Jseieinyyrwcejayhryj

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】識別番号の意味と法則とは?タイトルの番号の意味も紹介!

2021.03.16

約束のネバーランドの登場人物達の首には番号が記されています。作者いわく番号には法則があり、伏線があるとヒントがありました。数字の意味や、出荷順との関係についてネタバレを含みながら考察します。また、アニメ版約束のネバーランドのタイトルの意味も解説します。

  1. 【約束のネバーランド】首の識別番号に隠された恐ろしい謎を解説
  2. 【約束のネバーランド】識別番号は農園によって異なる?
  3. 【約束のネバーランド】作者が法則性について匂わせ?
  4. 【約束のネバーランド】識別番号の解読法を考察
  5. 【約束のネバーランド】出荷順は識別番号と関係がある?
  6. 【約束のネバーランド】識別番号には隠された法則性があった!

「約束のネバーランド」の舞台はGF(グレイス・フィールド)という名の森に囲まれた小さな孤児院です。エマ、ノーマン、レイは多くの兄弟たちと共に幸せに暮らしていました。しかしある日、施設の秘密を知ったエマ達は施設を脱出しようと試みることから物語は始まります。

子供たちの首にはそれぞれ識別番号が付けられています。しかし、この識別番号にはある秘密が隠されています。この記事では子供たちにつけられた識別番号について考察します。一部ネタバレも含みますので、約束のネバーランド本編をまだ読んでいない方は注意してください。

首に付けられているのは識別番号

「約束のネバーランド」の子供たちの首に付けられている識別番号は、鬼たちが子供たちを管理するための数字です。ネタバレとなりますがエマ達の知ってしまった秘密とは、自分たちが鬼に食べられるための食用児であることです。首に付けられた番号は、農園の中でも高級農園で育てられた子供たちであることを意味しています。この番号は物語の伏線となっており、意味や法則性もあるので後に考察していきます。

農園はエマたちのいたGF(グレイス・フィールド)以外にも存在します。農園は大きく分けて「量産農園」「高級農園」「試験農園」の3種類に分類されます。レウウィス大公たち鬼がエマを見てGFの脱走者と悟ります。そのことからそれぞれの農園ごとに紋章や番号が異なり、特徴でどの農園出身か特定できると考察できるのです。ここでは農園ごとの特徴についてネタバレを含みながら解説します。

量産農園

量産農園は一番数の多い農園です。非常に劣悪な環境で子供たちが管理されています。子供たちには名前や意思がなく、手足にも手枷がつけられてただ生かされている状態です。低品質で安価な大量生産のための農園です。量産農園の子供たちには頭にマークが付けられており、番号はありません。

高級農園

高級農園は上級の鬼たち用の食用児を管理する農園で、子供たちは良好な環境で伸びやかに育てられています。脱走してもわかるように子供たちの体の中には発信機が埋め込まれています。飼育官である大人の女性1人が約40人ほどの子供たちを管理しています。

農園はテストのスコアが低い順に6歳から出荷されていくシステムです。また、満期の年齢を迎えると無条件で出荷となります。農園ごとに違いを説明していきます。

グレイス・フィールドハウス(GF)

グレイス・フィールドハウスは高級農園の中でも最上級に位置する農園です。エマ達のいた農園でもあります。満期である年齢は12歳で、首に数字5桁の識別番号がつけられていることが特徴です。毎日バーコード式のテストを受ける必要はありますが、それ以外はひたすら遊ぶというとても健康的な日々を送っています。

グランド・ヴァレー(GV)

グランド・ヴァレーは鬼の中でも貴族であるバイヨン卿との繋がりが強い農園です。出荷された子供たちは、バイヨン卿の管理するゴールディポンド(GP)という狩猟場へと送られ、鬼たちの狩りの標的とされます。番号は「A II 866-890」と、大文字のアルファベット、英数字、3桁‐3桁の数字から成り立っています。数字の位置は鎖骨の下あたりにつけられているのが特徴です。

満期の年齢は明らかとなっていません。GVから出荷され、GPに来てまだ日が浅いペペという登場人物が16歳であることは分かっています。このことから満期年齢は15歳以上ではないかと考察できます。

グローリー・ベル(GB)

13年前にユウゴやルーカスが脱獄してきた農園がグローリー・ベルです。識別番号は腹部左側あたりに数字とアルファベットが混ざった6桁の数字です。満期の年齢は15歳ということが分かっています。ユウゴの回想シーンから、GFと同じように「孤児院」と教え込まれ、里親が見つかったという名目で出荷されていくシステムだったようです。

グッドウィル・リッジ(GR)

グッドウィル・リッジは高級農園の一つであるものの、作中ではあまり登場しない農園です。子供たちの識別番号がどのような数字なのか、また体のどこにつけられているのかは明らかとなっていません。

