Pazv8kctkrj1bwb29jpg

七つの大罪

CATEGORY | 七つの大罪

ザラトラスの闘級は?彼は生きている!秘密に迫る!!【七つの大罪】

2018.06.02

七つの大罪作品の中では当初から既に故人だったザラトラスですが、とても優秀かつイケメンな聖騎士ということで七つの大罪作品の中でも結構な人気を誇っているキャラクターです。そんなザラトラスについて今回は着目していこうと思います!

  1. 【七つの大罪】ザラトラスとは?
  2. 【七つの大罪】ザラトラスの性格は?
  3. 【七つの大罪】ザラトラスの強さは?
  4. 【七つの大罪】ギルサンダーとザラトラス
  5. 【七つの大罪】ザラトラスが殺された経緯は?
  6. 【七つの大罪】再び復活するザラトラス
  7. 【七つの大罪】ザラトラスの活躍
  8. 【七つの大罪】メリオダスとザラトラスの出会い
  9. 【七つの大罪】ザラトラスの声優「小山力也」
  10. ザラトラス まとめ
ザラトラスは先代(ドレファス・ヘンドリクセンの前)の聖騎士長でありドレファスの兄、そしてギルサンダーの父親となります。銀髪にしっかりとした顔立ちを持ち漫画作品で言うところのイケメンに属するタイプといってもいいでしょう。年齢(享年)49歳であり身長は183センチ、体重74キロとかなり絞られた肉体であることが窺えます。
血液型や誕生日などは不明となっており出身地に関してはおそらくですがドルイドに関係すると思われる場所と推測されます。もしかしたらリオネス王国の可能性もありますね。聖騎士長の前に聖騎士として最も模範とされる規律正しく折り目正しくまた心優しい人物であり、聖騎士としての職務以外ではとても良い父親であったことが語られております。
黄金の鎧を身にまといいかにも強そうな騎士であったかと言う風貌をしております。実際に強かったとされております。またドイルドとのハーフでありドルイド特有の魔力である「浄化(パージ)」を使えるのも特徴とされております。聖騎士長の中では最年少となる20歳で聖騎士長となったこともありリオネス王国では特に有名な存在であったことがわかります。
性格面ではとても良いとしか言えないような存在であったことがわかっております。聖騎士としても、また聖騎士長しても、メリオダス曰く友人としても、そして父親としてもとても良い人物であったことが語られております。まず第一にとても穏やかで優しい心を持ち、また厳しい時は厳しくと言う聖騎士としての模範的存在であったことがわかります。
一方父親としても幼いギルサンダーに対して肩車をしている場面があったことなどからとても良い父親であったことが窺えます。その点ちょっとした抜けている部分もあることがわかっています。またお酒にも弱かったこともあり、お酒の席では一杯でべろんべろんに酔っ払ってしまうと言うこともあったようです。総合するととても良い性格の人物であることがわかりますね。
ザラトラスの強さは聖騎士としては折り紙付きといっても良いほどの実力であったとされております。純粋な闘級は3060であり七つの大罪とタメを張るほどの強さであることがわかります。魔力武力気力共に均等に鍛えられており、剣術もかなりのものであったようです。しかし剣術だけなら弟であるドレファスの方が一歩上手だったとも記されております。
戦いにおいてはリオネス王国では一番強いとされておりました(七つの大罪抜きで)。十戒という存在が復活しなければおそらく近隣国の中では一番強い存在であったとも言えるでしょう。ただ七つの大罪が規格外であるだけに闘級の高さもそこまで高いとは思わないというのが一つ言えることです。実際に第1章だけで見るとかなり強かったと言えると思います。
ザラトラスの息子であるギルサンダーですが、父親譲りの顔立ちで爽やかなイケメンを引き継いでおります。この二人に関する情報は作中ではあまり語られておりません。しかし良き父親であったということは外伝などでも記されておりました。ギルサンダーの魔力である雷も父親からの遺伝であることがわかっています。現にザラトラスが復活した時は同じ雷属性の魔力を使っておりました。
