・ワグナーの最後は悲しい

トーマス・ワグナーについて紹介する前に、トーマスが進撃の巨人に登場するあらすじを解説します。あらすじを振り返ると、トーマスが進撃の巨人作中でどのような立場に位置しているのか分かりやすくなります。しかし、解説する中でネタバレ要素を含むため、注意してください。

進撃の巨人の世界には、人間を捕食する巨人が存在します。巨人が人間よりも強い立場にある進撃の巨人の世界で、主人公のエレンが住むパラディ島では、巨人に対抗すべく兵団を結成しました。そして、パラディ島の住民は100年もの間平和に過ごしていたのです。しかし、845年に超大型巨人がパラディ島を守る壁を破壊したため、多くの住民が死亡しました。その中に、主人公であるエレンの母親も含まれていたのです。

そのため、エレンは巨人を駆逐するという目標を立て、104期訓練兵に志願しました。そして、トーマスもエレンと同じ104期訓練兵として進撃の巨人に登場します。

トーマス・ワグナーが進撃の巨人に登場するまでのあらすじが分かったところで、次はプロフィールを振り返ってみましょう。トーマスがどのような人物なのか紹介するため、ぜひ参考にしてください。しかし、紹介する中で進撃の巨人のネタバレ要素を含みます。

トーマス・ワグナーの経歴プロフィール

トーマス・ワグナーは進撃の巨人の物語りで主に描かれている104期訓練兵の卒業生です。しかし、身長や体重、誕生日などが一切明かされていません。というのも、トーマスは進撃の巨人に登場するキャラの中でもあまり発言シーンがなく、物語序盤で死亡してしまうからです。

トーマス・ワグナーの人物像や特徴

トーマス・ワグナーは個性のあるメンバーが揃う104期訓練兵の中でも、素直でまじめな性格をしていました。そのため、訓練兵時代にエピソードとして作中に取り上げられることはありません。元々は、安全な内地へ行くために憲兵団を希望していました。しかし、エレンの演説に胸を打たれ調査兵団への入団を目指していたキャラです。

104期訓練兵の中ではあまり登場シーンがなかったトーマス・ワグナーは、進撃の巨人の物語りが進む中で死亡しました。次は、トーマス・ワグナーの死亡経緯を紹介します。紹介する中で、進撃の巨人のネタバレ要素を含むため、注意してください。

超大型巨人登場

845年に攻めてきた超大型巨人は、850年に再度出現します。そして、ウォール・ローゼ南端にあるトロスト区の壁を破壊しました。その結果、トロスト区内に複数体の巨人が侵入します。トーマス・ワグナーは当時、固定砲整備4班に配属されていました。そして、超大型巨人は4班の目の前に現れたのです。しかし、超大型巨人が現れたのは一瞬で、すぐに消えていなくなりました。

パラディ島を襲撃した進撃の巨人の物語りに大きく関わる超大型巨人については、以下の記事で詳しく紹介しています。超大型巨人について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

104期生同士で鼓舞しあう

超大型巨人により壁が破壊されたため、4班は本部へと向かいます。しかし、普段主に巨人と戦闘を行う調査兵団は壁外へ行っていたため、駐屯兵団と訓練兵が巨人と戦うしかありませんでした。そのため、巨人の討伐係や情報伝達係など役割を持った班を編成し直します。そして、トーマスはエレンと同じ34班に配属されました。

しかし、訓練兵であったトーマス達は巨人との戦闘が初めてだったのです。そのため、多くの104期訓練兵が動揺しながら立体起動装置の準備をしていました。その後、立体起動装置を付け、巨人の元へ向かう最中に34班に配属された104期訓練兵はお互いを鼓舞しあうことで冷静さを取り戻していきます。

奇行種に捕食されるトーマス

お互いを鼓舞しあった34班は、立体起動装置を使い、巨人の元へ急ぎます。しかし、34班が巨人の元へたどり着く頃には、前衛で戦っていた団員達が総崩れになっていました。その光景を見た34班も戦闘体制に入ります。そこに奇行種が現れ、34班に配属されたキャラは、立体起動装置で一斉に距離を取ります。その中で、トーマスだけが逃げ遅れ、他のキャラが気づいたときには、既に奇行種の口の中にいました。

その後、トーマスはあっと言う間にその奇行種に捕食されてしまったのです。当然同じ34班に配属されたメンバーはトーマスを助けようとしました。しかし、間に合わずにトーマスはそのまま死亡します。

エレンの巨人化

トーマスが目の前で死亡するのを見た104期訓練兵は、次々に捕食した奇行種に襲い掛かります。しかし、襲い掛かったキャラも次々に捕食されました。もちろん、エレンも奇行種に立ち向かいます。その時、別の巨人が現れ左足を食べられてしまいました。次々に仲間が捕食される姿を見たアルミンは絶望し、その場から動けません。その結果、後ろから来た別の巨人に捕食されそうになります。

