Yxyshiwjyaek0bapchpi

約束のネバーランド

CATEGORY | 約束のネバーランド

【約束のネバーランド】シスタークローネ徹底解説!いい人説や善逸とのコラ秘話も!

2020.05.07

約束のネバーランドの序盤で重要なキャラクターの1人、シスタークローネ。裏表のある性格と表情の豊かさで強い印象を残したキャラです。この記事ではシスタークローネに注目し、いい人説や最後についてはもちろん、実写映画情報や善逸とのコラボ情報までまとめてみました。

  1. 【約束のネバーランド】シスタークローネって誰?
  2. 【約束のネバーランド】シスタークローネとママ・イザベラの関係
  3. 【約束のネバーランド】子供たちに協力の姿勢を見せた理由はママの地位を奪うため
  4. 【約束のネバーランド】シスタークローネはいい人?
  5. 【約束のネバーランド】シスタークローネの最後
  6. 【約束のネバーランド】シスタークローネを担当している声優は藤田奈央さん
  7. 【約束のネバーランド】実写版の映画でシスタークローネを演じるのは渡辺直美さん
  8. 【約束のネバーランド】シスタークローネと善逸のコラの存在
  9. 【約束のネバーランド】シスタークローネと善逸のコラが作られる理由
  10. 【約束のネバーランド】シスタークローネについてまとめ

