Mmebgudjjxwkclkyscns

ハイキュー!!

CATEGORY | ハイキュー!!

【ハイキュー】澤村大地の声優情報や誕生日まとめ!烏野高校の実力は?

2018.06.23

ハイキュー主人公のいる烏野を中心となって引っ張っている澤村大地は、バレーの選手としても先輩としても男性としても魅力的な登場人物です。名言や名シーンなども多く、多くのハイキューファンに注目されています。今回はそんな澤村大地の声優情報や誕生日などをまとめました。

  1. 【ハイキュー】澤村大地の基本プロフィール
  2. 【ハイキュー】澤村大地のいる烏野とは?
  3. 【ハイキュー】澤村大地はどんな男の子?外見編
  4. 【ハイキュー】澤村大地はどんな男の子?性格編
  5. 【ハイキュー】バレーボール選手としての澤村大地
  6. 【ハイキュー】澤村大地の気になる恋愛事情
  7. 【ハイキュー】澤村大地の声優とは
  8. 【ハイキュー】澤村大地の名言
  9. 【ハイキュー】澤村大地に対するネット上の声
  10. 【ハイキュー】澤村大地についてのまとめ
澤村大地(さわむらだいち)は烏野高校に通う3年4組の男子生徒で、男子バレーボール部の主将を務めています。
身長は176.8cm(のちに176.7cm)体重は70.1kg。バレー部の中では中盤くらいの身長です。
誕生日は12月31日。言わずもがな大晦日です。
好物はしょうゆラーメン。男性らしい好みですよね。
最近の悩みは教頭のカツラが飛ぶ夢を頻繁に見ることだそうです。主将として日々暴れん坊の部員たちに手を焼いていることが悩みからも伝わってきますね。

烏野高校

烏野(からすの)高校はハイキューの主人公たちが通う宮城県にある県立高校です。丘の上にある学校で、生徒たちは坂を上り下りして烏野に通っています。その坂の下には烏野男子バレー部のコーチである烏養が店番をする(烏養の母方の実家である)「坂ノ下商店」があり、お昼休みや放課後に多くの烏野生が利用しています。
制服は男子が学ランで女子がブレザー。学校指定ジャージは小豆色で、指定Tシャツは白地に「KARASUNO HIGH SCHOOL」という文字が左胸に印字されています。
クラスは5クラス編成で、各学年4、5組は進学クラスになります。ちなみに澤村は3年4組のため進学クラス。このことから学力もそこそこ高いことがわかります。
勉強や部活で利用するための合宿施設が併設されており、男子バレー部も利用しています。

烏野高校男子バレーボール部

主人公の日向たち1年生が入部する5年前までは全国大会に出場できるレベルのチームでしたが、当時監督をしていた烏養一繋が引退してから弱体化し、現在は良くて県ベスト8との実力です。そのため他校からは「落ちた強豪“飛べない烏”」と呼ばれています。
しかし現在、期待の1年生たちが入部し顧問の武田の尽力により烏養監督の孫・繋心がコーチとして就任し、練習内容の質が向上し、再び全国に上り詰めるために着々と力をつけてきています。
部のジャージは黒、ユニフォームはオレンジのラインが入った黒地のもの(リベロは配色が逆)。応援席に飾る横断幕にでは「飛べ」の文字を掲げています。
澤村大地は爽やかで男前な男の子です。スポーツマンらしく黒髪短髪で、顔の形は洋ナシ形タイプであるため明るく親しみやすく優しい雰囲気が出ています。眉は太目でキリっとしていて男らしく、目は大きくクリっとしているので可愛いらしさも感じさせます。表情も柔らかく体型もがっしりしているので烏野の優しくイケメンなお父さんという印象です。

温厚でしっかり者

澤村大地は優しくて頼もしい男の子です。周囲に目を配り相手に必要だと感じた言葉を実直に伝えることができます。言葉からも頼もしく温かみが感じられ、話している様子もとても穏やかです。

静かな威圧感を持つ食えないタイプ

澤村大地は基本的に温厚ですがだからと言って怒らないわけではありません。必要なときは厳しいことを言います。特に同じ3年の東峰はメンタルが弱く澤村曰く「へなちょこ」であるため、度々ストレートに容赦なく暴言を吐いています。
また明らかに気が立っているときでも笑顔で事を成すタイプで、音駒の主将・黒尾と握手したときには互いに「こいつ食えないタイプ」と感じ取っていました。試合後もお互いの手を握り潰す勢いで握手しながらも笑顔で丁寧な口ぶりで静かに威圧していました。そんな2人の姿を見て烏野の菅原と音駒の夜久は怖いと発言しています。

実はお茶目

しっかり者で落ち着いていて大人っぽい澤村大地ですが、実はいつもそうなわけではなく男子高校生らしくお茶目な一面も持っています。たとえばお昼休みに男子バスケ部主将と廊下でふざけ合って歩いていたら、警報機にぶつかり鳴らしてしまい教頭先生からこっぴどく叱られたというエピソードがあります。また合宿最終日に監督たちの計らいでバーべーキューが開催されるといち早く知ったときには、よだれを垂らしながら部員たちにその旨を伝えています。

