Renfcx4cdfxbpaarpy0f

小野大輔

CATEGORY | 小野大輔

【メイドラゴン】ファフニールの声優情報や同居人滝谷との関係に迫る!

2018.05.19

アニメ「小林さんちのメイドラゴン」に登場する男性ドラゴンのファフニール。人間に厳しい態度を取る彼ですが、訳あって人間世界に移住をすることに!?今回は「小林さんちのメイドラゴン」で数少ない男性ドラゴンのファフニールについて詳しく紹介していきたいと思います!

  1. ファフニールの登場する小林さんちのメイドラゴンとは?
  2. 【小林さんちのメイドラゴン】元気でポップなOPが大人気!ファフニールも登場するのだが…?
  3. 【小林さんちのメイドラゴン】キャラたちの歌う可愛らしいEDにも注目!
  4. 【小林さんちのメイドラゴン】アニメ制作を手がけるのは京都アニメーション!
  5. 【小林さんちのメイドラゴン】無愛想な執事服のドラゴン・ファフニール
  6. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールの声優・小野大輔さん
  7. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールの初登場は第3話!おぞましい姿であらわれた!?
  8. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールはゲーム好き!?そのきっかけは!?
  9. 【小林さんちのメイドラゴン】人間界へ移住することにしたファフニール!しかし住む場所がみつからず…?
  10. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールとトール。二人のやりとり。
  11. 【小林さんちのメイドラゴン】ついにファフニールのお家が見つかる!その家はなんと…!?
  12. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールの友人・トール
  13. 【小林さんちのメイドラゴン】トールの声優・桑原由気
  14. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールの同居人であり家の主・滝谷とは?
  15. 【小林さんちのメイドラゴン】滝谷真の声優・中村悠一
  16. 【小林さんちのメイドラゴン】徐々に滝谷の趣味に感化されていくファフニール!
  17. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールのあだ名はファフくん!?
  18. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールの同居人・滝谷は大人気サークルの主!?
  19. 【小林さんちのメイドラゴン】ファフニールもサークル参加!その売上と内容は!?
  20. 【小林さんちのメイドラゴン】サブキャラクターで有りながら大きな存在感を放つファフニール!アニメ2期の可能性にも期待したい!
「小林さんちのメイドラゴン」は2013年より月刊アクションにてクール教信者さんが描かれている漫画です。2017年にはアニメが放送されました。

どんなお話?

主人公・小林さんが酔っ払った勢いでドラゴンのトールを助け、その恩返しにと小林さんのメイドとして同居を始めることから始まっていくお話です。トールをはじめ個性豊かで可愛いドラゴン達が日常の中で種族の違いを感じながらも、それを超えた関係を築いていく素敵な作品となっています!
アニメ「小林さんちのメイドラゴン」でOPを担当するのは人気グループ「fhana」!ポップなメロディーで元気を与えてくれるオープニングはメイドラゴンを知らない人からも人気を得ています。是非一度ご視聴下さい!…ファフニールももちろん登場するのですがその登場方法がこれまたインパクトがすごいので必見です…!
ED曲はOPと同じく佐藤純一さんの作曲する「イシュカン・コミュニケーション」!可愛らしくキャッチーなフレーズをキャラクター達が歌い上げるこれまた絶妙な中毒性を持った一曲になっています。ぜひぜひこちらにも注目してくださいね!
なんと小林さんちのメイドラゴンのアニメ制作を手がけるのは京都アニメーション!京アニの愛称で呼ばれています。過去にも数々の名作を世に送り出し、そのクオリティの高い作画からとても多くのファンから支持されているアニメーション会社です。

