Lsastgojjgke8ftejfvm

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】ナットはナルシストでも頼れる男!アンナとの関係も紹介

2021.08.03

約束のネバーランドに登場するナットは、エマやノーマン、レイと同じくハウスを脱獄したメンバーの1人です。今回は約束のネバーランドのナットについて、基本的なプロフィールからナルシストと言われる所以、そして鬼やピーター・ラートリーと対峙する場面などを解説します。

  1. 【約束のネバーランド】ナット初登場までの話のあらすじ
  2. 【約束のネバーランド】ナットの基本プロフィール
  3. 【約束のネバーランド】ナットがナルシストって本当?
  4. 【約束のネバーランド】ナットの自慢は気高い鼻!
  5. 【約束のネバーランド】ナットとアンナはとっても仲良し?
  6. 【約束のネバーランド】ナットの活躍シーンを振り返る
  7. 【約束のネバーランド】ナットの声優を紹介
  8. 【約束のネバーランド】ナットは11歳とは思えないほど心が強い!

約ネバこと約束のネバーランドは、週刊少年ジャンプで連載されていたダークファンタジー漫画です。グレイスフィールドハウス(以下、GFハウス)という孤児院で、主人公エマをはじめとする子どもたちは何不自由なく暮らしていました。

しかし、そんな幸せな日々はある日突然幕を下ろします。里子に出されるという名目で、実は鬼という生物の元へ「食料」として「出荷」されていた事実をハウスの子供達が知るからです。育ての親であるママ・イザベラの正体、ハウス脱獄までに起きるスパイ疑惑などが複雑に絡み合い、実写映画化されるほどの人気を博しました。

今回はそんな約束のネバーランドに1話目から登場する、ナットという男の子について紹介します。1話目から最終話まで出る主要なキャラクターの1人であるため、約束のネバーランドの世界をもっと知りたいという方は必見です。

まずはナットの経歴や人物像を振り返ってみましょう。約束のネバーランドで特徴的な識別番号についても紹介します。

ナットの経歴プロフィール

約束のネバーランドに登場するナットは9歳の男の子です。エマやノーマン、レイと同じGFハウスで育ちました。身長は133cmで、9歳の日本人男児の平均とほぼ同等です。体重や誕生日は残念ながら不明です。ちなみに物語の後半は約2年が経過するため、11歳になっています。

GFハウスの子供達には首に識別番号が刻印されており、ナットは「30294」です。約束のネバーランドに登場する識別番号の意味や法則については、以下の記事で詳しく紹介しています。

ナットの人物像や特徴

約束のネバーランドに登場するナットは、エマやノーマン、レイのようなフルスコア組ではありません。基本的には臆病な性格で、鬼を初めて見た時は汗だくになって「何だアレ!」という言葉を繰り返すだけで必死でした。そんなナットも、ハウス脱獄後は年下の子供達を守れるように強くなろうと努力しています。

また、ナットは茶髪で坊ちゃんヘアーをしており、やや気取った表情を浮かべることが多いです。その中でも最も印象的なのは本人も自慢する「鼻」でしょう。こちらは後程詳しく紹介していきます。

約束のネバーランドでナットが登場するとき、その気取った表情や振る舞いが多いです。時にはウインクをしたり、キラキラとした効果が追加されたりすることから「ナルシストなのでは?」と感じる場面が多いキャラクターでもあります。

しかしそれは、臆病な性格を表に出さないようにと取り繕っているに過ぎません。根は優しく、年下の子供達のことを気に掛けるのはもちろん、年長組で苦労の多いエマやノーマン、レイを気遣う様子も伺えます。

約束のネバーランドでナットを見た際に一番目が行くところといえば、鼻です。本人も「美しい鼻筋」と評する程、スッと伸びて高い鼻が印象に残ります。

ハウス脱獄後に出会ったユウゴというキャラクターには、そのものずばり「鼻」というあだ名をつけられる程、自他ともに認める特徴です。本人も納得のあだ名であり、どこか誇らしげな表情が印象的でした。

ナットの特徴的な鼻はたとえ小さいコマの中に描かれたとしても、ナットだとすぐ分かることでしょう。アニメ「約束のネバーランド」では、ナットの鼻が更に強調して描かれています。

ナットはGFハウスで一緒に育った同い年のアンナと仲が良いことが伺えます。アンナは長い金髪を三つ編みにしている可愛い女の子です。

約束のネバーランドではエマやノーマン、レイといった年長組や、ドンやギルダといった次期年長組のように同い年同士で動くことが多いです。そのため、同い年のナットとアンナは一緒に行動する中で、自然と仲が良くなっていったのでしょう。

ここでは約束のネバーランドの中でナットが活躍したシーンをピックアップして紹介します。

①GFハウス脱獄時

GFハウスを脱獄するときに、戸惑うレイに対して言ったナットは「じゃ、お先に、レイ」と言います。手作りのロープとハンガーでハウス外側の崖を渡る、という恐怖があおられる場面の中、練習を重ねたナットは自慢げに言い放ったのです。

内心では怖くて仕方がなかったのですが、憧れのレイに自分達が練習してきた成果をしっかり見てもらいたかったのでしょう。言葉通り、ナットは無事に崖の向こう側へ渡り切ることができました。

②GFハウス脱獄後~シェルター到達まで

初めて見る鬼に恐れおののきながらも、シェルターまでの道中、随所で「頭の切れの良さ」を発揮します。

例えば、ハウス脱獄後に遭遇した吸血樹について、ミネルヴァの本に書いていたと最初に気づいたのもナットでした。周囲の環境や人の言動・行動を良く見ていて、その差や違和感に敏感な子供だったといえます。

③GFハウス奪還時

紆余曲折を経て、エマやノーマン達は鬼の世界から人間の世界へ渡る方法を見つけ出します。実は人間の世界へ渡るための場所は、脱獄してきたGFハウスにあったのです。しかし、エマやノーマン達の動きを察知したピーター・ラートリーや鬼たちはナットら農園脱走者をさらってしまいます。このとき、エマやノーマンたちは鬼の女王を打倒すべく王都で戦っていました。

エマやノーマンの居所をピーターに聞かれたナットは、機転を利かせて「死んだよ!」と嘘をつきます。しかしその嘘がばれてしまったとき、ナットはピーターによって指を折られてしまうのでした。

それでもナットは年下の子供達を落ち着かせるよう「俺は大丈夫だから!」と言い聞かせます。このシーンはナットが約束のネバーランドの中で最も活躍したシーンといえるでしょう。このシーンを含めた約束のネバーランド終盤の物語は、以下の記事を参考にしてみてください。

アニメ「約束のネバーランド」でナットを担当している声優は誰でしょうか。

ナットの声優は石上静香

アニメ「約束のネバーランド」でナット役を演じているのは、石上静香です。1988年9月14日生まれで東京都出身です。2010年頃から声優として活躍しており、主に少年少女役で人気を博しています。

石上静香が出演するアニメには「食戟のソーマ」や「艦これ」といった人気作が多くあります。石上静香についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をぜひ読んでみてください。

約束のネバーランドに登場するナットは、一見するとナルシストな男の子です。しかし根は優しく、時には思い切りのある行動をする心の強いキャラクターです。

原作コミックは2020年に完結しましたが、アニメ「約束のネバーランド」は2021年に第2期を放送しています。アニメの中でナットがどんな活躍をしてくれるのか、楽しみです。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71lpOGu5N%2BL._AC_SL1500_.jpg