Stvtiam6gngeg4i8r8pw

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

CATEGORY | やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

【俺ガイル】葉山隼人のイケメンリア充な人物像に迫る!

2021.07.03

「俺ガイル」の葉山隼人は誰もが認める「リア充」で八幡にとって少々疎ましい存在ですが、そんなイケメンリア充葉山にも苦悩や色々抱えるものがあります。こちらでは「俺ガイル」の葉山隼人について、彼のキャラ紹介や好きな人、また気になるセリフや演じる声優などまとめました。

  1. 【俺ガイル】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』概要
  2. 【俺ガイル】葉山隼人とは
  3. 【俺ガイル】葉山隼人は究極のリア充!?
  4. 【俺ガイル】葉山隼人と雪乃の関係は?
  5. 【俺ガイル】葉山隼人の好きな人って?
  6. 【俺ガイル】葉山隼人の気になるセリフ①「君は凄いな。そうやって周りの人間を変えていく」
  7. 【俺ガイル】葉山隼人の気になるセリフ②「俺は君が思ってるほどいいやつじゃない。君を褒めるのは、俺のためだ」
  8. 【俺ガイル】葉山隼人の気になるセリフ③「それでも、俺は選ばない、何も。それが一番いい方法だと信じてる。自己満足だよ」
  9. 【俺ガイル】葉山隼人を演じる声優は?
  10. 【俺ガイル】葉山隼人のセリフや好きな人などまとめ
「俺ガイル」(『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』)は、渡航さんによるライトノベルで2011年3月に1巻が刊行され、以降2018年現在で全15巻(本編が12巻、短編が2巻)が刊行されています。2013年4月から6月までテレビアニメが放送され、、続いて2015年4月から6月まで『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』が放送されました。
ストーリーは、ぼっちでいることを頑なに貫こうとする高校生・比企谷八幡が生活指導の教師・平塚静に目をつけられ、奉仕部に入部することになり、そこで出会った雪ノ下雪乃や由比ヶ浜結衣らと協力して、さまざまな依頼を解決しながら成長していくさまを描いています。
葉山隼人は主人公・比企谷八幡と同じ総武高校2年F組に所属するクラスメイトです。誕生日は9月28日、血液型はB型。座右の銘はスティーブ・ジョブスの「Your time is limited so don't waste it living someone else's life(時間には限りがある。だから、誰かの人生を生きることで浪費すべきではない)」です。
三浦優美子と共にクラスの中心的存在であり、人気者。通称「葉山グループ」という、F組でもトップカーストのグループを作っています。ぼっちでいることを貫きたい八幡からみたら正反対、対極にいるような人ですよね。サッカー部のエースでもあり、成績も学年で2位と文武両道でもあります。
「俺ガイル」の葉山隼人は、比企谷八幡とは対極、「究極のリア充」として描かれています。クラスの人気者、成績は学年2位、さらにイケメンで、性格も義理人情にあふれて誰にでも優しく、クラスの内外に関わらず人望が厚く、本当に完璧なキャラクターです。もちろんこんなにかっこいいんですから彼に好意をよせる女子も多くいたりします。
八幡に対しても、葉山隼人は対等に友好的に接しようとしますが、八幡からすると葉山隼人は忌々しい存在です。当然といえば当然ですね。また、描き方として、主人公八幡が持っていないものを全てもっている存在として葉山隼人はなかなかに興味深い立ち位置にいると思います。
こういった完璧なリア充を登場させることによってより八幡の存在を浮きだたせる、そういう役割でもあるかと思います。
葉山隼人とヒロイン・雪ノ下雪乃の関係は、幼馴染みです。葉山の父親が雪乃の父親の会社の顧問弁護士をつとめており、また、小学校も同じでそのころはよく一緒に遊んでいたとのこと。
葉山隼人は他の女の子に対しては下の名前で呼ぶこともあるのに雪乃に対しては「雪ノ下さん」と呼ぶのですが、幼馴染みだったのに現在のこの距離感、実は過去にこの2人の間には何かがあったらしく、そのせいなのか雪乃は葉山に対してかなり冷たい態度をとっています。
この、過去のトラブルについては詳しいことは分かっていません。どうやら、葉山の「周囲との関係を壊したくないがために現状維持に徹してしまう」性格が原因となったようなのですが…葉山と雪乃の間には何があったのでしょうか、気になりますね。今後明かされることはあるのでしょうか。