京都アニメーションの手がけたアニメ作品

・涼宮ハルヒの憂鬱
・CLANNAD
・けいおん!
・日常
彼がアニメ「小林さんちのメイドラゴン」に登場する執事服のドラゴン・ファフニール。アニメで声を担当するのは小野大輔さん。アニメで登場する数少ない男性ドラゴンの一人です。画像のように長髪に丸メガネをかけた執事服の姿をしています。人間界での名前は「大山 猛」(おおやま たけし)
元の世界では長い間財宝の守護をしており、その中で卑しい人間の姿をたくさん見ており警戒心がとても高く他のドラゴンに比べてより人間が嫌いなようです。そのため刺々しい発言や物騒な言葉が多いです。なお財宝を守っていたというのを聞いた小林さんには「引きこもり…?」と疑われていました。
アニメでは1話の時点で声だけですが登場しており、こちらの世界について知らず助言を求めてきたトールに対し「殺せ…財を奪おうとするもの全て殺せ…」と大変物騒な助言?を与えてくれました。
アニメ「小林さんちのメイドラゴン」でファフニールの声を担当するのは小野大輔さん。日本大学芸術学部放送学科を卒業。元々TV番組の制作を学んでいましたが、ラジオ番組制作に転向。その際に出演者不足でラジオに出演したのがきっかけで声優の道に入ったのだとか。2008年には第二回声優アワード助演男優賞を受賞。2010年には主演男優賞を受賞されています。有名な男性声優さんなのでご存知のかたも多いかと思います。

小野大輔さんの演じたキャラクター

国崎 往人/AIR
周藤 摩耶/護くんに女神の祝福を!
空条 承太郎/ジョジョの奇妙な冒険
松野 十四松/おそ松さん
ウィリアム・ヴァンジャンス/ブラック・クローバー
アニメでファフニールが初登場するのは第3話!小林さんが会社の花見を断る口実に同僚・滝谷と家でパーティーをすることになるのですがその際、トールが知り合いとしてパーティーに呼び出したのがファフニールとルコアの二人でした。
滝谷が小林さんの家に到着してすぐにファフニールが到着。チャイムが鳴ったのでトールが玄関へ向かうとそこには…!?

とてもおぞましい異形がそこには佇んていた…

ドアをを開けるとた佇んていたのは紫色の異形…思わず高速でドアを閉めるトール。それをちらりとみてしまった小林さんと滝谷は固まっていました。たしかにこんな化け物を見たら誰もが固まってしまいますよね…。
この姿では流石にまずいと思ったトールは「この間渡した写真のような姿になって下さい!」と慌ててファフニールに指摘。轟音の後表れたのが今後基本の姿となる執事服のファフニールでした。
小林さんの家についた滝谷はゲームを始めます。ファンタジーな世界観の難しそうなゲームです。それを横から眺めるファフニール。最初は普通にながめていたのですが徐々にTVに近づいていき、最終的にはTVの目の前に移動するほど見入っていました。
それを見てプレイしたいのかな?と察した滝谷は「やってみます?」とコントローラーを渡します。それを受け取るとプレイを始めるファフニール。難しそうなゲームだけあってうまくいかず滝谷にアドバイスをされてはいるものの苦戦。キャラが倒された際には悔しそうにしていました。
パーティーが進み他の面々がお酒を呑んでいる時でもファフニールは構わずゲームを続行。酔った小林と滝谷にはさまれ「手元が狂うからやめろ」と言いながらずっとゲームをプレイしていました。ファフニールはこのパーティーがきっかけでゲームの面白さにハマってしまったんですねー。
トールが買い物に商店街に行くと一人、ぽつんと立っているファフニールを見つけます。気になったトールはファフニールを家に招き何をしていたのかを尋ねます。すると彼は「しばらくこちらに済むことになった」と一言。驚く小林さんとトール。「人と一緒に暮らせるのですか?」という質問に「おまえにできるなら俺にも出来るだろ」と答えます。
行く当てはないようで「そのへんの山にでも住むさ」と言っていたファフニール。翌日には山に化物が…とニュースになってしまい、トールに咎められるのでした。
このままではいけないとトールがファフニールのおうち探しを手伝うことに。小林さんの引っ越しを手伝ったトールはその手順を覚えていたのでした。この時トールがファフニールに対して付けた人間世界での名前が「大山猛」なのでした。
順調に家探しを進めるトールですが、人間世界のシステムに詳しくなっていたトールにファフニールが一言「かぶれすぎだな」と伝えます。続けて「今のトールは人間に寄りすぎている。元の世界に戻った時、お前は人間を殺せるのか…?」と質問します。
トールは少しだけ我に返ったような様子をした後、すぐに答えます。「元の世界に戻る気はありません。ここが私の居場所ですから」と。しかしファフニールは納得がいかないようです。「トールが愛着をもつ人間は100年程度で死んでしまう。だったら…」と言いかけたところでトールに遮られます。
「私は平気ですよ。今この瞬間を大事にすれば…それだけ悲しくもなるでしょう。でも私はその気持を後悔とは呼ばないと思います。」と。素敵な言葉だと思います。このちょっとシリアスな部分がメイドラゴンの魅力だと思います。
「お前にそこまで言わせるほどの価値はあるのか?」ファフニールはまだ納得がいきません。満面の笑みで「ありますよ。小林さんがいますから!」と答えるトール。彼女が小林さんに寄せる信頼や愛を感じるシーンですね。
「もしかして心配してくれたんですか?」とトールが聞くとファフニールは「こちらの人間がどんなものか気になっただけだ」と言っていました。こんなことを言いますが、実は心配なんでしょうね。トールとファフニールは友人なので…。
さて、家さがしに話が戻ります。小林さんの新居探しの際にもお世話になった不動産に向かいます。しかしお金を持ち合わせていなかったトール達は結局家を借りることが出来ませんでした。
やはり元の世界に戻ったほうが良いのでは…?と提案するトール。気の合う人間がいなければこの世界で生活していくのは難しいだろうと、そう告げます。するとトール、自身の放ったその言葉からなにかに気付いたようです。そう、ファフニールと気の合いそうな人間が一人だけ居たのです!