シスタークローネは、約束のネバーランドに登場するキャラクターの1人です。

農園の真実を知った子供がいることを悟り、脱獄を企てていることを察知したママことイザベラ。

彼女が要請した監視強化のため、助っ人として急遽農園に補助のシスターとしてやって来たのが、シスタークローネでした。

脱獄の計画を順調に進めていたエマ達にとって、突然やって来たシスタークローネという存在は、絶望を与えるには十分でした。

ガタイが良く、時折見せる顔芸は一度見たら忘れられません。

運動神経もバツグンで、子供たちと鬼ごっこで一緒に遊んだ際には常人離れした動きを見せつけました。

どうしても農園側の人間は「悪人」なイメージが強いですが、クローネはいい人と言われることも少なくありません。

そういった部分も含め、シスタークローネについてチェックしていきましょう。

監視強化、つまり子供たちを見張るためにやって来たシスタークローネ。

実は彼女は、野心を持っていました。

それが、ママ・イザベラの失脚です。

子供たちに農園の正体・真実を知られた上にそれを隠しているという、重大なミスと隠ぺいを機に、ママを貶めようと画策していたのです。

決定的な証拠を掴んで失脚させようとしていました。

イザベラの「ママ」という地位を狙うことに決めたシスタークローネは、彼女独自に計画を立て始めます。

その過程で、脱獄を企てる子供たちに協力することを選択しました。

彼女を失脚させるためにも、子供たちを利用して脱獄させようとするのはクローネにとって都合が良かったのです。

いい人に見えますが、これはあくまで表面上のもの

最終的には脱獄を阻み、イザベラを失脚させた後に全員「出荷」するつもりでいました。

外見からはあまり想像できませんが、案外打算的な人物であることが分かります。

シスタークローネが子供たちに協力しようとする姿勢などを見ていると「悪くない人なんじゃ?」という疑問が浮かんできます。

確かに、彼女は本当の悪人ではないかもしれません。

あくまで自分の地位を追い求め、ママのミスを利用して失脚させようとしているだけ。

ミスをでっち上げて貶めようとしているわけでもなく、基本的には事実を密告しようとしているだけです。

子供たちに協力するのは自分の地位を得るためという内心を持ってこそいますが、本当に有益な情報を与えたり、質問にも正直に答えています。

どうしても悪役のイメージが強いシスタークローネですが、本質的に悪い人ではないことが分かるエピソードが、随所に散りばめられているのです。

とはいえ、子供たちを最終的には全員出荷させるつもりでいるので、頭ごなしに「いい人だ!」と断言するのは難しいかもしれません…。

しかし、シスタークローネはファンの人たちにとって忘れられない「いい人」の印象を植え付ける最後を迎えています。

シスタークローネはママになろうと奔走していや矢先、急遽別の農園への異動を命じられました。

しかも、その農園でママになれというのです。

イザベラに自分の計画を悟られ、これは実質的な用済み宣言だとイザベラは瞬時に理解しました。

結果的に権力争いで敗北したことになったシスタークローネは、出荷されることになってしまったのです。

自分自身、子供たちのことを見下していたクローネでしたが、それ以上にイザベラに見下されたことで怒りに燃え、子供たちに「決定的な手がかり」を残すことにしました。

最後には子供たちの脱獄が成功することを願い「このクソみたいな世界をぶっ壊して欲しい」と望んでいます。

最後の最後、死ぬ間際で「いい人」な印象を強くしたシスタークローネ。

いい人感が残ったことは、読者・ファンから愛される理由の大きな要因だと考えられますよね。

事実、エマ達は彼女が最後に残した手がかりを元に脱獄後行動します。

最後の最後に残したクローネの功績は、本当に大きなものだったと言えるでしょう。

アニメ化も果たされている約束のネバーランド。

本作のアニメでシスタークローネを演じられているのは、藤田奈央さんです。

藤田奈央さんはヴィムスに所属されている女性声優で、奈良県出身。

5月14日生まれの声優です。

変ったチーズ探しやツッコミを趣味・特技とされています。

ヴィムスホームぺージにある藤田奈央さんへのリンクはこちらからご確認ください。

藤田奈央さんの声優出演作品情報

・JKめし! - 朝比奈涼香

・美少女遊戯ユニット クレーンゲールGalaxy - ダークゴリラ

・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII - 娼婦

・星合の空 - 春日綾花

・ぎゃる☆がん - 天野麻里、滝沢夏子、三田蝶子

・エンドライド -X fragments- - ペコ

上記以外にも、映画の吹き替えなどでも活躍されていらっしゃいます。

さて、アニメ化のみならず実写映画化も果たした約束のネバーランド。

エマを浜辺美波さんが演じられることなどでも話題を集めました。

今回注目しているシスタークローネを実写映画で演じられるのは、なんと渡辺直美さんです。

クローネの見せる顔芸や迫力のある動きを渡辺直美さんが実写でどう表現するのか

なんとなくイメージできる気もしなくもないですが、その想像を遥かに上回る演技を見せてくれるに違いありません。

渡辺直美さんが演じるシスタークローネを、楽しみに待ちましょう。

ちなみに、実写版でママ・イザベラは北川景子さんが演じられます。

クールビューティで慈愛に満ちたママにピッタリですよね。

北川景子さんのイザベラと、渡辺直美さんのクローネのペア。

実写映画で見られる2人のかけ合い・やり取りも楽しみですね。

Googleの検索欄にシスタークローネと入力すると、なぜかサジェストに「善逸」と表示されます。

この善逸は鬼滅の刃の我妻善逸のこと。

同じ「ジャンプ作品」だとはいえ何故この2人がサジェスト表示されるのでしょうか。

その理由は、この2人を使ったコラ画像が頻繁に作成・利用されているからです。

では、一体どうしてこの2人のコラ画像が作成されるようになったのでしょうか。

明確な理由は分かりませんが、1つ言えるのは約束のネバーランドで行われた人気投票です。

ジャンプ作品では定期的に作品内の人気キャラ投票企画が行われます。

度々変わったキャラなどに票が集まることでも話題を集める人気投票。

「約束のネバーランド」においては、なぜか第29位に「我妻善逸」が44票を集めランクインしてしまったのです。

結果発表ページでは「俺なんでここにいんだろ」と当然の疑問を浮かべている善逸に対して、クローネが「なんで違う作品のあんたがいるのよ」とツッコんでいます。

このペアの相性が良かったからか、様々なコラ画像・コラ作品が活発に作られるようになったようです。

ちなみに「鬼滅の刃」側で行われた人気投票には、しっかりとシスタークローネが4票を獲得し、59位にランクインしています。

今回の記事では、約束のネバーランドに登場するシスターのクローネについて注目してきました。

権力闘争に奔走し、エマ達を利用しようとしていたクローネ。

驚異的な運動能力やその顔芸で、一躍ファンの心を鷲掴みにしたのは間違いありません。

最終的には自身が出荷されてしまうという結果を受け入れざるを得なくなってしまったのものの、ただでは終わりませんでした。

子供たちに決定的な手がかりを残し、未来を託したのです。

そんな彼女の姿にカッコいいと感じた方も少なくないかもしれませんね。

本編で登場する期待はもうほとんど持てない人物です。

しかし、実写映画では渡辺直美さんが演じるシスタークローネを楽しむことができるでしょう。

今後も約束のネバーランドを要チェックです。

本記事と関連して、ママについてさらに詳しく知りたい方はぜひこちらの記事も併せてご覧ください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/yakuneba_staff/status/994140001226010624?s=20