試験農園Λ(ラムダ)7214

ラムダとはピーター・ラートリーが管理する試験農園で、良質な量産肉を作るための農園です。ラムダにいる子供たちには左胸に紋章のような刻印が付けられています。ラムダにはラムダで生まれた子と、他の農園から移管された子に分けられます。ネタバレをすると、ノーマンが出荷された時も実はラムダに送られていたのです。過度な投薬実験をされていた子供たちをノーマンは助け出し、施設を破壊しました。

「約束のネバーランド」単行本4巻の表紙カバーにて、作者により識別番号にはある法則があるとネタバレされていました。番号の付け方は工夫されており、一見すると何の法則かはわかりません。しかし作者いわく「ナンバーの法則?」と?マークを使用していることから、気付くと複雑な法則ではないと伺えます。「約束のネバーランド」単行本の中には伏線となるコマもあるので、番号の法則を考察していきます。

内容のネタバレも含んで識別番号の意味を考察します。「約束のネバーランド」単行本4巻にて、レイの記憶を回想するシーンがあります。その際に食用児がどのように産み出されるのかが明らかとなります。レイの記憶の回想シーンの中で、鏡越しに自身の識別番号を確認する描写があります。これは、数字を逆さから読んでみてという作者からの伏線でありヒントです。

生まれた順

エマ、レイ、ノーマンの3人の認識番号を逆にして確認してみます。それぞれの番号はエマが「63194」、レイが「81194」、ノーマンが「22194」です。番号を逆にすると、エマ「49136」、レイ「49118」、ノーマン「49122」となります。レイが3人の中で一番早くに12歳の誕生日を迎えることから、番号は生まれた順で付けられていることが分かります。

最後にGFに送られてきたキャロルの番号を逆から読むと「49435」となります。数字がエマ達よりも大きくなっていると分かります。大人のイザベラやクローネの番号を逆から読むと、イザベラ「48537」、クローネ「48681」です。イザベラとクローネの数字がエマ達よりも若いことが確認できます。このことからも番号は出生順でつけられていると考察して間違いないでしょう。

犠牲になった数はなんと5万

レイの記憶の回想シーンから、農園に移管される前の赤ちゃんがベビーベッドに並んでいる場面がありました。赤ちゃんのベッドには連番で認識番号が付けられていることが確認できます。番号は生まれた順に連番であるため、今まで犠牲になった子供たちは5万近くになることを意味します。

この数字はあくまでGF農園の数字です。他の高級農園や量産農園の子供たちも含むと、犠牲者の数は数えきれないほどです。イザベラやクローネのように飼育官という役割を得て生き延びた子供もいます。しかし鬼の食用として犠牲となった子供たちの方がずば抜けて多いでしょう。

アニメ「約束のネバーランド」タイトル番号の意味

アニメ版「約束のネバーランド」のタイトルが数字の羅列であることが読者の間で注目されていました。1話から12話までのタイトルが数字となっています。これも作者からの伏線であり、タイトルを逆から読むと意味のある数字となります。ただ、認識番号とは異なり、2数字すつ逆から読む必要があります。例えば、1話のタイトル「121045」を逆から読むと「451012」ということです。

ネタバレになりますが1話ではエマ達がコニーの出荷を目撃し、孤児院の秘密を知ってしまいます。6話ではミネルヴァの存在を知り、9話ではノーマンが塀の外が崖ということを確認し、12話で脱走します。つまり、エマ達がコニーの出荷を目撃し、GF農園を脱出するまでの日付が時系列でタイトルに隠されていたのです。

結論からいうと、出荷される順番は識別番号とは関係ありません。識別番号は個人を特定するための数字なので、大きければ遅い、小さければ早いというわけではありません。GF農園では6歳から12歳が出荷対象となっています。出荷順はどのように決まるかというと、エマ達が毎日受けているテストに意味があります。

出荷順はテストのスコアで決まる

エマ達が毎日受けているテストのスコアの順位こそ、出荷順に大きく関わっています。鬼は人間の脳、中でもより発達した脳を好んで食べるからです。そのためGF農園では、より優れた脳を持つ子供を育成するため、毎日高度なテストを受けさせる教育をしています。出荷対象が6歳から12歳であるのにも脳の成長が関係しています。人間の脳は6歳までに9割成長し、12歳で完成するからです。

毎日のテストで高得点を取ることが、「脳が成長している」という判断基準になります。エマ、レイ、ノーマンの3人は毎回満点(フルスコア)の成績なので、12歳近くなっても出荷されていません。高いスコアほど育成期間が長くなるのです。反対にスコアの伸びがあまり良くないと、出荷の対象となってしまいます。約束のネバーランド1話にて出荷されたコニーは、スコアが芳しくなかったことが示唆されていました。

約束のネバーランドの特徴ともいえる識別番号に込められた伏線や意味を解説しました。作中では識別番号について解説するといったネタバレはないため、特に気にしていない読者もいたでしょう。

番号に込められた意味を解説すると、今までの犠牲者数という残酷な事実も明らかとなりました。これまで伏線を気にしていなかった方は、改めて物語を振り返ってみてはいかがでしょうか。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://m.media-amazon.com/images/I/51dx3ujFHGL.jpg