訪れたのは滝谷の家!

訪れたのは小林さんの同僚・滝谷の家。ファフニールに気が合いそうな人間といえば彼以外にいませんよね!チャイムを鳴らすと滝谷が出てきます。何の用なのかと聞かれトールは「しばらくファフニールを置いて上げられないか」と答えます。「いいでヤンスよ」となんと滝谷は即答。
予想外の快諾にトールも思わず困惑。「ほんとにいいんですか!?言っちゃあなんですがこの竜かなり危険ですよ!」と確認します。が、二人は気にしていない様子。先程からそわそわしていたファフニールが口を開き「この間の…」とゲームが気になっているようなセリフを言います。滝谷は気付いたようで「ゲームでやんすか?」と聞くととりあえず家に上がるように誘うのでした。
「他にも色々教えろ」と興味津々のファフニールに「良いでやんすよ」と返す滝谷。トールは普通に会話をする二人を驚いたような顔で見ていました。更にこの後仲良くゲームをする二人を見て「ファフニールさんは本当に私のことを心配してくれていたのでしょうか」と一人思うのでした…。
さて、ここからは先程の話で登場したファフニールの友人トールと家の主滝谷に関する紹介をしていきたいと思います!
彼女はトール。主人公・小林さんの家に押しかけてきたメイドラゴンです。アニメで声を担当するのは桑原由気さん。酔っていた小林さんが彼女に刺さっていた剣を抜いて助け「うちに来ないか?」と誘われたことに深く恩を感じ、その恩返しにと小林さんの家にやってきました。ファフニールとは元の世界での友人です。何かと電話で聞いたりするあたりファフニールのことを信頼しているようです。
アニメ「小林さんちのメイドラゴン」でトールの声を担当するのは桑原由気さん。所属事務所はマウスプロモーション。専門学校東京アナウンス学院を卒業し、2014年に現事務所のマウスプロモーションに所属しました。今までに居なかった、そしてこれからも現れないような声優を目指しているのだとか。憧れの声優さんは沢城みゆきさんだそうです。