ザラトラスのことを一番よく知るという意味ではおそらくギルサンダーを見ることが一番だと思いました。復活後のザラトラスを見ているとギルサンダーをとてもよく似ていることがわかります。逆ですね、ギルサンダーがザラトラスによく似ているということです。父親の良い部分をよく受け継いでいるということが復活した場面を見てよくわかりました。
先代聖騎士長が残酷にも串刺しにされて殺された場面は第1章で映されておりました。しかしながら実際には毒殺されたということがわかっております。殺された経緯についてですが、ダナフォールの調査に向かっていたドレファスとヘンドリクセンがダナフォールでなんとか生きていたフラウドリンと出会ったことが始まりとなります。
フラウドリンにとって一番邪魔な存在であった七つの大罪を排除するためにザラトラスを殺し、そしてその罪をなすりつけようという流れになったのでしょう。ドレファスはもうその時すでに体をフラウドリンに乗っ取られていたこと、そしてヘンドリクセンも洗脳されていたため実際に二人が起こした事件ではないと言えますね。
ザラトラスは物語当初から死亡していた人物ではありますが、十戒復活後にザラトラスも復活する場面があります。ネタバレになってしまいますが、メラスキュラの魔力によってこの世に未練を持って魂を復活させられます。ザラトラスの未練についてですが、ドレファスとヘンドリクセンが魔神族によって操られていることに気づけなかったという自分への恨みらしいですね。
その部分から見てもザラトラスという人物の性格がわかります。誰かへの未練ではなく自分自身に対しての未練ということでこういう人物も珍しいといってもいいでしょう。そして復活後はヘンドリクセンとともにフラウドリン(乗っ取られたドレファス)と戦うこととなり、最終的には浄化を命と引き換えに使いフラウドリンを分離させることに成功します。
復活後の活躍というものが主となりますが、復活した後にヘンドリクセンと共に体を乗っ取られたドレファスと戦うことになります。最初はもちろん苦戦しておりましたが、ホークが良いタイミングで隙を作りそこでドルイドの力である「浄化(パージ)」を使ったことによってドレファスからフラウドリンを分離させることに成功します。
ここでもしザラトラスが復活していなければもっと違うシナリオになっていたことでしょう。ここでザラトラスが復活したこと、十戒のメラスキュラが魂を復活させるという能力を持っていたのもこういうためだったのだと個人的には推測しております。ザラトラスの貢献というのはとても大きいものであったと感じました。
メリオダスがダナフォールで聖騎士をやっていたというのはもうご存知であると思いますが、どうやってそのあとにリオネス王国に属することになったのかというところです。16年前にダナフォールが消失した後にバルトラとザラトラスが偶然メリオダスと出会うということになります。おそらくですが、エリザベスがダナフォールで拾われたということなので出向いていたのでしょう。
そこでメリオダスが「俺を聖騎士として使え」とメリオダスらしいことを言ったのちにザラトラスはメリオダスと勝負してそこでメリオダスに敗れたらしいです。情報によれば「少しちびった」という話ですね。それだけの強さを持っていたということとメリオダスの人間性を見てザラトラスとバルトラはメリオダスをリオネスに迎え入れたのでしょう。
小山力也(こやまりきや)さん、1963年12月18日生まれ、京都府出身、劇団俳優座所属のベテラン声優さんです。とても男らしい力強い声を持っており、筋肉質な中年役を多く演じております。また海外ドラマである24のジャックバウアーやジョージクルーニーの吹き替えを担当するなどもはや声優界では知らない人はいないほどの有名人です。
いかがでしたでしょうか? 今回はザラトラスについて綴ってきました。ザラトラスは物語の初めからすでに故人でしたが、後々に復活し作品でとても良い活躍をするキャラクターとなります。アニメではまだ登場していないので後々に登場する場面を楽しみにしていただきたいと思います!