ポジション

澤村大地のポジションはウィングスパイカー(WS)で、烏野での背番号は1番です。
ウィングスパイカーの主な役目はスパイクを打つことであり、攻撃の要となる選手です。当然打っても入らなければ点には繋がらないため、スパイクの技術や威力の向上が求められ特に常に攻撃的な気持ちを持ち積極的に攻撃できるスパイカーは「エース」と呼ばれます。
しかし攻撃専門のエース以外のウィングスパイカーはスパイクが打てれば良いというわけではありません。トスが上がるまでボールを繋ぎ、ここぞという時に間を開けずすぐに攻撃体勢に入らなければいけません。そのため攻守にわたって素早く動きオールラウンドに活躍することが求められるのです。

プレイスタイル

澤村大地はスパイカーとして点が取れる選手ですが、それ以上に守備力に定評がある選手です。何かに突出した選手ではありませんが堅実なプレイで烏野の土台を支えています。そのため及川徹や大平獅音などの強豪校の選手からも評価が高く、「澤村がいなければ烏野の守備はもっと穴だらけ」と評されています。
またチームメイトからの信頼も厚く、チームやチームメイトのために自分はどう動くべきかを模索し努力できる選手でもあります。そしてチームメイトのミスをフォローし、ミスを責めることなく背中を押し、相手がどんなに強豪校であっても誰よりも早く大きく声を出します。烏野にとって澤村は技術的な面でも精神的な面でも支柱と言えるでしょう。

能力パラメータ

パワー 4 バネ 3 スタミナ 3 頭脳4 テクニック 4 スピード 3
澤村大地は堅実に丁寧にボールを繋ぐことができる選手であるため、やはりテクニックが高いです。また周囲に目を配りチームメイトが力を発揮できるように動くことができるのは頭脳が高いからでしょう。もちろん攻撃のときにはウィングスパイカーとして威力のあるスパイクを打つことができる選手でもあり、パワーの数値からもそのことがわかります。
バレー部の主将としてチームの土台としていつも部員たちを優しく包み込み引っ張っている澤村大地ですが、実はハイキューでは少ない「恋愛」という観点からも注目を浴びている人物です。
その相手というのは同じ烏野高校3年の女子バレーボール部主将の道宮結です。
道宮はどうやら澤村に好意を寄せているようなのです。澤村には恋愛感情があるようには見えませんが、仲が良いことは確かです。試合前にもらったお守りも喜んで身に着けています。今後この2人がどうなるかもハイキューの楽しみの1つと言えるでしょう。
道宮結についてはぜひこちらを読んでみてください。

澤村大地の声を務めるのは声優の日野聡さん(アニメ版ハイキュー)

1978年8月4日生まれ、アメリカ・カルフォルニア州サンフランシスコ出身で5歳以降は東京育ちの男性声優さんです。
10代の頃から劇団に所属し舞台俳優を目指していました。その後吹き替えに参加したことがきっかけで声優の仕事をするようになり、声優としてアニメやゲームの現場やナレーションでも活躍するようになりました。
声の高い少年役を演じることもあれば、威圧感のある青年役を演じることもある声に幅のある声優さんです。

声優・日野聡さんの出演作品

弱虫ペダル(新開隼人)
銀魂(神威)

まあ存分にやんなさいよ

春高宮城予選1回目で烏野は相手の自由奔放なスタイルに苦戦します。なんとか1セットはとったものの、烏野の攻撃の要である日向影山ペアは力が入りすぎてタイミングが合わず幾度と打ち損ねてしまいます。そんな2人のこぼれ球を澤村がとことん拾いカバーし、「俺にはド派手なプレーは無理だけど 『土台』なら作ってやれる まあ存分にやんなさいよ」と笑顔で声を掛けるのです。ここで負けてしまえば今度こそ引退することになるにもかかわらず、日向と影山がいつも通りプレイできるよう声を掛けられるのは、澤村の主将としての懐が大きいからなのです。

俺はまだやりてえよ!!-お前らと まだバレーしてえ

インターハイ予選敗退後、澤村たち3年生は引退するか否かの選択に迫られ後輩たちのことを考えて澤村は引退すべきではないかと口にします。しかし副主将の菅原に「最後くらいもっとやりたいようにやんなよ」と言われ、このセリフを言います。これが主将としての意見ではなく1人のバレー選手としての澤村の本音です。そんな熱い姿に多くのハイキューファンも心を打たれたことでしょう。
烏野のお父さんである澤村大地がいるからこそ、チームメイトは全力で戦うことができます。そんな頼もしい澤村ですが、お茶目で高校生らしい可愛い一面もあるところがまた魅力的ですよね。
主将である澤村がいることで烏野全体の団結力も強くなっていますが、烏野3年の絆の強さにもまた多くのハイキューファンが心を打たれているのです。
澤村大地はハイキュー主人公たちのいる烏野にとって欠かせない存在です。目立つプレイや言動はありませんが、烏野の選手たちが思う存分試合に臨めるのは、技術でも精神面でも澤村が土台となって支えているからです。どんどん強くなっていく澤村大地率いる烏野の今後の活躍、そして澤村個人的には今後の恋愛の行方も楽しみですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://twitter.com/haikyu_game/status/709565997473083393