そんなリア充イケメンな葉山隼人ですが、実は4話で好きな人がいると明かしているのです。そのイニシャルは「Y」だということなのですが、このストーリーに「Y」のつく人は実は結構いるので、これだけでは葉山の好きな人というのが誰なのかは分かりませんね。まあ、だから敢えて「Y」といってすぐには分からないようにしているのかもしれません。
ちなみにイニシャル「Y」のつく人物として、由比ヶ浜結衣、三浦優美子、材木座義輝、比企谷八幡、雪ノ下雪乃、雪ノ下陽乃がいます。八幡や材木座の可能性も全くないとは言い切れないですが、まあここは男子は外して考えてみましょう。
ネットなどでファンの反応・考察などを見ていると、葉山の好きな人「Y」は雪乃のことだろうと予測する人が多いようです。上記しましたが、葉山が雪乃に対しては他の女の子と違う対応をしていることや、過去にワケあり、というのが、他の女の子たちと比べてフラグが多いですよね。
結衣が八幡に好意があるようなのは葉山には見抜けそうですよね。また、優美子に関しては、彼女が葉山に好意を持っているのは分かりますから、付き合おうと思えば付き合ってるだろう、と思います。なので、葉山の好きな人、というのは雪乃である可能性が高いと言えるのではないでしょうか。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 コンプリート DVD-BOX (全13話, 325分) 俺ガイル 渡航 アニメ [DVD] [Import] [PAL, 再生環境をご確認ください, パソコン又はPAL再生可のプレイヤーで再生する必要があります]
価格 ¥ 3,400
このセリフは、アニメ10話で葉山隼人から八幡に向けられたセリフです。これはおそらく、最近八幡といることで雪乃がどんどん変わっていっていることを言っているのではないかと思われます。もっと穿った言い方をするなら、過去に自分は雪乃との間で色々あった、変えることはできなかったのに八幡はそれが出来ている、そういったある種羨望、若干嫉妬も込められたセリフかもしれませんね。
このセリフは上記のセリフの後に言われるセリフです。これも大変意味深なんですよね。葉山は八幡に対してはかなり本来の自分を曝け出しているように思います。色々解釈はできると思いますが、「いいやつじゃない」としておきながら、「俺のため」というのは、八幡を不本意ながら褒めることで「いいやつである」自分を保つため、なのかもしれません。
こちらは11話での葉山のセリフです。切ないですね、彼はどうしても周囲との関係を壊したくないから、何も選ばない、選べないのでしょうね。究極のリア充として描かれていますが、裏でこんなに切ない選択を強いられているのだなと、このセリフで葉山隼人という人を少し見直した人は多かったのではと思います。
「俺ガイル」の葉山隼人を演じるのは声優の近藤隆さんです。近藤隆さんは1979年5月12日生まれ、声優としての他に歌手活動やナレーションでの活動もしています。また、吹き替え声優としても多く作品を担当しています。
70ピース ジグソーパズル 刀剣乱舞―ONLINE― 小狐丸(紅葉) 【プリズムアートプチ】(10x14.7cm)
価格 ¥ 682
近藤さんのアニメ声優デビューは1999年の『POWER STONE』でした。その後は『家庭教師ヒットマンREBORN!』の雲雀恭弥役、『奏光のストレイン』のラルフ・ウィーレック役、『Dance with Devils』の楚神ウリエ役、『バトルスピリッツ 烈火魂』の白銀謙信役など演じています。また、『刀剣乱舞』では子狐丸の声優を担当して人気を博し、ゲーム、アニメで活躍しています。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-妄言録-(1) (ビッグガンガンコミックス)
価格 ¥ 627
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
価格 ¥ 648
ここまで、「俺ガイル」の葉山隼人について、彼のキャラ紹介や好きな人、また主人公八幡との関わりや気になるセリフ、演じる声優さんなどについてまとめました。誰もが認める「リア充」設定の葉山隼人ですが実は色々な苦悩を抱えているんですよね。そういった彼の内面を少しでもこちらでご紹介できればと思いました。今後も葉山隼人、そして主人公も含め、彼らの関係性から目が離せません。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pbs.twimg.com/media/CHIzl0PXIAEDivv.jpg