Dk6i2ca7pecthd93ucvq

黒子のバスケ

CATEGORY | 黒子のバスケ

日向順平は頼もしい主将!声優情報やクラッチタイムとは?【黒子のバスケ】

2018.03.29

漫画・アニメ共に大人気作品!まだまだ、熱い「黒子のバスケ」の誠凛高校・バスケ部主将、キレると怖いけど・・とっても頼りになる【日向順平】、ただのメガネキャラじゃない。熱い漢で、魅力的なそんな日向順平のプロフィールを紹介します。

  1. 黒子のバスケ・日向順平(ひゅうが じゅんぺい)とは?
  2. 日向順平の身長・体重・誕生日などプロフィール
  3. 日向順平のアニメでの声優は?
  4. 日向順平のクラッチタイムとは?
  5. クラッチタイムに強い日向順平
  6. 日向順平の金髪?
  7. 日向順平と木吉鉄平のデュエット
  8. 日向順平と相田リコの関係性
  9. 相田リコと日向順平は付き合っているの?
  10. まとめ
黒子のバスケのキャラクター、誠凛(せいりん)高校・バスケ部主将です。日向順平は、2年生のシューティングガード。背番号は4番。 眼鏡をかけており、一見地味な印象の日向順平だが、温厚で毒舌家な少年です。口癖は「だァホ」という、少し乱暴な口調で話すところも特徴と言えます。 戦国武将フィギュアにハマっていて、部室のロッカー内にはジオラマが出来ています。
チームの精神的な支えであるバスケ部主将。相田リコと伊月俊とは同じ中学出身で、一度バスケをやめた経験があります。不良になろうとして金髪だった時もあるくらいです。挑発的な態度を取る相手プレイヤーに啖呵を切ることもあります。
身長:178cm/体重:68kg/誕生日:5月16日(おうし座)/血液型:A型、また「スイッチが入る」と言葉遣いが荒くなり、同時に集中力が向上しクラッチタイムのクラッチ・シューターとして機能します。非常に高い精度とメンタリティを誇るクラッチ・シューターで、日向の3ポイントで試合の流れが変わる事もありました。景虎(相田リコの父親)のトレーニングを受け「不可侵のシュート」を体得し更にパワーアップしました。

細谷佳正(ほそや よしまさ)

生年月日:1982年2月10日、日本の男性声優、ナレーター・歌手など多く活躍しており現在はフリーで活動しています。広島県尾道市出身で身長:175cm、血液型:B型。左利きです。声優になるきっかけは、進路に悩んでいた際に、知人に勧められた『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』にて山寺宏一演じるキャラクターがワープするシーンに感銘し、「自分もワープをしてみたい」と声優になる決意をしました。

代表作

刀語:鑢七花、ちはやふる:綿谷新、黒子のバスケ:日向順平、 坂道のアポロン:川渕千太郎、新テニスの王子様:白石蔵ノ介、進撃の巨人:ライナー・ブラウン、Free!-Eternal Summer-:山崎宗介、 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ:オルガ・イツカ、文豪ストレイドッグス:国木田独歩、ゴールデンカムイ:谷垣源次郎
かわいい・イケメン・歌が上手いの三拍子で知られている声優の細谷佳正さん、声もカッコよくて見た目もかっこいいなんてずるい声優ですね。身長も高くこの笑顔で微笑まれたら女性ファンはたまらないですね。 2011年以降はメイン声優役が増えてきて、まだお若いのにすごく注目されている声優さんです。標準語のキャラクターも、訛りがあるキャラクターも自由自在です。

クラッチタイム(クラッチ・シューター)