アルミンが飲み込まれそうになった時、エレンがアルミンを助け出し、代わりに自分が巨人に捕食されました。アルミンは、コニーやライナー、ミカサなどその他の104期訓練兵と合流し、34班のメンバーが死亡したことを伝えます。エレンの死に絶望する104期訓練兵を鼓舞したのがマルコでした。

しかし、死亡したと思われたエレンは、その後生きていることが判明します。巨人に食べられそうになったと同時に、エレンの巨人化能力が覚醒し、巨人化しました。そして、巨人化したエレンはトーマスを捕食した奇行種に襲い掛かり、倒すことに成功します。

進撃の巨人最新話でエレンが所有している巨人の能力について、以下の記事で詳しく紹介しています。エレンの能力について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ネタバレになりますが、進撃の巨人の物語りが進む中で、巨人の正体は人間だと判明しました。そして、トーマスを捕食した巨人が人間だった頃の様子も描写されたのです。トーマスを捕食した奇行種は、エレンの父親であるグリシャの回想シーンで登場します。その正体は、かつてグリシャが所属していたエルディア復権派にいた人物です。

マーレ国で活動していたエルディア復権派のメンバーは、活動を密告されたため、巨人化させられ楽園送りになります。その結果、パラディ島に辿り着き、トーマスを捕食したのです。進撃の巨人に登場する巨人の正体については、以下の記事で詳しく紹介しています。巨人は進撃の巨人に大きく関わる存在です。巨人化する仕組みやキャラを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

トーマス・ワグナーは、奇行種により進撃の巨人の序盤で死亡してしまいました。しかし、巨人との戦闘によりトーマス・ワグナー以外の104期生も次々に捕食されていきます。次は、巨人に捕食され死亡した104期訓練兵について紹介します。紹介する中で、進撃の巨人のネタバレを含むため、注意してください。

フランツ・ケフカ

進撃の巨人に登場するフランツは、同じく104期訓練兵であったハンナと恋人関係だったキャラです。捕食された詳細は明かされていません。しかし、トロスト区攻防戦で上半身だけで登場しました。フランツの死体が登場したシーンは、上半身だけになったフランツにハンナが必死に心臓マッサージを行っているシーンでした。そのため、どのように死亡したのかは不明です。

ミーナ・カロライナ

進撃の巨人に登場するミーナは、トロスト区攻防戦にてトーマスと同じ34班に所属していた女性です。巨人に立ち向かおうと34班の104期訓練兵と鼓舞していました。しかし、原作では立体起動装置のワイヤーが巨人の腕に引っ掛かり死亡します。アニメ進撃の巨人では、立体起動装置のワイヤーを巨人が掴み、地面に叩きつけられたことで死亡しました。

ナック・ティアス

進撃の巨人のナックもトロスト区攻防戦でエレンやトーマスと同じ34班に配属されたキャラです。しかし、発言シーンがないためあまり知られていないキャラでもあります。トロスト区攻防戦で、エレンの足を食べた巨人にナックも捕食され、死亡しました。

ミリウス・ゼルムスキー

進撃の巨人のミリウスもエレンやトーマスと共に、トロスト区攻防戦時に34班に配属されたキャラです。エレンが足を喰われるのを目の前で見ていたため、ナックと共に足を食べた巨人に立ち向かい、死亡しました。

ここまでトーマス・ワグナーについて解説してきました。最後に、アニメ進撃の巨人でトーマスの声を務めている声優を紹介します。声優に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

トーマスの声優は須嵜 成幸

アニメ進撃の巨人でトーマス・ワグナーの声優を務めているのは「須嵜成幸(すさきしげゆき)」です。鳥取県出身の声優で、BloomZに所属しています。2018年までは賢プリダクションに所属していました。

須嵜 成幸の出演作品

須嵜成幸がアニメ進撃の巨人以外で出演している作品は、妖怪ウォッチの「ギョッピアーラ」やとなりの関くんの「前田高広」などです。その他にも様々な作品で活躍しています。

アニメ進撃の巨人で声優を務めている人物については、以下の記事で紹介しています。トーマス以外のキャラの声優を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

進撃の巨人に登場するトーマス・ワグナーは、エレンに影響され調査兵団への入団を志していたキャラです。しかし、その後の巨人との戦闘であっけなく死亡してしまいました。調査兵団に入団するという目標は達成できませんでしたが、104期生と共に過ごした時間は掛け替えのないものになったでしょう。

最終回が近い進撃の巨人で地ならしを行っているエレンが多くの仲間の死を乗り越え、どのような結末を迎えるのか考察しながら、最後まで進撃の巨人を楽しんでください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://m.media-amazon.com/images/I/51KJGq4nTCL._SY346_.jpg