桑原由気さんの演じたキャラクター

有川 ひめ/ひめゴト
汐留 白亜/俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件
出雲 ほくと/灼熱の卓球娘
獄楽 希/セントールの悩み
星丿森 心春/ゲーマーズ!
彼は滝谷真。小林さんの同僚でメイド好きの同志。アニメで声を担当するのは中村悠一さん。普段は爽やかな好青年ですが実は隠れオタクであり、オフのときには丸メガネをかけ語尾に「ヤンス」をつけるようになり一人称が「小生」にかわります。小林さんとは良き友人で良く飲みに行ったり、仕事で助けたり助けられたりと言った関係です。
ファフニールとは前述の通りパーティーを通して知り合い、一緒の家に住むことになりました。彼はとても優しい性格で気も利く人間で、少しづつファフニールにも認められていきます。
アニメ「小林さんちのメイドラゴン」で滝谷真の声を担当する声優は中村悠一さん。所属事務所はシグマ・セブン。高校を卒業した後声優になるために上京してきたそうです。代々木アニメーション学院を卒業し、幾つかの芸能事務所に所属した後現在のシグマ・セブンに所属しました。2016年にはなんとYahoo検索大賞のパーソンカテゴリ声優部門賞を受賞されています!人気の声優さんですね。

中村悠一さんの演じたキャラクター

グリフィオン/電脳冒険記ウェブダイバー
岡崎 朋也/CLANNAD
早乙女 アルト/マクロスF
恙神 涯/ギルティクラウン
無免ライダー/ワンパンマン
滝谷と暮らす内にどんどん感化されていくファフニール。謎の踊りを公園で踊っていると思ったら実はアイドルのダンスだったり、滝谷と一緒にネットゲームを周回したり…と充実した(?)毎日を送っているようです。
あの仏頂面のファフニールがアイドルのライブとは一体どういう感じで楽しんでいるのでしょうか…。こんなキャラなのになんだかんだ人間世界をエンジョイするギャップがファフニールの魅力ですよね。
親しくなった滝谷からファフニールはなんと「ファフ君」と呼ばれます。最初に呼ばれた際には抵抗を示すものの、後に滝谷の事を「アタリとハズレの二種ある内のアタリである」と認め「ファフ君」呼びを許すのでした。
何度か触れていますが、彼は作中でも人間に敵意を出している方のキャラクターなのでそんな彼が気を許す・認める滝谷という人間もまた魅力にあふれているキャラなのだなと思います。
オタクなら誰もが知っている夏と冬の祭典「コミックマーケット」ファフニールの同居人・滝谷も作中でサークルとして参加します。そして登場した彼のサークルは超大人気サークル!名前は「水竜堂」弾幕系のシューティングゲームを販売しているのだそうです。実は滝谷は凄まじい行列を作るサークルの主なのでした。
そしてこの日、ファフニールは何をしていたのかと言うと…?
なんと彼もサークル参加!滝谷曰く「いつのまにか勝手に書いていた」のだとか。恐るべしファフニール…。その行動力は尊敬に値しますね。
彼が描いた本は「呪いアンソロ」という呪いについてまとめた本でした。が…両サイドのサークルが行列を作る中ファフニールのサークルは閑古鳥が鳴いていました…。小林さんは「初参加はそんなもんだよ」と言っていましたが、ファフニールは燃え尽きていたのでした…。売れないショックは大きそうですね。
ちなみにこの「呪いアンソロ」トール曰く実際に効果があるものらしく世に出回るとまずいのでは!?と心配されました。(幸か不幸か出回りませんでしたが)ファフニールは滝屋と同じく冬コミにも参加しており冬コミでは「呪いアンソロ2」を懲りずに出していました。(これも売れなかったようです…残念)
仏頂面で無愛想なキャラのファフニール。ゲームにはまったりオタク趣味を共有したりとなんだかんだで他のドラゴンたちより人間世界をエンジョイしているのでは!?とすら思えてしまうほどエンジョイしていますよね。滝谷という人物がいたからこそこのように楽しめているのでしょう。
素敵な滝谷とファフニールのコンビの活躍がこれからも気になっちゃいますよね!アニメは2017年に終了していますが、原作はまだまだ続いています!2期があるかはわかりませんが、是非続編を見たいなぁと思えるアニメですね!今後のメディア展開に期待です!