クラッチタイムとは、勝負を決定づける接戦の終盤の大事な局面のことを指します。 クラッチ・シューターなど、バスケットボールにおいて、ここ一番のショットを何度も決める事が出来る、土壇場に強い選手の事をさしてクラッチプレイヤーと呼ばれることもあります。 試合終盤、特に一本のシュートで勝敗が分かれるような競った場面の事を意味します。
試合終了と同時に決まるシュートをブザービーターと呼び、最も観客が沸く瞬間です。たまに海外などのバスケの試合でぎりぎりで逆転優勝と見る事もありますね。
日向順平の本来の性格はかなり荒く、本性が出た時、クラッチシューターとなりクラッチタイムには活躍しますが、荒くなるのでメンバー大変そうですね。スリーポイントが気持ちのいいくらい決まります。ただ、クラッチタイム時は穏やかさはなくなり、主将というより点を獲得するための一プレーヤーとなります。
ちなみに、クラッチシューターになった理由は、主将としてチームを引っ張っていくために、プレッシャーに強くなろうとした結果でした。練習方法としては、「練習中シュートを外した数だけお気に入りの戦国武将のフィギュアを壊す」といコレクターには辛すぎる、スパルタ特訓を行った結果でした。そのおかげ?で技術は付きましたが、逆に性格が少し歪んでしまったみたいです。ちなみに折ったのはカントク(相田リコ)
高校入学時は、金髪長髪のヤンキーでした。すべてを捨ててバスケから逃れる様に髪を伸ばし、金髪に染め上げてしまいます。絶望した自分から必死に逃げようとします。
金髪だとわりと別人のようですね。金髪でもかわいいですが、やはり短髪黒髪の方が似合う気がします。木吉鉄平にいじられています。相田リコからも「その髪型ダッサッッ」と笑われてしまいます。
髪を伸ばし金髪に染めてヤンキーぶっていましたが、バスケ部の無かった誠凛にバスケ部創設を目指した木吉鉄平のしつこい勧誘&説得の結果、バスケを無理して諦めようとしていましたが諦めきれない自分を認め、「嫌いな木吉鉄平に大好きなバスケで絶対に負けたくない」と誠凛高校バスケ部に入部しました。
最初は木吉鉄平の事が嫌いでしたが、バスケ部勧誘の際のひたむきにまっすぐぶつかってくる木吉鉄平と何度も衝突し、日向も自分の気持ちをすべてぶつけ、もう一度バスケへ戻る決意をした際に、木吉鉄平との間に絶対的な信頼が生まれました。日常的にも、その信頼の片鱗は多く見られます。試合中のちょっとしたじゃれ合いもそうですが、信頼してるんだなぁと感じる描写が多くあります。ウィンターカップ編を観ると、特に感じる事が出来て、涙物ですよ。
黒子のバスケは多くのキャラソンを出しています。日向順平と木吉鉄平もソロでも出していますが、日向順平と木吉鉄平とのデュエットもあり、声優が歌がうまいのもありますが、たまらない一品となっています。 あと、日向順平と木吉鉄平と相田リコの3人で歌っているものもあります。

相田リコとは?

【誠凛(せいりん)高校】2年生の女子高生・男子バスケットボール監督兼マネージャーのヒロイン。通称「カントク」と呼ばれています。 伊月俊(いづきしゅん) と日向順平(ひゅうがじゅんぺい) と同じ中学出身。
相田リコとは付き合っていません。金髪をダサいと笑ったり、お互いにズケズケ言えるのは中学校から一緒という所と同級生という事が大きいだけですね。日向順平はすべてをバスケに捧げています。色恋沙汰はないみたいですね。少し残念。木吉鉄平と日向順平と相田リコの3人には、三角関係!?と読者は期待していましたが、そんな事よりも強い絆があります。
日向順平はチームプレイ・チームの絆を大切にしてます。他のメンバーも同じ気持ちで試合に臨んでいます。 ミスをした際も責めることはせず、激を飛ばし合ったりとチーム全体の精神的な支えを担ってます。流石主将ですね。
「あとは任せろってんだよ!! おとなしくすっこんでろ!! オレ達が約束やぶるとでも思ってんのか あたりめーだ、だアホ、いい子にして待ってろ WCの切符持って帰ってくらぁ」と男前な台詞も言ってくれます。これは頼れる先輩ですね。
少し言葉遣いは乱暴ですが、そこに隠れている優しさがつらいときは本当にやる気になりますね。逆に素直に照れ隠しで乱暴になってしまっているようなところも魅力的でかわいいです。
黒子のバスケは、キセキの世代が注目を浴びることの方がやはり多いですが、他にも魅力的なキャラクターが多くいます。是非、一度読んだことのある人もない人も【黒子のバスケ】読んで見てくださいね。また別の発見があるかもです。 日向順平のちょっと乱暴だけどグイグイと引っ張っててくれるとこ女性は弱いんじゃないでしょうか?アニメも是非どァホと言われたい方は見てくださいね。